Pages

Friday, October 31, 2008

やっぱり必要だね、飴と鞭。



最近の女性は自分自身にしっかり投資しますね。
自分へのご褒美やモチベーションアップにアクセサリーを買ったり、服を買ったり、エステに行ったりする女性が多いですものね。

私もバ~ンと海外旅行とか行きたいけど、経済的にも時間的にも許されず、細々した小物買いで満たしています。

いつも持ち歩くものや、使用する文房具をお気に入りの物にするだけで、気分一新です。

さてさて、今日は、本当に久しぶりに自宅で仕事をしています。

土日も仕事でしたから、本当に久しぶりです。
午前中はクリーニングの整理と洗濯を2回。 散乱した書類、本類を片付けました。

いらない書類をバリバリ破ってゴミ箱に捨てる時は爽快です。 いい気分転換ですね。

先日、新しくボールペンとマグカップ、定規など、気に入ったものを購入したので、それを机に置いてニヤニヤ。。。午後からはスイスイと捗りました。

やっぱ、飴と鞭は必要ですよね~。


◇ファミリアのマドレーヌシリーズが今の私のお気に入り。
子供達が小さい頃を思い出します。可愛くラッピングして頂きました。
Thursday, October 30, 2008

届きました栄養ドリンク♪



少しの空いてる時間にも、次々と予定が入ってきて、お友達とお茶したりする時間がなくなっています。来月から新しい仕事も始まり、また忙しくなりそうです。

寂しい気がするのですが、年末までが私の頑張りどころなのです。

そんな中、突然、恭子さんからお電話がありました。
どうしたんだろう?? と思って出ると・・・「どうしてるんかな、安否の確認。」と言われました。

朝から、重い鞄を持って打ち合わせに行って、次の予定まで、学生のレポートチェックをして・・・それから、お客様と会って・・・と、気を張って仕事をしていたので、その一言で、フニャっとなってしまいました。

お客様先で仕事をしていたので、小さな声でヒソヒソと、仲良し話をしました。

今日は、大切な友人の奈緒美さんとも電話でおしゃべりしました。
やっぱり、必要ですね。仲間とのたわいないお話。

精神的には強くなってきていますが、ちょっとした、我に返る時間がどんな栄養ドリンクよりも効く気がします。

数分の電話でしたが、終わった後、フニャとした顔を真面目な顔に戻して仕事をしてきました。
会えなくても、恭子さんも奈緒美さんも頑張っているんだなっ!


◇ティーセットを頼むと3段になってデザートが・・・!
やっぱり疲れてる、、甘い物が続きますねぇ。
Wednesday, October 29, 2008

忘れていました、大切な事!



ハードな日々を元気良く過ごしているのですが、ちょっとイヤな思いもしています。
私の事をあれこれと陰で言ってる人が居ることを知ったからです。

だぁれも何にも、私には言ってこないけど、ちょっと凹みますよね。
ある人が、タイミング良くこんなお話しをしてくれました。

「人間はプラスとマイナスが同じ量で与えられるんだけど、自分がプラスの気を持っていたら、マイナスが通ってもすっと通り過ぎてしまうんですよ。だから、マイナス事が起こったら、こんな小さくて良かったって思ってね。そしたらイヤな事は、すっと通り過ぎてくれますよ。」

ガッテン!
そういうことか・・・と言う事は、マイナスがこんな小さくてラッキーです。

そして、メンターさんからは、
「のり子さんが、まっとうな事をしようとしてるから、相手は煙たいんでしょ。直接言ってこない限り、無視する事が一番。」

ガッテン!
思い出しました。ブログにも書きました!
マザー・テレサが愛した詩。『あなたの中の最良のものを』

恐れることはない。 堂々としていよう。
自分を信じて、淡々と粛々と目の前の遣るべきことをしていくとします。


◇頭を使い過ぎて、甘いパンが欲しくて買いました。
実りの秋。リンゴと栗です♪
Sunday, October 26, 2008

成長を実感しました☆



ちょっと、成長したんだろうな、、、という実感が。
土曜と日曜は「管理監督者研修」がありました。

管理職研修の仕事が来ても断っていました。終了後の疲労感が尋常ではないからです。今回は色々あって、受ける流れになり、それが昨日と今日でした。

「健康を害しているのに、働きすぎやろ! 何を考えてんねん!」と、ちょっとお叱りの声もあり、の中で、今日終了しました。

初日は12時間という長時間研修。 二日目も8時間。 受講生も講師やスタッフさん達も大変です。 テキストも何日もかかって作成しました。

でも、終わって、爽快感!
笑顔で帰っていった受講生!

いつもと違う気持ち・・・です。これは何でしょうか。

「誰かの為」ではなく、「やらねばならぬ」ではなく、無理をせず、自分の力を信じて、お役に立てる喜びを感じて取り組んだからではないだろうか。

去年と違う、今の私を楽しんで、うふふ♪という感じで、研修終了!
私を支えてくれたスタッフさん達、本当にありがとうございました。

明日もお仕事を楽しもう。

◇久しぶりの管理職研修。ここから先は先生として・・・ちょっとドキドキでした。
テキストはセンス良く、素敵に仕上がりました。
Wednesday, October 22, 2008

追われていても、楽しい今日この頃です☆



この頃、時間の使い方が上手になってきたなって思います。

今の私は、今日の事は今日中に済まさないといけない状態になっています。
でも、気分転換と頭の切り替えが上手になってきて、朝に立てた予定が大体こなせるようになってきました。

「今から休憩!」って決めたら、「は~い、休憩ですぅ~」と声に出して、自分の細胞達に「休んでよろしぃ。」と言い聞かせてます♪

コツは無理な計画を立てないことと、目の前の事だけに集中すること、かな。

今日は午後から大学で授業があり、夕方は同期の心友と梅田で食事をする予定です。
友人から朝にメールが入って、丁度、今日は梅田を通るので、バッチリのタイミングでした。

しっかり仕事して楽しんで、素敵な午後を過ごしますね。
行ってまいりま~す!

◇里美さんが作ってくれたブレスレット
アメジストとブルーレースが綺麗!
石の中にお花も入っていて、ものすごく気に入ってます!
Saturday, October 18, 2008

治ってケロヨン♪



木曜日と金曜日は、定期的なリウマチ治療で入院していました。
今回3回目で、やっと個室から抜けることができて、4人部屋。
みんなリウマチ患者さんばかりです。

明るい方達ばかりで、体験談などをお聞きして、とっても心強くなりました。

通院の際に、色んな患者さんを目にしますが、共通して言えるのは、皆さん前向きで明るいことです。 車椅子や杖で支えて歩いていらっしゃる方でも関係なく、「元気ぃ?!」「お久しぶり~ぃ」などと仲間を見つけて声を掛け合っています。

前回までは個室だったので、今回からは私も仲間が出来てとっても嬉しいです。 診察で再会しましょう、と約束してお別れしてきました。


そして、ひょんな事から、前回の入院で素敵な薬剤師さんと親しくなりました。
私の娘のようなお年頃の可愛い美人のお嬢さんです。

夕方、仕事を終えて娘も来てくれたのですが、彼女を見て、「わ~ぁ可愛くて美人!それに知的!」と絶賛してくれて、「でしょ。でしょ♪」と、私も意味不明に鼻高々♪

今回は微熱も出て、倦怠感もあって、体調としては、少し辛い入院でしたが、精神的には晴れやかな入院となりました。

そうそう・・・こんなこともありました。
病院まではタクシーで行ったのですが、車内はタクシーには珍しく静かなクラシックがかかっており、運転手さんに聞くと、「NHK FMのミュージック・リラクゼーションですよ。」と教えてくれました。

下車する前に、日本フィルハーモニー交響楽団の「母さんの歌」 がかかり、鳥肌が立ちました。あの、「母さんが夜なべをしてぇ、手袋編んでくれたぁ・・・」です。あの歌をオーケストラで演奏されたものが流されたのです。

胸がジ~ンとして・・・支払いをしていると、運転手さんが 「お大事にね。」と言って、百円玉を3枚、私の手に握らせてくれました。

そんなに遠くまで乗ったワケではないのに、おまけしてくれて、「頑張って!」とエールを送られたような気持ちになりました。

知らない人からも、あったかい心を頂いて、この気持ちを大切にしたいと思っています。


◇素敵なKさんから頂いたケロヨンの指人形。
懐かしい~♪ 枕元に置いて寝ました。
Wednesday, October 15, 2008

夢中になった証。



昨日のNHKの「プロフェショナル」は柳家小三治さんでした。

高校生の時に落語に興味を持ち、校長先生をしていた父親の反対を押し切って、落語の世界に入ってきたとのことです。

柳家小三治さんを見ていると、「特別な事をしていないよ」、「目の前の遣るべきことを一生懸命しているだけだよ」って姿勢が伝わってきて、それが余計に小三治さんのすごいところだと感じたのです。

人は、周りから評価されると、「そうなんですよ。こんな考え方でこうしています。」と話し、信念を貫いてきた姿勢を見せるところがありますが、小三治さんは違う。

「こうして遣りぬいた」ではなくて、「こう思うんですよ」って、言葉ではなく、彼の背中でそれを見せてくれるような気がしました。

ビジネス的に見たら、説得力はないかも知れない。
でも、心が動かされる、小三治さんの生き方が、体全体から滲み出ていたような気がします。

「すごい」の一言。

偉大な人はパフォーマンスは不要です。多くを語らずとも、人の心を動かせる。 素晴らしい。
自分の職業に誇りを持ち、苦しみ、戦い、自問自答してきた証でしょうね。

師匠に「お前の噺は面白くねえ」と言われても、辞めたいと思わずに、その言葉を受け入れて、「何故なのか・・・どうしたらいいのか」と、その言葉と共に生きた部分もあったのでしょう。

18歳で自ら選んだ落語の世界で68歳の今もなお、自問自答し、進化し続ける小三治さんの落語。

小三治さんが思うプロフェショナルとは「今のことで夢中」
彼らしい言葉です。

夢中になれることに出会えた。夢中になることが出来る。無我夢中。
「夢中」っていいな。

小三治さんの生き方に、しばし胸が詰まりました。
柳家小三治さんの落語は彼の人生そのものでしょう。


◇小三治さんは重度のリウマチを患っているにも係わらず、
落語を続けている姿にも勇気を頂きました。
Monday, October 13, 2008

使命を全うしよーっと。



折角の休日も仕事に追われていました。
計画を立てていたのですが、思ったより捗らずに結局は3日間とも仕事しています。

何でこんなに要領が悪いのか、、、と嘆くのですが、手を抜けない性分で仕方ありません。

お風呂の中でも仕事のことを考え、お布団に入っても考えて、、、、で、どうしたら利益が出るか、ではなくて、私はやっぱり、どうしたら喜んでもらえるか、笑顔が見られるか・・・なのですよね。

こうかな?? ああかな?? と、シミュレーションして、時にはニヤニヤしながら想像も入れて、宙を見ながら一人で考えていることもあります。

そんな姿を見て、スタッフさんが、 「のり子さんは、死んだら間違いなく天国に行けますよ。」って、喜んでいいのか、怒っていいのか分からないコメントを出してくれます。

気分転換はもっぱらテレビと音楽。
今日はウイル・スミス主演の「I Am Legend」を観ました。

ウイルスに侵された人類を救うために命を懸けた主人公に、最後は号泣。。。ただただ涙、涙でした。

最後に出た1行のメッセージ
「闇を光で照らす」 の言葉に、今の私の仕事を通しての使命と一致して、また、涙でした。


◇ウイル・スミスさん、素敵でした。
よく来日されますが、お茶目で可愛くてサービス精神が旺盛で好きです。
Friday, October 10, 2008

目の輝きはどこから。



昨日は、娘が会社の休みを取って江坂までやってきました。
「仕事がいっぱいあるから、長居しないでよね。」と残酷なことを言っても、「はいよ、明日までに帰りますよ。」とケロッとしてます。

鮭を焼いて、お味噌汁と納豆で簡単に昼食を取りながら、あれこれと真剣な会話をしました。

娘とは顔がよく似ているのですが、真逆の所もいっぱいあって、物の見方の勉強になります。
でも一致しているのは、「熱い」ところ。

昨日は娘の 「お母さん、『本気』っていいよね。」 から熱いトークが始まりました。
仕事のこと、自分の生き方、「本気」 について話しました。

本気だとどんな所に表れるだろう・・・という会話で、二人が共通して思い出すのは、娘がバリに行った時に、ドイツ人と知り合いになり、その人が言った言葉です。

「例え服装や持ち物、体型が変わったとしても、変えられないものがある。それは何だと思う? それは目の輝きだよ。」 というものです。

目の輝きは内面から出る、その人の心の有り方なのですね。
日々、何を大切にして、何を思い、どんな気持ちで過ごしているかが、その人の目の輝きを作っているのですね。

娘は、「今日はいいお天気だったし、いいなぁ~のんびりして、こんな日もあっていいよね~♪」と言って、満足そうに帰っていきました。


◇江坂にある、テラスを利用した小物雑貨「Juli Juli」。
カナダ人のサニーという青年が経営しています。
サニーのお店で、コンパクトとハワイアン小物入れ。
シールは東急ハンズで。娘に買ってもらいました。
Tuesday, October 07, 2008

~あなたの為の時間~



体調を崩さないようにしなければならないのに、いつの間にか、予定が満載に・・・!
お陰で、ちょっとの空き時間を利用して、体を休めることを学んでいます。

久林治療院の深雪さんの所へもマッサージを受けにお邪魔するのですが、秋分の日に行った時にとっても嬉しい言葉掛けをして頂きました。

いつも息子さんや助手の方が居て、お二人なのですが、その日は深雪さんお一人でした。

秋晴れのお天気で、風が爽やかにカーテンを揺らして心地よく肌にあたっていました。ここはいつもクラシックがかかっていて落ち着きます。おしゃべりをしながら優雅なひと時が流れていきました。

終わると、なんと2時間もの時が流れていて、恐縮してしまいました。
何度も恐縮してお礼を言っていると・・・

「今日は、のり子さんの為の時間でしたよ。私はのり子さんが、来てくださるだけで嬉しいのですから。」とおっしゃってくださいました。

更に深雪さんは、「いつも祝日は予約が入っていて二人でも大変なのに、今日は私一人で予約もなくて、これは、のり子さんの為に使いなさいってことだと思うんですよ。」と優しく微笑んでくださいました。

こんな風に言って頂いて、私は誰にお礼を言ったら良いのでしょう。
こんなに大切にしていただいて、誰に、誰に、この気持ちを伝えて感謝すれば良いのでしょう。

深雪さんのように、愛情深い人になりたいです。
人からご親切にして頂くことばかりで・・・私も誰かにって、ちょっと焦ります。

「あなたの為の時間ですよ。」だなんて、、、素敵な言葉。
私が味わった気持ちを他の誰かにも伝えていきたいと心から思いました。

◇深雪さんからサボテンを頂きました。
お玄関に置くといいらしいので…
Sunday, October 05, 2008

おばさんは親切が身にしみます・・



今日はシトシトと雨ですが、先週は秋晴れの爽やかな中、2日間連続で泉北方面にあるM大学さんに講義にいってました。

御堂筋線の江坂から約2時間弱かかり、往復だけで少々疲れましたが、これくらい要して通勤されている方も多いと聞きますから、心中察する思いでした。

緑の多い素敵な場所です。
ここは7月にも講義をさせていただいたのですが、その時は駅からバスでしたので、道に迷う事もなく到着しました。

ところが今回は通学時間帯とは少しずれていたので、バスが有りません・・・
次のバスまで1時間・・・どうしよう・・・道も分からないし・・・学生もいない・・・

バス停で、困っていると、学生らしき体格の良い男性が・・・!
「M大学までバス以外で行く方法はありますか?」「歩いて行けますよ。」「何分くらい?」「10分か15分位です。」「そうですか♪ どう行けばいいのか、教えてください。」

と言って、道を教えて頂いたのですが、曲がったり、進んだり、トンネルがあったり、、、とややこしそうで、、、きっと私の顔が、だんだんと歪んできたのでしょうね(笑)

「僕も行きますので、一緒に行きましょう。」と言ってくれました♪
何とご親切な学生さんでしょう。 男の子ですから、中年のおばさんと歩くのは抵抗があるでしょうに。

野球をしているという彼の身長は180cm位あるのではないでしょうか・・・見上げるような背の高さです。
少し会話もして、楽しく大学まで到着。

時間をみたら20分を越えていました。きっと学生さんは私に合わせて歩いてくださったのでしょうね。

ありがとう。ありがとう! 何度お礼を言っても足りないくらい嬉しかったです。
何らかの形でお礼がしたいものです。

いつか、彼の授業を受け持つ日が来ればいいな。

◇頂いたお花が枯れてきたので、元気なお花だけ生け直してみました。
Wednesday, October 01, 2008

小泉今日子さんの素敵な書評



今日から10月。
爽やかな秋晴れでしたね。この秋晴れの匂いは運動会を連想させます。

この匂いの中、風を感じながらお茶を頂いたり、本を読んだりするのは幸せのひと時ですね。
本は好きなので、時間があると本屋さんに入って、何となく惹かれたものを購入して読んでいますが、新聞の本の紹介に目を通すのも楽しいですね。

読売新聞の「よみうり堂」に、女優の小泉今日子さんが、書評を寄せていらっしゃいます。
いつも素敵な文章で、豊かな文才に唸ってしまいます。

先日は、山本文緒著「アカペラ」の書評をこんな文章で締めくくってありました。

「自分を守るために、明日に期待し過ぎないように生きる中年世代にとって、明日を夢見る若さの輝きは眩しいけれど、大人として、その夢を守るという目標を持てるような気がするのだ。」

全く同感です。

また、以前に紹介された書評は、こんな文章で始まっていました。

「あなたの一番大切なものは何ですか? と訊かれたら、私は迷わず『記憶』と答える。 私の心の中に詰まっている様々な記憶は過去からの優しい風のように、今の私を慰め、励まし、奮い立たせてくれる。 良い事も、悪い事も全部が愛しい大切な思い出。 私の記憶は私が私であることの証明みたいなものなのだ。」

本当に素敵です。

いつも彼女が書評している本を購入したくなり、いいな~と思っていても本屋さんに行った時には、すっかり忘れてしまう私ですが、「アカペラ」はきっと購入するぞ!


◇ランウェイの1周年を迎えて、名刺も新しくしました。
私はピンク、スタッフは水色や茶色にしました。
この名刺で最初に名刺交換するのはどなたでしょう・・・楽しみです!