Pages

Sunday, July 26, 2009

暗い思考パターンとさよならしないとね。



春からの忙しさがやっと落ち着きました。
先日の3連休も休みなく仕事をして、連休明けに研修を終えて、人前で話す仕事は、暫らくはありません!

精神的にやれやれで、昨日の仕事を終えた途端に、疲れがドッと出ています。


この頃、夕立が多くて、急な雨に思わず外を眺めてしまいます。
そんな時に必ず湧いてくるのは、「子供達、雨に濡れてないかな、傘持ってるかな、、」という思いです。

何かと子供とセットの思考が回ります。

先日の皆既日食も、「見たかな、どう?」とメールを入れてみたり、もう傘の心配をする必要のないすっかり大人の二人なのに、子育て時に付いた「思考の習慣」が出るのですよね。

思考の習慣って誰にもあると思うのですが、私の中にある、暗~い思考の習慣があります。

それは怯えること。

いつも幸せの気持ちに溢れてるのですが、きっと私は心の奥深くで、何かに怯えてるな、、と思ったことがありました。

つい先日の事。
打ち合わせをしていると、会議室の外で「ガタン!ドタッ!」と物音がしたのです。周りの人は全く気にしなくて、打ち合わせには、何の影響もなく続いたのですが、

私はドキドキしました。

誰かが怒っているのではないか。
何か悪いことが起こっているのではないか。

暫らく神経が外に向いていましたが、誰も騒いでいないので安心したのです。私はこういうちょっとしたことで、怯えることがあります。

以前、私の身近に「短気で怒ると凄い怖い人」が居てて、自分の思い通りに進まないと、怒鳴ったり、側の物にあたったり、とすごく機嫌が悪かったのです。

だからいつも顔色を伺って、その人の機嫌が損なわれないようにばかり気を使っていた時の思考が習慣になってしまっているのだな、、、ム~、なるほど、、

そう思うと、私はまだまだ♪

まだまだ、これから♪
もっともっと幸せになれるんやな~っと、素晴らしく前向きに思えました。

◇母が弟夫婦と山形に旅行に行った時のお土産です。
お土産大好きな母にしては珍しくサクランボだけ、、
かなり頑張ったね、おかあちゃん。
Monday, July 20, 2009

友よ! 泣かせるぜ~!



先週の金曜日で新入社員研修の最後の企業様の研修が終了しました。
今年も良き出会いをいたしました。

学びの多い、そして感動の詰まった3ヶ月でした。

研修終了後の打ち上げがあり、「先生、ありがとうございました~!」の乾杯で始まり、
最後は「先生、ありがととうございました。」と、記念のお品を頂いて会はお開きとなりました。

まさか、記念の物を選んでくれているなんて、思いもよらなかったし。。。
そういえば、この子たちとは、今日でお別れなんだ、、、と思うと、

それまで酔いに任せて、新入社員達をからかって好き放題なことを話していたけど、急に寂しさがこみ上げて感傷的になってきました。

もうお別れなんだよね、いくら別れを惜しんだって、どうせ数分後には、「さよなら」なんだから、ならば今すぐに「バイバイ」しよう、、、!

私の涙腺は切れると、かなりヤバイ、の、です、、。

外に出て、一人ひとりに握手をして、みんなとは反対方向に向かって、エイヤッ!と、
一人で歩き出しました。

何だか背後から気配を感じて振り返ると、、その途端に、みんなが、「お~ぉ~」と声を上げて、手を振ってくれました。

完璧にダメ状態!

映画なら、完璧泣けるよね、こんな場面!

私が見えなくなるまで手を振っていてくれました。
ありがとね、みんな本当にありがとうね。心からありがとう!


私が最後に彼らに言った言葉は、「青は藍より出でて藍より青し」です。
何も考えていなかったのですが、突然、言葉が口から出てきました。

私は、先生と呼ばれます。だからこの言葉が好きです。
成長し、私を飛び越えて、活躍していって欲しいと心から思います。

そしていつか、私は彼らから、新しい時代の考え方や技術、思いを教えてもらい、いつの時代も変わらない普遍的な考えを分かち合える関係になりたいと思っています。

来週から彼らには、指導員の方が付きますが、いつかその人たちより新しい技術を身に付けるでしょう。

そして彼らも、誰かを指導する立場になったその時に、その人たちが自分達より新しい技術を習得していくことを心から望み導く人たちになって欲しいと思うのです。

そうして社会、文化は発展していくのだからね。

ライフセーバー、アニマルセラピスト、、、やら、私がみんなに直感で付けたネーミングだけど、結構当たっているかも、、と自負しています。

彼らが最後に掲げたテーマが「博愛」。

彼らとは、いつか普遍的な思いを語れる関係になるだろうと、今から楽しみです。

これからどんな時代になっていっても、根っこの部分が繋がっているような、今までにどこかで出会ってきたような、そんな新入社員達でした。


先生も負けずに、人生エンジョイするぜ~!


◇ユニークな写真集を頂きました。
堅くなった心に、フッと笑いを呼ぶ、ちょっとくすぐったい。
「どこか懐かしい人間の匂い」がします。
この本を私に選んでもらえるなんて、私もまだまだ若いってことだ!
Tuesday, July 14, 2009

精一杯の先には



この場所は、何だか違和感があるなぁ、自分の居場所ではないのかなぁ~と思うことがありますよね。
最近、ある場所で、頻繁にそれを感じています。

良かれと思って行動したことが、悪く受け取られたり、そういう流れになってしまう。
役割を果たしていこうとすると、反対の勢力が押し寄せてくる。。。時々、冷たい視線を感じるのですよね。

一緒に仕事をしている人は、言葉では言い表せないほど素晴らしい人で、人格も尊敬できて、もちろん実力も伴っている人です。

ところが、その人の良さも発揮できない環境のような気がしてきました。(生意気な目線ですが、、)

方向性がブレないように、先日から、二人でミッションの整理をしています。

周りの顔色を伺っていては、本来の役目が果せません。

私は心の中で、「後もう少しでメドが付く」と、慰めの言葉をかけつつ、、

特に今日は気持ちがしんどくて、いよいよだよな、、と感じて、でもなぁ~、、これって逃げかぁ??と思いつつ、、

でも、大変な仕事でも、ワクワクして仕事がしたいよな、、ワクワクする仕事ってナンだろか、、、と思っていたら、

とっても嬉しい仕事のメールが来たのです。
詳しいことが書かれていないけど、これを受けよう!!と思えました。

私の心にグッときました。
迷いの心に光が射したようで、「ありがとうございます」と、声をあげて喜びました。

求めていたら、答えは与えられるんですよね。
この数週間は、自問自答の繰り返しでした。

一生懸命に取り組んできたからこそ、道は開かれていくのだと、自分の頑張りにちょっとご褒美の気分です。

ここで、私の精一杯を尽くしたと思えば悔やまれることはなく、遣るべきことをしっかり行って、後は流れに任せよう。

私の必要とされているところに行けるのだと思えました。


さ~て、今週、来週が私の踏ん張りどころです。
気分転換、体調管理をして、そして 「愛を持って」 挑むとしますか。

◇お気に入りの場所でくつろぐ「いちご」
暑いけど元気でいてね!
Wednesday, July 08, 2009

七夕で満月で、ドキドキの一日でした。



昨日は七夕でしたね。

19年に一度の七夕で満月で、しかも今月は皆既日食があるので、お月様のパワーが凄いらしいって、そんなことを聞いてしまったのでドキドキ。

改めて、「お願いごと」って、言われても、、、特に欲しいものはないし、、でも、私が生きている間の今夜だけの限定の夜のような気がして、、やっぱりドキドキ。

夜から、万博公園にある「万博おゆば」に行って、露天風呂に入りながら、雲で隠れたお月様に向かって、ちょっと考えていることを話しかけてきました。

お月様は時々、雲の間からボンヤリと姿を出してくれるので、「あっ、今のうちに、、で、お願いってナンだったっけ??」と、

結局、ドキドキしながら、終わりました。

でも、ラッキーなことがいっぱいあって、幸せなことがいっぱいあって、それこそ満月であろうが、七夕であろうが、

いつも感謝いっぱいの、毎日が満月で七夕のような、パワフルな奇跡の日々です。

◇ソニープラザで見つけたノート。
ノートが大好きで、周りから「何を書くのん?」と言われながらも買ってしまいます
これは、嬉しいことがあった時に書いてます♪
Sunday, July 05, 2009

「雑用」は自分の心が作るのでしょう



7月に入り、今年も折り返しです。
何だかアッと言う間。

先日会った方に、2週間振り位かと思って言ったら、
「何を言ってるんですか~、1ヶ月以上振りですよ、のり子さん♪」 って。

あ~っ、飛ぶように日が流れてんだな、、。


最近、人から見たら雑用に見えても、本人の心のあり方次第だな、、と思う出来事に出合いました。

少し前に、(と、思っているけど随分前かも、、)
採用の為の会社説明会の準備をしていた時のこと。

暗い広い会議室で一人で資料を机に並べていました。
封筒を並べて、次はアンケート、最後に採用冊子を、、と、地道な作業です。

毎回、開催時には全席に真っ直ぐにきちっと並べていきます。

ふと、「単純な作業に心を込めてるな」 と、「これは性分だな」 と思いながら作業をしていました。

先日、(ちょっと前かも、、)面接に来た学生さんが、
「インターンシップに行った企業では、雑用ばかりで、その業界は止めました。」という話を聞いて、

どんな仕事かと聞いたら、配布物を作ったり、名札作りや表計算、、らしいです。

ふ~ん、それって雑用なのか、、

思わず、「雑用かどうかは、自分の心が決めるのだと思うよ。」と、私の口から出ました。

話していて説明会の準備をしている時の気持ちが重なりました。

「資料を並べるだけの仕事」と思えば、その瞬間に雑用となるのでしょう。

でも、これから会う学生さんのことを思い、この企業に興味を持ってくださることへの感謝などを込めて、丁寧に仕事をすれば、立派に遣り甲斐のある仕事なのですよね。

私は、この準備段階の仕事が好きです。
暗い、広い会議室で黙々と、心を込めて資料を並べる仕事が好きです。

どんな作業も仕事も、その仕事の先を思う。
作業だけではなく、仕事全体を見ることが大切ですね。

全てが、取り組む本人の姿勢次第なのだなと、「雑用」 はその人の心が生むものなんだと改めて思ったのです。

「目の前のことに心を込める」 って、「丁寧に生きている」ようで好きですね。

◇食卓に花があると心も華やかになりますね。
Wednesday, July 01, 2009

「夏越の祓」を受けてきました



昨日は、泉殿宮という神社で「夏越の祓」を受けてきました。

これは、半年の間に身に付いた罪穢れを追い払い、これからの勉学・職業・生業に精進できるように祈願する祭典です。

6月の30日にこのような行事があるなどとは知りませんでしたが、前日に友人から、

「夏越しのお祓いを6月中に受けるといいよ」と聞き、
「え~、6月は明日で終わりやん。」と言ったら、

「そういえば! 本当は6月30日に受けるのが一番いいんよ!」となって、

「これは偶然とは思えないな、、でも仕事が、、抜けられない、、!」で、終わっていました。

そうしたら、30日のお昼にスタッフさんから、

「のり子さん、仕事は何時まで? 吹田駅前の泉殿宮で17時から『夏越の祓』の行事がありますよ」と電話が入りました。

諦めていたけど、これは行くしかないだろう!

と、大急ぎで仕事を終えてタクシーで向かいました。

良かったです。最高に良かったです。
予め、守護真木に氏名と年令を書いて受付を済ませて境内を散歩しました。

祭典が始まると、雨が降る中を宮司さんが祝詞をあげながら、守護真木を焚き上げていかれます。
パチパチと音を立てて燃える火を見つめながら、厳粛な気持ちでこれから半年間、元気で過ごせるようにお祈りしました。

こんな気持ちになる時間は必要ですね。
また、年末にある「大祓い」に参加したいと思いました。

◇一番前に座ってパチリ。改めて見ると煙だけで上手く撮れてません。
雨の中を宮司さんも巫女さんも大変です。
この神社は明治時代に境内に綺麗な水が湧いたので、
近くにアサヒビールの工場が作られたそうです。