Pages

Thursday, December 31, 2009

沢山の「愛」をありがとうございました☆



2009年も今日で最後です。

今年一年を手帳を見ながら振り変えってみると、「くよくよ悩む私」が少なくなっている事に気が付きました。

少しずつ、「自分を信じる」事が出来るようになってきたのでしょう。年頭に「信念を持つ」を掲げた成果があったのだと嬉しく思います。

周りに振り回されないで小さな事にも忠実に愛を込めて活動する、と心がけていると、私の存在する意味は何だろうと考えるようになりました。

将来はこんな風になりたい、などと大きな目標も持たずに目の前の事を一生懸命にする、というのが私の進み方でしたが、全てに共通する役割があるような気がするようになったのです。

人生のシナリオと言うか、ちゃんと方向が決まっていて、それに沿って流れているような気がし始めました。

そうしたら、「何事も大丈夫」と思い始めて、上手くいっても、いかなくても、

「これはこれでいいのだ」と思えるようになりました。


それから、「愛」について考えるようになりました。

マザー・テレサから、「愛は人を強くする」事を学び、私の帰る場所でしたが、

マイケル・ジャクソンが亡くなったことで、「愛を伝える事」を意識し始めました。

自分が強くなければ、愛を伝えることが出来ません。
来年は、それらを実践していきたいと思っています。


今年は、娘がオーストラリアに行き、私に勇気を教えてくれました。
一人で誰も知らない異国で暮らすなど、私には想像も出来ません。

でも、ちゃんと彼女は自分の人生を生きています。
それを思ったら、私など、まだまだ!もっともっと未知の世界があるはずです。


今年も沢山の方々から「愛」を頂きました。
こんなに愛を注いでもらっていいのかしら、と思うほど、良き出会いと共に愛を頂きました。

本当にありがとうございました。

今年も胸の高鳴りと共に新年を迎えることができそうです。
心から感謝いたします。


◇今年最後のスイーツをヒルトンウェストで♪
Friday, December 25, 2009

これも、クリスマスプレゼント



昨日はクリスマスイヴでしたね。
自分にクリスマスプレゼントを買いに行きたいと思っていましたが、仕事があって行けず残念に思っていました。

欲しいものが特別あるわけではないのですが、何か買いたいって、、子どもみたいですか、ね。

この日にもらったり、買ったりするのがいいのですよね。
遅れたプレゼントはダメ、イヤなのです、って、やっぱり子どもですか。

でも、思いがけない素敵なプレゼントが!

2週間程前に、私のホームページを見た企業様から、新入社員の研修の問い合わせがありました。

すぐに提案書を持ってご訪問しました。
驚くほど教育に力を入れていらっしゃる企業様で、お話しが弾みました。

もちろん、ランウェイ以外にも数社へお問い合わせをされているご様子でした。

そして、昨日、企業様先で打ち合わせをしていると、スタッフさんから、「A社様から電話がありました。」と携帯にメールが入ったので、、

もしかして、お返事?と思い、急いで電話をすると、

「はしもと先生とお目にかかって、人を育てる情熱と優しさを感じて、ぜひ、お願いしたいと思っています。まだ決定ではありませんが、日程を確認したいと思いまして。」と、言ってくださいました。

何と嬉しい事でしょう!

私と会って、そう感じてくださったことが、何よりも嬉しいのです。

プレゼントも、丸いケーキもなくて、ツリーも出せなくて、ションボリしていましたが、とっても素敵なプレゼントが届いたと思っています。


昨日は、それ以外にも人の温かさを感じることがありました。

お話しをするだけで、否、「はしもとさん」と名前を呼ばれるだけで、緊張する方がいるのですが、その方から、温かい気持ちを頂戴しました。


そんないい事が昨日にあったのに、今日は疲れが出たのか、体が思うように動きません。
年賀状やら大掃除やら頑張らないといけないのに。

でも、いいのだ~、そのウチにまた元気になるのだ~

今年も素敵なクリスマスでした。


◇私の机の横のクリスマスコーナー。
小さなケーキを買ってきました。今年はこれでいいのだ!
Wednesday, December 23, 2009

愛を伝えたい



昨日で、年内の大学の授業は全て終了!
年内は企業様へのご訪問を1日残すのみとなりました。

先日、ある大学のアンケートにこんなことが書かれていました。

「この講座開催中に失恋して元気がない時に、はしもと先生の授業を受けて前向きになろうと思い救われました。ありがとうございました。」

知らなかったよ。
そんな学生さんがいたなんて。。そんな辛い気持ちで、座っていたなんて。

ちょっと気持ちを打ち明けてくれたら、もっともっと元気をあげられたのに。

誰だか分からない、その学生さんを抱きしめてあげたくなりました。


また、ある講座の終わりには男子学生が近づいてきて、
「はしもと先生で良かった。やる気が出ました。本当に良かったと思っています。」と声を掛けてくれました。

他にも、「先生の授業は愛がある」と、何人かの学生さんが伝えてくれました。


無我夢中の去年から、一つステップがあがったように思います。
昨年は、嬉しい言葉を掛けていただいても、自分ではまだ納得できませんでした。

でも、今年は素直に心から嬉しいと思えます。
自分の心に「愛」を溜めていると実感できるからでしょうか。


大学では、キャリアデザインや就職支援というカリキュラムだけど、ちゃんと別に伝えたい事があるのです。

企業では新入社員研修から管理職研修という題目だけど、その根っこにはちゃんと伝えたい事があるのです。

だからいつも心に愛をいっぱい詰めて、溢れる想いを笑顔の乗せて、みんなの前に立っています。

「ランウェイ」とは、ファションショーでモデルたちが歩くステージのことです。

家庭や職場、あるいは人生と言う名のショーで、自信を持ってステージを歩けるように応援したいと思って名付けました。

応援したい。
そう、応援したいのです。

こんな風に、みんなが元気になれたのなら、私が伝えたい事はちゃんと伝わっているのですよね。

来年も更に磨きをかけて、「愛」を伝えていきたいと思います。

◇昨日は冬至。ゆず風呂に入りました。
学生さんが、レポートの裏にサンタさんの絵を描いてくれて、可愛い!
Monday, December 21, 2009

ゲラな息子と私です



昨日は夕方から息子の所へ行き夕食を作ってきました。

お鍋をしようと思って、家から土鍋持参でキャリーバッグで行くと、荷物を見た息子が、

「今日、泊るん?」
「えっ? 泊ってもいいん?」と私。

「いいで」
「♪♪♪」

息子とM-1グランプリを観て大笑いしてストレスも解消。

私と息子は俗に言う「ゲラ」で、めちゃ大声で笑います。「おほほ」ではなく、

「ガハハ~」「アッハッハ~」「あごが痛い~!」って、走り回る勢いで騒がしいのです。

翌日の夕食も用意して、アッと言う間に帰る時間になりました。

「送ったるわ」と、コートを羽織った息子と一緒に家を出ました。

暗い寒い夜道。

息子は、私が乗ったタクシーが見えなくなるまで手を振ってくれていました。

私も振り向いて手を振りました。

今でも、その手を振る姿が目に浮かんできて、、、「幸せ♪」。

子ども達と離れていて寂しいけれど、息子もオーストラリアにいる娘も、それぞれ頑張っていてくれて嬉しいのです。

離れているからこそ、繋がる気持ちを感じることが出来るのですね。


◇ペコが好きな私に、ペコちゃんの差し入れが入りました。
生ミルキー、とっても美味しかったです。
Sunday, December 20, 2009

今頃、マイケルは、、!



金曜日は京都産業大学様での最後の授業で、学生さん達から手紙を頂いたり、嬉しい言葉を掛けて頂き感激しました。

別れを惜しんで、反省点も色々とあるけれど、まずはOK!なのです。
精一杯に取り組んだのだから。

連絡先は伝えていないけれど、内定が決まれば教えてほしいな、、と。
彼らの頑張りに、ご飯をご馳走してあげたいなって思っています。

就職難で大変だけど大きく成長できるからね。
自分の道を切り拓いてください。心から応援していますよ。


そして、昨日はパソコンも開けずにゆっくりと過ごしました。

お昼頃、Yさんからお電話が入って、マイケル・ジャクソンの映画"THIS IS IT"を4回も観てきたとの事。

「マイケルに救われたわ、私、秋から元気がないのは少し心が風邪を引いていたみたい。でもマイケルに癒されたの。」

分かる!分かる!分かるその気持ち。

私も、彼の映画と出会ってから、マイケルに癒され、励まされています。
そして、いつも私の進むべき方向を示してくれています。

心は世界平和を祈りつつ、行動は身近な平和を目指しています。

そして、彼の深い愛を感じて勇気が出るのです。

「マイケルは今頃どうしているのだろ、、」とつぶやくと、優しい私のパートナーはすかさずに、

「サンタさんになって、世界中の子どもたちへのクリスマスプレゼントを準備しているよ」と。

そうかも知れない。そうであってほしいな。

私も、枕元に靴下をぶら下げててもいいかなぁ
会いにきてくれるかなぁ


◇大学からの帰り、京都駅で夕食をする為に下車したら、クリスマスツリーが!
今年は、家ではなく外のツリーを楽しむ事にしましょう。
一応、京都タワーもパチリ。
Wednesday, December 16, 2009

まだクリスマスツリーが出せていません、、



エントリーシートの添削が全て終了!
予定より4日も早く仕上げる事が出来ました。

予定より早く仕事を進めて、クリスマスやら新年を迎える準備をしたいと思っていたら、休む間もなくバタバタと仕事が入りました。

同じ所属の講師の方が体調不良で入院されたので急遽、講師を務めることになったのです。

何だか他人事とは思えなくて、予定が入っていたのですが調整可能なのでお引き受けしました。

講師は受講生よりモチベーションを高く維持して臨まなければならないので、知らない間に無理を重ねていることが多いのですよね。

昨日の講義は前日に依頼があって、一度もしたことがない内容でしたが、普段やっている講義と大きな違いはないと思い、一夜漬けで何とかクリアしてきました。

いつもの受け持ちの授業も済ませて、帰りのバスの座席にすっぽり埋まって外を眺めていると、

「何だか、ありがたいなぁ」と、感謝の気持ちが湧いてきました。

出来るか出来ないか分からないのに、事情が事情なので、

「いいですよ!」と返事してしまい、その後に、
「○○さんは優秀な講師なのに、私で代わりが務まるのだろうか」と不安にも思っていたのです。

でも、不思議に力が湧いてきて無事に終了!

明日も代替講師として教壇に立ってきますが、きっと大丈夫なのです。

そう信じています。

しかし、今年もクリスマスツリーが、、、!


◇仲良しの子供達と寂しそうなみるちゃんです。
Sunday, December 13, 2009

目に見えない大切なもの



「娘さんは元気で頑張ってる?」と、会う人が聞いて下さいます。

9月の半ばにオーストラリアに行った娘が金曜日で語学学校が終了し、ホームステイ先から自分で探したシェアハウスに引っ越しをしました。

1月の終わりからは、中学と高校が併設されている女子校で先生のサポートをしながら英語を学ぶようです。

オーストラリアに行って1か月を過ぎた頃、娘は誕生日を迎えました。

毎年、親や友人達とお祝いしているので、寂しい誕生日にならなけばいいけど、と心配していましたが、多くの友人達にカウントダウンのお誕生会を開いていただいたようです。

本人も信じられない事で大感激をしていました。

海外で学ぶ選択をした理由の一つに、「自立」があります。
日本にいては、結局は「親の言いなり」。その方が無難だから。

「こうしたい」「この方がいいだろう」と、自分で分かっていても、自分で決めるのは、不安が伴うようで、当初は何度も国際電話がありました。

私は、ただ聞き、頷き、後押しをするのが役割です。
娘が決めた事を応援する、というスタンスで口出しをしないように背中を押していました。

異国で迎えた誕生日。
友人達にプレゼントをもらい、引っ越しの荷物が増えたようで嬉しい悲鳴ですよね。

でも、どうやら友人から目に見えない大切なプレゼントを頂いたようです。

「お母さん、私が誕生日にもらったのは『自信』かも知れない。」

そうだね。
それは何処を探しても売っていない、娘が探していたもの。

「大切な物は目に見えない」と教えてくれたのは、サン=テグジュペリの「星の王子さま」

来年の秋には、たくさんな大切なものに気付いて、豊かな心で帰ってきてくれそうです。

待ってるよ☆


◇出発前に一緒に行った富士山は、今は雪化粧できれいですよ。
勤労感謝の日に新幹線の中から撮りました。
Wednesday, December 09, 2009

「逃げると追いかけてくる」は正しい!



「逃げると追いかけてくる」これは法則ですよね。
研修でも大学の講義でもお話しする事です。

と、分かっていて、ある事から逃げていました。

集中して取りかかると早いと分かっているのですが、ついつい目の前の締切のある仕事に追われてしまっています。

お陰さまで、エントリーシートも内定者研修、管理職研修やらも含めて滞りなく進んでいます。

が、一つ年内に仕上げたいと希望していることを先送りにしていました。

すると、その関係する人と昨日会ってしまいました。

しかも、私はその人を避けて隠れていたのに、、、と、こんな事を書いていいのか?


昨日、企業様の事務所で昼食を食べていると、横で、「もうすぐAさんがいらっしゃるので、会議室に入ってもらってください。」という会話が耳に入りました。

うそっ、Aさん!

何かソワソワしてきて、、進捗状況を報告しなきゃ、、でも、まだ、進んでいない、、(汗)

大急ぎで食事を済ませて、お手洗いで、うがいしたり、携帯をいじったりして時間をつぶしました。

もういいだろう♪ きっと会議に入られただろう♪


デスクに向かうと、バッタリ!

「こんにちは~」と満面の笑顔でご挨拶をして、案の定、例の話に、、

「はしもとさん、期限決めようか」と言われて、
「はい!」と元気よく答えて、

「逃げると追いかけてくる」の法則は正しい!と実感しました。

これは、私しか出来ない事。
だから、逃げてもここに返ってくるのです。

と前向きに考えて、ようやくお尻に火が付いた私です。


◇可愛いお嬢さんのみさちゃんとランチをしました。
今の季節にぴったりのクッキーが入った可愛いバッグを頂いてラッキーです。
Sunday, December 06, 2009

小さなラッキーに胸が躍ります♪



小さなラッキーに喜んでる私です。

昨日、小銭入れを持ってお茶を買いにコンビニに入りました。
財布の中を確認すると500円玉が見えたので、「まっ、足りるか、、」と思っていました。

お茶は、ディベートの大会に山口まで行く息子のお弁当用で、電車の時間も気になっていたから急いでいたんです。

お茶を買って、「何か必要なものはないかな、、」と思っていたら、息子が咳をしていたことを思いだし、

「のど飴がいるな、ディベートの大会だから友達や後輩にも分けてあげたらいいか、2コ買っておこう」
「山口まで遠いから、ちょっとつまめるお菓子も、、」と手に持ってレジへ、

すると店員さんが、

「このお菓子は棚に置いてあったカードを持ってきてもらうと10円引きになります。2つだと20円引きです」と言う。

急いでいるのにな、、でも10円をおろそかにしてはいけない、、どこの棚や、、これかぁ~!、、とカードを2枚取って急いでレジへ。

その時に、お財布にあまり入ってないことを思い出して、、

「わっ、、足りなかったらどうしよ。」とヒヤヒヤ@@@

レジの人が、「20円引きますので、562円です」
「えっ、あるだろうか、、」ごそごそと10円を6枚探し出し、2円を払って、、あった。

何と! 支払った後の財布の残高は、1円玉1枚、5円玉1枚の合わせて6円なり~ぃ♪

なんとラッキーな~!

この20円引きがなかったら、買えなかったし、恥をかくところでした。


車に戻って息子に、
「お母さん、めっちゃラッキー♪ がっちり買いましょう、してきたよ。財布に6円しか残っていない。」

息子、「それ、残り6円って、大丈夫なん??」

いいの、いいの、大丈夫なの。
あなたに、お友達ののど飴もお菓子も買ってあげたかったのですから。

こんなことはたいしたことない。と思う人もいるだろうけど、何か嬉しくて嬉しくて、何回思いだしてもニヤニヤしてしまいます。

こんな小さなラッキーが沢山あると、これは大きな幸せなんだろうな~と、またまた嬉しくなるのです。

◇家での仕事へのスイッチは「お茶」です。
LUPICIA(ルピシア)のお茶は緑茶や紅茶・中国茶・ハーブを
果物などとブレンドして、バラエティに富んだ香りと味が楽しめます。
Thursday, December 03, 2009

良かった~



今日は、企業様で管理職研修があり、私はその企画をして講師を務めさせて頂きました。

社内のオリジナル研修で、社長・部長・相談役の方々が熱の入ったお話をされて迫力のある研修となりました。

私など、いくら熱を込めても直属の上司の方のお話にはかないません。
何だか、圧倒されて帰ってきました。

こんな場合、いつもなら落ち込むのですが、ほんのちょっと気持ちが沈んだ程度で、逆に「良かった~」という思いが次第に湧いてきたのです。

この「良かった~」は、なぜなのか、、考えてみると、「この研修は正解だったな」という思いからだと分かりました。

自分の講義の出来栄えを気にするちっぽけな思いから、研修全体を見て、その成果を嬉しく思えることが出来ているのだと、これも「良かった~」なのです。

そんな事を考えていると、世の中の経済が落ち込む中で、大きな期待を込めて今回の研修を実施された企業様のお役に立ちたいという思いが一層強く溢れてきました。

比べる必要のないものと比較して落ち込むよりも、私で出来る精一杯を出して行きたいと思っています。

今日も「良かった~」の日でした。

明日は、朝早くから京都の大学に行きます。
無理をせずに、私の精一杯を提供してきます。

それでは、寝るとしますか。。


◇ 三十三間堂の周りを散歩
Tuesday, December 01, 2009

千手観音様に会いに行ってきました



今日から師走ですね。
カレンダーも最後の一枚をめくりました。

昨日は母と京都の三十三間堂に行ってきました。

土曜日の仕事がキャンセルになったので、その分、仕事を先に進めてとっても会いたかった「千手観音様」に会いに行ってきました。

最近、「観音様」という言葉を頻繁に聞く事があり、しかも「千手観音様」が気になるような出来ごとがありました。

これは何としてでも、時間を作って会いに行かなければ!

それなら退屈している母も誘ってあげようと思って行ってきました。

堂内に入ると、千手観音様の立像が並び、あっと息を飲むような光景でした。

母が入るなり、「あの右から2番目の千手観音様が微笑んで迎えてくれはった」と手を合わし、

私も、胸が熱くなるような気持ちになって、お側を歩いていると、思わず足が止まり、

私に呼びかけるような、千手観音様に出会いました。

心惹かれてしばし立ち止り、少しお話しをしてきました。

中央の中尊を中心に左右に各500体で合計1001体でご本尊です。
いづれも慈悲深いお顔で、心癒され力を頂きました。

ここのところ、自分の力では出ないようなエネルギーが湧く事があり、

ただただ感謝で、きっと鍼の先生が言ってくださったように、千手観音様がお側で応援してくださっているのだと強い気持ちになれました。

今年も残すところ、31日となりました。
悔いのないように来年に繋げていきたいと思っています。


◇堂内は圧巻です。
帰り際に散策しました。太陽が沈みかけて私もお堂を後にしました。
Saturday, November 28, 2009

気分転換には適度なお笑いが一番!



今日は土曜日♪

って、なんて事はないのですが、先日の3連休も休んでおらず、休みたい~!と思っていたら、今日の大学での講義が先方様のご都合でキャンセル!

こんなにも嬉しいなんて♪(相変わらず仕事は山積み状態でもOK!)

翌日の心配が要らない夜は最高です。

昨夜は夜更かしして、録画していた「アグリー・ベティ」やら「ママさんバレーでつかまえて」を観て大笑いして寝ました☆

このドラマ達はバカバカしいけど、ちょっとハラハラして、笑って、時間を忘れさせてくれます。
ドキュメントもヒューマンドラマも好きだけど、頭を使った後はお笑いに限ります。


私は、かなりのビビリで、吉本新喜劇を観てもハラハラドキドキ。
あの劇の中の、ベタな芝居がバレそうになると、目を覆って耳を塞いでドキドキするのです。

大体はバレてしまって大騒ぎになる設定なのに、ハラハラする♪

だから、アクション映画は無理!

私が、「どうなるの~?!」という感じで観ていると、

「のり子さん、この人は主人公だから死なないから安心して観てていいよ」と周りが言ってくれるのですが、

主人公の傍に居るいい人が可哀想な目に合って死んでしまったりすると、理不尽で仕方ないのですよね。

と言う事で、私には、「アグリー・ベティ」やら「ママさんバレーでつかまえて」のハラハラ具合がちょうどいいのです。


さ~て、午後からはエントリーシートの添削に精を出すとしますかっ!


◇黒木瞳さんがバラエティーに挑戦
「アグリー・ベティ」はシーズン1からずっと観ています♪
「百歳バンザイ!」も大好きです。
Thursday, November 26, 2009

応援することで、豊かな気持ちに



アッと言う間に日が経ってしまい、久しぶりのブログです。

企業様の内定者の方々の研修や、大学の仕事もしつつ、やる事の多さに圧倒されていて、心と体のバランスを保つのに頑張ってます。

勤労感謝の日に、東京まで出かけてセミナーに参加してきました。

日頃から興味のある方々が、「応援する」という内容でお話しをしてくださり、豊かな気持ちになって帰ってきました。

人を応援することで得られる幸せや豊かさについて、改めて「なるほど」と思い、私の仕事もまさしく「誰かを応援している」のだと思うと、「これで良いのだ」との思いに納得です。

と、帰阪して、たんまり仕事が山積されている現実に向き合いながら、

「う~ん、理想と現実は、、、」と、

またまた悪戦苦闘の日々です。

◇往復の新幹線は貴重!
翌日の研修の準備も済ませ、帰りは本を2冊読みました。
高草洋子さん著「びんぼう神様さま」と「風と琴」
Monday, November 16, 2009

観音様が応援してくださってるらしい♪



ふ~っ、、、タイマーを横に置き赤ペン片手にエントリートシートの添削をこなしています。

まるでロボットのように、時間通りに決めた動きをして、目の前にあるエントリーシートを一枚一枚片づけていってます。

それで分かったのが、この仕事にかかる私の集中力が90分であるということ。
その間に調子が良いと、7~8名分の添削が出来る事。

15分の休憩時間は机を離れて、運動5分、目を閉じる事5分、残り5分でお手洗いとお茶を入れる。

休日はもちろん、平日も仕事が終わってから、このサイクルをひたすら繰り返します。

そんな事をしてたら、金曜日の夜に足が引きつって七転八倒。
土曜日は首が回らず、肩と背中が痛くて、、

それで大急ぎで、お世話になっているマッサージと鍼をしてくださる先生のところへ!

院長先生は全盲なのですが、体に触れて、一言。

「えらいこちゃやな」
「はい…グッスン、、」

知識満載の先生はいつものように哲学の話やら、医学のお話をしてくださり、、突然、、観音様の話しになって、、

帰り際に、

「観音様があなたからお金をもらってはいけない、と言ってきてるわぁ」
「??」
「大切なお役目のある人だから、ちゃんと見てあげなさいと言ってますよ」
「・・・」
「観音様が応援してはるんやなぁ」

この言葉を聞いて、嬉しくて泣いてしまいました。

今まで張りつめていた気持ちが一度に溢れてしまいました。

この先生は全盲なのですが、まるで見えているような笑顔と優しい目でお話しくださいます。

疲れていても学生さんにすれば渾身の一枚なのです。
そう思えば、精一杯に心を入れて添削することが私の役目。

ということは、観音様が応援してくれているのは、私と、学生達!

さて、もう少し頑張らなくては…!


◇私の帰りを待っている仕事、じゃなくてスリッパ♪
おねだりしたら、母が送ってくれました。
Wednesday, November 11, 2009

自分の中の「我」と出会って。



今日は11月11日で、1が4つ並びますね。
良いスタートが切れそうな、そんな日です。

今週の初めに、「我」について考える事がありました。

ちょっと、まだ熟成されていないので、上手く表現できるか心配ですが。

普段お目にかかる事が出来ない人のお話しを、普段入る事が出来ない場所でお聞きする機会がありました。

非常に微妙な表現ですが、それは修行を重ねた人の神聖な場所でした。

50名程の方とご一緒だったのですが、事前にそのリーダーの方が、失礼があってはいけないからと幾つかの注意事項を説明されました。

その中に、「今からお会いする人に話しかけないでください。」というのがあったのです。

その理由が、

「質問したり、話しかけたり、感想を言ったり、、と、これはその人にとっては、自己アピールでしかないのです、

それは、『私が、私が』という『我』です。そんな事を言わなくても良いのです。分かってくださってます。ただ、その場で色々な事を学び感じてください。」

と、このお話しを聞いて、自分自身がまだまだ出来ていない人間だと思いました。

言わなくても良い、言葉に出さなくても良い、ただ、自分の世界で感じる事ができる、、そんな関係、、否、、そんな人なのです。

発信したことに対して、「何か言ってほしい」「感想を伝えてほしい」と思っているのは、

まだまだ自分が未熟で自信がないということの表れでしょう。

人間関係を構築する為に、コミュニケーションが必要な世界にいて、そんな指導もしている私に「目からうろこ」だったし、頭ガ~ンでした。

私の中のコミュニケーションは、みんなが気持ち良く仕事が出来て、より良い人間関係を築き、社会生活を円滑に行う為、、だけでは、なかった。

それだけではなかったのです。

自分の中の「我」と出会いました。

「私はここにいます」「私はこんな人間です」「私を理解して」「ほら、私ってこんなに○○です」etc…。

コミュニケーションは必要なんだけど、その中には、「我」が入ってて、それに疲れてしまってる所もあるのでは、ないかと思いました。

「我」という不要なものをどうすれば捨てる事が出来るのか。

こんな気付きは有り難く、

自分の中の気付かない「我」と出会って肩の荷が下りたような、そんな気持ちです。


◇先日の息子の学園祭の帰りに神戸で食事をしました。
ちょうど満月で、お月さまが輝いてました。
Sunday, November 08, 2009

背中を突かれて、、!



このところ特別に不愉快な事もなく、怒ることもなく、悲しい事もなく、それどころか、
感動したり、幸せな事が続いています。

木曜日の午後。
そんな私に、ドキッとする発言が、、、

「あなたは、企画したり、このような提案書を書くのが好きなんやなぁ、
それで満足してるのじゃないか。私は違うな、私は成果を出すのが喜びだけどな。」

企業様の仕事でお知り合いになったAさんから、お客様を紹介して頂いた時のAさんの発言です。

Aさんは営業一筋の方で、私は営業経験はなし。

「まずは挨拶や、仕事の話はしたらダメやで。」と言われてその通りにご挨拶に。

一ヶ月が過ぎて、、

「あれから、どうした?」 「まだ、何も動いてません、、」

「何してるん! 忘れられるで」 「・・・」

「何か持って行ける提案はあるの?」 「あります!」

「じゃ、先方に連絡するから、すぐに動いて」 「はい!」

ということで、いそいそと提案書を持ってお客様のところへ。
お客様は、「中々おもしろい切り口のご提案ですね。」と良い感触でした。

それから、3日後、、

「それで、どうする?」 「・・・(どうするって、行ったばかりやし、、)」

「持っていっただけで終わるんか?」 「・・・」

ということで、持っていった提案の説明をすると、、

「これを次にどう繋げるか、、考えたか?」 「・・・」

そうしたら、先ほどの言葉が、、

「あなたは、企画したり、このような提案書を書くのが好きなんやなぁ、
それで満足してるのじゃないか。私は違うな、私は成果を出すのが喜びだけどな。」


この言葉がグルグルと頭の中を巡りました。

その時の私は、やるべき事が満載の状況で、次のアクションを起こす提案など考えるゆとりもなく、「先方の返事待ちでいいじゃないか」と、思っていました。

2日間、その言葉が何度も浮かんでは考えました。

同時に何をご提案したらお役に立つのかも考えてみました。

すると、少しずつ考えが変化していって、

今の状況は、私の自己満足であって、お客様の問題を解決する意欲に欠けるのではないか、、と思い始めたのです。

それは私の甘さなのかも知れないと、考えるようになりました。

もっともっとお客様の視点で考えて、お客様に必要なご提案を持っていくことが、お客様の問題解決になるのではないか、と。

ここまで、良い流れで来ているようで、実は、その流れに気付いてない自分を見つけたような気がしました。

今の仕事量も出来るかどうか、分からない状態で、どこまで出来るのか。

不安です。

でも、それはやってみなければ分からないのです。

とにかく挑戦。

という結論に金曜日の朝に達しました。

金曜日は京都の大学で朝から夕方まで授業をして、帰宅途中のとても疲れた頭と体で電車で揺られながらも、

「そう、やっぱりやるべきだ」と気持ちは変わりませんでした。

のんびり穏やかな私の活動が変化しようとしています。

やっぱり、やるしかない、のです。

これも、「決心」、「肝を据える」しかないのでしょう。


◇我が家のベランダのダリア
「のり子さんはダリアの花びらのように沢山の才能があるのですよ。」
と言ってくださったMさん。信じるよ! Mさんの言葉を信じますからね。
Thursday, November 05, 2009

息子の大学祭に行ってきました



文化の日に、息子の大学祭に顔を出してきました。
4年生なので今年が最後です。

彼の所属するサークルは「ビビン麺」を出していて、学生さん達が慣れない手つきで作ってくれたものを美味しく頂きました。

手つきを見ていると、危なかっしいのですが、それがまた初々しくてイベントを楽しませてくれます。

案内係のプラカードを持った女子学生が、「ビビン麺はどうですか~」と聞いてきたので、
「頂きました、美味しかったですよ!」 と言うと、

「どこから来たんですか?」「この学校に誰かいるんですか?」などと、目をクリクリさせて人懐っこい笑顔で質問してきました。

息子の事を言うと嫌がるだろうなぁ、と困っていると、

「あ~っ、Eくんのお母さんですね、似てる~!」 とか、息子とは違う学生さんの名前を言いだして、、

全然違うしぃ、、(汗)

とか思いながら、でも口からは、

「そう!、E君の、、」と言いかけると、「やっぱり~!」となってしまって。。。

すると、いつの間にか私の横に息子が、、、!

「えっ! ハシモト君の、、??」「せやで(笑)」

急に女子学生さんが、二人を見比べて、

「そういえば目元がそっくりです!」などと、、言ってます(笑)

「ハシモト君が決めた就職に満足ですか?」「今日は休みですか?」。。etc…。
とっても楽しいお嬢さんでした。


可笑しくて、楽しくて、、、ホッと。

息子は素敵な仲間に囲まれて、楽しい学生生活を過ごしてきたんだ。



背景など考えずにその場で二人並んで記念撮影をして(何の??)

「これからバイトやし 」「そう、、じゃ、ここで 」と言って別れてきました。


次は卒業式だね、もうすぐ、、、もうすぐ、君は社会人。

今を思いっきり楽しんで!


◇最近の私のラッキーアイテム
息子からもらった「スヌーピーのシャーペン」と、
お気に入りのアニエス・ベーの腕時計
Wednesday, November 04, 2009

"THIS IS IT"



"THIS IS IT" 観てきました。

当初、2週間限定だということで見逃すわけにはいかず、予定を見ながら、「ココ!」 と狙いを定めて、月曜日の夕方に行ってきました。

「マイケル・ジャクソンに会ってきました。」
という表現がぴったりです。

亡くなるまでは、マスコミを通じてのマイケルしか知らず、それ以上を知りたいとも思ってませんでした。

亡くなってから、その偉大さを知りました。

"King of Pop"と呼ばれる「音楽への姿勢」、流れる楽しむ音楽としてだけではなく、
その歌詞の意味、その時々のマイケルの発信したいメッセージに魅せられたのです。

この映画は、かつて私がマスコミ報道だけで得たマイケルの情報の殆どを覆してくれました。

彼の言葉、語調、スタッフとの接し方など、彼の息遣いが聞こえるかのように、細部からマイケルが伝わってきます。

彼は全てに"LOVE"でした。

そして、一生懸命に生きていたんだな。
愛されたかったんだな、例え一人の人からでも、深く深く。

ファンの為に素晴らしいステージを作ろうとしていたのですね。

あのステージを作る仲間達とは、最後、愛されてることを実感したのではないかな、と思います。

スタッフ達との会話は愛に溢れています。

こんな形になってしまったけれど、マイケルの意思が、伝わってほしい。


世界中に伝わって、

争いが消え、平和で、

子供たちの笑顔に溢れていて、

人類、動物が自然と共に共存しあう

そして、一人ひとりが、自分を愛し、

自分に与えられた力を生かして一生懸命に生きていく


映像の中のマイケルが一人一人に伝えてくれたメッセージを受け止めたいと思います。

そう、だから私も、自分の力を信じて一生懸命に生きていく。
全てに"LOVE"を。


感謝と共に、感動の涙を流しました。

改めて、マイケル・ジャクソンのご冥福を祈って、心新たに誓いを立てました。
Tuesday, November 03, 2009

ほんの少しの会話から、素敵なお友達が♪



先日の日曜日は、締切のある仕事に追われていましたが、ちょっと心ウキウキする素敵な訪問者がありました。

同じマンションに住む女性で、以前、ちょっとした事からお知り合いになりました。

いつも息子ちゃんと一緒で、、、2歳だっけ、3歳だっけ、、ちょうど自我も目覚める時で、親としては嬉しいことなのですが、反面、憂いも多い時期ですよね。

もう私など、とっくの昔に通り過ぎたことなので、無責任にもあれこれとお話しをしたら、とても喜んでくださって!

「USJに行ってきたので、お土産を…」と、言って、私の部屋を訪ねてくださいました。

何と何と嬉しい事でしょう!

お礼をして頂くことなど、何もしていないのに。


物事に逃げずにしっかりと向かい合って、だからこそ生じる色々な問題に戸惑いなどがあるのでしょう。

大きな瞳が知的な印象を与えて、控えめなお話しが優しさや思慮深さを伺わせる女性です。

こんなお母さんなら、息子ちゃんが大きくなったらきっと自慢のママとなることでしょう。

扉を閉めて、USJの可愛い袋を覗いたら、、、!

何んと何と、私の大好きなスヌーピー♪

いちごちゃんのエサBOXもスヌーピーなのです。

それも、クリスマスバージョンです。
お菓子を頂いたからではありませんが、本当に素敵なお友達が出来て、嬉しいです♪
ありがとうございました!

◇ほら、、♪ 素敵なクッキー、美味しかったです☆
ありがとうございました。
Sunday, November 01, 2009

思いついたような、親孝行を



金曜日から、京都の大学で「就職支援講座」が始まりました。

一日に3コマ連続の講義で、結構ハードな仕事です。
しかも、就職学年対象なので、質問に追われてお昼休みも休憩時間もなくなります。

更に受講生全員の140名分のエントリーシートの添削もあるので、これからの8週間は帰宅してからも仕事に追われそうです。

でも、これは覚悟していたこと。

実は昨年もこの仕事を受けており、今回はお断りする予定でしたが、昨秋からの就職難で少しでも学生達のお役に立ちたいと思い引き受けることにしました。

学生達の熱心さに助けられ、今年もがんばります!


金曜日は、授業終了後に大津にある母宅へ。
理由は2つ。

もうすぐ娘の誕生日なので、母の書いた手紙を小包に入れてあげようと急に思いつき、せっかく京都まで来たのだし、日がない事もあり、直接手紙を受け取ろうと思った事と、

息子から借りた「赤い指」(作:東野圭吾)を読んで、私も親孝行をしなければ、、と、
だから母の様子を見に行こうと考えたからです。

一緒にご飯を食べて、お気に入りのマイセンのカップでコーヒーを飲みながらおしゃべりしました。

母のグチや意味のない不安事やらに私がもどかしくなって、説教じみた事を言ってしまって、

「あ、、親孝行にきたのだから、ふんふんと聞かなきゃ、、」と反省して、

また楽しい話に戻して、静かな母の家が賑やかな話し声で溢れました。

目立ちたがり屋の母は、デイサービスの運動会で「選手宣誓」した事が嬉しかったらしくて自慢げに話してくれましたが、

なんと、平成21年というのを「昭和21年」と言い間違えてしまったようです。

でも、「大丈夫や、誰も気が付いてないわ、、みんな年寄りばっかりやから♪」とか、言っちゃってます。

明るいのか、暗いのか、ホントに楽しい母であります。

◇お気に入りのマイセンのカップで。
Saturday, October 31, 2009

決心の後には、、



今日は、疲れが出て、気持ちが落ち込んでいたのですが、午後に娘とスカイプをしてから元気が出ました。

オーストラリアに行った娘の様子を見ていると、ワクワクします。
これは娘が決して楽しく笑って過ごしているからではありません。

日本では沢山な逃げ道があったけど、今は、異国の地で一人自分と向き合ってます。

娘から教えられる事、気付かされる事がいっぱいあります。

イヤな事、自分にとって不都合な事があっても、そこから逃げ出さないと決めた時、人はその決意の後に、色んな打開策を講じるものですね。

そして何より乗り越えた後には、彼女の進む方向を示唆するような、

出会いがあったり、情報が舞い込んだり、と驚く事が続いています。

人にとって、「決心する」「肝を据える」って、必要な事なのだと、改めて教えられました。

たとえ、パソコンに映る彼女の笑顔が涙で濡れていても、

それは成長のステップであり、輝かしい未来に続く道であると思えば、親としては喜ばしいことでなのです。

出発当初は、娘のそんな姿に心配し胸を痛めた日もありました。

いつからか彼女への信頼に変わったのでしょうか、今では胸を痛めることも少なくなりました。

娘の頬を伝う涙をぬぐってやることは出来ませんが、

彼女がどんな風に成長していくのかワクワクするのです。

今日はハロウィンだと言って、「じゃ、行ってくる♪ バイバ~イ」という声と共にスカイプが切れました。

今日はしょんぼりしていた私を精一杯励まして、良きアドバイスをしてくれました。

私もグズグズしてる事が、、、
いよいよ、「決心」の時、「肝を据える」時が私にも来たようです。

ありがとう。
ハロウィン、楽しんできてね♪

◇ど、どうした!? 
いちごちゃんが、壁に向かってしょんぼりしたまま固まってます。
悩みなら聞いてあげるよ、、大丈夫??
Thursday, October 29, 2009

未来に続く「今」



秋も深まってきましたね。
この時期の夕暮れになると、悲しい事が思い出されます。

もう随分前のこの時期に、私の身にとんでもない出来事が起こりました。

その頃の私は息をする人形のようだったと思います。

でも、今はとても元気で、本当に幸せです。

色々な事があり、辛くて悲しくて、自分を攻め続けた毎日だったけど、乗り越えて生きてきたんだな、そういう事が報われてきたのだな、と思える日々です。

今は、物事の受け止め方も変わってきました。
あれこれ経験したから学べたことなのでしょう。

過去があって、今があって、未来がある。

「今」は必ず「未来」に繋がってる。
そして、今が辛くても、「今」は必ず「過去」になるのです。

あんなに苦しんだ私が、「幸せ」だと言う。

未来の私も「幸せ」だと言えるように、

「今」というプレゼントを受け取っています。


◇以前の私みたいな女性に出会い、一緒にお茶を頂きました。
大丈夫ですよ、元気にいつも笑っていられるようになりますからね。
また、美味しいお茶を飲みながらお話ししましょう。
Wednesday, October 28, 2009



息子から借りた本を読み終えて、胸の震えが止まりません。
息子が伝えたかったもの、それは「家族の在り方」などではありませんでした。

「お母さんの愛情を、僕は知ってるで」ってメッセージを受け取りました。

私の事を分かっていてくれた、母とはそういうものなのだ、と息子は理解できているのでしょう。

今の気持ちを表す言葉が見当たりません。
本の最後の最後に心当たりがあって、、、胸を打ちました。

子供たちを想い、胸の震えが止まらない。
こんな事をブログに書くのはおかしいと思いつつ、書かずにはおれません。

繋がっている。
離れていても繋がっている。

子供の頃に書いてくれた似顔絵。
母の日にくれたもの。優しい言葉…数え切れない宝物。

あなたがくれたもの、大切に宝物にしているよ。
それを励みに生きてますからね。


◇まばゆい秋の日差し。私は幸せです。
Tuesday, October 27, 2009

その手を離さないで☆



ウキウキするハッピーな事が続きます。

週末の予定の一つに、私の可愛い教え子M君の来訪がありました。
結婚して、我が家に二人で報告に来てくれたのです。

M君は、頭の良さと誠実な人柄の良さで、誰からも好かれる好青年です。

人の気持ちの奥が分かる人で、それゆえに、自分自身を抑えてると感じることがありました。と、いうより、今から思うと、自分の気持ちを表現するのが下手だったのかも知れません。

だからこそ、どんな人がお嫁さんに来るんだろう、、と、まるで親のような気持ちでいたのです。

お二人と会って、もう、そんな心配は飛んで行きました!

色々とお話しを聞くと、大学の時の同級生で、昨年に久しぶりに再会したとの事。
同じゼミだったらしく、普段の自分たちをお互いに見てきた仲なので安心。

彼女は、物の受け渡しの際には、ちゃんと両手を添えていて、若いのに~!と感心。
お掃除が大好きで、とても家庭的な女性でした。

ホントに彼にぴったりなお嫁さんです♪

きっとお引き合わせでしょう。

M君が誠実に真面目に生きていることを知っていたので、こんな幸せそうな彼を見ることが出来て、私までが幸せな気持ちになりました。

M君、素敵な人を連れてきてくださって、幸せな姿を見せてくれて本当にありがとう。

お互いの心に寄り添って、どちらかが、はぐれそうになったら、足並みがそろうように待ってあげてね。

ちゃんと、お互いの居場所を確認しながら、はぐれないように、

その手を離さないでくださいね。


ご結婚おめでとう~!
また、おいでっ!


◇人気のお菓子、並んで買ってきてくれたのね。ありがとう!
こんな美味しい「ラスク」は初めて! バターの風味がたまりません。
Monday, October 26, 2009

気持ちに流れを任せる



日曜の午後は、京都までセミナーを受講しに行く予定でしたが、出がけにバタバタすることや、気持ちが萎える事が起こり、急きょ取り止めました。

どうしても、、っていう程の強い気持ちではなかったし、夕方から真知子さんと食事の予定も入っていたからタイトな予定を組むこともないか、、、

「~しなければならない」「こうすべき」という観念から離れて、「今日はこんな日」と思い、ゆっくり過ごす事にしました。


数ページ読んで、そのままになってた「神様のカルテ」(作・夏川草介)を読むことに。

若い医師の地方病院での日々が綴られていて、主人公の彼にとって「普通の事」が、私の「心根に響いて」優しい涙を流しながら読み終えました。

と、同時に「自分の仕事」の姿勢について、確信を持たせるような、そんな元気、というか、勇気というのか、「これでいいんだ」という自信が湧いてきました。

妙な事からポッと空いた時間が、ものすごく有意義に過ごす事が出来て、物事に拘らずに「気持ちに任せる」って、やっぱりいいな、、と思えた時間でした。


夜はパワフルに真知子さんと。

この夜も刺激をたんまり頂きました。
これは、長くなるのでまたの機会に。

秋から順調に仕事を予定通りにこなせていますが、今週末から、私の大忙しの日々が始まります。気合いを入れて、今日から準備を整えるとします。


◇次は、息子から借りた「赤い指」を読もう
Sunday, October 25, 2009

嬉しくて、寂しくて、幸せな気持ち



予定が満載の週末でした。
気が付くと日曜日です。

木曜日は、仕事を終えた後、息子の所へ行ってきました。
娘がオーストラリアに行ってから、この一ヶ月の間、野菜不足になっている様子なので。

前日に、筑前煮やら、野菜の物を色々と作って持参しました。

その日の夕食は、息子の好物の「ほうとう(山梨名産)」を野菜をいっぱい入れて作り、
二人で頂きました。

食事を済ませ、冷蔵庫を整理すると、もう10時。
アッと言う間の楽しいひと時でした。

普段交わせない何気ない日常の会話や、最近の出来事、お困り事など、
息子との会話は私にとってはかけがいのない贅沢な時間です。


食事の支度をするのに、リビングに置いてあったカバーの付いた文庫本を移動させると、
息子が、

「それ読む?」「ありがとう。」
「親の愛が分かる本や。」「へ~、親の愛ね~(笑)」
「無理せんでもいいで。」「読むわ、貸してね。」

本を開けてみると、
東野圭吾・作 「赤い指」でした。

「ふ~ん、、家族の愛か、、」

これを読むことで、息子が感じた 「家族の在り方」 について触れることが出来そうで、、、
楽しみのようで、、「少し恐い」、そんな気持ちです。


帰宅後、息子からメールが、、!!!

そこには、今日の感謝の言葉が並んでいました。

忙しい中、時間を繰り出した私への労いの言葉に、妙に他人行儀な気もして、
だけど大人になった息子を喜ばしいと受け止めつつ、

子供の成長は寂しくもあるな、、と、これまた贅沢な事を感じたのです。


翌日、息子はUSJに遊びに行ったらしく、夜に電話があり、

「今、USJに居るんやけど、、お姉ちゃんの誕生日プレゼント見てる。
それから、お母さんも何か欲しいものある?」

オレンジピールのチョコ、、と言いかけたけど、、残るものにしよう、、!!

と思い直し、シャープペンシルをお願いしました。

「スヌーピーのを買いました。」 とメールが、、
「ありがとう~! お母さんのラッキーアイテムにするよ。」 と返事を返しました。


何気ない言葉や行動に「愛を乗せて」、、そんな、言葉が浮かんできました。

嬉しくて、ちょっと寂しくて、、ものすごく幸せ。
心から感謝です。


◇金曜日は企業様でお打ち合わせがありました。
この空のように晴れ渡った気持ちの良い時間となりました。
Monday, October 19, 2009

付ける薬がありません♪



「しっかりしてるのか、抜けてるのか、、分からん。。。!」と、私は周りの人を唸らせてしまうことがしばしばあります。

多分、しっかりはしていません。
出来ることしか、出来ません。

最近のヒットは、スタッフさんに何気なく話した内容が、大ボケでしたっ♪


私 「ねぇねぇ、オリックスの新監督ってさ、阪神の監督してた岡田監督に似てない?」

Tさん 「そ、そうですよね、、(汗) まるで本人みたいでしょ、、(大汗)」

私 「ホント! それに名前も岡田って、そんな事があるんやね~」

Tさん 「のり子さん、それ、その話しは、外でしない方がいいですよ」

私 「なんで??」


オリックスの新監督は、以前に阪神の監督を務めていた岡田彰布さんだったんですね。
同一人物だったなんて、、そんな事は思いもよりませんでした。

本当によく似てるなぁとは思いましたが、、。

もう爆笑! 笑い過ぎて、お腹が痛くなって、顎が痛くなって、、、その後、ションボリ、、

どうして、こんな簡単な事が分からないのか。
ちょっと考えたら分かるのに。


先日も、ランチに入ったお店での事。

お店に着いて、すぐにお手洗いをお借りしました。
お店の作りが複雑だなぁとは思っていました。

食事の後にお会計を済ませたら、みんなちゃんと外に出て待っていたのに、私だけが、レジの横にあるお手洗いに到着。

あれ??、、ここさっき来たトコやなぁ、、と、慌てて、、元に戻って、、って、ホントに情けない。

何でこんな事が分からないのか。

「よく今日まで生きてきたよね」と言われる始末です。

皆さま、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
でも、これはきっと改善されないと思いますので、温かい目で見守ってくださいませ。


◇六甲道の駅の近くに「きのこ」が生えていました。
Sunday, October 18, 2009

話せた、その理由は☆



週末は六甲山ホテルで、息子のママ友達と過ごしました。
年に一回、会うか会わないかのママ友で、長い人は15年来のお付き合いです。

子供の成長と共に、報告する内容も変化して楽しいものです。

今年は、息子の就職が決まった事や、娘がオーストラリアに行った事、、、
それにもう一つ、私自身の事などをお話しました。

私自身の事は、もう5年も6年も前のことを報告出来ずにいて、それを今回は思い切って、みんなにお話ししたのです。

いつかきっと話せる時が来るまで待とうと思っていました。

なぜ、話さなかったのか、なぜ、今、話せたのか。

自分が選んだ道に自信がなかった、そう、それもある。
みんなに私の気持ちなど、分かってもらえないんじゃないか、そう、それもある。
私の悩み抜いた生き方に関して、興味本位に取られたらイヤだ、そう、それもある。


でも話せたのは、そんな事がクリアにされたから。
それは、子供たちが教えてくれたことかも知れません。

娘は1年以上も反対されたけど渡豪しました。
息子は色々と葛藤があったけど、結果は自分で決めた就職先です。

自分で決めた道に誇りを持つこと。

幸せは人それぞれに、違う形で存在するのだという事。

表面だけで判断される世界から、飛び出していった子供たち。

でも、、飛び出したのは、お母さんの私が先、だよね。
それなのに、自信が持てなかったよ。

でも大丈夫。
もう、捉われないよ。

何を大切に思って生きていくのかが見えてきたよ。

自分の思い描いた未来を歩こうね!

私の選んだ道を祝福してくださったママ友達、嬉しかったです。
ありがとうございました!


◇ホテルから見た夜景
Thursday, October 15, 2009

これが、私の役目かな☆



京都産業大学様で、1000人を超す大学生の前でお話しをさせて頂く機会を頂きました。

益川敏英教授が物理学でノーベル賞を受賞された事でも有名で、キャリア教育にご熱心な大学です。

神山ホールという大きなホールで、スライドを使用しての就職ガイダンスをいたしました。

仕事の依頼が来たときは、500人か600人位だろうと思っていて、それでも大勢だな、、でも、何とかなるでしょ。 と軽い気持ちでした。

昨日が、その日だったのですが、当日になって、担当の進路センターの方から、

「今日は1000人を超す学生が申し込んでいます」と言われて、、

「??、、1000人、、??」

そう、そうなんですよね、1000人と言われても検討がつかない、1000人の前で話すのは初めてで、1000人って、どれ位の感じかピンときません。

スタッフさんが、舞台の脇で見守る中、私の紹介が始まり、いよいよ出番!


「守護霊さんよ、神様に仏様、天使に女神さんに、それから、私を守ってくれる人たちよ、全て集合してちょうだい!」

と心の中で叫ぶと、

「自分に相応しい仕事であれば、良い方向に流れていくから、全てお任せにしておきなさい」

と、いうイメージというか、声が聞こえたような気がしました。


舞台に上がって見渡すと、二階席にも学生が居て、自分にスポットが当たってるのが、不思議な感じでした。

それからは夢中で話して、ひたすら学生さんの事を思いながらお話をしました。

最後に拍手を頂くと、我に返ったような気がしました。


今日は、昨日の疲れがドッと出ましたが、

「温かい気持ちを伝える事が私の仕事、お役目なのだ」と、いう気持ちが強く湧きました。

私の節目となりそうな、そんな一日でした。


◇帰りは京都を散歩。四条大橋からパチリ♪ 情緒がありました。
Monday, October 12, 2009

感謝の心を通わせよう



やっぱり、いいな、「ありがとう」 の言葉。

台風が来る前日に、息子にメールをしました。

「台風が来るから、ベランダの洗濯物は取り込んでおきなさいよ。」

すると、すぐに返信が。

「もう取り込んでます。ありがとう。」

何気ない日常の中のやり取りですが、最後に「ありがとう」が付いてるだけで、
「心配し過ぎかな」と思った気持ちが吹っ飛びました。

「ありがとう」が付いてるだけで、私の気遣いに感謝してくれているのだなと、とても嬉しくなります。


オーストラリアに行った娘からのメールにも、感謝の気持ちがいっぱい書かれています。

「お母さんの愛情の深さが分かって嬉しかった」
「お母さんの話に納得がいったよ」
「仕事がんばって!お母さんのパワーが私に伝わってくるから」
etc…。

離れているからこそ、親子でも必要な感謝の言葉。

感謝の言葉は 「魔法の言葉」 ですね。
自分も周りも幸せにしてくれる。

これからも沢山の人に「ありがとう」をいっぱい伝えていってほしい。
お母さんも負けずに、「ありがとう」を伝えるよ!


◇絵本「くまとやまねこ」
仲良しの鳥を失ったクマが、新しい一歩を踏み出す様子が書かれています。
今をいきること、前向きにいきることを教えてくれました。

Sunday, October 11, 2009

健気な女子大生の皆さん、ありがとうございました☆



昨日は、神戸方面の女子大で、就職面接講座がありました。
授業と重なったらしく、前回より少し人数が減っていて、でも80名程の学生達が受講されていました。

全員に個人面接の演習をして、頭はボーッとするし、お腹も空きすぎて、久しぶりに
「参った~!」 と、夜遅くに帰宅。

私には、80人の内の一人でも、彼女たちにすれば、長時間待った上での、貴重な面接演習なのだから、

「どの学生とも真剣に向き合うのだ」と、心に決めて、ひたすら真剣モードで取り組みました。

最初に面接演習を済ませた学生は、最後の人が終わるまで、自習をして待っていてくれたし、最後の方の学生は、順番を待ちながら、自習をしていてくれて、

時々私が、マイクを持って前に立つと、すぐに着目してくれ、
本当に真面目で、健気で、この点でもすっかり「参りました!」

彼女達が、「自分の人生を自分自身で切り拓いていく」ことを心から祈っています。
皆さん、ありがとうございました。


で、今日は仕事の事は忘れて、完ぺきな休日にしたいと思っていたのですが、、、、

我が家のおてんばな、「みるきーファミリー」が、朝から、走り回って、自分たちの小屋を破壊して、、、

もう~!!

と、言いつつ、可愛いかわいい、ファミリーなのです。

◇可愛かったのに、、今は、すっかりおてんばになったみるきー率いる、娘二羽
Friday, October 09, 2009

目指すべきもの



今日は少し風もあり肌寒かったのですが、清々しい気持ちで過ごす事ができました。

昨日、「この人天職!」と感じる素敵な女性、お二人に会ったからでしょう。


一人目は、江坂に引っ越ししてから、ずっとお世話になっている美容師の杉本さんです。 午後から、思わぬ時間が取れたので、髪を切ってきました。

いつも簡単な希望を伝えるだけで、思い通りのスタイルに仕上げてくださいます。

しかも、その時々のアドバイスやスタイルの工夫は的を射ていて、「なるほどね~」と
納得することばかりです。

髪を見て、季節や、その人のライフスタイル、好み、服装、雰囲気に合わせて、瞬時に判断して仕上げる技術は、

まさに「天職だ~!」です。

気持ちよく、美容院を出ることが出来ました。


もう一人は、エリコエフカンパニーの荘司エリコさん。
2万人を超える会員の方々を率いるネットワークビジネスで大活躍されています。

すでに、ご自身は大成功を収めていらっしゃるのに、「一人でも多くの人に幸せを」と、

更にそのもっと先の「世界平和」というビジョンを掲げて活動しておられるのです。

そのパワーはすごい!
何度お目にかかっても、圧倒される迫力!

ご自身の努力による深い知識と、ゆるぎない信念は、目の輝きや、声、表情、、、全身から伝わってきます。

エリコさんの周りにいらっしゃる方々は本当に幸せそうにキラキラしていらっしゃいました。

エリコさんが、愛を注いでいらっしゃるからでしょう。
そして、その愛を素直に受け止めておられるのでしょう。


私も手段は全く違うけど、目指すところはエリコさんに似ています。

私と接することで、幸せを感じ、前向きに自分の道を歩いてくださったら、どんなに嬉しいことでしょう。

一人でも多くの人が心の平穏を感じてくだされば、、、

そんな心豊かになれる仕事がしたいのです。
多くの方々と愛を交流させたい。

私は、エリコさんとは異なる世界ですが、信念を持って、努力し、自分自身を磨いて、
エリコさんのように、自分の目指すところに近づけたらと思います。

さて、またまた新たな気持ちになりました。
昨夜、お茶をご一緒させて頂いた皆さま、たくさんのパワーを頂戴しました。
ありがとうございました。


◇朝の会議が2時まで長引いて、お腹ぺこぺこで入ったお店の素敵なコーナーで、
美味しい紅茶とクラブハウスホットサンドを頂きました。
Wednesday, October 07, 2009

ささやかに、ほっこりとする瞬間☆



台風が近づいているようですね。
強い雨が降ってます。

今日、お打ち合わせで企業様にご訪問したのですが、実はこの企業様にお伺いする時は雨が多くて、打ち合わせの日が近づくと、「もしかして、また雨?」

雨が降らないと、「ホ~ッ、セーフ」などと、安堵している自分がいます。
なんでこんな所にエネルギーを、、、と思うのですが、

これも先方様との楽しいコミュニケーションの一つなんですよね。

担当のIさんと、「あらあら、今日も雨、、」と共通の思いを言葉ではなく、気持ちで交流させている気がします。


コミュニケーションの手段って、沢山あるけれど、

このブログを始めてからは、会った事もない人との交流がちょっとした楽しみでもあります。

知らない人と交流を持つのは私の中では、「危険範囲」のことで、臆病な私は、そこに踏み入れることがありませんでした。

でも、心を通わすって、いいですね。

その人の肩書きも姿形も知らなくて、お互いの中に存在する、「共感できる部分」と繋がるのですよね。

「元気をもらってます。」「愛を感じます」なんて、面と向かって言えない事も、メールだと伝えられるんですよね。

いつも四方八方から見られる仕事をしていると、こんな素朴な繋がりに、ささやかですが、ほっこりホッとします。

でも、こんな瞬間がとっても大切ですね。

Iさん、今日もとっても前向きな打ち合わせをありがとうございました。

◇雨の中で緑が映える桜の木も美しいです。
「どんな時も私達は美しい」桜の花と富士山の象徴である、
木花咲耶姫神(コノハナサクヤヒメ)の教えです。
Monday, October 05, 2009

こんな女性になりたい!



先日のブログに阪急百貨店で開催されている英国フェアで見つけた美味しいジャムの写真を載せましたが、

その商品はMrs Bridgesという名前で、「1900年代初期の英国上流家庭の懐かしい味を今に伝える」というコンセプトで商品が作り出されています。

その時に、商品の試食やお料理の説明をされていた女性の方が、とっても素敵なので、一緒に写真を撮って頂きました。

お名前は、Ms. Anne Scagell。
お料理のレシピやクッキーなどを作ったり、紅茶の楽しみ方を教える"The Great British Afternoon Tea Company"のDirectorだそうです。

一緒に写真が撮りたくて別の日に会いに行ったら、私がニコニコと試食をしていたからでしょうか、

私のことを覚えて下さっていて、"Thank you for coming back!"って、言ってくださり、気持ちよくカメラの前で笑ってくださいました。

多分、私より少しご年配でしょう。
素敵な笑顔、優しい眼差しで、皆さんに試食を進めていらっしゃいます。

温かいだけではなく、聡明な雰囲気も漂います。
側に居るだけで癒されました。

ホントに素敵!

私が、喜びを表現すると、名刺をくださいました。
アンさんは4日までいらっしゃったようです。

また、会いたいな。
こんな女性になりたいなって、心が躍りました。


◇イギリスまで、会いに行って一緒にお茶を飲みたいです。
Sunday, October 04, 2009

女子大の皆さん、また来週ね!



今日は、秋晴れ、爽やかな休日でした。
オーストラリアに行った娘から電話があり、休日の朝なのに、エネルギーがみなぎってきました。

離れていても、共に、自分達の場所で、やるべきことに取り組んで一歩一歩前進している、そんな実感が湧いた朝でした。


昨日は、神戸方面にある女子大で、午後から5時間強に及ぶ就職支援の講座で講師を務めました。9月初旬に初回の講師を務め、今日は2回目でした。1ヶ月振りの学生達との再会。

100名ほどの学生が集まり、昨年から続く就職難もあってか、学生達の目は真剣そのもの。

休憩時間に「面接の身だしなみチェック」を希望者に行ったのですが、ほぼ全員が並び、意識の高さが伺えました。

授業中は私語もありません。
みんなの真剣な目が私を見つめます。

この、感じ。そうこの感じ!
お互いの求め合うもにが一致して、素晴らしい舞台が仕上がる感じ!

そんなライブの躍動感を感じて帰宅しました。

昨年、ハードなスケジュールをこなし、一つ一つの仕事を丁寧に時間をかけて取り組んだ成果が、今年はしっかりと実になって現れているような、そんな気がします。

学生達の未来が少しでも明るくなるように、力になりたい。

学生達の就職活動が実りあるものとなるように、私で出来る事を精一杯に発信していきたいと思うのです。

今日は、満月。

満月にはエネルギーがあるらしいですよ。

来週は女子大の最終講座です。
お月様からエネルギーをもらって満タンで行きますからね!

◇お外に出かけた時に満月をパチリ!
とてもまん丸で月の輪が出て輝いていました。
Friday, October 02, 2009

気持ちの良い雨でした☆



今日は気持ちいい程に、雨が降り続いています。
どんよりしているこの暗さ、この雨音。

癒されていくような、浄化されていくようなそんな雨です。

昨年末からのモヤモヤを抱えて、忙しくした春から夏。
夏は例年通り、体調を崩して、やっと、今。

9月の終わりから、躍動感が生まれてきて、今、殻を破りつつあるようです。

過去から抱えている、ネガティブな思いや縛りから解き放たれる時が、いよいよ来たのでしょう。

そんな心地良さを感じさせる、今日の雨。

まだまだ、チャレンジしたいことがいっぱいあって、
こんな気持ちになれるなんて、心から感謝です。

◇阪急百貨店で英国フェアが開催されていて、
そこでめっちゃめっちゃ美味しいジャムを発見!
Thursday, October 01, 2009

決意を新たに



今日から10月。

娘も旅立ち、長いシルバーウィークも明け、楽しみにしていたことや、案じていたことも含めて、月日はどんどんと流れていくのですね。

予定が、現実になって、過去になる、、私達はそんなことを繰り返して生きてきてるのですよね。

そう思ったら、今、抱えている悩みも、いつかは過去のこととして、懐かしくなっていくのでしょう。

同じ月日を過ごすならば、ワクワクして過ごせたらいいですね。


不安を持たずに、未来に続く、今、この瞬間を大切にすることが大切だと分かっていても、気持ちが揺れて、第一歩を踏み出せないことがありますね。

私は、周囲の目がとても気になって、心の中で「こうしたい」「あんな事も、こんな事も」と思っていても、行動に出来ないタイプでした。

仕事も評価だけが気になって、自分では、「とっても出来た!」と思っていても、

たった一人に「?」と出されると、その他の「◎」が全て意味のないものになってしまってました。

もったいない事です。

信念がない。
自分の軸がない。

これでは、相手によって評価が変わるので、伝えたい事がブレてしまいますよね。

想いと言動が一致してこそ、真の自分の姿です。

今は、自分の想いが形になるように、行動し、自分を信頼して、恐れを失くすようにしなければと思っています。

今年も残り3ヶ月。
やりたい事、何でもOK!

新しい月の始まりに、また決意を新たにしました。

◇企業様にご挨拶に行った後、スタッフさんと遅めのランチ
私の方が大食い??とってもボリュームがあって美味しかった♪
Wednesday, September 30, 2009

いい加減にせえよ~☆



最近、ケアレスミスが多すぎ!

今日は、狐につままれたように、道に迷い、同じ道を行ったり来たり、、、お昼も食べずに、雨の中を40分程さまよっていました。

しかも、同じ日に、道に2回も迷ってしまって、、これって、何なん?
道を聞いても、「そんな建物は知らない」とか、「この辺りのものではないです」とか。

こんな日は、相当めずらしい。
いつものラッキーがやってこない。

だけど、後から考えたら、私の勘違い、思い込みもあって、道に迷っているのでした。

更に恥ずかしいのは、行き先の相手に電話して、「ホームページに書いてある通りに来てるのに、全く、到着しない」などと、訴えている事です。

人に感情をぶつけるなんて、そんな自分にも苛立ってしまいました。
私って、ドジだと分かっていたけど、こんな言動もするのだと、ちょっと驚きです。

Iさんごめんなさい。

仕事の準備は神経質なくらいに気に掛けるのに、普段は忘れ物したり、ボーッとしてて、うっかりミスが多いのです。

今日も、以前に日傘を忘れていたので、回収に行ってきました。
なのに、、、そこで今度はハンカチを忘れてきました。

先方の方も、きっと呆れてるでしょう。
もう、ここまでくると自己嫌悪。

気を付けないといけないね。

でも、でも、、こんな奇妙な日でしたけど、

素敵な出会いもあり!
気付きもあり!

明日から10月。
ちょっと仕切り直し。

◇手元に帰ってきた日傘。
もう忘れないからね、、イヤ、、忘れないよう気をつけますから。
Monday, September 28, 2009

ひと山越えて♪



今日は月曜日ですが、何だか休日気分です。
土曜日と日曜日の2日間、ハードな研修をしてきて疲れているのに、朝早くから目が覚めてしまって、、、まだ緊張がほぐれてないのでしょうか。

お客様の大切な社員様をお預かりするので、成果の出る研修をして喜んで頂きたい、という想いから気が張りました。

ある事がきっかけで苦手だった、「管理職研修」でしたが、昨年から、自分の山を越えられたようで、仕事自体はとっても楽しめています。

仕事が楽しめるようになったことは本当に嬉しいことです。
こんな感じで、一つひとつ丁寧に仕事をして行こう!、、と今日は爽やか気分で、休日を楽しみました。


前回のブログに、「年末までしっかり仕事が入っていて」、、って、書いたのですが、これって、めちゃめちゃ忙しそうですが、そんなことは全くないのですよ。

ただ、私自身が、「誠実に仕事が出来る許容範囲」という計りからの、仕事量ですので、、(汗)

空いてる日に、バンバン仕事を入れては、昨年のように、追い詰められてしまいますし。。。
でも昨年は得ることが山盛りでしたから、結果はOKなのですけどね。

これからも、誠実に、丁寧に、心を込めて、素直な心で、ひたすら目の前のことに取り組んで参ります♪

◇Runway 2周年のお祝いに奈緒美さんから届いたゴディバのチョコレート♪
毎日、少しずつ食べてます☆
Wednesday, September 23, 2009

パワーがよみがえってきたワケは、、



やっとこさ、心と体が合ってきた感じです。 今週の土日は、企業様の管理職研修が入っていて、そのテキストも昨日に仕上がりました。

毎年行っているのに、毎年手直しをして、我ながら感心であります♪

今週末から年末まで、しっかり予定が入っていて、心身共に管理が必要だと、気が引き締まります。くたばってはいられません。

娘が飛び立ったことは、寂しくもありますが、楽しみでもありました。
なぜか、「私はパワフルになる!」と、信じていましたから。

娘も頑張っているんだし、ランウェイの2周年を迎えて私も心機一転なのです。



元気になった理由の一つに針とマッサージを受けています。
(と言っても、2回目ですが、、効きそうなんです)

今、お世話になっている針の先生は、いつも行くマッサージの深雪さんの恩師です。

目がご不自由なのですが、まるで目が見えるかのように、ニコニコと笑って可愛い声でお話しをしてくださいます。

今日もお世話になってきました。
リウマチについても医学的な知識が満載で、病院では聞けないお話しをしてくださいます。

なぜ、ここが痛かったのか、、なぜ、私は太ったのか、、なぜ、気力が出ないのか、、どうすればいいのか、、などなど。

何よりも、私を元気にしてあげようという気持ちが伝わってきて、それが私を元気にさせるのです。

口先ではない、真の愛情を感じることが出来る先生です。

商店街の裏通りで、看板も出てなくて、先生を頼りにくる患者さんだけをニコニコしながら診ていらっしゃいます。

今、この瞬間を生きてる感じがします。
そんな生き方、素敵だなって、豊かな人生だと思います。

◇いちごが仕事の邪魔しないようにバスケットでガードしたのですが、
隙間から侵入してきました。叱ると、ションボリとこちらを見てます。