Pages

Wednesday, October 31, 2007

正義感に疲れました



コンビニにお昼ご飯を買いに入ったら、気になる光景が目に・・。
何と新聞の立ち読み!

これって。。いいの?

しかも、次々と見ては適当に畳んで押し込んでるいるのです。
許せないなぁ。

私の正義感がムラムラと湧き上がる。

お弁当を買ってすぐに戻るつもりが、足が止まって動けない。

店員さんはお昼時でレジに行列だから目が行き届かない状態だし。。私が注意しようか。。いかんいかん止めておこう。。でも。。

葛藤していると、その人は立ち去ったのです。

子供の頃、新聞はお父さんが一番先に読む、と決まっていました。
一回ページをめくってしまうと、いくら丁寧に畳んでも新品にはならないんです。

だから、こんな光景は許せない価値観を持っています。

お陰で疲れた~!

☆先日、東京でお食事をした綾子さんからのプレゼント
「ハローウィンのクッキー 来る途中に見かけて可愛いから」って。
さり気なく渡してくれた心遣い素敵!
Monday, October 29, 2007

だからやめられない Part.2



9月14日付けのブログに書きましたが、教え子からの連絡がきっかけで「お食事会」に招かれました。少し前の事です。

彼らは今春に出会った受講生達。
ものすごくチームワークの良いメンバーで、一人ひとりのお名前も特徴も忘れる事なく鮮明に覚えています。

私は沢山の研修がある中で新入社員研修が一番好きです。

研修は講師だけが頑張ってもダメだし、受講生だけがやる気を持って望んでもダメだし、双方の思いが一致したときに、効力が発揮されるものです。

講師は最初に受講生の前に立った時が一番の緊張です。
どんな人たちで、何を求めているのか。
どうすれば、受講生の興味を引く事が出来るのか。
スタートが肝心なのです。

そういう点では新入社員研修は双方の思いが一致し易いのです。
新入社員の思いは真っ直ぐに届きますからね。

今回出会った彼らは、まず素直。 それから優しい。 性格が穏やか。
現場に出て先輩達と一緒に仕事をし出して、5ヶ月前後の日が過ぎ、それぞれに悩みも出始めているのだろう。

ワイワイガヤガヤとはしゃいでいる中にも、新人の時に感じなかった「大人びた気遣い」が感じられて、彼らの奮闘振りが伺えました。

ほんのひと時、仕事を忘れて集うのは、この私も同じ事。
心に鉛を抱えていても「笑顔」で集うのは大人の証拠。

学生時代とはまた違う、社会人としての「憂い」も背負っているのだろう。
誰もが「憂い」を背負っていて、でもこうして「笑顔」で会って・・こうやって日々積み重ねて大人になって行く。

そう思うと彼らが健気に感じ、愛しくなってきました。


今回、私にエールを送るために集まってくれて、それが嬉しくて、涙腺が緩んでしまいました。
ちょっと不安にも感じていた時期だったので、緊張の糸が切れたのかな。。感激しました。

今日の応援をいつまでも覚えていよう!
そして、彼らがいつも幸せでありますように!
Sunday, October 28, 2007

Let's study イングリッシュ!



昨日は朝からミーティングやランチ会や打ち合わせ etc とても忙しく結構クタクタに。。。
でも、夕食は眞知子さん宅でマツタケのすき焼きをご馳走になり、一杯おしゃべりして、笑って、元気回復!!!

眞知子さんとはお義母さんの事。
めちゃめちゃエネルギッシュでCoolな女性です。(Coolとは英語でかっこいいという意味らしい)

眞知子さんは私の生き方にかなりの影響力を与えてる人で、私の目指す目標でもあります。

その眞知子さん、英会話にご熱心。
海外にも一人でブラッと出かける、実にクールな女性なのです。

息子の彼も同じく海外好き。
この母子が会うと必ず英語の話が出るのです。

彼も英会話を習いたいと常々言ってたのですが、ひょんな事から英会話学校へ通う事に。。そして。。ひょんな事から私も。。。何で??

ど、どうして私まで・・・?? と成り行きを振り返るが・・・??

でもこれが中々楽しいのです。
昨夜は眞知子さんの過去のテキストを見せてもらって、みんなでワイワイしていました。

眞知子さんの向上心の源は「負けん気」
まるで女学生だ、と思いながらも羨ましく思う。
私は子供時代から、おっとりしていて誰かと勝負など考えられない。

愉快な事に、勝負にならない低レベルの私の英語力に、眞知子さんは挑んでくるのです。 本当にエネルギッシュ!
とっても無邪気な眞知子さんです。 これが若さの秘訣でしょう♪

楽しい時間はあっと言う間に過ぎて、遅くなってしまってタクシーで帰宅する事になり、眞知子さんもお見送りに出てくださったのですが、その間も英語が飛び交って・・・

"サンキュー フォー ユア カインドネス!"
"シーユー ネクスト タイム!"
"シーユー!"
"ハバ グッド ドリーム トゥナイト!"
ドアが閉まる前に眞知子さんが親指を立てて"Good!"

初級レベルの片言な会話。。。運転手さんはこの光景を何と見たのでしょうか。。。車が走り出して、ちょっと恥ずかしくなりました。

恥ずかしがり屋の私が、人前で英語を話したりするなんて。。いい感じ。。この調子。。だよね♪
Friday, October 26, 2007

素敵な二人♪



今日は教え子のA君と彼女のミホさんの3人で、美味しいおでんのお店へ。

A君は真面目で真っ直ぐな男の子で、とても熱い思いを秘めていて好感度バツグン!
彼女のミホさんはよく気が付く素敵なお嬢さん♪
私の座る位置やオーダー時の心遣いには感心しました。

意外だったのはミホさんと一緒のA君は何だか可愛いのです。
A君とは机を並べて仕事をする事があるので、テキパキと動く彼の姿を知っているだけに不思議な感じです。

彼や彼女の存在って、人の足りない部分が補われるのでしょうか。。
ONとOFFの切り替えをする事が出来る相手は相性が良いのでしょうね。

仕事の時もパートナーと居る時も同じでは疲れてしまいますからね。

疲れの緩和は正反対の事をすると良いと聞きました。
「動」の後は「静」。 近くばかりを見ていたら遠くを見る。というように反対の事をすると良いらしいです。

いつもいつもしっかりした自分ばかりでは疲れますもの。
どっかでスイッチを切らなきゃ。。!

スイッチを切らせてくれる彼や彼女の存在は良い関係だと2人を見て思いました。

ミホさんとA君は「かわり番こ」で、甘えたり甘えられたりしながら居心地の良い関係を保っているのでしょうね。

☆目の下にクマを作って仕事をしている私を気遣って
素敵なおしゃれな入浴剤をいただきました♪
ミホさん、ナイス選択!
Thursday, October 25, 2007

目に見えない大切なもの



ブログでご紹介している通り、私はいつもピープレの松山さんにご馳走になっていたのですが、お返しに今夜は我が家でお接待♪

仕事の打ち合わせを兼ねての食事会になりました。

今朝はご挨拶の予定があり早くから門真市に出かけ、途中で歴史館に寄って、午後からは所用でウロウロ。

大急ぎで帰宅して買い物!! 松山さんのように上手につくれるだろうかと思いながら、ものすごく焦りました!

何とかセーフ!
松山さんはお気に入りのワインを片手に我が家へ、ピンポ~ン♪

食事が進む中、私がお買い物やお料理に焦った事など話すと
「嬉しい。ありがとう。」と目を潤ませてお礼を言ってくださった。

美味しいと褒めていただくのは、もちろん嬉しいけれど、準備をする段階の心遣いに感動していただくのは、こちらも感動。。。

目の前の事だけでなく、目に見えない物に思いを寄せることができる感性を失いたくないなぁ。と改めて実感しました。

お料理は、お義母さまから頂いたグレープシードオイルとパイナップル酢を使って人参のマリネを作り、セロリサラダ菜と一緒に生ハムで包んだ物と筑前煮。
それからコロコロ散らし寿司☆ クタクタブロッコリーのチーズクリームスープです。

フ~ゥ、お腹いっぱいで動けません。。。
Wednesday, October 24, 2007

笑顔が笑顔で笑顔を連れてくる♪



ブログに書いたように、昨日は笑顔に溢れた、とても有意義な日でした。
今日は朝と夜にメールチェックをしたのですが、またまた嬉しいメールの数々でした。

東京勤務の教え子の綾子さんは、高速バスでセミナーを受講の為に品川まで出てくる私を見かねて「東京移動手段比較表」なるものをエクセルで作成し送ってきてくれました。

綾子さんは、コンサルテーションの仕事にやりがいを感じると聞いていましたが、
さすが~! 所要時間を含め、色んな分析と提案が細やかに書かれていました。

「費用とお体への負担のバランスが取れた案を採用するため、今後のご検討材料としていただけたら幸いです。」
と結んでありました。 何と泣ける心遣いでしょうか。。。

この高速バスに関しては、みんなから「止めといたほうがええよ」と。。。実際、私も先日の帰りは新幹線にしました。

昨日の奈緒美さんも私に紹介したい人がいます、とのメール。
私の仕事に少しでもお役に立てるのでは・・・という奈緒美さんの思いが感じられ嬉しくなりました。

それから、コーチングのお勉強でご一緒した菜月さんからは「セミナーを開催しますのでご招待します」との事。 夢に向かって邁進中なんだぁ!

本当に嬉しいメールが続きました。

「笑顔が笑顔で笑顔を連れてくる」という感じ!!!


☆普段は別の部屋で放し飼いですが、扉が少し開いていて
いちごとみるきーがニアミスではなくご対面!

シャッターを!と構えたら、みるきーに鼻で突かれて
いちごは敗退。。毛が少し抜けてションボリ。。
Tuesday, October 23, 2007

未来を感じる時間



今日はランウェイの講師の方々との交流会。
皆さんお忙しい中を調整してお集まりいただき有難く思います。

皆さんとお話しをしながら、同じ思いを持つ人達が繋がる事を実感しました。
共通している事は皆さんの心がとっても清潔である事。

私は常々、心に曇りのない澄み切った気持ちでいたいと思っています。
物事を曲解したり嫉妬心を持つ事は自分自身を痛める事のように思うのです。
だから皆さんが清潔感を持った方々のように感じ嬉しく思いました。

私がランウェイに対する思いなどお話しをしたのですが、皆さんの目は子供のように純粋で一緒にいると私の心も洗われるような気がしました。
それぞれが認め合い尊敬し合える、そんな関係を築く事が出来ると確信したのです。

現在、第一線で活躍し、私自信が憧れ素敵だと感じる方々に講師をお願いいたしておりますので、きっと喜んでいただける研修がご提供できるという事も同時に確信いたしました。

面白かったのは、みんながお互いに褒めあう事!

皆さん、とても魅力的で、まるで「きれいの見本」のようです。
私の教え子の奈緒美さんは、新しく講師に登録して頂いた方の美人の秘訣が知りたいようで、
「もっと親しくなって色々お聞きしたい~!」と言いながら帰りました。

ピープレの松山さんにも、企画している仕事の打ち合わせを兼ねて講師の方々を紹介しました。
木の温もりを感じる素敵な事務所に皆さん感激。

素敵な空間で素敵な仲間との打ち合わせは、とても気持ち良く、未来を感じる時間となりました。

近々、新しい講師の方のプロフィールもホームページに公開いたしますので、是非ご覧ください。

☆黒糖カフェラテを飲みました。
素敵なカップでした。
Monday, October 22, 2007

ゆぅ、おめでとう!!!



東京からエネルギー補給して帰阪しました。
また、新たな気持ちで頑張ります。

帰りの車中で、友人からメールが入りました。

「宅地建物取引主任者」の国家試験に合格したとの内容。
嬉しくて、すぐにお祝いのメールを返しました。

彼女とは松下の同期入社。だから同世代です。

2年チャレンジした結果です。本当に嬉しかったのでしょう。メールの端々にそれが表れていました。
もちろん私も嬉しくて私への励ましにもなったのですが、私は彼女が私にすぐに連絡をくれた事にものすごく感動しました。
試験当日に配布される解答速報の後にメールをくれているのです。

朗報を誰かに知らせたい、誰かに祝ってもらいたいと思う時に、その中の一人に彼女が私を選んでくれたのです。

彼女とはいつも笑っていた記憶が鮮明です。
箸が転げても可笑しい年頃だったのでしょうか。
「ノンちゃん」「ゆぅ」と呼び合っていました。
結婚しても姓が変わってもお互いの呼び名は変わらず、今日に至っています。

仕事の帰りに梅田でラーメンを食べた後、2人ともが別れがたく私のバス停まで付いてきてバスが来るまでお話しをしたことも一度や二度ではありません。

そんな彼女は私より早く辞めてインテリアコーディネーターになり、数年後に独立しました。
今は2つの会社を切り盛りしています。

彼女のどこにそんなパワーがあったのだろう。。とよく思います。
一緒にお仕事おさぼりして叱られたじゃない。。。

「ゆぅはすごいよ」と言うといつも彼女は「ノンちゃんの方がすごいよ」とか言ってくれるのです。
「ノンちゃん、なんで松下を辞めたん? もったいない」「生まれた子供の顔を見たら会社に行けなくなってしまってん・・・」
「ゆぅはなんで仕事を続けられるん?」「何でやろなぁ、やったらやっただけ自分に返ってくるからかなぁ・・・」

でも、そんな私も起業してから、彼女を理解する事が出来るようになりました。

私は出産して会社を辞め、その後また復帰したけど、今度は体を壊して休んでいた。
でも彼女は走り続けている。
どんな時も走り続けた。私にも言えない事。悔しくて泣いた事もあったに違いない。この年齢で国家試験にチャレンジして。。。

彼女は一人で走り続けている。

そんなすごいすごい彼女に、また誉めてもらえるように頑張ろう!


☆私が退職した時に後輩達から頂いた色紙
会社の旅行でのスナップ(左がゆぅです)
年齢のわりに二人は幼かったなぁ
Friday, October 19, 2007

足るを知り感謝



昨日は、娘と息子と私の3人で、梅田に息子の秋物の服を買いに出かけました。
娘は社会人で息子は大学生。
3人が時間を合わせて会うのは中々難しく貴重な機会です。

娘が予め、息子に似合いそうな服を探してお店に「お取り置き」してくれていて、まず、それを試着。
へ~ぇ、忙しい日々なのに、そんな心遣いを彼女がしてくれているんだぁと嬉しくなりました。

また息子は、試着室から出てくる度に、必ずきちんと畳んで店員さんに返していたので、これまた感心!
中々こういう事は出来ないよなぁ。

会ってから2時間。。。あ~でもない、こ~でもない、と悩む息子。

私が「疲れた~」と言うと、娘が一言。
「限られた予算やから悩むねんで。あの子も欲しい物はいっぱいあるはずやねん」

そうなんだよな、私なら、少し予算がオーバーしても必要と感じたら優先するけど、限られた予算内でやりくりしようとしているんだ。。。

息子の頭の中は、買いたい物の優先順位と金額がグルグル回っているのでしょう。

息子の財布には、お父さんからもらって来たお小遣いと私と娘からのカンパ、それにバイトの一部が入ってるはず。

足りない分を払ってやろうか。。様子をみよう。。彼なりに困れば助けを求めるだろう。。

今ある物で遣り繰りしたり、身の丈にあった生活をする事について自分も考えてみなきゃ。
上を見れば切りがない。足るを知り、歯止めがあることは有難い事ですよね。

結局、私の助けなしに何とか買い物終了。
遅い夕食になったけれど、子供達の報告を聞きながらお腹いっぱいに。。。過ぎてしまえばあっと言う間です。

息子は手を上げ「ありがとう」と言う言葉を残して嬉しそうに帰って行きました。

平気な顔をして別れたけれど、子供達の帰る姿を眺めながら熱いものがこみ上げてきました。
いい子達だな。。

子供達の素敵な所も発見したし、おしゃべりもいっぱいしたし、とってもいい気分。

足るを知り、感謝です。

☆大好きなタイ料理とデザート
お顔がほころびます。
Thursday, October 18, 2007

髪がツルツルになりました♪



私は人より髪の毛の伸びるのが早いらしいです。

10日程前から、ボサボサ頭が気になっていて、やっとこさ美容院へ行ってきました。
深雪さんから教えて頂いた吹田市江の木町にある「レイク美容室」です。
経営者の中村さんがにこやかに迎えてくれました。

「レイク美容室」は弱酸性美容システムを取り入れた「ベル・ジュバンスサロン」です。

私はヘアトリートメントを受けてきました。
ヘアトリートメントって髪に栄養というイメージがありますが、毛穴を綺麗に「大掃除」してもらった感じです。

私達の人体には有害な物質が溜まっているので、こんな形で頭皮からデトックスが出来るなんて嬉しくなりました。

その結果、髪も元気に艶々になり驚きました。

中村さんのマッサージがと~っても気持ちいい! 今までの施術とは全く違って頭皮の角質や老廃物が一気に出ていく感じです。

なぜか翌日は朝の仕事が捗りました。
何より髪がツルツル! 手を入れた感触がさらさらで嬉しいです。

私はヘアーカラーを好みません。髪がガサガサになるでしょう?

でもレイク美容室さんのメーキングカラー(ヘアーカラー)はアルカリの毛染めとは薬液も方法も違うらしく、髪のたんぱく質と同じ弱酸性なのでイオンの作用で元気な髪を保ってくれるらしいです。

最近チラチラと白いものが見え隠れしてきたので、とってもいい時期に中村さんとめぐり会った気がします。

こんなに素晴らしいコンセプトでこの美容法を取り入れているのに「レイク美容室」さんは看板も上げていなくて、とっても質素。

中村さんは60代半ばとは思えない位にお肌が艶やかで、さらに美容師の手と思えない位に手が綺麗でした。
薬液の効果をご自身で証明されています。

30代後半にこの美容法に出会って感動し、美容師になられた方です。
施術中も自分の思いをお話ししてくださり、このトリートメントの素晴らしさが伝わりました。

やっぱり年齢は関係ない!ない!

☆驚いたのは偶然にお店で深雪さんに会った事!
だからトリートメント中の写真をパチリ!
最近見る事がない柘植の櫛で髪をすいて頂きました。
Tuesday, October 16, 2007

笑顔は健やかな心と健やかな体から



昨日、落ち込んだ内容のブログを書いたら、お励ましを頂きとても嬉しく思います。
皆様、本当にありがとうございました。

その中で、私の義妹くみちゃんがメールを寄せてくれました。
題名が「ファンより」となっていて、さらにメールの出だしが、
「へこんでいるおねえさんに一発、応援メールです!」となっていました。

くみちゃんは、頭が良くて飾り気がなく、とっても気さくなのに上品で美人で・・・と、ここまでは良いのですが、実は天然。。!
そのアンバランスさが最高! 可愛いくて大好きです。

何より尊敬しているのは、向上心がある事。
自宅で、3Dアートやプリザーブドフラワーの教室をしていて、それ以外にも資格・免許多数。
夫(私の弟)の勤務の都合でトロントに2年ほど住んでいましたが、3Dアートやプリザーブドフラワーはその期間に勉強したようです。

今は忙しい夫と大学受験の子供の間に入り、家庭の要となって潤滑油となってくれていますが、いつか一緒に何か出来たらいいな。

毎日、大変なんだろうな。
そんな中で私のブログが楽しみになっていてくれるのは、本当に光栄な事です。

メールの最後はこんな言葉で結んでくれていました。
☆----------------------------------------------------☆
フラフープの笑顔、素敵でしたよ。あの笑顔こそ、「はしもとのり子」ですよ!!
でも、私はおねえさんが、そんなに丈夫じゃないことを知っています。
ついがんばりすぎるのも知っています。
だから、お体第一に。。。
☆----------------------------------------------------☆

読んでいて何だか泣けてきました。

コメントを寄せて下さった方、メールを送ってくださった方、笑顔でいる事の大切さを痛感しました。

「笑う門には福来る」
大切な事は「笑顔は健やかな心と健やかな体から」だと実感しました。

でも、たまには落ち込むけどヨ・ロ・シ・ク!!

☆くみちゃんがお誕生日にくれたプリザーブドフラワーと
母の家から拝借してきた3Dアートです。
いづれもくみ子作
Monday, October 15, 2007

ガツンと思い知った日☆



毎日毎日、笑顔が続く私でしたが、実は土曜日にとてもイヤな事が起こりました。
うまく事が運ばず、時間もお金も心も無駄にしてしまいました。

何でこんなに前向きで頑張っているのに、イヤな思いをするのだろう。。!
何が私の邪魔をするんだろう。。。!

東京に行く車中で考えていました。でも、ある事に気がつきました。


ここでは詳しく書けませんが、丁度1年前にある人から傷つけられて、とても落ち込んだ時期がありました。
今でも、1年経った今でも思い出すと悲しい気持ちになるのです。

そんな時、私は自分にマイナスな言葉を吐きます。
更に、忘れたいと思って、自分の頭をガンガンと叩いたりしてしまうのです。
土曜日も傷ついた事を思い出し「ガンガン」してしまったのです。

こんな事をしてしまった後は、必ずイヤな事が起こってる事に気がつきました。
私は今まで「あの人が私を傷つけたからだ」「あの人のせいだ」と思っていたのです。

これが間違いでした。

悲しい事を思い出したら、すぐに気持ちを切り替えればいいのに、私は浸ってしまう。。誰かを悪者にする事で逃げている。
だから自分に返ってくるのですよね。

マイナスな思考・言動は必ず自分に返ってくるのです。

今回、時間もお金も心も無駄にしてしまって「ガツン!」と思い知らされました。

でも良かった。その事に気がついたからもう大丈夫。

思いだしちゃったら、テレビを付けよう。。新聞を読もう。。ウサギ達と遊ぼう。
お香を焚いてみる?
そうだ、花を飾ろう。お風呂に入るのもいいな。

きっと、もう大丈夫☆

☆今我が家は、頂き物のお花でいっぱい

自分で自分の天井を作らない!



今朝、東京から帰阪しました。

自分磨きに出かけて参りました。
とても良い刺激を受けてバージョンアップして帰ってきました。

自分のやろうとしていることを後押しして頂いた気持ちです。

ついつい、自分で自分の天井を作っている所があるので反省。

「どうせ」「今更」「ここまで位だろう」「忙しいし」「私には無理」とか・・・etc
こう思った段階でもう無理! そこまでですよね。

これって出来ない自分への「慰め」「言い訳」なんですよね。
自分の逃げ道を作ってしまってる。

夢を叶える人はこんな事は言わない。出来ない言い訳を事前に用意しないのでしょう。

人間の可能性は無限大って思っていたのに。。。年齢って邪魔ですね。
私にとっての大きな天井は「年齢」です。

え~ぃっ!これからは、ただの「数字」ってことにします。


☆週末、食事会が続いてました。
素敵な仲間達と会いましたので、またご紹介します。
Friday, October 12, 2007

お知らせ



皆さん、お待たせいたしました!

やっとこさ本日、「Runway(ランウェイ) はしもとのり子のTeaParty対談ブログ = がんばっている女性たちを応援するブログサイト」を更新しました。

第一回目はランウェイのホームページを作成いただいた「ピースアンドプレイス 学校長の松山恭子さん」です。

ブログでもご紹介していますが、私と一緒にフラフープをした、とても素敵で可愛らしい女性です。

お料理もとってもお上手!!
頭の中を覗いてみたい女性ですよ。

一声掛けたら何をおいても集まるファンが沢山いる校長先生です。
皆さん是非読んでくださいね!

早速、笑顔に出会いました♪



伊勢神宮から帰宅すると留守番電話に3回も女性の声で録音されていました。

あの深雪さんです。9月12日のブログに書いた深雪さんです。
私の家にお届け物がしたいと、何度も連絡をしてくださったようです。

翌朝、深雪さんに連絡をとって久林治療院に行ってきました。すると、私の為にお花をアレンジして下さって用意して待っていてくださいました!

なんで!? 私に?? 確かにお花は大好きです。。。

私が旅行で留守だったので、その間にお花がくたびれてしまって・・でもまた新たにお花を購入してくださって!

「嬉しかったんです。あんな風に書いていただいて。」と深雪さん。
「私の方こそ、ご紹介させて頂いて嬉しかったんですよ」と私。

今回の事で、気になっていた治療院のホームページをキチンと作ろうというお話になって、そうしたら治療に通っていらしゃるお客様が作ってくださる事になったようで、とても喜んでいらっしゃいました。

「沢山の笑顔に出会えますように、そんな仕事が出来ますように」とお願いしてきたのですが、帰宅後すぐに、深雪さんの笑顔に出会いました。

深雪さんはやっぱり素敵!

これからも笑顔が続くぞ~☆


☆ゆりの香りが部屋中に漂っています。
Tuesday, October 09, 2007

伊勢志摩・鳥羽の旅 お祓い町で「ハッ」としたこと編



旅行と言えばお土産。
伊勢神宮を出ると、すぐ隣に「お祓い町(おはらいまち)」があり、お土産物や食べ物屋さんが並んでいます。

広い境内を回ったのでお腹が空き、何か食べてお土産を買おうという事になりました。
すると母の目が輝きを増し、ウキウキしているのです。

それからが大変!

息子2人の家族分に始まり「お隣さんにお二階さん、管理人さんに○○さん。デイサービスの○○さんに○○さん」次から次へと買い出しました。

今朝、ホテルを出る時も朝市のようなコーナーがあり、干物などを一通り買ったばかりです。
駐車場に向かう時には両手いっぱいのお土産。

振り返ると、「お祓い町」の垂れ幕が「お支払い町」に見えました。


有難いことに母には沢山のお友達がいて、色んな人に助けて頂いているのです。
少しは親孝行できたでしょうか。。。と思っていたら、横から母の「今度は海外やねぇ」と言う声が聞こえました。


☆「お祓い町」で食べた伊勢名物の「手ごね寿しと伊勢うどん」

伊勢志摩・鳥羽の旅 伊勢神宮で「ハッ」としたこと編



伊勢神宮の境内に入ると樹齢何百年という木が立ち並び、雨あがりという事もあって空気も澄みきっていました。
歩くと砂利道が音を立て、深閑とした雰囲気で厳粛な気持ちになりました。

まず外宮にお参りして内宮へ。
伊勢神宮は宮社125社から成り、大きな宮社を順にお参りしてお賽銭を入れながら参拝して行きます。

口数も少なく参拝していたのですが、突然、「10月は神無月で神様は出雲大社に集まっていて、今、ここに神様はいないのでは・・・」と言う話になり、ハッとしました。

ええっ??神様が不在??そんなバカな。。。誰か当番でお留守番していてくれるよね。。。と希望的観測で考えていたら、夫が「神様なんて信じていない」と言い出すので悲しくなってきたのです。

伊勢神宮まで来て、こんなこと言うか???

でもこんな所で喧嘩も何だし黙って参拝していたら、おかしな事にこの発言以降、彼のお賽銭はお賽銭箱に入らないのです!
しかも3回も続けて!

弾き飛ばされたり、手前に落ちてしまったりで、お賽銭を受け付けてもらえなくなりました。
さすがにこれには彼も閉口。

「良かったぁ♪ お留守番の神様がいるいる♪」

夫のお陰で神様がいると証明されて良かった~☆

そんな彼も御正宮では、何やら熱心に手を合わせてお参りしていました。
めでたし。めでたし。
Monday, October 08, 2007

伊勢志摩・鳥羽の旅 ステーキハウスで「ハッ」としたこと編



母親は「伊勢に来たのだから伊勢海老をガブッと、思い切り食べたいわ」なんて言いだす。。。
予算オーバーだけど、予約していたお店をキャンセルしてホテル内にあるステーキハウスへ。

カウンター席の目の前でお料理して頂き、美味しくいただいていたら、急に母が喘息のような咳をし始めた。
どうやら、斜め向かいに座っているカップルの女性の方が吸い出した煙草の煙が原因らしい。

母親が咳をし出すと男性が「煙草がいけなかったのですね。ごめんなさい。」と謝って頂き、私は恐縮してしまった。

しかし母親の咳は暫く治まらず、咳の合間に私の耳元で何かをささやいてきた。
母親が言うのには、男性の方が「煙草を吸っても良いか」と接客係りの人に聞いたけれど「このお席では吸えません。」と断られたにも関わらず、女性が吸い始めたらしいとの事。
ワインのボトルを2人で2本空けていたし、きっと酔いが回っていたのでしょう。

母親が咳込んでから男性の方が謝ったり、接客係りの人が妙に慌ててたので変だなと思っていたが、その話を聞いて私は合点がいった。

食事が終わってロビーに出ると、マネージャと先ほどの接客係りの方が待っていて、名刺を渡しながら詫びてくださった。

「私の配慮が足りませんでした。一言、近くにお座りのお母様にお声を掛ければ良かったのです。」と何度も頭を下げてくださった。

こんなことある。私もある。
ちょっと気になりながら様子をみてしまったり、まぁいいだろうと横着してしまう事、あるよなぁ。

緊張感が足りなかったり、疲れていて危機感がない時にハッとする事がある。でも大事に至らなくて良かった・・・と胸を撫で下ろす時があるよなぁ。

気をつけようと身が引き締まった。

有難いことに、咳をしながらでも母はステーキも伊勢海老も見事に完食!


☆見事な伊勢海老料理。
お肉を焼く頃から咳き込んだのでお肉の写真はありません。。

伊勢志摩・鳥羽の旅 真珠で「ハッ」としたこと編



最近、気になっていた事を2つ同時にしようと思い、三重県の伊勢志摩・鳥羽まで一泊で出かけました。

まず1つ目は一人暮らしをしている母親をどこかに連れていってあげたいなと思っていた事。
母親宅の近くに兄家族が住んでおり、日頃は何かとよく面倒をみてくれていますが、旅行となると機会がなく旅行好きの母親はウズウズしてるのがよく分かっていました。

で、もう一つは以前から私は伊勢神宮に行きたかったのです。

初日はミキモト真珠島へ。
朝、大阪を出発して滋賀に住む母親を迎えに行って2時ごろに到着。

博物館で真珠が出来るまでの説明を受け、真珠好きの私はちょっとショック。
養殖の際に「核入れ作業」と言う「手術」をするのですが、貝にとっては真珠を体内で育てる訳で、これは貝にとっては苦しい事のようです。

苦しんだとしても、半分は死んでしまったり不良品で使い物にならないらしくて、私の手元に来ている真珠達は、そんな試練をくぐり抜けた中の貴重な出会いだったのですね。

だからでしょうか、真珠には儚げな、それでいて「清楚な強さ」を感じます。

装飾品を好まない私ですが、私の誕生石でもある真珠にはとても惹かれます。

私も真珠のように、試練をくぐり抜けた強さのある輝きを放つようになりたいです。
今回、「真珠を世に出す、貝の苦しみ」を知り、そんな事を思いました。

真珠の似合う女性になろう☆

☆ホテルの窓から
ミキモト博物館 1937年パリ万国博に出展した「矢車」が素敵でした。
Sunday, October 07, 2007

身近にある小さな幸せ☆



10月に入って急に気温も下がり、秋の薫りがしますね。

秋晴れの日の薫りはなぜか「運動会」や「遠足」を思い出させます。
五感の中でも臭覚は感情に作用されるらしいですよ。

私は「香り」で気分一新させる事がよくあります。
緊張する仕事の後は気分が高揚して、帰宅しても全然眠る事が出来ません。神経が昂ぶっているのでしょうね。

でも「香り」は手軽に出来るリラックス法です。

自宅ではお香も焚きますが、スティックに香りを吸収させて香りが漂うタイプの物を愛用しています。
仕事をする部屋ではグレープフルーツなどの柑橘系。
リラックスするリビングではムスクの入った物や、パウダーぽい甘い香りです。

実は今日、新しい香りを入手してきました。
アーモンドミルクの香りです。
「latte di mandorla」という名前。何と読むのでしょうか?イタリア語かな?分かりません。。。

そうそう、嗅覚が鈍くなれば、早く老けるのだそうですよ。
匂いは脳に良い刺激を与えるのでしょうか。

それから、人間は五感それぞれにバランスのとれた刺激を受けて初めて健全な感覚を保つらしいです。

花は生きているから香りを放ち、人間も生きているからこそ、体臭があるんですって。
な~るほどですよね。

「五感を研ぎすませる」って表現がありますよね。
「視・聴・嗅・味・触」この五つの感覚をバランスよく使っていくと感性豊かになるような気がしますね。

綺麗な物を見て、好きな音楽を聴き、好きな香りを嗅ぎ、美味しい物を食べて、ウサギ達を撫でて・・・いいねぇ・・・☆

こんな風に考えると「幸せ」って、お金じゃなく、ものすごく身近なところにあるような気がします。

あ~新しい香りを嗅いで、私は今、幸せです~☆
Friday, October 05, 2007

無邪気に笑って素敵な仲間と



ビジネス街を一筋入った場所に、町屋をモダンに改装したお店を時々見かけますよね。
今日は築80年の町屋を和と洋に改装したお店に行ってきました。

大阪天満宮の近くにある「ロータスルーツ」と言うお店です。

松山さんと仕事の打ち合わが終わり、たまたま今日はこのお店で「小さな小さなサーカス団」のショーがあるという事で、誘われてフラリと寄りました。

今までの私なら、このようなイベントのお誘いは戸惑いを感じるし、知らないメンバーが騒いでいたら、冷めた目で見ていたのに、
なぜか今日は「へぇ~どんなショーがあるのかな」「なかなか面白いじゃないの」と気が付けば、楽しもうという姿勢で席に着いていました。

しかもビールなんか頼んじゃって!


ジャジーな歌や演奏、お茶目なパフォーマンスたっぷりで楽しめました。
懐かしいフラフープの芸を披露されて、ショーが終わった後には、みんなで外の道路に出てフラフープをして遊びました。

子供に帰ったようでと~っても楽しい♪

なのに上手く出来ない! あれぇー? 子供の時はとっても上手に出来たのになぁ・・・☆
意地になって頑張るけれど、何度挑戦しても出来ないんですよね。
身体が硬くなってしまったみたい。童心に返っても残念ながら身体は大人です。

楽しくて可笑しくて、笑い過ぎてお腹と顎が痛くなりました。
こんな道の真ん中で、誰の目を気にすることなく、騒いで笑って。。。無邪気に。。。

私は変わったな、元気になったな、こんなに素敵な仲間に囲まれて、笑って笑ってさ・・・これからだよね。素敵な、充実した日々を送ろう。

無邪気に笑って笑って生きていこう。
Thursday, October 04, 2007

今日は娘から・・・



この頃、お昼休みになると娘からの電話が定期便のように入ります。

大抵はご機嫌伺いで「元気の確認」が出来たらあっさり切るのですが、今日は、珍しく長電話で、今朝テレビを見て涙が出たと言うのです。

10月20日公開の映画「ヘアスプレー」のPRで若手出演者が来日していたようです。
ザック・エフロンさんとニッキー・ブロンスキーさん。

男性のザック・エフロンさんに司会者が「多くの方と踊っていらっしゃいますが、彼女とはどうでしたか?」と聞くと「一番楽しかった」と答えていたそうです。

それを隣で聞いていたニッキー・ブロンスキーさんはニコッと笑って、最後に彼女が踊ったのですが、踊る前の顔付きが一瞬変わったように感じたらしいのです。

娘は、なぜか彼女の踊る姿を見ていると涙が出たと言うのです。
分からないけれど涙が出た。。。なんだか娘の気持ちが分かる気がしました。
きっとニッキー・ブロンスキーさんは一生懸命だったのでしょう。

彼女は1,000人の中からオーディションで選ばれた、18歳の新人女優です。それまではアイスクリーム店でアルバイトをしていたようです。

きっと夢が叶い、その夢のまだずっと先にある何かを目指し、今は無我夢中で何事も一生懸命なのでしょう。

一生懸命は心を動かします。
一生懸命に何かする姿は、人々に勇気を与えてくれます。

彼女の躍る姿に感動した娘もまた、誰かの心を動かす仕事をしたいと思っているのでしょう。

娘は一生懸命になれる何かを求めているのかな☆
映画の公開が楽しみです。
Wednesday, October 03, 2007

こんな日もあるでしょう・・・



お化粧もした、ウサギ達にご飯もあげた、持ち物よし!戸締りよし!。。。えっ!?。。。今日じゃない!?

セミナー受講は今日じゃなくて明日だ・・・ガ~ン!!!
こんな事ってありませんか。

今日は、私はそんな日でした。
突然に予定が空くけれど、どうしたら良いのか分からないんです。
まさかぁ、信じられない!、確かに、手帳に、なんで?、ウソでしょ?

私は手帳に、その日する事をびっしり書いて、チェックを入れて消していきながら仕事を進めています。前日に、やり残した仕事など、次の日の予定に入れて、更に夕方には漏れがないか確認するようにしています。

どうやら、手帳に書く段階で日付を間違ったみたいです。
でも良かったぁ~☆
これが「昨日だった!」では取り返しがつかないから。

疲れているんだろうか。 ここの所、睡眠が少ないし、夜更かしし過ぎかも。
早めにブログを上げて寝るとしますか・・・

☆新しい年の手帳が売り場に並び出しましたね。
私の愛用の手帳です。
Tuesday, October 02, 2007

息子からの連絡



本屋で探し物をしていると、携帯電話が鳴った。めずらしく息子から・・・☆
お友達のお父様がお亡くなりになり、お通夜に出かけるのでお香典のことなど聞いてきた。

私の話に素直に耳を傾けてくれる。
ちっとも連絡してこないので案じていたが、頼りにしてくれているんだ。と思い嬉しくなった。

大学のゼミの面接に遅れてしまったらしく、3分しか話せなかったそうだ。でも何とか合格しそうだと息子から聞きホッとした反面、心配になった。

肝心な時に遅刻して。。。日頃の態度を考慮に入れてくださったのだろうか。。。

昨夜、松山さんとの会話で、「タイミングは大切」「面接に遅刻は落第だ」なんて話していた事を思い出し、また心配になる。

タイミングを外せば、ゼロかマイナスだ。

これから先、就職活動や社会人としての責任を果たせるようにキチッと叱っておかなければ、と頭をよぎったが、止めた。

この夏に20歳になったのだ。


自分で考え行動できるように、息子を信じて任せようと思った。

☆写真は息子が小学生の時の作品 私の机で時を刻んでくれています。
Monday, October 01, 2007

松山さん手料理のお食事会




今日は仕事の打ち合わせでピープレさんへ。
打ち合わせが終了すると「ご飯♪ご飯♪」という感じで、またまた、松山さんの手料理をご馳走になりました。

今日の驚きはいちじくの天ぷらです。いちじくって、あの果物のいちじくです。
きっと高価な料亭では出されるのでしょうが、初めて食べました。
いちじくは栄養もあり、ケーキなどにも使われる優秀な食材ですね。感心・・・!

お食事会も盛り上がり、時間の経つのも忘れて話し込みました。松山さんとお話しすると、いつも元気を頂きます。

寝食忘れて仕事をした若き時代の事をお互いに思い出し「すごい!すごい!」と褒め称え合い、ワインも進みました。

駆け出しの講師時代に屈辱を味わった話になると、松山さんの目にうっすら涙が・・・分か~るよ、分かる君の気持ち☆

私だってあるよ。 講演が終了し主催者の方にご挨拶を済ませて、お別れした途端に涙が溢れだした経験があります。
自分の仕上がりが情けなく、悔しい思いをした事を思い出しました。

こんな一生懸命な自分の積み重ねが、今の自分を作っているんだよね。

悔しさをバネに出来るかどうかが分かれ道!

これから一緒に出来る仕事の事など、話は尽きず明日の仕事に障るからと帰宅しました。

そのままのラデッシュ♪
これなら私も作れるぞ。。。イヤ、並べられるよね。

★☆ここだけの話☆★
実は一番の驚きは、若い時の松山さんがものすごく痩せていて
完全に別人だって言う事です。。。