Pages

Thursday, December 31, 2009

沢山の「愛」をありがとうございました☆



2009年も今日で最後です。

今年一年を手帳を見ながら振り変えってみると、「くよくよ悩む私」が少なくなっている事に気が付きました。

少しずつ、「自分を信じる」事が出来るようになってきたのでしょう。年頭に「信念を持つ」を掲げた成果があったのだと嬉しく思います。

周りに振り回されないで小さな事にも忠実に愛を込めて活動する、と心がけていると、私の存在する意味は何だろうと考えるようになりました。

将来はこんな風になりたい、などと大きな目標も持たずに目の前の事を一生懸命にする、というのが私の進み方でしたが、全てに共通する役割があるような気がするようになったのです。

人生のシナリオと言うか、ちゃんと方向が決まっていて、それに沿って流れているような気がし始めました。

そうしたら、「何事も大丈夫」と思い始めて、上手くいっても、いかなくても、

「これはこれでいいのだ」と思えるようになりました。


それから、「愛」について考えるようになりました。

マザー・テレサから、「愛は人を強くする」事を学び、私の帰る場所でしたが、

マイケル・ジャクソンが亡くなったことで、「愛を伝える事」を意識し始めました。

自分が強くなければ、愛を伝えることが出来ません。
来年は、それらを実践していきたいと思っています。


今年は、娘がオーストラリアに行き、私に勇気を教えてくれました。
一人で誰も知らない異国で暮らすなど、私には想像も出来ません。

でも、ちゃんと彼女は自分の人生を生きています。
それを思ったら、私など、まだまだ!もっともっと未知の世界があるはずです。


今年も沢山の方々から「愛」を頂きました。
こんなに愛を注いでもらっていいのかしら、と思うほど、良き出会いと共に愛を頂きました。

本当にありがとうございました。

今年も胸の高鳴りと共に新年を迎えることができそうです。
心から感謝いたします。


◇今年最後のスイーツをヒルトンウェストで♪
Friday, December 25, 2009

これも、クリスマスプレゼント



昨日はクリスマスイヴでしたね。
自分にクリスマスプレゼントを買いに行きたいと思っていましたが、仕事があって行けず残念に思っていました。

欲しいものが特別あるわけではないのですが、何か買いたいって、、子どもみたいですか、ね。

この日にもらったり、買ったりするのがいいのですよね。
遅れたプレゼントはダメ、イヤなのです、って、やっぱり子どもですか。

でも、思いがけない素敵なプレゼントが!

2週間程前に、私のホームページを見た企業様から、新入社員の研修の問い合わせがありました。

すぐに提案書を持ってご訪問しました。
驚くほど教育に力を入れていらっしゃる企業様で、お話しが弾みました。

もちろん、ランウェイ以外にも数社へお問い合わせをされているご様子でした。

そして、昨日、企業様先で打ち合わせをしていると、スタッフさんから、「A社様から電話がありました。」と携帯にメールが入ったので、、

もしかして、お返事?と思い、急いで電話をすると、

「はしもと先生とお目にかかって、人を育てる情熱と優しさを感じて、ぜひ、お願いしたいと思っています。まだ決定ではありませんが、日程を確認したいと思いまして。」と、言ってくださいました。

何と嬉しい事でしょう!

私と会って、そう感じてくださったことが、何よりも嬉しいのです。

プレゼントも、丸いケーキもなくて、ツリーも出せなくて、ションボリしていましたが、とっても素敵なプレゼントが届いたと思っています。


昨日は、それ以外にも人の温かさを感じることがありました。

お話しをするだけで、否、「はしもとさん」と名前を呼ばれるだけで、緊張する方がいるのですが、その方から、温かい気持ちを頂戴しました。


そんないい事が昨日にあったのに、今日は疲れが出たのか、体が思うように動きません。
年賀状やら大掃除やら頑張らないといけないのに。

でも、いいのだ~、そのウチにまた元気になるのだ~

今年も素敵なクリスマスでした。


◇私の机の横のクリスマスコーナー。
小さなケーキを買ってきました。今年はこれでいいのだ!
Wednesday, December 23, 2009

愛を伝えたい



昨日で、年内の大学の授業は全て終了!
年内は企業様へのご訪問を1日残すのみとなりました。

先日、ある大学のアンケートにこんなことが書かれていました。

「この講座開催中に失恋して元気がない時に、はしもと先生の授業を受けて前向きになろうと思い救われました。ありがとうございました。」

知らなかったよ。
そんな学生さんがいたなんて。。そんな辛い気持ちで、座っていたなんて。

ちょっと気持ちを打ち明けてくれたら、もっともっと元気をあげられたのに。

誰だか分からない、その学生さんを抱きしめてあげたくなりました。


また、ある講座の終わりには男子学生が近づいてきて、
「はしもと先生で良かった。やる気が出ました。本当に良かったと思っています。」と声を掛けてくれました。

他にも、「先生の授業は愛がある」と、何人かの学生さんが伝えてくれました。


無我夢中の去年から、一つステップがあがったように思います。
昨年は、嬉しい言葉を掛けていただいても、自分ではまだ納得できませんでした。

でも、今年は素直に心から嬉しいと思えます。
自分の心に「愛」を溜めていると実感できるからでしょうか。


大学では、キャリアデザインや就職支援というカリキュラムだけど、ちゃんと別に伝えたい事があるのです。

企業では新入社員研修から管理職研修という題目だけど、その根っこにはちゃんと伝えたい事があるのです。

だからいつも心に愛をいっぱい詰めて、溢れる想いを笑顔の乗せて、みんなの前に立っています。

「ランウェイ」とは、ファションショーでモデルたちが歩くステージのことです。

家庭や職場、あるいは人生と言う名のショーで、自信を持ってステージを歩けるように応援したいと思って名付けました。

応援したい。
そう、応援したいのです。

こんな風に、みんなが元気になれたのなら、私が伝えたい事はちゃんと伝わっているのですよね。

来年も更に磨きをかけて、「愛」を伝えていきたいと思います。

◇昨日は冬至。ゆず風呂に入りました。
学生さんが、レポートの裏にサンタさんの絵を描いてくれて、可愛い!
Monday, December 21, 2009

ゲラな息子と私です



昨日は夕方から息子の所へ行き夕食を作ってきました。

お鍋をしようと思って、家から土鍋持参でキャリーバッグで行くと、荷物を見た息子が、

「今日、泊るん?」
「えっ? 泊ってもいいん?」と私。

「いいで」
「♪♪♪」

息子とM-1グランプリを観て大笑いしてストレスも解消。

私と息子は俗に言う「ゲラ」で、めちゃ大声で笑います。「おほほ」ではなく、

「ガハハ~」「アッハッハ~」「あごが痛い~!」って、走り回る勢いで騒がしいのです。

翌日の夕食も用意して、アッと言う間に帰る時間になりました。

「送ったるわ」と、コートを羽織った息子と一緒に家を出ました。

暗い寒い夜道。

息子は、私が乗ったタクシーが見えなくなるまで手を振ってくれていました。

私も振り向いて手を振りました。

今でも、その手を振る姿が目に浮かんできて、、、「幸せ♪」。

子ども達と離れていて寂しいけれど、息子もオーストラリアにいる娘も、それぞれ頑張っていてくれて嬉しいのです。

離れているからこそ、繋がる気持ちを感じることが出来るのですね。


◇ペコが好きな私に、ペコちゃんの差し入れが入りました。
生ミルキー、とっても美味しかったです。
Sunday, December 20, 2009

今頃、マイケルは、、!



金曜日は京都産業大学様での最後の授業で、学生さん達から手紙を頂いたり、嬉しい言葉を掛けて頂き感激しました。

別れを惜しんで、反省点も色々とあるけれど、まずはOK!なのです。
精一杯に取り組んだのだから。

連絡先は伝えていないけれど、内定が決まれば教えてほしいな、、と。
彼らの頑張りに、ご飯をご馳走してあげたいなって思っています。

就職難で大変だけど大きく成長できるからね。
自分の道を切り拓いてください。心から応援していますよ。


そして、昨日はパソコンも開けずにゆっくりと過ごしました。

お昼頃、Yさんからお電話が入って、マイケル・ジャクソンの映画"THIS IS IT"を4回も観てきたとの事。

「マイケルに救われたわ、私、秋から元気がないのは少し心が風邪を引いていたみたい。でもマイケルに癒されたの。」

分かる!分かる!分かるその気持ち。

私も、彼の映画と出会ってから、マイケルに癒され、励まされています。
そして、いつも私の進むべき方向を示してくれています。

心は世界平和を祈りつつ、行動は身近な平和を目指しています。

そして、彼の深い愛を感じて勇気が出るのです。

「マイケルは今頃どうしているのだろ、、」とつぶやくと、優しい私のパートナーはすかさずに、

「サンタさんになって、世界中の子どもたちへのクリスマスプレゼントを準備しているよ」と。

そうかも知れない。そうであってほしいな。

私も、枕元に靴下をぶら下げててもいいかなぁ
会いにきてくれるかなぁ


◇大学からの帰り、京都駅で夕食をする為に下車したら、クリスマスツリーが!
今年は、家ではなく外のツリーを楽しむ事にしましょう。
一応、京都タワーもパチリ。
Wednesday, December 16, 2009

まだクリスマスツリーが出せていません、、



エントリーシートの添削が全て終了!
予定より4日も早く仕上げる事が出来ました。

予定より早く仕事を進めて、クリスマスやら新年を迎える準備をしたいと思っていたら、休む間もなくバタバタと仕事が入りました。

同じ所属の講師の方が体調不良で入院されたので急遽、講師を務めることになったのです。

何だか他人事とは思えなくて、予定が入っていたのですが調整可能なのでお引き受けしました。

講師は受講生よりモチベーションを高く維持して臨まなければならないので、知らない間に無理を重ねていることが多いのですよね。

昨日の講義は前日に依頼があって、一度もしたことがない内容でしたが、普段やっている講義と大きな違いはないと思い、一夜漬けで何とかクリアしてきました。

いつもの受け持ちの授業も済ませて、帰りのバスの座席にすっぽり埋まって外を眺めていると、

「何だか、ありがたいなぁ」と、感謝の気持ちが湧いてきました。

出来るか出来ないか分からないのに、事情が事情なので、

「いいですよ!」と返事してしまい、その後に、
「○○さんは優秀な講師なのに、私で代わりが務まるのだろうか」と不安にも思っていたのです。

でも、不思議に力が湧いてきて無事に終了!

明日も代替講師として教壇に立ってきますが、きっと大丈夫なのです。

そう信じています。

しかし、今年もクリスマスツリーが、、、!


◇仲良しの子供達と寂しそうなみるちゃんです。
Sunday, December 13, 2009

目に見えない大切なもの



「娘さんは元気で頑張ってる?」と、会う人が聞いて下さいます。

9月の半ばにオーストラリアに行った娘が金曜日で語学学校が終了し、ホームステイ先から自分で探したシェアハウスに引っ越しをしました。

1月の終わりからは、中学と高校が併設されている女子校で先生のサポートをしながら英語を学ぶようです。

オーストラリアに行って1か月を過ぎた頃、娘は誕生日を迎えました。

毎年、親や友人達とお祝いしているので、寂しい誕生日にならなけばいいけど、と心配していましたが、多くの友人達にカウントダウンのお誕生会を開いていただいたようです。

本人も信じられない事で大感激をしていました。

海外で学ぶ選択をした理由の一つに、「自立」があります。
日本にいては、結局は「親の言いなり」。その方が無難だから。

「こうしたい」「この方がいいだろう」と、自分で分かっていても、自分で決めるのは、不安が伴うようで、当初は何度も国際電話がありました。

私は、ただ聞き、頷き、後押しをするのが役割です。
娘が決めた事を応援する、というスタンスで口出しをしないように背中を押していました。

異国で迎えた誕生日。
友人達にプレゼントをもらい、引っ越しの荷物が増えたようで嬉しい悲鳴ですよね。

でも、どうやら友人から目に見えない大切なプレゼントを頂いたようです。

「お母さん、私が誕生日にもらったのは『自信』かも知れない。」

そうだね。
それは何処を探しても売っていない、娘が探していたもの。

「大切な物は目に見えない」と教えてくれたのは、サン=テグジュペリの「星の王子さま」

来年の秋には、たくさんな大切なものに気付いて、豊かな心で帰ってきてくれそうです。

待ってるよ☆


◇出発前に一緒に行った富士山は、今は雪化粧できれいですよ。
勤労感謝の日に新幹線の中から撮りました。
Wednesday, December 09, 2009

「逃げると追いかけてくる」は正しい!



「逃げると追いかけてくる」これは法則ですよね。
研修でも大学の講義でもお話しする事です。

と、分かっていて、ある事から逃げていました。

集中して取りかかると早いと分かっているのですが、ついつい目の前の締切のある仕事に追われてしまっています。

お陰さまで、エントリーシートも内定者研修、管理職研修やらも含めて滞りなく進んでいます。

が、一つ年内に仕上げたいと希望していることを先送りにしていました。

すると、その関係する人と昨日会ってしまいました。

しかも、私はその人を避けて隠れていたのに、、、と、こんな事を書いていいのか?


昨日、企業様の事務所で昼食を食べていると、横で、「もうすぐAさんがいらっしゃるので、会議室に入ってもらってください。」という会話が耳に入りました。

うそっ、Aさん!

何かソワソワしてきて、、進捗状況を報告しなきゃ、、でも、まだ、進んでいない、、(汗)

大急ぎで食事を済ませて、お手洗いで、うがいしたり、携帯をいじったりして時間をつぶしました。

もういいだろう♪ きっと会議に入られただろう♪


デスクに向かうと、バッタリ!

「こんにちは~」と満面の笑顔でご挨拶をして、案の定、例の話に、、

「はしもとさん、期限決めようか」と言われて、
「はい!」と元気よく答えて、

「逃げると追いかけてくる」の法則は正しい!と実感しました。

これは、私しか出来ない事。
だから、逃げてもここに返ってくるのです。

と前向きに考えて、ようやくお尻に火が付いた私です。


◇可愛いお嬢さんのみさちゃんとランチをしました。
今の季節にぴったりのクッキーが入った可愛いバッグを頂いてラッキーです。
Sunday, December 06, 2009

小さなラッキーに胸が躍ります♪



小さなラッキーに喜んでる私です。

昨日、小銭入れを持ってお茶を買いにコンビニに入りました。
財布の中を確認すると500円玉が見えたので、「まっ、足りるか、、」と思っていました。

お茶は、ディベートの大会に山口まで行く息子のお弁当用で、電車の時間も気になっていたから急いでいたんです。

お茶を買って、「何か必要なものはないかな、、」と思っていたら、息子が咳をしていたことを思いだし、

「のど飴がいるな、ディベートの大会だから友達や後輩にも分けてあげたらいいか、2コ買っておこう」
「山口まで遠いから、ちょっとつまめるお菓子も、、」と手に持ってレジへ、

すると店員さんが、

「このお菓子は棚に置いてあったカードを持ってきてもらうと10円引きになります。2つだと20円引きです」と言う。

急いでいるのにな、、でも10円をおろそかにしてはいけない、、どこの棚や、、これかぁ~!、、とカードを2枚取って急いでレジへ。

その時に、お財布にあまり入ってないことを思い出して、、

「わっ、、足りなかったらどうしよ。」とヒヤヒヤ@@@

レジの人が、「20円引きますので、562円です」
「えっ、あるだろうか、、」ごそごそと10円を6枚探し出し、2円を払って、、あった。

何と! 支払った後の財布の残高は、1円玉1枚、5円玉1枚の合わせて6円なり~ぃ♪

なんとラッキーな~!

この20円引きがなかったら、買えなかったし、恥をかくところでした。


車に戻って息子に、
「お母さん、めっちゃラッキー♪ がっちり買いましょう、してきたよ。財布に6円しか残っていない。」

息子、「それ、残り6円って、大丈夫なん??」

いいの、いいの、大丈夫なの。
あなたに、お友達ののど飴もお菓子も買ってあげたかったのですから。

こんなことはたいしたことない。と思う人もいるだろうけど、何か嬉しくて嬉しくて、何回思いだしてもニヤニヤしてしまいます。

こんな小さなラッキーが沢山あると、これは大きな幸せなんだろうな~と、またまた嬉しくなるのです。

◇家での仕事へのスイッチは「お茶」です。
LUPICIA(ルピシア)のお茶は緑茶や紅茶・中国茶・ハーブを
果物などとブレンドして、バラエティに富んだ香りと味が楽しめます。
Thursday, December 03, 2009

良かった~



今日は、企業様で管理職研修があり、私はその企画をして講師を務めさせて頂きました。

社内のオリジナル研修で、社長・部長・相談役の方々が熱の入ったお話をされて迫力のある研修となりました。

私など、いくら熱を込めても直属の上司の方のお話にはかないません。
何だか、圧倒されて帰ってきました。

こんな場合、いつもなら落ち込むのですが、ほんのちょっと気持ちが沈んだ程度で、逆に「良かった~」という思いが次第に湧いてきたのです。

この「良かった~」は、なぜなのか、、考えてみると、「この研修は正解だったな」という思いからだと分かりました。

自分の講義の出来栄えを気にするちっぽけな思いから、研修全体を見て、その成果を嬉しく思えることが出来ているのだと、これも「良かった~」なのです。

そんな事を考えていると、世の中の経済が落ち込む中で、大きな期待を込めて今回の研修を実施された企業様のお役に立ちたいという思いが一層強く溢れてきました。

比べる必要のないものと比較して落ち込むよりも、私で出来る精一杯を出して行きたいと思っています。

今日も「良かった~」の日でした。

明日は、朝早くから京都の大学に行きます。
無理をせずに、私の精一杯を提供してきます。

それでは、寝るとしますか。。


◇ 三十三間堂の周りを散歩
Tuesday, December 01, 2009

千手観音様に会いに行ってきました



今日から師走ですね。
カレンダーも最後の一枚をめくりました。

昨日は母と京都の三十三間堂に行ってきました。

土曜日の仕事がキャンセルになったので、その分、仕事を先に進めてとっても会いたかった「千手観音様」に会いに行ってきました。

最近、「観音様」という言葉を頻繁に聞く事があり、しかも「千手観音様」が気になるような出来ごとがありました。

これは何としてでも、時間を作って会いに行かなければ!

それなら退屈している母も誘ってあげようと思って行ってきました。

堂内に入ると、千手観音様の立像が並び、あっと息を飲むような光景でした。

母が入るなり、「あの右から2番目の千手観音様が微笑んで迎えてくれはった」と手を合わし、

私も、胸が熱くなるような気持ちになって、お側を歩いていると、思わず足が止まり、

私に呼びかけるような、千手観音様に出会いました。

心惹かれてしばし立ち止り、少しお話しをしてきました。

中央の中尊を中心に左右に各500体で合計1001体でご本尊です。
いづれも慈悲深いお顔で、心癒され力を頂きました。

ここのところ、自分の力では出ないようなエネルギーが湧く事があり、

ただただ感謝で、きっと鍼の先生が言ってくださったように、千手観音様がお側で応援してくださっているのだと強い気持ちになれました。

今年も残すところ、31日となりました。
悔いのないように来年に繋げていきたいと思っています。


◇堂内は圧巻です。
帰り際に散策しました。太陽が沈みかけて私もお堂を後にしました。