Pages

Wednesday, December 31, 2008

2008年、ありがとう☆



今年も、残り数分となりました。
去年の年末に、「来年、私は生まれ変わるような気がする。」とブログに書きました。

今年は、その通りにほんの少し、「私は生まれ変わった。」と思います。

苦しくて、胸が痛んで、でも笑って、、いや、笑おうと心がけた1月、2月。
一つ乗り越えて、「これでいいんだ。」と思えた3月、4月。

未知の世界に恐れ不安を持ちながらも、ステップアップにチャレンジした初夏。

夏からは体が思うように動かず、ただひたすら自問自答した日々。
そして緊急入院。その後は多忙な日々を過ごし年末まで無我夢中でした。

2008年は、「実践」を掲げて挑んだ年でした。


私は若い時から、目の前のことを精一杯に取り組んできたように思います。
きっと不器用で、夢やら希望やらに向かって進むと言うより、それしか出来なかったのでしょう。

愛と夢を掲げつつも、「あなた個人の夢は?」と聞かれたら、今も答えられない。

ただ、味わって生きていきたい。
幸せな時間も、泣きたい思いも、、、目に入ることも、心に受けることも、体で感じることも、全てすべて、全部、味わって生きていきたいと思います。

今年も全てのことに心から感謝しています。
ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

◇やっと手帳のリフィルを購入。
よろしくね、私と歩もうね。
Tuesday, December 30, 2008

「幸せ」と一緒に



無事に年内の仕事を終えました。
来年は5日から仕事が入っているので、その準備もせねばなりませんが、ホッと一息です。

最近、「幸せやな…」と独り言が頻繁に出るようになりました。
きっと、幸せは日常の中にあると実感できてきたからでしょう。

朝、元気に目覚めて、遅刻せずに仕事に行けること。笑顔でいられること。窓からの景色やお月様がきれいだと思えること。暖かいお布団で眠れること。。。。きりがないけど、生活の中に幸せが潜んでいて、私を迎えていてくれるのです。

こんな事を思えるのは、病気をして入院したり、仕事で悩んだり、辛い思いをしたり、人様から温情を頂いたり、色んなことが、私を変えてくれたのだと思います。

心が憂うこともあります。気になって仕方がないこともあります。過去の自分の行動を悔やむこともあります。落ち込んで元気がないときも、、、そう、、

今だって、悩みもあるのです。
だけど、そんな日々の想いや経験が、自分を作っていってる、幸せを感じる自分の原点なのです。

幸せは雲の上になんかありませんね。
自分の側に寄り添っていてくれているのですね。

そう思うと、何と何と心強いことでしょうか。


◇バーゲンで買った新しいバスタオル。
新年から、この柔かさに包まれるぅ~♪
Friday, December 26, 2008

元気の報告☆



昨日で、ようやく仕事がひと段落。雑務や打ち合わせを残していますが、人前で話すことは年内は終了しました。やれやれ、、、です。

でも、ハッと我に返ると、、、もうクリスマスも過ぎて、もしかして、、年末??
我が家はツリーを出したものの、電気も入れずに突っ立ているだけの状態で終わってしまいました。

今日はこれから子ども達のところに行って、食事を作る予定です。
新年用の下着とか買わないといけませんし、これまた忙しいです。

だけど、私はこの数ヶ月、風邪もひかずに過ごすことが出来たのです。
リウマチの定期的な入院治療は12月の初めにしましたが、ずっと元気に仕事が出来ました。

疲れて動けなくなる日は、必ず自宅で仕事の日でした。
夏にくたばって、9月には救急車で運ばれ、何も出来ない状態だったのがウソのように飛び回っていたのです。

授業も研修も元気に出来ました。
当たり前のことがこんなに嬉しいなんて、ちょっと得した気分です。

周りの方々から温かい声援を頂き乗り切ることが出来ました。
今年も感謝の気持ちで終わることが出来そうです。

◇入院治療をしている時に嬉しいプレゼントが届きました。
今回は一人部屋でしたが、お陰で寂しくありませんでした。
すんごく可愛いでしょ♪
Sunday, December 21, 2008

もうすぐ母の誕生日☆



昨日は、久しぶりの休日でしたっ!
どれだけ振りでしょうか。。。♪

金曜日は毎週通った京都の大学の最終授業でした。
その後、娘と待ち合わせをして、大津市の母宅へ行き一晩お泊りしてきました。

夜は娘に布団を敷いてもらい、朝食は母に整えてもらって、甘えてきました。

母の笑顔は健在で、一人でおしゃべりしています。

傍で娘が、「へ~ぇ、それで?」「すごいなぁ~おばあちゃん!」とか、言うものだから、母はおしゃべりが止まらず、お陰で、この数ヶ月の母の様子が分かりました。

昨日は、年2回のお買物日でした。
母の日と母の誕生日がある12月。この2回は、娘と母と私の3人で京都の伊勢丹でお買い物をするのです。

足の悪い母の為に車椅子で移動しながら店内をクルクル周り、ランチとお茶の時間も含めて、いつも大体7時間位デパートに居ます。

歩き疲れてグッタリでしたが、母の嬉しそうな満足した笑顔と、娘との他愛のない会話で疲れた心を癒してきました。

私も、あと少し! ひと踏ん張り!

◇カメラを向けると母の笑顔が緊張の顔に・・・
いつもはもっと笑顔です。
紫の帽子に紫のセーター。いつもおしゃれな母です。
Tuesday, December 16, 2008

あともう少しで休憩所です☆



随分とご無沙汰をしてしまいました。。。
ご心配メールやお励ましのお電話など、ありがとうございます☆

何とか無事に生きてます…

こんなに「時間と責任のセット」で仕事をしたのは、何年振りでしょうか。
20代以来のような気がします。

無我夢中の3ヶ月でした。と言うより、まだ現在進行形なので。

ベルトコンベアーに乗って仕事をしているように、次から次へとしなければならない事があり、その都度、目の前の事に「心と気合を入れて」、日々がビュンビュンと過ぎています。

それで、ある日「ハッ」と目が覚めたのです。
「分かった」って感じでしょうか。その途端に「卒業!」って思いました。

そう、、、どういえば良いのでしょうか。
イメージが湧いてきて、「もう、分かったでしょ」って。

一生懸命に我を忘れて、目の前の事に、なりふり構わず取り組んだからでしょうか。
ここでの学びは終わった、と思えたのです。

ものすごい良い経験でした。私の知能がフル回転しました。

次に自分が何をしなければならないのか、考えなければと思います。
枠にはめられることなく、私らしく私の遣り方でする時期がきたのです。

私は誰に向かって何を伝えたいのか、少しゆとりを持って考えて行こうと思いました。

あと少し。
もう少しで休憩所です。

どんな眺めでしょうか。どんな空気でしょうか。
深呼吸して味わいたいと思っています。

◇忙しい中で、娘の誕生会をしました。
グッタリお疲れの主役です。
Tuesday, November 25, 2008

やっぱりお任せで、、、行こう



前回のブログに「お任せでいこう」と書かせていただきましたが、何となんと、その翌日に、流れた仕事がなぜか復活したのです。

もう、、、一体どう言うことなん??
折角、納得して感謝しているのに・・・と。

でも、ちゃんと一旦お流れになった理由がありました。
引き受けた時とは違って、相手のペースにならない自分が存在したのです。

「もう無理はしないんだ。自分のペースを守ろう。」という思いが働いて、自分を見失わない言動が出来るようになっていました。

企業様に対しては、いつもお世話になっているので、出来るだけご要望に応えたいという思いが働いて、今まではつい無理をしてしまう自分がいたのです。

これでまた、全くお休みのない日々が続いていますが、一つ一つ丁寧に階段を登っている気がして、これまた感謝なのです。

12月22日で私の仕事が一区切り付きます。それまでファイト!


本日、「ランウェイ 対談ブログ」をホームページにアップしました。
更新が遅れてしまいましたが、今回も素敵な女性をご紹介しています。

今回は、今年私の研修を受けて下さった、日本紙工株式会社様の2008年入社の新入社員の方2名にインタビューさせていただきました。

爽やかなお二人をご紹介しています。お読みくだされば嬉しいです。


◇日本紙工様はパッケージのデザインや制作を手がけていらっしゃいます。
この写真は、新人の彼女達が係わった商品です。
Sunday, November 16, 2008

目に見えない何かにお任せでいこう。



一見マイナスな出来事でも、有り難いことが隠されているな、と思うことがありました。

今月の半ばから・・・そう、今週から、私はある企業様で新しいプロジェクトのお手伝いをさせていただくことになっていました。

その準備で打ち合わせを何度もしてきたし、日程も調整していたのですが、急きょ、私の参加がなくなりました。

その理由が納得がいくような、いかないような・・・と言う事で、ちょっとションボリもしたのですが、数分後には元気になっていました。

「そうか、そういうことか。」と、思えたのです。
それは私の今の現状です。 体力、能力の限界に来ていて、これ以上、私は無理を重ねてはいけないのですよね。

誰かが、目には見えない何かが、私を守ってくれたのだと思いました。私が参加しなくなった理由が、これが???って、内容なのです。

原因は私でもない、担当者でもない、事務上のことで、誰ともめるというワケでもなく、私はその仕事を下りたのです。

今となれば、この仕事をする為に日程を調整したのも、それは私の休日を作るためにあったようなものです。

どこに向かって頭を下げたらいいのか分からないけど、感謝です。
もうこれしかないのですよね~。

私の願いが叶っていって、それを喜んで受けている日々ですが、限界になれば、こうやって助けてくださると、、、だから、お任せ。お任せでいいのだと思いました。


◇冷蔵庫の中身も品薄状態で。堅くなったフランスパンで
フレンチトーストを作りました。美味しかったです♪
Thursday, November 13, 2008

ちょっと背伸びして頑張る日々です☆



グッ、、グッ、、もう一週間ですか。。
毎日、飛ぶように日々が過ぎています。

毎週、金曜日は京都の大学まで2時間半程かけて通っています。
1コマの授業をするので、朝早くに家を出て、夜遅く帰宅します。

鞍馬の手前まで行くので、叡山電鉄に乗ると空気が美味しく景色も素晴らしくて、都会の喧騒を忘れさせてくれます。

遠いのですが、ちょっと現実から離れるので、楽しみでもあります。
秋も深まってきたので、明日は紅葉を眺めるのも、ホッと一息という感じで疲れも飛ぶでしょうね。

もう少し、もう少しと思いながら毎日を過ごしています。
これを頑張れば、少し前に進む。これを乗り越えたら、あそこにたどり着く・・・なんて毎日思いながら、仕事をしています。

育ち盛りの子供が、急に背が伸びた時に骨が痛む「成長痛」のようで、心地よい痛みを感じながら過ごしています。

ブログ更新が少なくてご心配かけていますが、ちょっと背伸びして頑張る日々です。


◇叡山電鉄の無人駅と教室の窓からパチリ
Thursday, November 06, 2008

修行が足りませぬ。



落ち込んだとき、あの人ならどうするだろう・・・と思い浮かべる人が何人かいます。
身近に憧れる人、目指す人が居てくださることは嬉しいですね。

昨日も、ちょっとしたことで、落ち込みました。
何でもないことだったのに、疲れていると物事のマイナス面を見てしまいますね。

気持ちだけで前に進んでいて、体や神経がついていってないぞ~と思います。

「のり子さんらしさを忘れないでください。人の意見に振り回されずに・・・」と言ってくれるスタッフさん。

なぜ、落ち込んでいるのか、、、涙がホロリと出るのか、、、それは一生懸命にしたから、取り組んだから。

夏休みに息子と会ったときに、こんな事を言っていました。
「勉強でも、何でも、悔しい思いで泣いたことは何度もあるよ。」

そうか、これか、これが悔しい思いなのか、、、今さら、この年でそんな発言あり??なんて思うけれど、ちょっと忘れていた涙でした。

それだけ、最近の私は睡眠時間を削ってでも、一生懸命に仕事に取り組んでいたのです。

今朝はやらなければならないことが山積みでしたが、気分転換と思い、以前録画しておいた「中村勘三郎一家」のドキュメントを何気なく選んで観ました。

でも、良かった。最高の舞台を作り上げるために、みんなが力を合わせる。これです。この気持ち。この人ならどうするだろうと、心のどこかで思って選んだのかも知れません。

最高の仕事をする為のご指摘、アドバイスは、真摯に受け止めて、反省し改善していくのみです。
私は、受け入れる物と、受け流す物の区別が付いていないので、落ち込んだのでしょう。

忘れてはいけないのは「私」。
私だから出来る仕事に誇りを持たなければと思いました。

まだまだ、修行が足りませぬぞ。


◇手書きのお手紙はいいですね~♪
お礼のお手紙がタイミングよく届いてこちらも嬉しくなります。
Tuesday, November 04, 2008

私の精一杯を・・・



もう11月なんですね・・・
ちょっとゆとりのない、、、でも心は充実した日々を過ごしています。

私の仕事の一つに大学生の就職支援がありますが、色々と考えさせられることの連続です。
就職活動では自分をアピールすることが大切なのに、それを出来ない学生が多くいる事に驚きました。

理由は様々。でも共通しているのは自分に自信がない事です。欠点だらけの自分だと思い込んでいます。

いじめにあった子は、自分を出した為にいじめられたと思っているので、決して自己主張しません。中には人間不信になっている学生もいます。

レポートを読んでいると、そんな自分と戦っている学生もいます。
就職活動の為の自己アピールよりも、もっと前段階の、自分の良い所を知ること、「頑張ってる自分を好き」になって!と、伝えたくなります。

私へのレポートに長い文で、学生時代の辛い経験を書いてくれるのは、それは彼らが心を開き一歩進んだ証です。私はしっかりと受け止めたいと思っています。

この連休は、彼らへのお返事を一人ひとりに自筆で一生懸命に書きました。

飾らず、素直に書いてくれた彼らに、光が差し、自分の道を歩んでくれますように。
年が明けるまでの、半年足らずのお付き合いですが、私の精一杯を出すことが、私の出来る事なのだと、秋が深まり行く中で思っています。


◇いいお天気の連休。
エンゼルマムが気持ちよく咲いています。
Friday, October 31, 2008

やっぱり必要だね、飴と鞭。



最近の女性は自分自身にしっかり投資しますね。
自分へのご褒美やモチベーションアップにアクセサリーを買ったり、服を買ったり、エステに行ったりする女性が多いですものね。

私もバ~ンと海外旅行とか行きたいけど、経済的にも時間的にも許されず、細々した小物買いで満たしています。

いつも持ち歩くものや、使用する文房具をお気に入りの物にするだけで、気分一新です。

さてさて、今日は、本当に久しぶりに自宅で仕事をしています。

土日も仕事でしたから、本当に久しぶりです。
午前中はクリーニングの整理と洗濯を2回。 散乱した書類、本類を片付けました。

いらない書類をバリバリ破ってゴミ箱に捨てる時は爽快です。 いい気分転換ですね。

先日、新しくボールペンとマグカップ、定規など、気に入ったものを購入したので、それを机に置いてニヤニヤ。。。午後からはスイスイと捗りました。

やっぱ、飴と鞭は必要ですよね~。


◇ファミリアのマドレーヌシリーズが今の私のお気に入り。
子供達が小さい頃を思い出します。可愛くラッピングして頂きました。
Thursday, October 30, 2008

届きました栄養ドリンク♪



少しの空いてる時間にも、次々と予定が入ってきて、お友達とお茶したりする時間がなくなっています。来月から新しい仕事も始まり、また忙しくなりそうです。

寂しい気がするのですが、年末までが私の頑張りどころなのです。

そんな中、突然、恭子さんからお電話がありました。
どうしたんだろう?? と思って出ると・・・「どうしてるんかな、安否の確認。」と言われました。

朝から、重い鞄を持って打ち合わせに行って、次の予定まで、学生のレポートチェックをして・・・それから、お客様と会って・・・と、気を張って仕事をしていたので、その一言で、フニャっとなってしまいました。

お客様先で仕事をしていたので、小さな声でヒソヒソと、仲良し話をしました。

今日は、大切な友人の奈緒美さんとも電話でおしゃべりしました。
やっぱり、必要ですね。仲間とのたわいないお話。

精神的には強くなってきていますが、ちょっとした、我に返る時間がどんな栄養ドリンクよりも効く気がします。

数分の電話でしたが、終わった後、フニャとした顔を真面目な顔に戻して仕事をしてきました。
会えなくても、恭子さんも奈緒美さんも頑張っているんだなっ!


◇ティーセットを頼むと3段になってデザートが・・・!
やっぱり疲れてる、、甘い物が続きますねぇ。
Wednesday, October 29, 2008

忘れていました、大切な事!



ハードな日々を元気良く過ごしているのですが、ちょっとイヤな思いもしています。
私の事をあれこれと陰で言ってる人が居ることを知ったからです。

だぁれも何にも、私には言ってこないけど、ちょっと凹みますよね。
ある人が、タイミング良くこんなお話しをしてくれました。

「人間はプラスとマイナスが同じ量で与えられるんだけど、自分がプラスの気を持っていたら、マイナスが通ってもすっと通り過ぎてしまうんですよ。だから、マイナス事が起こったら、こんな小さくて良かったって思ってね。そしたらイヤな事は、すっと通り過ぎてくれますよ。」

ガッテン!
そういうことか・・・と言う事は、マイナスがこんな小さくてラッキーです。

そして、メンターさんからは、
「のり子さんが、まっとうな事をしようとしてるから、相手は煙たいんでしょ。直接言ってこない限り、無視する事が一番。」

ガッテン!
思い出しました。ブログにも書きました!
マザー・テレサが愛した詩。『あなたの中の最良のものを』

恐れることはない。 堂々としていよう。
自分を信じて、淡々と粛々と目の前の遣るべきことをしていくとします。


◇頭を使い過ぎて、甘いパンが欲しくて買いました。
実りの秋。リンゴと栗です♪
Sunday, October 26, 2008

成長を実感しました☆



ちょっと、成長したんだろうな、、、という実感が。
土曜と日曜は「管理監督者研修」がありました。

管理職研修の仕事が来ても断っていました。終了後の疲労感が尋常ではないからです。今回は色々あって、受ける流れになり、それが昨日と今日でした。

「健康を害しているのに、働きすぎやろ! 何を考えてんねん!」と、ちょっとお叱りの声もあり、の中で、今日終了しました。

初日は12時間という長時間研修。 二日目も8時間。 受講生も講師やスタッフさん達も大変です。 テキストも何日もかかって作成しました。

でも、終わって、爽快感!
笑顔で帰っていった受講生!

いつもと違う気持ち・・・です。これは何でしょうか。

「誰かの為」ではなく、「やらねばならぬ」ではなく、無理をせず、自分の力を信じて、お役に立てる喜びを感じて取り組んだからではないだろうか。

去年と違う、今の私を楽しんで、うふふ♪という感じで、研修終了!
私を支えてくれたスタッフさん達、本当にありがとうございました。

明日もお仕事を楽しもう。

◇久しぶりの管理職研修。ここから先は先生として・・・ちょっとドキドキでした。
テキストはセンス良く、素敵に仕上がりました。
Wednesday, October 22, 2008

追われていても、楽しい今日この頃です☆



この頃、時間の使い方が上手になってきたなって思います。

今の私は、今日の事は今日中に済まさないといけない状態になっています。
でも、気分転換と頭の切り替えが上手になってきて、朝に立てた予定が大体こなせるようになってきました。

「今から休憩!」って決めたら、「は~い、休憩ですぅ~」と声に出して、自分の細胞達に「休んでよろしぃ。」と言い聞かせてます♪

コツは無理な計画を立てないことと、目の前の事だけに集中すること、かな。

今日は午後から大学で授業があり、夕方は同期の心友と梅田で食事をする予定です。
友人から朝にメールが入って、丁度、今日は梅田を通るので、バッチリのタイミングでした。

しっかり仕事して楽しんで、素敵な午後を過ごしますね。
行ってまいりま~す!

◇里美さんが作ってくれたブレスレット
アメジストとブルーレースが綺麗!
石の中にお花も入っていて、ものすごく気に入ってます!
Saturday, October 18, 2008

治ってケロヨン♪



木曜日と金曜日は、定期的なリウマチ治療で入院していました。
今回3回目で、やっと個室から抜けることができて、4人部屋。
みんなリウマチ患者さんばかりです。

明るい方達ばかりで、体験談などをお聞きして、とっても心強くなりました。

通院の際に、色んな患者さんを目にしますが、共通して言えるのは、皆さん前向きで明るいことです。 車椅子や杖で支えて歩いていらっしゃる方でも関係なく、「元気ぃ?!」「お久しぶり~ぃ」などと仲間を見つけて声を掛け合っています。

前回までは個室だったので、今回からは私も仲間が出来てとっても嬉しいです。 診察で再会しましょう、と約束してお別れしてきました。


そして、ひょんな事から、前回の入院で素敵な薬剤師さんと親しくなりました。
私の娘のようなお年頃の可愛い美人のお嬢さんです。

夕方、仕事を終えて娘も来てくれたのですが、彼女を見て、「わ~ぁ可愛くて美人!それに知的!」と絶賛してくれて、「でしょ。でしょ♪」と、私も意味不明に鼻高々♪

今回は微熱も出て、倦怠感もあって、体調としては、少し辛い入院でしたが、精神的には晴れやかな入院となりました。

そうそう・・・こんなこともありました。
病院まではタクシーで行ったのですが、車内はタクシーには珍しく静かなクラシックがかかっており、運転手さんに聞くと、「NHK FMのミュージック・リラクゼーションですよ。」と教えてくれました。

下車する前に、日本フィルハーモニー交響楽団の「母さんの歌」 がかかり、鳥肌が立ちました。あの、「母さんが夜なべをしてぇ、手袋編んでくれたぁ・・・」です。あの歌をオーケストラで演奏されたものが流されたのです。

胸がジ~ンとして・・・支払いをしていると、運転手さんが 「お大事にね。」と言って、百円玉を3枚、私の手に握らせてくれました。

そんなに遠くまで乗ったワケではないのに、おまけしてくれて、「頑張って!」とエールを送られたような気持ちになりました。

知らない人からも、あったかい心を頂いて、この気持ちを大切にしたいと思っています。


◇素敵なKさんから頂いたケロヨンの指人形。
懐かしい~♪ 枕元に置いて寝ました。
Wednesday, October 15, 2008

夢中になった証。



昨日のNHKの「プロフェショナル」は柳家小三治さんでした。

高校生の時に落語に興味を持ち、校長先生をしていた父親の反対を押し切って、落語の世界に入ってきたとのことです。

柳家小三治さんを見ていると、「特別な事をしていないよ」、「目の前の遣るべきことを一生懸命しているだけだよ」って姿勢が伝わってきて、それが余計に小三治さんのすごいところだと感じたのです。

人は、周りから評価されると、「そうなんですよ。こんな考え方でこうしています。」と話し、信念を貫いてきた姿勢を見せるところがありますが、小三治さんは違う。

「こうして遣りぬいた」ではなくて、「こう思うんですよ」って、言葉ではなく、彼の背中でそれを見せてくれるような気がしました。

ビジネス的に見たら、説得力はないかも知れない。
でも、心が動かされる、小三治さんの生き方が、体全体から滲み出ていたような気がします。

「すごい」の一言。

偉大な人はパフォーマンスは不要です。多くを語らずとも、人の心を動かせる。 素晴らしい。
自分の職業に誇りを持ち、苦しみ、戦い、自問自答してきた証でしょうね。

師匠に「お前の噺は面白くねえ」と言われても、辞めたいと思わずに、その言葉を受け入れて、「何故なのか・・・どうしたらいいのか」と、その言葉と共に生きた部分もあったのでしょう。

18歳で自ら選んだ落語の世界で68歳の今もなお、自問自答し、進化し続ける小三治さんの落語。

小三治さんが思うプロフェショナルとは「今のことで夢中」
彼らしい言葉です。

夢中になれることに出会えた。夢中になることが出来る。無我夢中。
「夢中」っていいな。

小三治さんの生き方に、しばし胸が詰まりました。
柳家小三治さんの落語は彼の人生そのものでしょう。


◇小三治さんは重度のリウマチを患っているにも係わらず、
落語を続けている姿にも勇気を頂きました。
Monday, October 13, 2008

使命を全うしよーっと。



折角の休日も仕事に追われていました。
計画を立てていたのですが、思ったより捗らずに結局は3日間とも仕事しています。

何でこんなに要領が悪いのか、、、と嘆くのですが、手を抜けない性分で仕方ありません。

お風呂の中でも仕事のことを考え、お布団に入っても考えて、、、、で、どうしたら利益が出るか、ではなくて、私はやっぱり、どうしたら喜んでもらえるか、笑顔が見られるか・・・なのですよね。

こうかな?? ああかな?? と、シミュレーションして、時にはニヤニヤしながら想像も入れて、宙を見ながら一人で考えていることもあります。

そんな姿を見て、スタッフさんが、 「のり子さんは、死んだら間違いなく天国に行けますよ。」って、喜んでいいのか、怒っていいのか分からないコメントを出してくれます。

気分転換はもっぱらテレビと音楽。
今日はウイル・スミス主演の「I Am Legend」を観ました。

ウイルスに侵された人類を救うために命を懸けた主人公に、最後は号泣。。。ただただ涙、涙でした。

最後に出た1行のメッセージ
「闇を光で照らす」 の言葉に、今の私の仕事を通しての使命と一致して、また、涙でした。


◇ウイル・スミスさん、素敵でした。
よく来日されますが、お茶目で可愛くてサービス精神が旺盛で好きです。
Friday, October 10, 2008

目の輝きはどこから。



昨日は、娘が会社の休みを取って江坂までやってきました。
「仕事がいっぱいあるから、長居しないでよね。」と残酷なことを言っても、「はいよ、明日までに帰りますよ。」とケロッとしてます。

鮭を焼いて、お味噌汁と納豆で簡単に昼食を取りながら、あれこれと真剣な会話をしました。

娘とは顔がよく似ているのですが、真逆の所もいっぱいあって、物の見方の勉強になります。
でも一致しているのは、「熱い」ところ。

昨日は娘の 「お母さん、『本気』っていいよね。」 から熱いトークが始まりました。
仕事のこと、自分の生き方、「本気」 について話しました。

本気だとどんな所に表れるだろう・・・という会話で、二人が共通して思い出すのは、娘がバリに行った時に、ドイツ人と知り合いになり、その人が言った言葉です。

「例え服装や持ち物、体型が変わったとしても、変えられないものがある。それは何だと思う? それは目の輝きだよ。」 というものです。

目の輝きは内面から出る、その人の心の有り方なのですね。
日々、何を大切にして、何を思い、どんな気持ちで過ごしているかが、その人の目の輝きを作っているのですね。

娘は、「今日はいいお天気だったし、いいなぁ~のんびりして、こんな日もあっていいよね~♪」と言って、満足そうに帰っていきました。


◇江坂にある、テラスを利用した小物雑貨「Juli Juli」。
カナダ人のサニーという青年が経営しています。
サニーのお店で、コンパクトとハワイアン小物入れ。
シールは東急ハンズで。娘に買ってもらいました。
Tuesday, October 07, 2008

~あなたの為の時間~



体調を崩さないようにしなければならないのに、いつの間にか、予定が満載に・・・!
お陰で、ちょっとの空き時間を利用して、体を休めることを学んでいます。

久林治療院の深雪さんの所へもマッサージを受けにお邪魔するのですが、秋分の日に行った時にとっても嬉しい言葉掛けをして頂きました。

いつも息子さんや助手の方が居て、お二人なのですが、その日は深雪さんお一人でした。

秋晴れのお天気で、風が爽やかにカーテンを揺らして心地よく肌にあたっていました。ここはいつもクラシックがかかっていて落ち着きます。おしゃべりをしながら優雅なひと時が流れていきました。

終わると、なんと2時間もの時が流れていて、恐縮してしまいました。
何度も恐縮してお礼を言っていると・・・

「今日は、のり子さんの為の時間でしたよ。私はのり子さんが、来てくださるだけで嬉しいのですから。」とおっしゃってくださいました。

更に深雪さんは、「いつも祝日は予約が入っていて二人でも大変なのに、今日は私一人で予約もなくて、これは、のり子さんの為に使いなさいってことだと思うんですよ。」と優しく微笑んでくださいました。

こんな風に言って頂いて、私は誰にお礼を言ったら良いのでしょう。
こんなに大切にしていただいて、誰に、誰に、この気持ちを伝えて感謝すれば良いのでしょう。

深雪さんのように、愛情深い人になりたいです。
人からご親切にして頂くことばかりで・・・私も誰かにって、ちょっと焦ります。

「あなたの為の時間ですよ。」だなんて、、、素敵な言葉。
私が味わった気持ちを他の誰かにも伝えていきたいと心から思いました。

◇深雪さんからサボテンを頂きました。
お玄関に置くといいらしいので…
Sunday, October 05, 2008

おばさんは親切が身にしみます・・



今日はシトシトと雨ですが、先週は秋晴れの爽やかな中、2日間連続で泉北方面にあるM大学さんに講義にいってました。

御堂筋線の江坂から約2時間弱かかり、往復だけで少々疲れましたが、これくらい要して通勤されている方も多いと聞きますから、心中察する思いでした。

緑の多い素敵な場所です。
ここは7月にも講義をさせていただいたのですが、その時は駅からバスでしたので、道に迷う事もなく到着しました。

ところが今回は通学時間帯とは少しずれていたので、バスが有りません・・・
次のバスまで1時間・・・どうしよう・・・道も分からないし・・・学生もいない・・・

バス停で、困っていると、学生らしき体格の良い男性が・・・!
「M大学までバス以外で行く方法はありますか?」「歩いて行けますよ。」「何分くらい?」「10分か15分位です。」「そうですか♪ どう行けばいいのか、教えてください。」

と言って、道を教えて頂いたのですが、曲がったり、進んだり、トンネルがあったり、、、とややこしそうで、、、きっと私の顔が、だんだんと歪んできたのでしょうね(笑)

「僕も行きますので、一緒に行きましょう。」と言ってくれました♪
何とご親切な学生さんでしょう。 男の子ですから、中年のおばさんと歩くのは抵抗があるでしょうに。

野球をしているという彼の身長は180cm位あるのではないでしょうか・・・見上げるような背の高さです。
少し会話もして、楽しく大学まで到着。

時間をみたら20分を越えていました。きっと学生さんは私に合わせて歩いてくださったのでしょうね。

ありがとう。ありがとう! 何度お礼を言っても足りないくらい嬉しかったです。
何らかの形でお礼がしたいものです。

いつか、彼の授業を受け持つ日が来ればいいな。

◇頂いたお花が枯れてきたので、元気なお花だけ生け直してみました。
Wednesday, October 01, 2008

小泉今日子さんの素敵な書評



今日から10月。
爽やかな秋晴れでしたね。この秋晴れの匂いは運動会を連想させます。

この匂いの中、風を感じながらお茶を頂いたり、本を読んだりするのは幸せのひと時ですね。
本は好きなので、時間があると本屋さんに入って、何となく惹かれたものを購入して読んでいますが、新聞の本の紹介に目を通すのも楽しいですね。

読売新聞の「よみうり堂」に、女優の小泉今日子さんが、書評を寄せていらっしゃいます。
いつも素敵な文章で、豊かな文才に唸ってしまいます。

先日は、山本文緒著「アカペラ」の書評をこんな文章で締めくくってありました。

「自分を守るために、明日に期待し過ぎないように生きる中年世代にとって、明日を夢見る若さの輝きは眩しいけれど、大人として、その夢を守るという目標を持てるような気がするのだ。」

全く同感です。

また、以前に紹介された書評は、こんな文章で始まっていました。

「あなたの一番大切なものは何ですか? と訊かれたら、私は迷わず『記憶』と答える。 私の心の中に詰まっている様々な記憶は過去からの優しい風のように、今の私を慰め、励まし、奮い立たせてくれる。 良い事も、悪い事も全部が愛しい大切な思い出。 私の記憶は私が私であることの証明みたいなものなのだ。」

本当に素敵です。

いつも彼女が書評している本を購入したくなり、いいな~と思っていても本屋さんに行った時には、すっかり忘れてしまう私ですが、「アカペラ」はきっと購入するぞ!


◇ランウェイの1周年を迎えて、名刺も新しくしました。
私はピンク、スタッフは水色や茶色にしました。
この名刺で最初に名刺交換するのはどなたでしょう・・・楽しみです!
Tuesday, September 30, 2008

忘れないでね、おふくろの味!



昨日は、子供達の所にお泊りしてきました。
仕事の帰りに、皆で夕食を頂いたのですが、美味しいケーキがあるとのことで、それにつられてお泊りしてきました。

朝に予定があったので、早く家を出なければいけなかったのですが、今日は息子が休みということで、軽くお昼を作っておいてあげようと台所に立ちました。

でも、いつもそうなんですが、上手く作れないんですよね、これが・・・。
美味しい物を食べさせてあげたいと思うのですが、なんだか、うまく作れない。

自宅で作って、美味しかったら、「あ~、子供達にもこれを作ってあげたいな。」と思うのに、いざ作ると、、、何だかね~。

前回も大きな海老を20尾も買って、海老フライを作ったのに、塩胡椒を忘れて、かなり薄味に・・・。
あ~、思い出すのもイヤな位に情けなくなります。

でも、慌しい中でも、子供達の靴をササッと磨いたり、洗い物を片付けたりと、お母さんらしいことをしてきました。

次回は11月に、お泊りする予定なので、しっかりとイメージしてお料理に挑戦することにします。
成功を祈っておいてください!

◇前回は息子の誕生日に海老フライを。
ケーキが美味しかったから、まっいいか♪
Sunday, September 28, 2008

究極の贅沢です。



急に寒くなってきましたね。
お布団もあったかいのに換えて、腹巻もしています。

お風呂もゆっくりと浸かるようになりました。
これからは、入浴剤を楽しめる時期に入ります。

先日、ランウェイの一周年記念に頂いたバラの花をお風呂に浮かべて入りました。
こんなことは生まれて初めて!

バラを頂いたときに、恭子さんから、「バラの花びらをお風呂に入れて楽しんでね。」と言われて、思わず、「もったいなくて、出来ない~っ!」 と言うと、

「綺麗なままの状態を楽しんであげてよ。その方が枯れて捨てられるより、バラも喜ぶんじゃないかなと思ってるんだけど。私がバラなら、綺麗なままの状態で居たいから。」

それもそうだな。。。とすごく納得して、まだ綺麗な状態の花びらをバラバラにしてお風呂に浮かべて、更にバラの香りのエッセンスを入れて、ドボ~ン♪

ものすごく贅沢!

どちらかと言うと私は、くたびれるまで使う方で、捨てるのは後ろめたさを感じる方ですから、こんなことは、夢にも考えないことでした。

湯船に浮かんだバラの美しさを身にまとい、バラの香りと共に綺麗な状態を思いっきり楽しむことが出来ました。

美しいものを美しいままに、その美がある状態の「旬の時」を思いっきり味わうのは、究極の贅沢のような気がしました。

身の回りで、「旬の時」を逃しているものが、きっとあるはずですね。
探してみたくなりました。

私???・・・まだまだっ! これから咲くんですから。
咲かずに終われませんからね!

◇恭子さん、約束通り、バラ風呂に入りましたよ。
でも、後始末が大変でした・・・トホッ
Friday, September 26, 2008

綺麗な涙が濁りませんように・・・!



企業の採用の仕事をしていると学生さんの純粋な気持ちに触れることがあります。先日も心を動かす出来事がありました。
依頼主の企業様から学生の内定のお知らせが入ったので、早速、その朗報を学生に連絡しました。

すると、電話口で泣いている様子なのです。
「大丈夫?」「初めて内定もらいました。入りたいと思った会社から初めて内定をいただいたんです。」と言って、電話口で泣いていました。

「そう・・・がんばってきたんだね。優秀な学生さんと出会えて嬉しく思っていますよ。」そう言った私も、何だかもらい泣きをしそうでした。

大学生達は3年生の秋から就職活動が始まります。
この1年、寒い日も暑い日も、企業を訪問して、何通もの履歴書を書き、エントリーシートを記入してきたことでしょう。

面接で緊張して、終わった後は、自問自答して落ち込んだり、自分を励ましたり、そして、また、気持ちを入れ替えて、次の企業に臨んできたのです。

一生懸命に戦って得た結果に、私達は涙するのですね。
悔しかったり、嬉しかったり、涙には、その人の一生懸命が隠されているのですね。

彼らが、これからも、ずっとずっと目を輝かせて働ける社会でありますように!
彼女の綺麗な涙が濁る事がないように、私達、大人は襟を正さなくてはいけませんね。

◇毎朝のヨーグルトドリンクも冷たく感じるようになりました。
Thursday, September 25, 2008

嬉しい気持ちが溢れています☆



いっぱい、いっぱいブログに書き残しておきたいことが続いています。

秋分の日の夜、外出から帰ると、ピープレの松山さんが家の前で待っていてくれました。
私のランウェイのホームページを作ってくださった方で、とっても仲良しの恭子さんです。

ランウェイが一周年を迎えたということで、数え切れない程の沢山のバラの花を私の顔を見て渡したいからと待っていてくださったんです。

本当に彼女はサプライズ好きで、私を泣かせます。
思わず抱き付いてしまいました。

自分が何を話したのか興奮して覚えていません。
彼女を乗せた車を見送っていて、車が角を曲がるとき、何だか自然に深々とお辞儀をして「ありがとうございます。」という言葉が出てきました。

すると、涙が後から後から出てきて、マンションの前で泣いてしまいました。

先日から、本当に思いがけない事ばかりが続いています。
本当に嬉しくて嬉しくて・・・言葉になりません。

恭子さんが、「おめでとう」の言葉と共に、「いつも側にいてくれてありがとう。私のこれから進む先にのり子さんに居てほしいと思っているの。」とお話しされました。

私の居場所がいっぱいある!
昨日の大学の講義でも感じた! 今朝も感じた、この頃ずっと感じるこの思い!

何かすごい大きな力が私の周りで動いている気がします。
恭子さん、私もあなたが大切!

◇元気が出るオレンジ黄色、クリームのバラ達!
見えないけど籠の後ろにもいっぱいのバラ!
Monday, September 22, 2008

ぐっぐっ・・・言葉にならない。



昨日のお昼ごろ、突然インターホンが鳴って宅配の方が荷持を届けてくれました。
ものすごく大きなダンボールで、「何だろう!?」と思って、送り主を見ると、教え子からです。

開けてみると、何と中から大きなお花のアレンジが出てきました。
「ランウェイ 一周年御祝」と札が立っています!

一瞬で体が固まってしまいました。
嬉しくて、嬉しくて・・・言葉にならない。ってこういうことを言うのでしょう。

先日も、ランウェイのお手伝いをしてくださっている奈緒美さんから、メッセージカードと共に、お祝いが届いて感激したところです!

気に掛けてくださっているのが、本当に嬉しくて、嬉しくて・・・。

私は自分の事で人を煩わしてしまうのがイヤで、出来るだけ迷惑が掛からない様に暮らしてきました。
だから、こんな風に、気に掛けてくださると、申し訳ないような、恐縮したような、「私などにもったいない」気持ちになってしまいます。

勇気リンリン!!
エネルギーは満タンです。

今日から、大学の後期授業が開始です。
笑顔で、心に愛情を詰め込んで、行って参りま~す!

◇お玄関に飾りました。
ありがとうございます。
Sunday, September 21, 2008

どの扉を開けても大丈夫! ~ランウェイ・1周年に寄せて~



今日は、ランウェイの一周年記念日です。
昨夜、仕事の帰りに、一緒にランウェイを運営してくれているパートナーとお祝いのお食事をしてきました。

ブログもひょんなことから始めて、1年と数日が過ぎたし、流れと勢いで、ランウェイを設立して1年。

1年前の私と今の私は、関わる仕事も人たちも環境も、本当に大きな変革を遂げていて驚きです。本当に予想も付かない展開をしています。

私の考えに賛同してくださる方々、いつも見守ってくれる仲間達、ブログを読んでくださる方々、沢山な人達に応援して頂き、本当にありがとうございます!

今は、空気が美味しい! あ~息をしているぅ~って感じです。

会社も辞めてしまって生活の保障がないのに、全く不安もない。
不思議です。。。が、昨夜、食事をしながらパートナーと話していて、「この人と一緒にいるからかな・・」と思うことがありました。

悩みを誰に相談するか、と言う話の時に、パートナーは「自分は、真剣に人に話すような悩みはないなぁ。悩みがないのが悩みかなぁ。」と言うのです。

「愚痴や不満なら、こぼしたいこともあるけれど、ここはアフリカじゃなく日本なんだから、明日死ぬような切羽詰まってしまう事はないしなぁ・・・小さな不安にスポットを当てると、それがだんだん大きくなってしまいますよ。」

「生きるか死ぬかなら、悩んでいる場合じゃないしねぇ。。。のり子さんは、これから始まる大学の講義がうまく行くかどうかって、心配してるけれど、もし、思い通りに行かなくても、命を取られることはないからね。大丈夫にきまってますよ。」

へ~ぇ、こういう理論はおもしろい。そう思ったら気持ちが軽くなってきました。

物事を深追いして突き詰めてしまうから、起こるか起こらない事に思いを馳せてしまうので、心配が 「悩み」として大きくなっていくんだよね。

自分に起こることに、「良い、悪い」はなく、ただの出来事と受け止めて、じゃ、次はどうする? どの扉を開けてみる?って、考えられたら、「今を精一杯生きる」ことに繋がっていくのでしょう。

そう思ったら、料理もいっそう美味しく、月曜から始まる後期の授業もワクワク感に変わっていきました。

私は、どの扉を開けても大丈夫なのだから!


◇ウェスティンホテルのレストラン「アマデウス」で満喫!
フォアグラがとろけそうに美味しかった。
あちらのデザートも美味しそう・・・
ロビーで一休み
以上、病み上がりですが、元気な私ですっ!
Wednesday, September 17, 2008

胸騒ぎ



先日の急病のときの事。
苦しい中で、気になったのは2つ。

1つは、仕事の連絡で、もう一つは、子供達への連絡をどうしようかという事でした。

娘は次の日からバリ島へ旅行に行く予定でしたから、心配をかけてはいけないと思う気持ちと、すでに夜が更けていたので、
「明日から行ってきま~す!」という娘からの電話が必ず入るだろうから、この状態で電話に出られないまま旅行に出るのは可哀想だし、嘘はいけないな・・・と思ったり。

結局は伝えたのですが、後で個室に移ってから、安心させるために電話をすると、
「良かった~。私、何だか知らないけど夕方から、急にバリ島に行きたくなくなってしまっててん、
自分でも不思議やねんけど、旅行に行ってはいけないような気持ちになってしまって。 あれだけ楽しみにしていたのに・・・
でも、お母さんの声を聞いて、あっ、イヤな気持ちはこれだった!って分かった。 そしたらその途端に、バリ島に行くのが楽しみになった!」

これを聞いて、嬉しくなりました。
私が苦しい時に、その感情が娘に伝わっていて、彼女も「何かヘンな気持ち」と感じていたのですね。

娘の胸騒ぎは、離れて住んでいても、繋がっているようで嬉しくなりました。

帰国後すぐに連絡があり、メールの文面から、充実した日々を過ごしていたのが伝わり、病床の私はとても励まされました。

◇お留守番している眞知子さん宅のモモちゃん。
ほっかむりをしたドロボーさんみたいで憎めないモモちゃんです♪
Monday, September 15, 2008

愛されてます☆



素敵な人、里美さんと素敵な時間を過ごしました。
里美さんは、私が体調や仕事の事で、不安に思っている時に相談にのっていただいた方です。

退院した後に、病院で受けた屈辱や、今後の治療のことなど、不安な気持ちを電話でお話しをしていると、
「お会いしましょう。我が家にいらっしゃい!」とお誘いくださったのです。

その日の里美さんは、朝からスケジュールが満載で、何と、その中に私をすっぽり混ぜてくださったのです。

駅まで車で迎えに来てくださり、さっと私を乗せると、ご自宅へ。
門をくぐると、大きな池に大きな鯉が泳いでいて、素敵な庭には懐かしい灯篭があり、その場に立っているだけで心が癒されました。

お台所で、お食事を作りながら、お話しをして食べ終わる頃に、お花のお稽古の生徒さんがお見えになりました。

「のり子さん、お時間許されるなら、みんなとおしゃべりしていきなさいよ。違う世界の方とお話しをするのもいい経験よ。」
なんと、私のお稽古用のお花まで用意してくださっていたのです。

里美さんはご自宅でお花を教えたり、何だか色々となさっている様子・・・
13もお部屋がある、大きなご自宅です。

自然な形で、私を生活の中に入れてくださって、まるで、親戚の子が来たみたいな感覚で、「遠慮なんか無用よっ」って感じで受け入れてくださいました。

愛されてるってこんな感じ・・・なのかな?

だから、私も無邪気に、鎧も兜も脱ぎ捨てて、素の自分で振舞えました。
ご友人の方も、初めて会ったように思えず、気さくに気取らずに接してくださいました。

お教室の生徒さんも、それはそれは賑やか! そして華やか!
里美さんも、そんな生徒さんと軽いおしゃべりを楽しんでいらっしゃいます。

「みんなここで、毒を吐いてすっきりして帰るのよ。毒はお花が浄化してくれるから、気持ち良く帰れるのよ。」
素敵なお話しもいっぱい聞けました。

こんな風に私もなりたいな。
里美さんのことをこれから師匠と呼ぶことにしました。

◇自宅には大きな剣山がなくて、花瓶に生けました。
お部屋中にゆりの香りが漂っています。
本当にお花は浄化してくれますね。
Sunday, September 14, 2008

月に帰ったんだね・・・



今日は中秋の名月。
12日の朝、うさぎのチビが月に帰りました。

私が退院してきた日の夜遅くに、みるきーに赤ちゃんが生まれていることに気付いたのです。
1羽は死産のようでしたが、もう1羽は動いていましたので、大急ぎで温めました。

みるきーが妊娠している事に全く気付かないでいたので、小屋を掃除したり、みるきーを抱っこしたりと日頃から構っていたのが災いしたのか、みるきーは育児放棄をしてしまった様子でした。

そう言えば。。。一生懸命にペットシートを小さくちぎっていたし。。。ミルキーが遊ぶ部屋のマットを小さな口に加えて、懸命に自分の部屋へ運ぼうとしていました。

気付いてあげられなくて本当にごめんなさい。
お母さんとして、子供を生む準備を進めていたんだね。

大きなマットを何度も小屋まで運んでいたのに、「みるきぃ~、そんな大きな物を小屋に持って行けないよぉ」って、何度も片付けてしまっていました。
次々とペットシートを裂くので、「こらぁ、ゴミばっかり作って~」って、小屋を掃除してしまっていました。

本当にごめんなさい。
お腹に子供がいるみるきーの心情を思い、健気な行動に胸が痛みました。

「いちご」と「みるきー」は雄と雌なので、部屋を離して飼っていたので、まさか妊娠なんて思ってもみませんでした。
でも、時々、扉の隙間から出ていたり、掃除の時に数分の接触があったので・・・もしかして。。。でも驚きでした。

生まれた赤ちゃんは育てよう!! と思い、ネットで調べたり、専門家に聞いたりしました。

みるきーを無理やり抱っこして母乳を飲ませようとすると、ちびうさは懸命におっぱいを捜します。
母乳が出ているか不明だったので、スポイドでミルクを飲ませました。口を開けて吸う姿に希望の光を感じました。

ウンチを出すために肛門を刺激したり、室温を管理したり・・・出来ることは全てしました。

でも、4日と数時間の命でした。

名前を何にしようと思いながら、名前を付けてあげられないまま死んでしまいました。
目も開けることなく、私を見てくれないまま死んでしまいました。

ドライフルーツとペレット、ガーベラの花を供えて、箱に入れて、きれいなハンカチで包んで、昨日、保健所の方に渡しました。

ちびうさちゃん、生まれてきてくれてありがとう。
みるきー、頑張って生んでくれてありがとう。

ちびうさ達は月に帰ったのでしょう。

中秋の名月の中に、先に逝ったちびうさもきっといる!
兄弟で仲良くお餅付きをしていることでしょう。

◇生後3日目 チュッパチャップスと比べてるけど小さい!
体重は50グラムを前後していました。
色はみるきーのオレンジで顔の形はいちご似かな。
お団子をお供えしてちびうさを弔いました。
Saturday, September 13, 2008

これからもよろしくお願いします。



長らくブログをお休みしてしまいました。
ご心配をおかけいたしました。

体調が悪くなり、救急車で運ばれて、そのまま入院となりました。
夏は苦手な季節で、毎年グズグズしていますが、今年はボチボチながらも仕事も出来ていたし、秋の到来を待ち望みながら過ごしていたのですが、、、。

24時間の点滴で、パソコンも取り上げられて、病室の天井を見ながら過ごしていました。
この間に、色んな出来事があり、多くの人と出会いました。

これでも医者?? 看護師?? と疑いたくなる人達にも出会い、傷つく出来事もありました。
でも、あったかい眼差しで病状を説明してくださる医師や、入院中の出来事を心から謝罪してくださる看護師にも出会いました。

そして、何よりも、励ましのメールやお電話を頂き、家人からは、「みんな、待っていてくれるんだから元気になろう。」と、励まされました。

この間に研修の仕事がなかったことが、幸いです。

健康は日々の心がけからなるものですね。
そして、健康を害すると、気力までが失われていくことが、とてもとても辛かったのです。

「心身共に健やかである」ことは、何と素晴らしいことでしょう。

多くの学び、気付きがありました。
辛いことも経験しましたが、結果は全てOK! いえ、きっと、それ以上!

私の手帳の9月のページに自分で「スタートの月!」と書き込んでいました。
あがいても、あがいても、心と体が付いて来ず、焦った8月。

この時期が私に必要だったのだと、言い聞かせて、ゆっくりとスタートを切ることにします。
これからも、よろしくお願いします。

◇手前にあるのは、薬の飲み忘れをなくすBOX。
ウサギとハートの印は大切なお薬が入っています。
長らくお世話になったベッドさん ありがとう★
Monday, August 25, 2008

心に愛情を詰め込んで!



月日の経つのは早いですね。
暦が秋に入ったら、暑さが和らいでいって、水道の蛇口をひねると生温かったのが冷たくなっています。

自然は素晴らしい! 勇気付けられます。

季節は、きっちりと約束通りに巡ってきてくれます。辛いことがあったとしても、こんな風に、時が優しく包んでいってくれるのでしょう。

昨日、私は一つの区切りを迎えました。カウンセラーに必要な心理学の勉強の一区切りです。

教えてくださった講師の方々の姿勢に学ぶことが大変多い日々でした。

私も講師をしているのですが、企業の研修講師は受講生がこれから作り出すであろう結果を想定して研修をします。ですから、企業様にもたらす利益を追求したステップを踏む研修でなければなりません。

今回、受講した講師の方々は、受講生そのものにスポットあててくださっていました。

これは個人相手なので当然と言えば当然のことですが、私達が出す結果より、まず、私達そのものが輝き幸せであるようにとの思いが伝わってきました。

完璧にその事に徹してくださっていました。きっと、使命を持って、その役割を演じてくださっていたのでしょう。

ですから、受講生は学びながら自己を癒し、愛していくことができたのだと思います。

今、このタイミングで、このような機会を得たことを感謝せずにはおれません。

今回、出会った講師の方々は、大学講師をする私の姿でなければならないからです。

私はこの秋から、5つの大学で講義をします。社会に繋がるパイプの部分を受け持ちます。

彼らが、未来への明るい目標を持つことが出来るように、その目標に夢と希望を与えられるように、心に愛情をいっぱい詰め込んで挑もうと思いました。

私達は絶妙なタイミングで、出会い、学び、育んでいくのですね。

今日も心から感謝です。


◇お盆に持参した息子から母へのお土産の本。
その中に私も読みたい東野圭吾さんの本があり、「貸して」ってお願いしたら、
他に一冊、選んで貸してくれました。楽しみ♪
Wednesday, August 20, 2008

目は心の状態を表しますね・・・痛感です



昨年、私が採用面接をした新入社員達と久しぶりに会いました。みんな目を輝かせて、私を見てくれるのが嬉しいですね。その中のAさんとB君は、今回の仕事でお茶出しなどを手伝ってくれます。

嬉しいものですね。
採用に携わった社員さんと共に仕事が出来るなんて!

二人共に、常に私の行動を気に掛けて、手や目での合図ですぐに動いてくれます。
仕事の合間に私のお茶も入れてくれたり、分からないことを質問してきたりと、とても気持ちの良い仕事振りです。

こんな人と仕事をすると爽やかな達成感を味わう事ができますね。

同じ仕事でも、心がこもっているのと、上辺だけで仕事をしているのとでは、気持ちの良さが違います。仕事を終えた時の充足感が全然違うのです。

「目は口ほどにものを言う」と言いますが、今回の仕事先では、それを痛感しました。

お手伝いしてくれる人たちは、目が「やる気」、「親しみ」を表してくれていました。それに反して、挨拶をしても形だけの人は目に表情がありません。

すれ違ったから無視するワケにもいかないので、仕方なく・・・というのが、瞬時に伝わります。

でも、中には、一瞬だけ目が合った時に、「あっ・・・!」と心を通わせてくれる人もいて嬉しかったです。
こんな風に突然の時も、心の状態が、目や態度に表れるのですから、いつも心は誠実に、雲一つない晴天でありたいですね。

帰りに新人ではなくなってしまった入社2年目のC君と食事をして帰ったのですが、会社の事をあれこれ話すC君の頼もしい姿に、面接の時の彼を思い出し感慨深くなりました。

これって、親心ですかね。。。こうやって、みんな大きくなって親離れしていくのでしょう。


◇毎朝ヨーグルトを果物ジュースと混ぜて飲んでいます。
今朝は、巨峰のジュースと混ぜました。
Tuesday, August 19, 2008

学生達の未来に・・・!



これから暫らくは、採用関係の仕事で忙しくなります。

その関係で、先週から大学生の方とお話しをすることが続いています。
採用の仕事をさせていただいているので、学生さんとやり取りをする機会が多いのです。

この仕事は本当に楽しい!

帰りにスタッフとラーメンを食べながら、学生の事を話していると、「のり子さんは若い人が好きですよね~」と言われて、「そう、そうよね。好き♪ 好き♪」

好きな仕事に恵まれる私は本当に幸せです。

「素直で無垢」なところがいい。不器用な学生ほど応援したくなります。

私は人の長所を見る才能があると自分で思っているので、自分を表現するのが苦手な消極的な学生さんが、私の言葉で自信を持ち出して目が輝き出すと感動してしまいます。

彼らの可能性は無限大です。
社会の入り口に立って、手探りで、自分に何が向いているのか、自分の強みは何なのか・・・と、模索しています。

私は、来月から複数の大学で、大学生の方々に就職に関して支援できる講義を持つことになりました。私のこれまでの経験を生かして、学生さんたちに少しでも未来の糸口を見つけてもらえたらと思っています。

彼らは私を通して社会を見るのですから、私自身が活き活きとして目を輝かせていなければいけませんね。

暑いこの時期も、来春卒業予定の学生さんが就職活動をしています。
世の中はクールビズなのに、彼らは重い色のスーツに身を包み会社を訪問してきます。

彼らの未来に光が注ぎますように、と思わずにはいられません。
明日はどんな学生との出会いがあるのか楽しみです。


◇週末、神戸メリケンパークオリエンタルホテルの14階でステーキを頂きました。
素敵な眺めで美味しさ倍増でした。
Sunday, August 17, 2008

お盆を子供達と実家で☆



14日、15日と母宅で過ごしてきました。
息子は一足先に母宅に泊まっており、私と娘が梅田で合流して、お供えなどの買い物を済ませて母の住む大津まで行きました。

父のお墓に参り、仏壇に手を合わせて、母の読経でご先祖様に感謝すると、遣るべきことをしたような誇らしいというか、清々しい気持ちになりました。(年に数回なのに、えらそーに・・・!)

仏間に子供達と床を並べて寝るのも、とても嬉しかったですね~。

朝起きて、顔を洗って食事して、洗濯して干したり畳んだり、ご飯を作って・・・と、子供達と日常を共に出来たのですから、本当に嬉しかったですね。

母の家はマンションの一階で、庭があり、庭の向こうは丘が広がっていて素敵なところです。
庭には大きなトマトが幾つも出来ていて、もぎたてを丸かぶりしました。

このトマトは母の創作物語に登場してくる実在のトマトで名前は「ワンパクトマト」と名づけられています。
母は「現代版・花咲かじいさん」を創作して以来、執筆活動(!?)に忙しく(笑)、このトマトを主人公にして物語を書いています。

母の執筆活動が始まってからというもの、電話がよく掛かってきます。
「なぁ~聞いてぇ! 読むよ~」という言葉から始まり、母の音読する物語をいくつ聞いたのでしょうか・・・

それが、中々おもしろくて、いつか絵本に出来たらいいのに、と思っています。

久しぶりに子供達と過ごし、ゆったりとした贅沢なひとときを過ごしました。
残念ながら、弟一家が都合で参加できませんでしたが、母も張り切っておしゃべりして嬉しそうだったし、二日目は甥っ子や姪っ子も加わって賑やかなお盆でした。

仏壇の父もご先祖様も、ご満足のお盆でしょう。

◇これが「ワンパクトマト」
リビングから見える、庭の百日紅(さるすべり)。青空に映えて綺麗です。
みんなで賑やかに花火
Wednesday, August 13, 2008

何があっても、やっぱり幸せだぜっ!



オリンピックで、日本の選手が大活躍ですね。
仕事をしなければならないのに、ついついテレビを付けてしまい、日本選手が決勝戦に挑むときにには、ドキドキして、正視出来ずに走り回って観ています。

結果が分かっていると冷静に観れるのですが、、、

先日の北島選手が金メダルを取った時などは、仕事中の娘やらメンター、アルバイト中の息子に、思わず「北島選手 金! しかも世界新記録! 彼は感無量で泣いている!」とメールを打ちました。

みんなの返事は、、、「すごいなぁ」と共感もあれば、メンターからは、「ええなぁ、アンタ幸せやな、仕事もがんばりや~」、、、ムム

私は平和なんだろうな。リウマチの治療だ、橋本病だ、と言いつつも、感動してワクワクしているのだから。

明日、北島選手の200m決勝があるのですが、あいにくその時間は外にいます。
困ったなぁと思ったのですが、ワンセグがあります♪ アンテナを確認してOKです。

ドキドキしてもリアルタイムで観たいですからっ!

でも、、、メンターからの声が聞こえそうです。
「アンタ幸せやなぁ、仕事しぃや~」「は~いっ!」

分かってますって!

◇明日は母宅でお泊りです。帽子に日傘に、それから携帯電話。