Pages

Tuesday, November 25, 2008

やっぱりお任せで、、、行こう



前回のブログに「お任せでいこう」と書かせていただきましたが、何となんと、その翌日に、流れた仕事がなぜか復活したのです。

もう、、、一体どう言うことなん??
折角、納得して感謝しているのに・・・と。

でも、ちゃんと一旦お流れになった理由がありました。
引き受けた時とは違って、相手のペースにならない自分が存在したのです。

「もう無理はしないんだ。自分のペースを守ろう。」という思いが働いて、自分を見失わない言動が出来るようになっていました。

企業様に対しては、いつもお世話になっているので、出来るだけご要望に応えたいという思いが働いて、今まではつい無理をしてしまう自分がいたのです。

これでまた、全くお休みのない日々が続いていますが、一つ一つ丁寧に階段を登っている気がして、これまた感謝なのです。

12月22日で私の仕事が一区切り付きます。それまでファイト!


本日、「ランウェイ 対談ブログ」をホームページにアップしました。
更新が遅れてしまいましたが、今回も素敵な女性をご紹介しています。

今回は、今年私の研修を受けて下さった、日本紙工株式会社様の2008年入社の新入社員の方2名にインタビューさせていただきました。

爽やかなお二人をご紹介しています。お読みくだされば嬉しいです。


◇日本紙工様はパッケージのデザインや制作を手がけていらっしゃいます。
この写真は、新人の彼女達が係わった商品です。
Sunday, November 16, 2008

目に見えない何かにお任せでいこう。



一見マイナスな出来事でも、有り難いことが隠されているな、と思うことがありました。

今月の半ばから・・・そう、今週から、私はある企業様で新しいプロジェクトのお手伝いをさせていただくことになっていました。

その準備で打ち合わせを何度もしてきたし、日程も調整していたのですが、急きょ、私の参加がなくなりました。

その理由が納得がいくような、いかないような・・・と言う事で、ちょっとションボリもしたのですが、数分後には元気になっていました。

「そうか、そういうことか。」と、思えたのです。
それは私の今の現状です。 体力、能力の限界に来ていて、これ以上、私は無理を重ねてはいけないのですよね。

誰かが、目には見えない何かが、私を守ってくれたのだと思いました。私が参加しなくなった理由が、これが???って、内容なのです。

原因は私でもない、担当者でもない、事務上のことで、誰ともめるというワケでもなく、私はその仕事を下りたのです。

今となれば、この仕事をする為に日程を調整したのも、それは私の休日を作るためにあったようなものです。

どこに向かって頭を下げたらいいのか分からないけど、感謝です。
もうこれしかないのですよね~。

私の願いが叶っていって、それを喜んで受けている日々ですが、限界になれば、こうやって助けてくださると、、、だから、お任せ。お任せでいいのだと思いました。


◇冷蔵庫の中身も品薄状態で。堅くなったフランスパンで
フレンチトーストを作りました。美味しかったです♪
Thursday, November 13, 2008

ちょっと背伸びして頑張る日々です☆



グッ、、グッ、、もう一週間ですか。。
毎日、飛ぶように日々が過ぎています。

毎週、金曜日は京都の大学まで2時間半程かけて通っています。
1コマの授業をするので、朝早くに家を出て、夜遅く帰宅します。

鞍馬の手前まで行くので、叡山電鉄に乗ると空気が美味しく景色も素晴らしくて、都会の喧騒を忘れさせてくれます。

遠いのですが、ちょっと現実から離れるので、楽しみでもあります。
秋も深まってきたので、明日は紅葉を眺めるのも、ホッと一息という感じで疲れも飛ぶでしょうね。

もう少し、もう少しと思いながら毎日を過ごしています。
これを頑張れば、少し前に進む。これを乗り越えたら、あそこにたどり着く・・・なんて毎日思いながら、仕事をしています。

育ち盛りの子供が、急に背が伸びた時に骨が痛む「成長痛」のようで、心地よい痛みを感じながら過ごしています。

ブログ更新が少なくてご心配かけていますが、ちょっと背伸びして頑張る日々です。


◇叡山電鉄の無人駅と教室の窓からパチリ
Thursday, November 06, 2008

修行が足りませぬ。



落ち込んだとき、あの人ならどうするだろう・・・と思い浮かべる人が何人かいます。
身近に憧れる人、目指す人が居てくださることは嬉しいですね。

昨日も、ちょっとしたことで、落ち込みました。
何でもないことだったのに、疲れていると物事のマイナス面を見てしまいますね。

気持ちだけで前に進んでいて、体や神経がついていってないぞ~と思います。

「のり子さんらしさを忘れないでください。人の意見に振り回されずに・・・」と言ってくれるスタッフさん。

なぜ、落ち込んでいるのか、、、涙がホロリと出るのか、、、それは一生懸命にしたから、取り組んだから。

夏休みに息子と会ったときに、こんな事を言っていました。
「勉強でも、何でも、悔しい思いで泣いたことは何度もあるよ。」

そうか、これか、これが悔しい思いなのか、、、今さら、この年でそんな発言あり??なんて思うけれど、ちょっと忘れていた涙でした。

それだけ、最近の私は睡眠時間を削ってでも、一生懸命に仕事に取り組んでいたのです。

今朝はやらなければならないことが山積みでしたが、気分転換と思い、以前録画しておいた「中村勘三郎一家」のドキュメントを何気なく選んで観ました。

でも、良かった。最高の舞台を作り上げるために、みんなが力を合わせる。これです。この気持ち。この人ならどうするだろうと、心のどこかで思って選んだのかも知れません。

最高の仕事をする為のご指摘、アドバイスは、真摯に受け止めて、反省し改善していくのみです。
私は、受け入れる物と、受け流す物の区別が付いていないので、落ち込んだのでしょう。

忘れてはいけないのは「私」。
私だから出来る仕事に誇りを持たなければと思いました。

まだまだ、修行が足りませぬぞ。


◇手書きのお手紙はいいですね~♪
お礼のお手紙がタイミングよく届いてこちらも嬉しくなります。
Tuesday, November 04, 2008

私の精一杯を・・・



もう11月なんですね・・・
ちょっとゆとりのない、、、でも心は充実した日々を過ごしています。

私の仕事の一つに大学生の就職支援がありますが、色々と考えさせられることの連続です。
就職活動では自分をアピールすることが大切なのに、それを出来ない学生が多くいる事に驚きました。

理由は様々。でも共通しているのは自分に自信がない事です。欠点だらけの自分だと思い込んでいます。

いじめにあった子は、自分を出した為にいじめられたと思っているので、決して自己主張しません。中には人間不信になっている学生もいます。

レポートを読んでいると、そんな自分と戦っている学生もいます。
就職活動の為の自己アピールよりも、もっと前段階の、自分の良い所を知ること、「頑張ってる自分を好き」になって!と、伝えたくなります。

私へのレポートに長い文で、学生時代の辛い経験を書いてくれるのは、それは彼らが心を開き一歩進んだ証です。私はしっかりと受け止めたいと思っています。

この連休は、彼らへのお返事を一人ひとりに自筆で一生懸命に書きました。

飾らず、素直に書いてくれた彼らに、光が差し、自分の道を歩んでくれますように。
年が明けるまでの、半年足らずのお付き合いですが、私の精一杯を出すことが、私の出来る事なのだと、秋が深まり行く中で思っています。


◇いいお天気の連休。
エンゼルマムが気持ちよく咲いています。