Pages

Monday, January 26, 2009

あなたの喜ぶ顔が見たくて♪



昨年から本当に多くの学生に講義をしてきました。

「先生! 夏にもお世話になりました。」とか、「先生、私ね、先生と会うのが初めてではないんですよ。」などと言いにきてくれる学生に会うと嬉しいですね。

声を掛けてもらえるということは、良い関係が築けているということですからね。

「笑顔がみたい」「喜んでくれたらそれでいい」、そんな気持ちだけで仕事をしています。
私が発信する情報で誰かのお役に立つことが出来たら、、、と言う、とってもシンプルな気持ちです。

講義の後、何かを掴み、満足そうに帰っていく学生の姿を見ると嬉しくなるのです。

金曜日は京都の西院まで行ってきました。
遅い時間帯の授業で、終わったのは夜の9時半です。更に終わってからも質問に来たりと、非常に熱心な学生さんばかりで頼もしい限りです。

学生さん達は、使用した机を元に戻してくれたり、黒板を消してくれたり、遅くなった私のお手伝いをしてくれます。

就職対策の講座でしたが、まさしく企業はこういう「協働精神」のある人材を求めているのですよね。

キラキラした学生さんの瞳を思い出していると、ちょっといい気分です。
彼らの未来が輝かしいものでありますように、祈らずにはおられませんね。

◇学生のレポートのコメント入れに追われています。
タイマーかけながら…でも心を込めて!
赤インクがすぐになくなってしまいます。
Sunday, January 25, 2009

上がったり、下がったりしながら・・・!



先日は、ある大学の教授や職員の方々が参加する勉強会に、講師として呼んで頂き、企業や大学講師としての観点から就職についてお話しさせて頂きました。

この半年で気付いた事も含め、考えや思いなど、私の中でも整理が出来た良い機会でした。

でも、当日は体調が今ひとつ優れなくて、、、
私の出番を待っている中、外をぼんやり眺めていると、大学に併設された幼稚園が見えて、カラフルな傘が揺れ動いていました。。。シトシトと雨が降っていました。

教育をご専門にされる先生方の前で話す緊張感もありましたが、何だか気持ちが沈んでいってしまいました。

日々の出来事は全てステップ、必ず未来に繋がっているのだから、今日のこともきっと。。。だから今を精一杯に…!

と、思っていたら、急にオバマ氏のことが浮かんできました。

オバマ氏が大統領になったことは、「史上初」という言葉では言い表せないほどのすごいことなんですよね。
今までの黒人が受けた迫害、奴隷であった時代を考えると長い道のりだったんですよね。

オバマ氏はどんな「今」を積み重ねていったのだろう。

私の未来は何が待っているのだろう。
私の心の中での昨年からも思いが、沸々と湧き上がり、変化が起こっています。

いつも私は、自分の良心に正直にありたいと思い、目の前のことを一生懸命に取り組んでいるけれど、、、その時々にする小さな小さな軌道修正が、一体どこに通じて、どこに繋がっていくのか、、、。

そんなことを考えていました。
未来を信じて心豊かに行かなければ!と、気持ちの仕切り直しです。


◇今のこの時期に、オバマ氏が大統領になったことで、
今までとは違うアメリカが生まれるような気がします。
Thursday, January 15, 2009

ほんの少しの背伸びがいいなぁ



嬉しい連休でしたが、今は複数の仕事の締め切りに追われて四苦八苦状態です。
でも、こんな私も好きなんですよね~

今、明日が締め切りの仕事を終えてホッと一息です。

昔からプレッシャーがあると伸びるタイプです。
食事も喉が通らないほど緊張するのに、このドキドキを乗り越えたら、成長した自分があると思うと頑張れるのですね。

ほんの少しの背伸びが大好きです。

みんなの「喜ぶ」笑顔が見たくて、明日も張り切って、仕事してきますっ!


◇ザ・リッツ・カールトン大阪の朝食。
ミルクとバニラで煮たごはん。色んな種類のシリアル。
Monday, January 12, 2009

夢が突然、、、叶いました!



素晴らしい連休を過ごしました。
何とサプライズでザ・リッツ・カールトン大阪に宿泊してきました!

ホテルの前に着くまで、いいえ、ロビーに入っても、全く予想もしておらず、まさか?まさか!の展開でした。

ザ・リッツ・カールトンのホスピタリティあるサービスはもちろんのこと、調度品や雰囲気が大好きで、時々お邪魔しては、大好きな椅子に座っていたのです。

いつもは借り物のような感じで気を遣いながらウロウロしていたのですが、今夜は私のお宿なのです。堂々とウロウロして(やっぱりウロウロしました)満喫してきました。

ホテルマンがお部屋まで案内してくださったのですが、その時に、「ショップのケーキはもう売り切れてないかな…」と呟くと、すぐに、「もうすぐ閉店ですから…、でも、ちょっと覗いてみましょう。」と、何と一緒にショップ内まで行ってくださたのです。

エレベーター内での会話や、お部屋に着いた時の会話など、とても洗練された口調で(のように感じた。。。)特別扱いをされている気持ちになりますね。

お部屋は広くてびっくり! 30階だったので眺めも抜群!
カーテンは三重になっていて、それぞれの雰囲気が楽しめます。海外のホテルのように、テレビが納まる家具がベッドの前に置いてあり、ニューヨークに来てる気分でした。

夢みたい、、、とはこのことを言うのでしょう。

夜景を眺めていると、涙がポロポロ溢れてきて、あ~っ、私は何て幸せなのだろう。声には出さなかったけれど、泊まってみたい…といつも心の中で思っていたホテル。そのホテルに今、私は居るのです。

リチャード・ジノリのカップも着心地抜群のパジャマも、ふんわりバスタオルも、真っ白なベッドリネンも今夜は私のものなのです。

テレビにスイッチを入れると、ジュリーが熱唱しています。60歳でのコンサートのようでした。「皆さんが私を幸せにしてくれました。」とお話しされていました。

そうだね、私も感謝したい。


昨年は、色んなことがあって、周りからは「大変だったね。」と声を掛けられることもあり、大変だと思えば大変な年だったけれど、幸せな年だったと思えば、とても恵まれた年だったのです。 私はとても満足していました。

そうしたら、こんなご褒美がやってくる。
受け止め方で、流れが変わってくるのだと実感しました。

何か事が起これば、「よし!大丈夫。心して行こう。」と思えば、力が湧くものです。
「大丈夫だろうか?こんな事態になってイヤだ。」と思えば、持てる力も出ないのです。

2009年も素晴らしい年になるでしょう。



◇リッツのお部屋
いつか、こんなお部屋で仕事をするのだ!
写真下は素敵なロビーです。
Wednesday, January 07, 2009

未来に続く今。



何だかアッと言う間にお休みが終了してしまい、気合を入れて頑張っています。
年が明けて20代半ばの二人の若者とお話しをしました。

一人は私の教え子のF君。
仕事や若者らしい悩みを抱えつつも、いつも前向きに取り組み健気に頑張る青年です。

彼が素晴らしいのは、どんな出来事からも「学び」を探しつつ成長していこうとするところです。

彼と話すと私の中の隠れている純粋な気持ちが彼の純粋さと共鳴し合って、とっても心地よいのです。


もう一人は、私の愛する娘のIさん。
自分の足で歩きたいと模索しています。悩みつつも最後は親の進める道を選んできた彼女は、そんな自分から飛び出したいのだそうです。

彼女は今、自分と向き合っています。

自分の人生、自由に選択して良いと思います。どんな生き方も良いと思います。

私達は、どんな道も、どの扉を開けても正解なのです。
でも、そこにしっかりと自分の意思があるかどうかが大切なのですね。

自分は何を大切に思い、何を守っていきたいのか、譲れないことは何なのか。
だから、これを選択する! という自分の意志が存在してほしいですね。


「流れに任す」とは、精一杯に取り組んでいるからこそ言えること。

流されてはいけないのです。
流されるというのは自分の意思がないということなのです。

二人の若者が精一杯に生きている。
私の目の前で、精一杯生きている。


◇「花びら餅」です。
年に一度、裏千家の初釜に出されるお菓子。美味しく頂きました。
Saturday, January 03, 2009

2009年 「信念を持つ」



明けましておめでとうございます。

新しい年を厳粛に迎えたかったのですが、慌しく除夜の鐘を聞きました。

昨年の私の目標は「実践」することでした。とにかく行動しようと思って過ごし、多くのことにチャレンジした年となりました。

「成果は行動ありき」ですからね。


さ~て、今年は、、、「信念を持つ」という目標に決めました。

昨年は、行動することにより新しい世界でも仕事をする事ができましたが、暮れになって、自分の方向性を決めて意思表示をしなければならない場面が幾度となく出てきました。

人間関係や仕事のことで、内観しなければならない出来事が続いたのです。
それは考え方であったり、目的であったり、自分の内面を確かめられている気がしました。

私は流れに任せつつも、自分の大切なことを守る必要性が出てきたようです。

さて、今年はどんなことが待ち受けているのでしょう。
どんなことも味わって、いつも「今が最高」と言える自分でありたいものです。

どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。


◇去年の年頭に誓った通り、稲荷神社に「献酒」をしました。
すると神社から「破魔矢」を頂き、玄関に飾りました。