Pages

Sunday, June 28, 2009

良い流れを自分で創ろう



ザ・リッツ・カールトンでのお泊りサプライズの後、今週も慌しくフル回転していました。
有難い事に、良い流れを感じています。

どうして、こうなるの?、、の後に良い事がやってくるから、それも含まれての流れだと感じるのです。
22日の火曜日は名古屋で仕事をして夜は子供達と食事をしました。

しかし、その少し前に、とってもシンドイ出来事が、子供達の前で発生!
良かれと思ったことが裏目に出たのです。

でも、子供達の「優しさ」に助けられて、気分を変えて食事をしました。
すると、普段は話さないような話題が続出しました。

息子が突然、、、

「『みんな成長するね』とか『成長したね』って、気軽に言うけど、成長って何なん?」「幸せって、、」

と、投げ掛けた言葉に、娘も私も息子も思い思いの考えを出しました。

彼は来年から社会人。
その入り口に立って、改めて思うことも、考えることも多いのでしょう。

でもその投げかけに、私も色々と考えさせられ有意義な時間でした。


もう一つは、今、採用の選考結果をメールやお電話でお伝えする事が多いのですが、選考落ちの学生に連絡するのは、深呼吸が必要です。

でも、選考落ちの結果を知らせる事により、学生と距離が近くなることが多いのです。
就職の悩み以外に話が及ぶこともありました。

選考落ちは本人にとっては、自分自身を否定されるようで辛い経験でしょう。
でも、その会社に行かなくても、他に道が用意されているということなのです。

一見マイナスな出来事をプラスに変えていく力は、人生を切り拓く大切な要素です。
周りが手を差し伸べても、本人がその気にならなかったら、その位置のまま変化はありません。

まずは、「受け入れる」「変化を恐れない」と思えるようになるまで自分を見守って、形を整えることもいいかな。

もし、心が付いてこなくても、顔を上げ背筋を伸ばし胸を張ることが出来たら、もう大丈夫です。

良い流れを自分で創り出すことが出来るのです。

「何があっても大丈夫!」と言い聞かせて、自分の前に、自分の足で歩く道を創りたいです。

◇ザ・リッツ・カールトン大阪でプレゼントされたクマのぬいぐるみ
一緒にリラックスしました。
Monday, June 22, 2009

記念日に贅沢なひとときを味わいました



21日の日曜日は、大切な記念日でした。
大好きなザ・リッツ・カールトン大阪で過ごしてきました。

これは、私の大切な人からのプレゼントです。
仕事に追われて、精神的にも肉体的にもフラフラ状態の私を見かねての「強制休暇」でした。

今回のザ・リッツ・カールトンは、何と「クラブフロア」でのお泊りでした。
ルームキーがないと、エレベーターも止まらない特別なフロアで、専用のクラブラウンジで食事やティータイムを楽しみました。

溢れるホスピタリティに感動することがいっぱい。
本当に素敵な人たちが働くホテルです。

事前の予約とちょっとした手違いがあり、そのことから、お詫びとしてサービスが、、、

「えっ? そこまでしてくださるの?!」「えっ? 本当に? 信じられない~!」「まるで夢のようです♪」ということの連続!

働く女性に興味のある私は、マネージャーでいらっしゃるSさんの笑顔のおもてなしに釘付け状態でした。私が感謝の言葉を伝えると、

「こちらの手違いでしたのに、ありがとうございます。のり子様とのご縁が結ばれて嬉しく思います。」と、素敵なお返しの言葉を頂きました。


チェックインしてから、「プレイス・オブ・ハーモニー」でアロママッサージを受けて、お気に入りの音楽を聴きながら、誰からも何事からも影響を受けずに、素敵な椅子に腰をかけて、本を心ゆくまで読んで過ごしました。

何と、なんと贅沢なひとときでしょう。

完全、リフレッシュ!
パワーチャージ終了!

素敵な出会いと、素敵な時間、素敵な空間。
そして、何より私は、沢山の方から、大切に大切に扱って頂き、全身で幸せシャワーを浴びてきました。

さ~て、新しい扉が開きましたよ。

◇ピンクとゴールドの世界を満喫しました。Sさんから頂いたカード。
予約してくださってたケーキ!
Saturday, June 20, 2009

私の誇り



今日はこのブログをサラ・ブライトマンの歌声を聴きながら書いています。
2008年1月にウィーンのシュテファン大聖堂で行われたコンサートをBS-ハイビジョンで放映されていたので録画していました。

モーツァルトが結婚式を挙げたといわれている教会で厳粛な雰囲気とサラ・ブライトマンの澄んだ声が響き渡って感動的な映像です。

気持ちもリフレッシュされた一週間でした。
相変わらず、昼食も満足に出来ない忙しさです。

私は若い世代の人達との交流が多いのですが、素敵な若者に日々出会っています。


こんな出来事がありました。

4月の半ば、昨年の秋に教えていた学生と会って、就職活動の悩みをずっと聞いていました。

一人の女子学生Aさんが、突然、

「先生、こんなことを今更言っていいのか分かりませんが、私、したいことがあって、心残りが、、、」と、胸の内を話してくれました。

それは、留学したかったけれど、色々な事情で行けなかったこと、英語が好きで、外国人の方が多く出入りするお店でアルバイトをしていること、、、ポツリポツリと話してくれました。

聞けば、4月末まで、大学が休学の届けを受けつけているとのこと。

彼女が話し終わった瞬間に、

「行けばいいじゃない!」

と、私は考える間もなく、言葉の重みも考えずに発していました。
彼女の目から涙がポロッと流れ落ちました。


あれから、2ヶ月。
明日、彼女はアメリカに旅立ちます。

先ほど、元気な声を聞くことが出来ました。
この間に新型インフルエンザの問題もあり、手続きや、周りへの説得やら、私が想像を超える困難に合ったことと思いますが、彼女は夢を叶えるのです。

サラ・ブライトマンの歌声の素晴らしさに気持ちも一層昂り、私も涙が溢れて止みません。

最近、若い人たちから教えていただくことが多いのです。
彼らの行動から、自分が見えたり、新しい光を感じたりと、私の行く道を示唆してくれているような感動を頂きます。

そう、そうなんです。
彼らが、私の誇りなのです。

素直でひた向きで、自分に正直に生きていこうと、模索しています。

時には自分を犠牲にして、回りと協調しようとする健気さや、若さゆえに、私たち大人にとっては毒を含む言動も新鮮です。

こんな彼らを誇りに思い、教えられながら、今日もステップアップです!

◇サラ・ブライトマンと世界遺産に登録されている
ウィーンのシュテファン大聖堂。
Saturday, June 13, 2009

愛が足りないぞ



忙しいです。
でも、昨年の秋に大学の仕事で味わった忙しさとは全く違います。6月に入ってから完全に自分のペースが崩れているんです。

『忙』 は、心を亡くすと書きますが、なるほど納得です。
しかも、この 『りっしんべん』は、「心に何かが寄り添う」 という意味らしく、「他のものに心を奪われてしまっている状態」 らしいです。

そうなんですよね。
昨年の秋と大きく違うのは、私の 「心に寄り添っているモノ」 が大きく違うのですね。

その 「モノ」は、自分の意思でそうなったか、そうでないか、、で心の有り様が大きく変わりますね。

確かに仕事も忙しいんだけれど、実はその仕事に付いてくる、「ゴースト」 のような目に見えない 「権力」 であったり、「価値観の違い」 や 「人々の質の違い」 であったり、、、そういったモノに心を奪われています。


そんな事の連続で心が爆発しそうです。
それでも、名古屋で楽しい時間を過ごしたり、新人さんから 「ご褒美」 を頂いたり、心を回復させてくれる出来事があるのがとっても嬉しいですね。

ある方がブログのコメントに 「のり子さんは、現代版マザーテレサですね。」と書いて下さいました。もったいないお言葉です。

そして、先日も久しぶりに、皆さんのブログを訪ねていたら、マザーテレサの言葉「あなたの中の最良のものを」に出会いました。
これは、私もコメントを下さった方も、大好きな言葉です。

そうだ、そうだ、マザーの精神だ。

「愛を与える人」 であろう。「自分の中の最良のものを実践する人」であろう。
どんな人々や、どんな中傷に合おうとも、「私の中の最善を尽くす人」 であろう。

私は 「愛が足りない」 と気付きました。
そう、自分への愛が足りない。だから心がすさんでいく。

まず、自分を満たさなければ、自信を持たなければ、実践していけません。

いつも道に迷う時は、この事を忘れている。
そして何度も何度も、ここに帰ってくるのです。

この爆発状態の私の心が持つかどうか心配でしたが、今日と明日は少し休んで、また来週も「愛」を持って仕事をしましょう。


◇昼食をおろそかにしていて反省。
一人のランチもゆったりと過ごさないと!
Monday, June 08, 2009

言う事なし!



久しぶりに弟と会い、楽しいひと時を過ごしました。

週末に、名古屋まで行って参りました。
義妹のくみちゃんが、名古屋の星ヶ丘三越で「3-Dアート展」を開催したからです。

私も気に入った作品を購入しました。
早速お部屋に飾っています。

弟は大学の医学部の教授という要職に就いていて、忙しい日々を送っています。
何だか眩しい存在になっちゃって、まさか会って食事まで一緒に出来るとは…

母も一緒だったので、仕事を調整してくれたようです。

弟は会うなり、「姉ちゃん、太ったなぁ~顔も体もパンパンやなぁ~」と、挨拶になっていない一言を浴びせてくれます。

ま、これも弟ゆえのご愛嬌でしょう。

母も終始にこやかに幸せそうでした。
くみちゃんの成功も嬉しかったし、弟とのおしゃべりも楽しかったし、もういう事なし!

◇母も楽しそうです。
早速リビングと玄関に飾りました。
Wednesday, June 03, 2009

驚きの「橋本憲章」



今日はものすごく感動することがありました。
心の中から湧き出る感動で、鳥肌が立ちました。


ずっと、忙しい毎日でした。
帰宅するといつもグッタリ。。夜中に仕事のメール。

朝起きて仕事のメール。

そして、次から次へと試されているような出来事が先週末から続いていました。
今日も午前中に、ある方と電話で話していて、電話を切った後に思わずポロポロと涙が、、、次々と要求されるスキル。


でも、ご褒美がありました。
それも、私が指導している新入社員の人たちから、ご褒美を頂きました。

4月から7月半ばまで、2~3週間に一度、企業様の新入社員を指導に行ってるのですが、今日はその日でした。

終了間近に、急に新入社員さんたちから 「橋本憲章」 なるものを作った、と聞かされました。
そして、全員が立ち上がって唱和し始めました。

橋本憲章

一. 笑顔を忘れず、姿勢を正し、全てに「ありがとう」
一. 誰も見ていない、だけど私はやる
一. あなたが見てくれている、だから私はやる


もう、言葉が出ません…

こんな嬉しい事、感動することがあるでしょうか。
彼らは自分達の為に作ったのでしょうが、逆に私は、彼らから 「大丈夫」 を頂きました。

久しぶりのブログです。

「書こう!」と思う元気も、「明日から頑張ろう!」 という気持ちも、そして、「大丈夫」 という 「未来への勇気」 も、、、ありがとう…あなたたちから頂きました。

駅までの道のり、涙が出ました。
嬉しい嬉しい涙です。

宝物にするね。

本当にありがとうございました。


◇走り書きしてたO君の 「橋本憲章」 をコピーしてもらいました。
何とも言えない文字ですが、これも味があるか♪