Pages

Friday, May 30, 2008

ダイエットしますか・・・



マライア・キャリーが「ミュージックステーション」に出演しているので、観よう! とテレビを付けました。
すると、違うチャンネルで女性芸人さんがダイエットしている番組があり、ちょっと興味が・・・。

どっちみち、海外のスターが出演するときは、最後の方に出るって分かっていたので、しばらく、ダイエット特集を観てました。

CMの度にチャンネルを変えて、チェックしていたのですが・・・見入ってしまって、結局、見逃しました・・・ものすごくションボリ。。。

この3年程で、かなり太ったので、真剣にダイエットをしなければ、メタボの検診もあるしなぁ、と思っていたので、他人のダイエットに興味があったのです。

あ~ぁ、とため息です。

マライア・キャリーを見逃したのだから、こうなったら、これを機会にダイエットに取り組まないと、後悔しますよね。

という事で、明日から、ちょいと真剣に取り組みますか。

何をして痩せようか考えたのですが、まずは、私のブログにも書いた、102歳になる、曻地三郎さんが実践していた「一口30回噛む」にチャレンジしよう!

よく噛めば、少量で満腹になるっていうことでしたから。
そうだな、3ヶ月で5キロを目標にしよう!

と、ここまで書いたら、ションボリが落ち着いてきました。
今日の事が、後からきっと「良かった♪」になるようにしなきゃ。

◇どうしようか・・・明日の朝に食べようと思ってたパン
カロリー高そうだけどな。よく噛んで食べればいいか♪
Thursday, May 29, 2008

健気に爽やかな私の,教え子達!



昨日、昨年に私が指導した社会人2年生のF君とMさんと食事をしました。

連絡があった時は、何か思い悩むことでもあるのだろうか・・・と心配になったのですが、とても頑張っている姿を見て安心しました。

「沢山の人達とお話しをして行こうと決めて、のり子先生の周りには、とってもいい人が集まるので、会ってお話しをしたいと思いました。」と言って頂き、お世辞かな、と思いつつも嬉しくなりました。

確かに私の周りは素敵な人ばかりですからねっ!

お互いの最近の報告から、それぞれの夢の話まで、前向きなお話しが続きました。
二人のお話から、物事の良い面を見ようという姿勢が伝わってきて、何だか健気に思えてきました。

こんな風に考えて、こう行動しよう。
最近、こんな事があって、こう思ったから、これからはこうしよう・・・etc

きっと、辛い気持ちや傷ついた事もあったろうに、そんな事は表に出さずに、とても健気です。

私も二人を見ていて感じた事を素直に話しました。
新人の頃の話も懐かしく思い出しながら、話してみました。

自分自身も振り返ってみたら、その時々に応じた人生の先輩方とお付き合いがありました。
彼らの、人生の一部分を私が少しでも支えている事が出来ているのであれば、嬉しく思うのです。

爽やかな時間をどうもありがとう。
Mさんが探してくれた蒸し料理のお店、名前を忘れちゃったけど、美味しかったね。

ありがとう!
また、会いましょう!

◇日に日に色づく紫陽花。
朝起きたとき、雨の中に色鮮やかに目に映りました。
Wednesday, May 28, 2008

母の勇気に拍手!



母の事を書きます。
母の日の前日に嵐山へ母と娘と母娘三代で行った時の事。

嵐山に行く電車に乗っていると、盲導犬を連れた女性の方が乗車してきました。
電車は結構混んでいて、突然の事に車内は一瞬戸惑いのような雰囲気が流れました。

ところが、それは一瞬の事で、「ここ空いていますよ!」と明るい声が・・・!

ふふっ。。。それは、母の声です。

母は私と離れて娘と一緒に入り口近くに座っていたのですが、瞬時に娘の席に座ってもらおうと思ったのでしょう。

女性は声のする方向に姿勢を変えました。
娘もそれを解して立ち上がり、女性の側に行き、腕を持って誘導しています。

私は離れたところからこの光景を見て、ちょっと感動しました。

席を譲ることは多くの方が出来る事でしょう。
でも、あの混雑した車内で、入り口に向かって声を発することが出来るなんて素晴らしい。

母の勇気に拍手です。

だけど、この母はそれを何とも思わない。
彼女の生活の中では結構よくある光景です。

女性と隣同士になった母は、何やら盲導犬に話しかけています。
降りるときは、女性に向かって「お気を付けて。」と声を掛けています。

母は足が悪いので、娘が「おばあちゃんも、お気を付けないと、人のこと心配してる場合じゃないよ。」と言うので、みんなで笑いました。

この言葉に娘からの祖母を誉れに思う気持ちが感じられました。

母から教えてもらう、多くの学びに今日も感謝です。

◇私の好きなコーナー。鏡が好きです。
Tuesday, May 27, 2008

アシュリー・ヘギさんの言葉



今日は、予定がキャンセルになり、ゆとりのある時間が持てました。
あれこれと溜まっている仕事もあったのですが、あえて、自分の時間に費やしました。

メモ類の整理をしていると、走り書きした気になるメモを見つけました。

今年の初めごろにフジテレビで放映されていた「サイエンスミステリー」でアシュリー・ヘギさんが言っていた言葉をメモしたものです。

アシュリー・ヘギさんは、ご存知の方も多いと思いますが、早期老化症(プロジェリア症候群)です。
これは800万人に一人の割合で発病する、遺伝子異常が原因で通常の8~10倍の速度で老化する難病です。

メモには「私がプロジェリアだということには、ちゃんとした意味があるの。神様が与えてくれたものだから、きっと素敵なことなのよ。だから私は大丈夫。」と書かれていました。

この言葉はアシュリー・ヘギさんの言葉です。
このように思えるまで、どんな苦しみ、葛藤があったことでしょう。

彼女の祈りの言葉は「私の人生に起きてる全てのことに感謝します。今日もハッピーです。」なんと前向きに生きていることでしょうか。

番組の終わりに司会の所ジョージさんが「彼女は自分の人生をどう生きるか向き合っているけれど、彼女を見て、我々がどう生きるか、考えなければならない。」とお話しされていました。

本当にその通りです。 彼女に教えられる事はとても大きい。

この病気の平均寿命は13歳と言われています。彼女は現在16歳。
「サイエンスミステリー」は毎年放映され、彼女の事を伝えていっています。

来年も再来年も、その次の年もその次も・・・アシュリー・ヘギさんに会いたい。
Monday, May 26, 2008

ステップアップに繋がる貴重な体験



今日は、以前に勤めていた職場に行き、教え子に会ってきました。

社内の勉強会で講師をすることになったらしく、以前に私が実施しした内容を覚えていてくれて、そのテーマで勉強会をするということでしたので、お役に立てればと思い会ってきました。

自分の力を精一杯出そうとする姿勢は気持ちがいいものですね。
退職しても、こんな風に古巣を訪れることが出来るのは、有り難いことだと思います。


そして、今日はもう一つ、自分のステップアップに繋がる貴重な体験をしてきました。
私の講習について、ご意見を聞く場があったのです。

普段はアンケート結果で判断することが多いのですが、今日は直接ご意見を聞くことが出来ました。
なるほど・・・! そうですよね・・・! と思うことばかりでした。

普段は臨機応変に受講生に合わせて、講習をしているつもりでしたが、今回のご意見は納得のいく事ばかりで、本当に勉強になりました。

感謝の気持ちで一杯。
また一つ、前進出来そうです!

◇昨年の紫陽花が花を咲かせてくれそうです。
ちょっと感激です。
Saturday, May 24, 2008

何事もエンジョイしましょう♪



金曜日の夜は、お仕事の仲間とピープレさんで、お食事会でした。
私も一品をと思い、「ミネストローネ」を作って持っていきました。

とっても楽しみにしていたのに、出発前になると、月曜日に使う資料が届かなかったり、仕事が長引いたり、と予定通りに行かなくて、気持ちがちょっと不安定に。

でも、どんな出来事も、自分に必要な事なのだから、心を揺らげずに自然体で楽しもう。と気持ちを切り替えて出発!

結果は、大笑いの連続で、お腹がよじれて、涙も出てきて、ほっぺたが痛くなるくらいに笑いました。

いいね、いいね、いい感じです。


そして、今日は、夕方から、対談ブログで登場して頂いた、竹原英里さんの「住友金属混声合唱団のリサイタル」にシンフォニーホールに行ってきました。

素晴らしい歌声に感動です。

4部構成で、3部にはポップスが4曲あり楽しめました。

中でも「瑠璃色の地球」は、今、地球で起こっていることを考えると、胸が痛み、歌詞の内容から涙が出る程の感動を覚えました。

合唱団の方々は仕事が終わってからや休日を利用して練習を重ねてこられたのでしょう。

「歌っていると幸せ」という英里さんのお話しが思い出されました。そんな人たちの集まりなのでしょう、ホール全体が幸せに満ち溢れていました。

仕事も私生活も充実させている人は魅力的ですね。

私は昔からこれといった趣味がなくて・・・いけませんね。
いいのです。どんな事も楽しめる特技があるのですから!


◇ホールの前にある公園の緑が深く森のようでした。
緑の中にある時計が可愛くて撮りました。
Thursday, May 22, 2008

歳を重ねた木のように



今日は、素敵な木を発見しました!

もう何度も通っている企業様の研修所の中で見つけました。
今まで、どうして気付かなかったのか不思議なくらいに大きな木です。

休憩時間に、飲み物を買ってぶらぶらと歩いていたら、目の前にそびえ立つ木を見つけたのです。
石碑が立ってあったので、近づいて見ると、「39年竣工記念植樹」と書いてありました。

へ~っ! 私と同じくらいの年齢かも・・・! まさか・・・樹齢どれぐらいで植樹されたのだろうか。

すごく立派!

これは、撮らなきゃ♪ と思い、控え室にデジカメを取りに帰りました。

途中で、男性の社員さんに出会ったので、「あそこにある木は、何という木ですか?」と尋ねると「さぁ~?? 分かりません。」と申し訳なさそうな顔で答えてくれました。

そうなんだ。。そんなもんだろうな。。。

控え室に着いて、ジュースを飲んで一息ついていると、窓の向こうから声がします。
カーテン越しに、さっきの男性社員の方ともう一人、女性社員の方が木を眺めて何やら話しているのです。

私も、デジカメを持って外に出ました。
どうやら、さっきの男性が名前を聞いてくれたらしくて、二人で「何の木だろう・・・」と話していました。


それにしても、この木の前に立つと感じる安らぎは、何だろう・・・年輪を重ねた木は、何でもお見通しで、温かく守ってくれるような気がします。

触ると、エネルギーを与えてもらっているような気持ちになりました。

私も、歳を重ねて、少しはこの木のように温もりを与える人になっているだろうか。
この木に出会って、歳を重ねるのも悪くないな、と思いました。
Tuesday, May 20, 2008

成人式の記念写真



先日の日曜日のセミナーの後に、写真館に写真を撮りにいきました。

今年、息子が成人式を迎えたのですが、まだ、記念写真を撮っていなくて、全員が集まるタイミングを調整していると、こんな時期になってしまったのです。

息子と二人で撮るカットも数枚ありました。
カメラマンは楽しく撮影出来るように、色々と言葉掛けをして下さり、和気藹々と進みます。

息子が私の肩を抱いてくれるカットや、笑顔で二人のアップのカットなど、カメラマンの掛け声に照れながらもポーズを取りました。

こんな事でもない限り、成人した子供達と体を触れ合うなんてありません。
これから先にこんな風に写真を撮る事があるだろうか、と思うくらいに貴重な出来事となりました。

子育ての大変な時期は目の前の事ばかりをこなして行くのに精一杯で、ゆとりがなかったな。
大人になって、息子と二人で笑顔で写真を撮る事が出来て本当に良かった。

「焼き肉を食べたい」と言う事で、夕食は心斎橋にある「一」という焼き肉店に入りました。
落ち着いたお店で、お肉も美味しかったです。

私がトングを持って焼いていると、子供達が、「お母さんも食べや。」と声をかけてくれます。
息子も「変わるよ。」とトングを持ちかけたのですが、「普段お世話できないから、こんな時ぐらいはさせてよ。」と言ってせっせと焼いていました。

すると、娘が自分のお箸で、お肉を私の口に運んでくれ、ご丁寧にご飯も食べさせてくれたのです。

子供達が小さい頃は、ゆっくり自分の食事も出来ませんでしたが、こうやって、今は私の口に食べ物を運んでくれるなんて、周りからみたら、少々滑稽な姿でしたが、幸せな気分でした。

デザートも終わり、値段の当てっこして、最後に盛り上がり、お開きとなりました。

雑踏の中、皆に見送られて一人電車に乗ると幸せな気分でいっぱい。
幸せな気持ちと背中合わせに寂しさもあるけれど、今夜は幸せ。

日常の一コマ一コマを幸せに感じて大切にしていきたいですね。


◇息子が作った箸置きを持って帰ってきました。
なんか「みるきー」に似ているようで・・・。
Monday, May 19, 2008

道に迷って、道をおぼえる



日曜日ははランチ付きのセミナーで、憧れの先生のレクチャーを受けてきました。

「笑顔」を伝えていくためには自分自身も磨いていかなければと、スキル・マインドの両面を磨く努力をしています。

先生との質疑応答の会話の中で、「あなた、それなら組織に居たらいいのよ」という言葉にガ~ン!
ランウェイを設立した意味を再確認させられました。

分かっていたのに、ずれていく理想。
日常の生活に埋もれてしまう、私の想い。

もっともっと、遠い目で、顔を上げて、歩く道先を高揚して見ていたはずなのに。
目先の事に追われて、下ばかり向いて視野が狭まれていたことに気付きました。

芯がしっかりと出来ていないから、一喜一憂して、振り回されるんだ。

今朝の読売新聞の「人生案内」の欄で、回答者の立松和平さん(作家)が書かれていた内容が胸を打ちました。

御誕生寺の板橋興宗住職の言葉 「道に迷って、道をおぼえる」
立松氏が禅を学んだ時に出会った言葉だそうです。

先日のブログに書いた松下幸之助氏の言葉も、この板橋興宗住職の言葉も、悩める人に何とも温かい言葉ではないでしょうか。

一週間程前から、試されている、私の中の「芯」。
ブレる度に、強くなる、そんな迷いや悩みでありたいと心から思うのです。


◇先日、友人達と行った箕面にある「風の杜」のロビーからの眺め
大阪が一望できて夜景も最高でした。
Sunday, May 18, 2008

ドタバタな私で悩み解決



この2日間はとても忙しい休日でした。

昨日は久しぶりに英会話♪
今年に入ってから、バタバタしていたので、全く勉強していなくて、重い気持ちで行ってきました。

少しは言葉が出るだろうと思って、復習もせずに行くと、ぜ~んぜん!
しかも日本語も出てきません・・・!

でも、先生は 「オッケ~♪オッケ~☆」 とにこやかに進めてくださり、何だか申し訳なくなりました。
暫らくすると先生も、諦めたようで、自分の事とかを日本語交じりで話し始めました。

お料理の話になって、私は 「筑前煮」 の作り方を説明したのですが、「ワタシ、リョウリ、ツクラナ~イ」って返ってきて、、、そうですか、、、と言う感じで、空振りばかりでした。

でも、恥をかいても、めげずに、気持ちを切り替えて、「バ~イ」と手を振る、こんな私も大好き。

英会話が終わると、さっさと帰宅。

美容院で髪を切り、夕食は眞知子さんにお寿司をご馳走になり、それから、コーナンで、私みたいに脳みその小さなジャンガリアンに心を奪われ、しばし笑い転げて、帰宅。

ふ~っ。。。笑ったり、笑われたり・・・何だか、モヤモヤが消えてきたようです。

今日の出来事は、また明日に。

◇先日、リッツカールトンに行ったので、大好きな椅子を撮ってきました。
こんな椅子を部屋に置きたいな♪
Saturday, May 17, 2008

「天からの思し召し」って・・・



5月10日のブログのコメントに教え子が「天からの思し召し」という言葉を書き込んでくれました。
その言葉が、今の私の心境にピッタリだったのでした。

先週末辺りから、人と会って話すことが続きました。
それは相手からの誘いが殆どで、その度に色んなことを聞き、自分も話しました。

会った人達とは、最近の報告あり、悩みあり、相談あり、会うことで多くの学びがありました。

中には、かつての教え子に対して母親の心境になってしまい、話すうちに涙まで溢れてきて・・・この様なことは、初めてなので、自分でも不思議な体験をしました。

そして、自分が相手に発した事は、実は自分に欠けていた事だったりするというのにも気が付きました。

今、私はモヤモヤと少し悩んでいることがあります。
でも、誰かに連絡して「どうしよう・・・」と聞くつもりはありませんでした。

昨日、奈緒美さんからお誘いを受け、色々とお互いの事を話しているうちに、
「○○について話している時の のり子さんはヘンです。いつもののり子さんじゃないですよ。」と指摘されてしまいました。

そう、そうなんす。その一言が、私の悩みの答えになりそうです。

そうですよね、奈緒美さん、よく言ってくれました。その通りです。
ありがとうございました。

私には私らしく生きる、生き方があるのです。

そして、私が○○と出会う意味は何だったのでしょうね。。と奈緒美さんに聞かれて、私も、何か教えがあるのでしょう。と思ったのです。

私を理解してくれるTさんに、この話をしたら、
「のり子さんが100歳になって講演をした時に、長生きの秘訣を聞かれたら『いつも明るく笑顔で純粋な気持ちを忘れずに生きてきたからです。』と答えてくださいね。それがのり子さんなんです。」と言われました。

○○と出会った理由。
どんな天の思し召しがあったのか、もうすぐ分かるような気がしました。



松下幸之助さんの「5月17日の一日一語」です。

「悩んでも悩まない」

われわれ人間は、たえずといっていいほど悩みにつきまとわれる。
しかし私は、悩みがあるということは、人間にとって大事なことではないかと考えている。
なぜかというと、常に何か気にかかることがあれば、それがあるために大きなあやまちがなくなる。
心がいつも注意深く活動しているからである。

だから、悩みを持つことは、むしろプラスにつながる場合が多い。
したがって悩みに負けてしまわず、自分なりの新しい見方、解釈を見出して、その悩みを乗り越えていくことが大切である。

悩んでも悩まない、そういうように感じることができれば、人生は決して心配することはない。


とありました。
やっぱり、どんな事にも学びはあります。


◇ハービスエントにある「芦屋タカトラ」
沢山なフレーバーをテイスティングして、私はウィンナーワルツを頂きました。
Tuesday, May 13, 2008

若さの秘訣



今日は「保育士のマナーと心得」というテーマで、私立保育園の新任職員様に向けての講演をさせていただきました。

私の普段の研修は、質問して受講生の声を聞きながら講義を進めていくのですが、今回は壇上に上がっての講演でしたから、少々勝手が違いました。

保育園で働く人たちは、幅広い年齢層の方々と接していらしゃいますから、相手に合わせて対応する難しさがありますね。

研修準備を進める中で、私も多くの学びがありました。
とてもありがたいことです。

よく考えたら、私の周りにいる小さな子供を相手にしているお仕事をされている方々は皆さんとてもお若いのです。

友人はご夫婦で保育園を経営されていますが、60歳になっても白髪がありません!
それには本当に驚きますよ。

推測ですが、元気を与える仕事をするということは、きっと笑顔を欠かさないのでしょう。
それに日頃から子供達に明るく前向き言葉を使っているでしょうから、自分までがプラスのエネルギーで一杯になるのでしょうね。

脳は言葉を認知すると言われ、笑顔も医学的に効能が認められていますからね。
少し落ち込む日があっても、子供達と接していたら、きっとそれも解消されるのでしょう。

私たちも日頃から、そういう心がけで暮らしていけたら良いのですが、中々そうはいかないものですね。

朝起きたときに、「おはよう!」と自分に挨拶してみようかな♪

◇今日は大切な人の命日でした。
仕事帰りに買ったお供えと深雪さんから頂いた無農薬の苺
故人の大好きな物ばかりです。
Monday, May 12, 2008

母の変貌♪



母宅はお正月以来でしたが、色々と驚くことがありました。
なんとまぁ、活き活きとしていることか・・・!

まず、お部屋に入って目に飛び込んで来たのは、庭に咲いた花をいっぱいお部屋に飾っていることです。

玄関やリビングに洗面所やテレビの前など、お部屋の至るとところに飾っていました。
また、それをご近所に配っているようで、私も母に頼まれてシャクヤクをご近所さんにお届けしました。

それから、母は最近、デジカメとプリンターを購入して、あらゆるものを撮影し印刷して、それをみんなに配っているようです。

例えば、デイサービスに行ったときに行事があればパチリ、働く職員さんをパチリ。。。お客さんが来たらパチリ。そしてプリントして一人一人に名前を書いてビニールに入れて配っているのです。

本当に驚きでした。
足が悪いので長時間の外出は車椅子を利用することが多いのですが、家の中ではチョコチョコと小さな歩幅でよく動いています。

聞けば、私が送った宇野千代さんの本に元気付けられたようで、一回では理解できないので、何度も読み返しているとのこと。

すごいな~の一言!

まだまだ、母に見習うべきところを発見してきましたので、この続きはまたの機会に・・・。


◇母の作品。母の家の庭から丘が見えます。丘に咲く桜を撮影したようです。
母のリビングの賑やかな花達。
Saturday, May 10, 2008

母の日に・・・母と娘と



今日は残念なことに一日雨でした。
と言うのも、一日早い母の日のプレゼントが雨で中止になったからです。

昨年に教えた新入社員が、学生時代から和太鼓をしていて、その発表会が嵐山であり、しかも川の上で船上から観ることができるというので、きっと大喜びするだろうと思い招待したのですが・・・あいにく雨で中止でした。

緑も深くなった嵐山で和太鼓を鑑賞できるなんて、素敵な企画ですよね。

でも、予定通りに嵐山に行きました。
急に、母が嵐山にある車折神社に石を返したいと言い出したからです。

父が元気だった時に、母と一緒に参拝して、その時の祈念神石を返納しなければ、と気になっていたようでしたから、それならばと、小雨の中を出かけました。

昨日の夜に、仕事を終えた娘と京都で合流して、大津の母宅に泊まっていましたので、娘と母と私の女三代で気ままな小旅行をしてきました。

車折神社の境内は緑に溢れて、雨が一層緑を深くして鮮やかでした。

この神社は学業成就意外にも「約束を違え(たがえ)ないこと」をお守りくださるようで、様々な約束事や契約が守られるという事で、全国的に強い信仰があるようです。

娘は「縁結び」のお守りを母は「お札」を私は「祈念神石」を・・・願いが叶ったら返納しに来ようと言いながら、それぞれ思い思いに買いました。


境内の中には「芸能神社」があり、芸名や劇団名を記した赤いお札が並んでいました。最近、テレビで観たばかりだったので、その偶然にちょっと驚きました。

母は、気になっていた「石」が返納出来て気がラクになった、と嬉しそうでしたので、和太鼓は中止になったけれど、まぁ良かったかな。


久しぶりに母と会い、娘も一緒に出かけて、楽しい出来事や気付きが沢山ありました。本当に沢山ありました。
思い出に記しておきたいので、また書いていきますね。

◇車折神社と祈念神石の返納場所
芸能神社。有名な芸能人の名前が沢山赤い札に書かれて並んでいました。
Thursday, May 08, 2008

金本選手の「強い心・強い体」



昨夜、スポーツニュースで金本選手がデッドボールを受けた場面を見ました。まともに後頭部に当たっていましたよね。

えっ!大丈夫???と心配しましたが、何と、その後にホームランを打っています。。。あの人はすごい人ですね。

その時のアナウンサーが「強い心! 強い体!」と声高らかに言っていました。本当にすごい!
以前から精神も肉体も鍛えているとは知っていましたが、見事にそれを証明してくれました。

でも、久しぶりに聞いたなぁ。。強い心に強い体!

翌日の仕事の準備をしながら見ていたのですが、思わず手が止まりました。 この言葉が心に残って、メモしました。

私は少しの事ですぐに動揺したり、一日を振り返っては、「あの人はなぜあんな発言をしたのだろう・・・」、「あの時はこうすれば良かった」などと心がザワザワすることが多いのです。

いいな。いい言葉だな、強い心に強い体。

金本選手は色々な事を積み重ねてきて鍛錬し、磨かれているのでしょう。修行のようなこともしていると聞いていました。
それが、いざと言うときに生かされるのですね。素晴らしいことです。

少々のことではへこたれない精神。いつも笑顔を保てる精神。 ここぞと言うときに出る馬力。
日頃の鍛錬の賜物でしょう。

私も「強い心・強い体」を養っていきたいです。

そのためにはまず、始めたばかりの茂木健一郎さんに習った 「短期集中法」 を続けることでしょうかね。


◇デッドボールが当たった後のホームラン。
頭痛かったでしょ。。世界記録更新中だけど、無理しないでくださいね。
Tuesday, May 06, 2008

「脳活用法」実践しています



昨日、今日と仕事がてんこ盛りでしたが、何とかブログが書けるまで片付きました。
やれやれ・・・ほ~っです。。。
連休中に仕上げる仕事なのに、連休の前半にちょっと息抜きが過ぎたようですねぇ。

でも、今日はちょっとウキウキ気分なのは息子とランチをしてきたからかな♪

息子はテニスに行く前だったし、私も仕事を控えていたので1時間程でしたが、楽しい時間が持てて気分転換になり仕事も捗りました。


捗るといえば、先日のNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で司会者で脳科学者でもある茂木健一郎さん「脳活用法」を特集していて、中でも「集中する方法」が非常に役立ちました。

脳は使うと鍛えられていくようで、私の年齢でもOKのようです。
また、集中するには、作業が何かのことで中断されても、小まめにスイッチを入れることが大切のようですよ。

取り掛かるときも、「今からコーヒーを入れて・・・」とかではなく「すぐに取り組む」、気が進まなくても取り組むことが大切なのだそうで・・・私は準備万端にしてから取り組むので反省。

そのようにしていると、脳は鍛えられてすぐにスイッチが入るようになるようですよ。

そこで、私もこの数日に試してみました。

遊びに行く日の朝の数時間や、帰宅後の数時間をその体制で取り組むと、何と何と、時間を忘れるほどに集中することが出来ました!

今日も、朝と帰宅後とに集中して仕事が出来たのです。
茂木さんて、すごいなぁ・・・!

いっぱい仕事をして、何だか、ものすごく偉くなったような気分です!

◇連休に、今、話題の会員制スーパーマーケット「Costco」に行ってきました。
可愛いバスジェルを見つけたので、即買いしました。
Saturday, May 03, 2008

顔は正直ですね。



今日は、予定がキャンセルになり、ボーッと過ごしました。
最近、ベランダの花が増えたので、それを眺めていることが多いのですが、とても落ち着きます。

日当たりのいい所に並べ替えたり、水遣りのタイミングを考えたりしながら、花と対話して過ごすのが楽しみになりました。


今夜の『オーラの泉』を観ていて、人の顔って正直だなと感じました。
心の状態は一時のものなので、それは表情に表れますが、生活の環境や生き方などは、相手に与える印象まで変わるのでね。

ゲストの小室哲也さんが出ていらしたのですが、「あれっ!?」と思う程に印象が変わっていました。

どちらかというと、暗い、かたくなな印象を持っていましたが、穏やかな優しい雰囲気に変わっていました。

お話しが進んで行くと、今の奥様との生活やお義父さんとの出会いが、仕事や生活まで一変するきっかけになったようです。

と、いうことは、「印象」は自分で作れるのでしょうね。

「どんな人になりたいのか。」、「どんな印象を与える人になりたいのか。」という思いがあれば、自分をイメージして、過ごせばいいのかも知れませんね。

「Fake it till you make it」という英語の言葉があるそうです。

これは、実際にそうなるまでは、そうなったふりをしても大丈夫、という意味で、そうすることにより、思いが加速するそうです。

私の大きな欠点は自信のないことです。
周囲の人が「大丈夫」と言ってくれても、「ホントかな・・・」と足止めしてしまうところです。

でも、私は「大丈夫」 を与える人になりたいので、クヨクヨしないで、もっともっと大きな心で過ごすことが大切なんでしょうね。

そうしたら、「受容」の印象を与える人になれるのでしょうね。
お花を眺めてリラックスすることは、私にとって大切なことなんだろうな・・・。


◇小さい花が好きですね。 陽射しを受けてお花も満足そうです。
ベランダを眺めながらお茶を頂くと最高です。
Friday, May 02, 2008

娘に学ぶ「最高の連休」♪



爽やかな季節。 五月ですね。
以前に比べて鯉のぼりを見かけるのが少なくなったように思います。
そのせいか、鯉のぼりを見かけるとホッと懐かしい気がしますね。

この大型連休は特に遠出をすることもなく、溜まった仕事を細々と片付けていってます。

ささやかなお楽しみで、昨日は万博にある温泉「おゆば」に行ってきました。
娘と買い物に出かけて、その後に行ったのですが、ものすごく楽しかったです♪

中でも「垢すり」に感動!
娘と並んで受けたのですが、施術してくださった女性二人の息がピッタリでリズミカルに動き、その動きがダイナミックで、本当に気持ちよかったです。

マッサージ効果もあって、前日に書き物をしていて肩が凝っていたのですがスッキリしました。

娘は「垢すり」初体験で、勘違いや、想像違いもあって、本当に大笑いでした。
こんなに笑ったのは久しぶりで、本当にリフレッシュできたのです。

「笑い」は最高の気分転換ですね。

別れ際に娘に「連休はどう過ごすの?」と聞くと、
「お食事に行って、次の日はバーベキューで、その次の日はお食事に行って、その次の日はバーベキュー♪」と笑って返ってきました。

「それって、食べてばっかりやね。」と言うと、「最高やろ~!」 と返事が。

そうだよね、「お食事にしか行かない」と思えば、つまらない連休だけれど、娘のように「お食事に行けて最高!」と思えば最高の連休なんですよね。

私も、仕事もしつつ、買い物にも出かける連休は最高!なのです。

◇温泉に行って来ま~す♪ 手を振る娘と私。
「きりんのクッション」を買いました。
娘は「どうみても「骨」に見えるらしい。。そうかなぁ。。
ちゃんと写すと、ほら♪ きりんでしょ。