Pages

Wednesday, December 29, 2010

全てに感謝!ありがとうございました。



今年もカウントダウンに入りましたね。

きちんとこの1年を過ごせただろうか、

心配になります。


もう若くはないから、

何か焦っちゃう。


振り返ってみると、年の初めに、

「自分と向き合う年」にすると、

ブログに書いてました。


それは出来たのではないかな、

しっかりと向き合えて

答えを出してきたように思います。


今年の夏に、

思い切った決断もしました。

自分の心の奥のマグマが溢れ出たのです。


それを決めた途端、

とってもラクになりました。


大好きなマザー・テレサ。

世界で活躍する、

自分の損得を考えずに、目的を持って貢献する人たち。

私も、その仲間でいたい。


ある日テレビで、

「世界で活躍する人たち」の特集をしていたので、

夫と一緒に観ていて、

ふと、聞きました。


「ねぇ、どうして、この人たちは、

こんなに大変な思いをして信念を貫けるんだろう、、

どう思う?」


「簡単なこと」

「…??」


「好きなこと。自分がやりたい事をしてるだけ。

ただ、それだけ、


だから、したらいいと思うよ。

好きなことを

やりたいことを

のり子さんもしたらいい。」


周りから見たら、「自分には絶対できない!」

と思うような大変な事でも、

当の本人にとっては、

ただ、やりたい事をしているだけだと、

夫は言うのです。


「思いと行動が一致している」

だから迷いなく努力でき、

そして、潜在能力も開花されてすごい力になるという事です。


何だか、目から鱗でした。

そんな事など当たり前の事で、

ずっと前から分かっているつもりだったのが、


その時の私には、

腑に落ちたのです。


それが、私にとって何なのか。

今年がもう終わろうとする前に分かったのでした。


だから、仕事が楽しくなりました。

今までと違う新鮮な気持ちで、

もう何回もしている研修が、新鮮で楽しくなったのです。


行きたい場所が見つかれば、

こだわらなくても、

方法はいくつもあるのです。



来年は、どんな年にしたいのか、

自分の中で見つけて、

思いと行動を一致させていきます。


今年、起こったすべての出来事、

ご縁の合った人たち、家族…

拙い私の文章を読んで下さる皆さま

全てに感謝します。


◇いつも一緒の仲間◇

願いを叶えてくれる魔法の手帳・出会いを運ぶ名刺入れ
無事に家と外を結んでくれる乗車パス・素敵な情報をくれる携帯電話
子供たちの写真。 2011年もよろしくね!
Saturday, December 25, 2010

小さなプレゼント



パリの木の十字架少年合唱団の

2008年東京公演の録画を見ながらパソコンに向かっています。

少年たちの美しい声はクリスマスにぴったりですね。


さて、この写真の女の子。

私にプレゼントを「どうぞ」って渡してくれるようで、ウキウキします。


プレゼントって、

それを自分に選んでくださった気持ち、

「何がいいかしら」って、

自分の為に費やしてくださった時間や心が、

受け取る側の幸福となりますね。



そう思うと、

相手を思う気持ち、相手の為に使う時間が、

その人への幸福感に繋がるのでしょう。


私が時々している、私なりのプレゼントは、

その人を思い、

「○○さんが、心豊かに幸せでありますように」

て、声に出したり、心の中で思う事です。


それだけで、心の繋がりを感じることができます。


人は、無意識層で繋がっているとのことですから、

この気持ちもきっと届いているのだと信じています。


その言葉自体が恥ずかしい時は、

英語でいうのもお勧めですよ。

「Bless you ○○さん」って。


英語圏では、"(God) Bless you"は、

「あたなの幸せをお祈りしています」

という意味で、挨拶代りに日常的に使われているようです。


改まって、「○○さんの幸せを祈ってます。」

と言うよりも、

「Bless you」の方が、声に出しやすいかも知れません。


これは、ネガティブなエネルギーを人から受けた時も

その相手に対してプレゼントするといいと思います。


その人に、反撃するのではなく、その人の幸せを願う事で、

自分の中のネガティブなエネルギーが出ていくからです。


私たちが、心を痛めるのは、

人は誰でも、

「大切にされたい」という欲求があって、

それを阻害されてしまうのではないかという、

恐れからくるものなのでしょう。


それならば、ネガティブなエネルギーを発信した相手にも、

プラスのエネルギーを送ると同時に、


自分の中から、マイナスを追い出し、

プラスを取り込むこのご挨拶は、

とっても素敵な行為だと思いませんか。


たくさんな人に小さなプレゼントを!


◇プレゼントを運ぶ女の子とサンタさん◇

あなたにも素敵なプレゼントが届きますように☆
Friday, December 24, 2010

クリスマスの心は、みんなが持ってる心



クリスマスイヴですね。

街はイルミネーションがきれいで、

まるで私たちを祝福してくれているよう。

あったかい幸せな気持ちになりますね。


このシーズンはクリスマスに関連した本を読んだり、

映画を観たくなります。


ほとんどが心温まるストーリーですよね。

童心に返って、

心が洗われていくような気がします。


最近、ケーブルテレビで、

ディズニー製作の「サンタ・バディーズ 小さな5匹の大冒険」を観ました。


北極にいるサンタ・ドッグ・ジュニアと、

5匹の子犬たち(バディーズ)のお話です。


クリスマスを信じる心や、

本当のクリスマスの心について、

おしゃべりする犬たちと共に、

味わうことが出来て、心が温まりました。


中でも、

「傷ついた心を癒すのは、

何か人の為になる行いをすることだよ」

と、いうセリフが心に残っています。


その一言で、

心の荒れた、寂しい心の野犬捕獲人が、

美しい、純粋な心を取り戻していくのです。


そして、牢に入れらていた犬を子供たちにプレゼントしました。

すると、いつも一人ぼっちだったのに、

クリスマスの夜は、子供の家族から招待されて、

暖かいお部屋で食事をするのです。


私たちの心根には、

人の為になることをしたいという、

そんな宝物が埋め込まれているのだと思います。


それを良心というのでしょうか。


だから、辛い時にでも、

心が貧しい時であっても、

人が喜ぶ行いをすることで、

人間本来の魂の喜びが満ち溢れてくるのでしょうね。


「ありがとう」って言葉は、

その魂を喜ばせる言葉なんですね。


「ありがとう」って、言った方も、

「ありがとう」って、言われた方も、

魂がとっても喜ぶのでしょう。


例え相手から「ありがとう」って、声を聞かなくても、

人は、善い行いをすれば、

魂は喜んで、祝福するのですね。


誰も見てなくても、

見てるとか見てないとか、そんな事とは関係なく、

自分の心根にある宝物を思い出して、

その気持ちに従って行動できたらいいですね。


誰もが持っている宝物を思い出させてくれるから、

だから、クリスマスにまつわるお話は心が温まるのでしょう。


全ての人々に、クリスマスの魔法が届きますように!

愛を感じる日でありますように!



◇サンタ・バディーズ◇

こんな可愛い子犬たちが世界中の子供たちのもとへ☆
Wednesday, December 22, 2010

今日は、天使さんのお誕生日


今年も「愛」について、いっぱい考えました。


尊敬するマザー・テレサは、

「愛を実践する人」です。


マイケル・ジャクソンが亡くなってからは、

「愛を伝えること」について考えるようになりました。


今年は、

「思い込みの愛」「自分勝手な愛」についても

考える機会がありました。


最近、個人的なお勉強でお世話になっているMさんから

「愛を受け取る経験」をしました。


家族、身内ではなくて、

M さんは仕事として私と関わっています。


そんな人からの「愛」でした。


他人様から、愛を受け取る事になれていない私は、

「申し訳ない」という気持ちがいっぱいで、

どうしていいか分からずに、


お返しをしなければ!

とばかり考えていたのです。


でも、時間が経って、

それは、私の「最高と最善を願っての愛」であった事や、

それが、その人の喜びでもあったことに気づかされました。


ご好意を受けたから、何かをお返しをしなければ、

そんな事を思ってしまっていた私は、

何て浅はかだったのでしょう!


でも、よ~くよく考えてみたら、

有難いことに、私の周りには、

与える事を喜びと思ってくださる、

そんな愛をくださっている人がいっぱい居て下さるのです。


なのに、私は受け取ることがとっても下手なのですね。

「ありがとう」と心から感謝して受け取ればいい事なのに…


私の中の大きなブロックでした。


「のり子さん、愛を受け取るレッスンですよ」と、

M さんがおっしゃったのがよく理解できました。


そして、

「愛は、誰かに与えたら、その人からではなくても、

ちゃんと別なところから頂くものだから。」


そうですね。

それが、愛のバトンですね。


このことがあって、改めて気づいたのですが、

どうやら、ビジネスと割り切っての関係は、

私の周りではなくなってきているのです。


M さんが言っていたように、

「愛のバトン」が出来ていました。


このレッスンで、肩に背負っていた荷物を下すことが出来ました。


私は、お世話になった人たちに、

どうお返しをしたらいいのだろう、と悩み、


たくさんな人へのお返しが溜まっていると思い込んでいたのが、

この事で、す~っと消えていきました。


素直に感謝して有難く受け取ればいいのですね。


お陰さまで、私は、自分の周りにあるたくさんな愛に気づき、

受け取ることができました。


無償の愛を頂き、愛について学ばせてくれた、

天使のようなMさん。


「お友達ですよ」と言って下さった時は、

恥ずかしかったけれど、

なぜか、私の子供の心がとっても喜んでいました。


今日は、その人の誕生日です。


天使が生まれた日ですね。

心からおめでとうございます。


◇Mさんが好きなAlfons Maria MuchaのZodiaque◇

聡明な横顔が素敵、憧れの女性像です。
堺市立文化館に展示されているようです。
Thursday, December 16, 2010

なりたい自分になったつもりで


ある大学の授業を見学させて頂きました。

新しい機器が備えられた立派な教室でした。


教授が、私を学生に紹介してくださり、

学生からの質問を受けました。


女子学生から、こんな質問が、

「社長夫人になりたいのですが、どうしたらなれますか?」

「えっ??」という質問だったけれど、


ニコニコ笑う教授と笑顔の学生たちから、

きっちりと信頼関係が出来ているのだ、

ということが伝わり、気持ちよく答えました。


「あなたは社長夫人になったら、

どんな奥さんになりたい?」と尋ねると、


「お料理を作ったり、お掃除をしたり、、、

え~っと、お客さんをもてなすとか、、」

と、真っ直ぐな目で、気持ちよく答えてくれました。


「そうなんだぁ。

じゃ、社長夫人になったつもりで、

お料理や、お掃除が出来るようになってごらん。

そうすると、あなたが発するエネルギーも変わって、

出会う人たちの質が変わってくるからね。


出会った人が、将来、会社を経営するかも知れないし、

若手実業家と出会うかも知れないし、

あなたが描いている生活が出来るような人と

必ず出会うよ。」


自分の口から出てくる言葉にも驚いたけれど、

私は、「引き寄せ」って信じてるし、

「類は友を呼ぶ」なんて、

周りを見渡せば一目瞭然だから。


私の答えも間違ってはいないはずだろな、と。

私だって、なりたい人になるための、

経験の日々を頂いているのだから。


私も、キラキラした瞳の女子学生と同様に、

なりたい自分に向かっている。


そう、あなたと同じだよ、って、

講堂を出ていく彼女にエールを送りました。


◇沢山なバラを飾りました。◇

贅沢な気分です
Monday, December 13, 2010

たくさんな出会いの中から残るのは。


この秋から、沢山な出会いを楽しんできました。

私を応援してくださる方々のおかげです。

感謝の気持ちでいっぱいです。


色んなタイプの人たちに出会って、

言葉には出さないのに、

その人の考えていることが、

あれこれ、分かってしまう事があり、

正直、困ってしまいました。


でも、結論から言うと、

最初に会った時に受けた印象は、

ほとんど、当たっているってことです。


これほど、怖いことはありません。

いえ、その反対。

これほど、素晴らしいことはありません。


印象は、

その人の内面から溢れるものです。

溢れるのは、

モノではなくて、形にないもの。


それは、何かと言うと、

やっぱり心の中にあるものなんですね。


正しいとか、間違ってるとかでは、全くなくて、

どんな事を大切に思って生きてきたのか。


どんなものに対して、

どんな姿勢で臨んできたのかが、

形ではなく、雰囲気として伝わり、


それが自分の価値観と合うか、合わないのか、

そういった事が伝わってしまいます。


持っている物も、着ている服も、

その人を表すこともありますね。


その時々のシチュエーションで、

それを選んだ、その人の価値観ですからね。


人を大切にする人は、

温かい眼差しを送ってくださいます。

厳しい言葉の中にも、

優しさをエッセンスとして味わうことが出来ます。


そう思ったら、

私の生きてきた姿勢は、

必ず、相手に伝わるものであり、


それに共感したり、

賛同してくれる人たちと、

同じものを目指していくことが出来るのだと、

それは、心強いことなのだと嬉しくなるのです。


私が大切にしているものと、

「同じだよ。」って、

言ってくださる人や、


「あなたが大切だから、

あなたが大切にしているものを大切にしますよ。」

って、思ってくださる方々と、

ご縁を結んでいきたいですね。


たくさんな出会いの中から、

繋がっていくものを

大切にしていきたいです。


そう思いますよね。


◇相変わらず、お花に囲まれてます。◇

ピンクのガーベラ、これだけで200円!
Saturday, December 11, 2010

心だけは誰よりも・・・


良き理解者が存在することは、

どんなに素晴らしいことか。

改めて思うことがありました。


私は、子供の頃からあんまり競争心や、

人よりも自分が秀でていたいという気持ちが強くなくて、


先生からも、

「もっと負けん気を出さないとあかんで」

と言われてきました。



小学校の運動会の徒競走でのエピソードですが、

走っている最中に隣の子がころんでしまって、

それを私は走るのを止めて、

起こしてあげたのですね。


しかも、

「ごめんね」とか言ってました。


自分が何か悪いことでもしかたから、

その子がころんじゃったのかと思ったのでしょう。


後から、家族や先生に笑われたのを覚えています。


だって、そのお友達の方が先にゴールしたのですから。


こんな具合ですから、

ビジネスで、戦略を練って利益を上げることなどは、

到底、向いていなのですね。



だけど、真面目に誠実に、

どうしたら喜んで頂けるのかと考え、

一生懸命にする事は、私の優れた所なのだと、

その人が、よき理解者が教えてくれます。


それが、のり子さんなのだから、と、

責めずに、

私の失態を笑って流してくれるのです。


心だけは、負けないよ。


誰よりも綺麗な心で、

いつも清らかに、

純粋でいたい、と。


そう思う心は

誰よりも負けませんから。


誰よりも、

その人に感謝して、

誰よりも、

負けない思いで、

あなたの幸せを祈っています。


ありがとうございます。


◇私の為に届けてくれた「プリンセチア」◇

冬の日差しの中で可愛く咲いてます。
Tuesday, December 07, 2010

心も生きてるね♪


何とも言えない感情が湧いてきて、

あふれ出すことがありますね。

心が動く瞬間です。


そう、心も生きてます。

つい最近、経験しました。

オーストラリアにいる娘から荷物が届いた時のことです。


荷物が届くって分かっていたので、

受け取った時は、何ともなかったけど、


開けたとたん、

「のりすけさんへ」と書かれた、

娘のへたくそな字を見たとたん、


嬉しさと、懐かしさと、

恋しさというか、愛おしさというか、

胸がキュ~ンと、

痛いほどに、


生の感情を味わいました。


早速メールで、

「泣きたいくらい嬉しい。ありがとう!」

と、送りました。


私は、年齢的には、すっかり大人なんだけど、

でも、子供みたいに感情表現する事があります。

それはそれは、とっても気持ちがいいのです。


まるで、

道路の真ん中で寝転がっているような、

絶対にしてはいけない事をやっちゃってるような

そんな気持ちになるのですよね。


大人になるという事は、

行動が規制されていく事かも知れないなって。


なぜって、

気持ちや行動を我慢させる事の方が多いように思う。


い~や、違うかな。

今から、制服着て毎日学校に通うのは嫌だしな。


きっと、勉強しろって、言われますよね。

幼稚園や、保育園ならいいか♪


でも、たまには、

泣きたい程に、

思いっきり喜んで、

その気持ちを人に伝えるのもいいもんです。

思いっきり泣いたっていい!

悲しい、嬉しい、怒ってるって、感じたい。


心も生きてる!

って感じる事が大切!


◇プレゼント!◇

☆私だけではなく息子や母にもプレゼントが!
 
Monday, December 06, 2010

「喜び」が喜んで、「喜び」を連れてきてくれました♪


前回、「喜び」が喜んで、「喜び」を連れてくると、書きました。

「喜び」を運んでくるのは、

いつも「人」なんだと、最近つくづく思います。


そう思うと、

人との出会いって貴重ですね。


出会いには、

偶然の出会いもあれば、

人を通しての出会いもあります。


でも、その人も、過去にどこかで出会った人で、、、

それも人の紹介で、、となると、

ご縁ってホントに不思議です。

しっかり繋がっていきます。


偶然と思っていても、

振り返るとパズルがしっかりはまっていって、

これは、必然と思うこともあり、

これは、奇跡だ!と驚くこともありますよね。



今回、私が仕事のご縁を頂いたのは、

私が、22歳の時に出会った人です。

友達の友達でした。


30年間滅多に会うこともなく、

でも、会えば話が弾んで、

かと言って、年賀状を交わしていた訳でもなく、

でも、有難い事に仕事をするご縁を結んで下さり、


今回、そう、出会って30年後に、仕事仲間となりました。



ご縁って、

こうして喜んでいたら、

また喜んでご縁を運んできてくれるのでしょう。


だから、今日もご機嫌な私でいるのです。


今日も読んで下さりありがとうございます。


◇おやつ◇

子供の頃に観たロンパールーム気分で♪
Sunday, December 05, 2010

やっぱり天職!


11月は、週末を空気のいい場所で過ごす事が続きましたが、

この2週間は、連続で休日を返上して研修の仕事をしていました。


管理職研修、内定者研修、そして、保育士さんの研修です。


この3つの研修を通して、

改めて私は講師が天職だなぁと、実感しました。


仕事の依頼が来ると、


課題を探しながら、

内容を組み立ててテキストを作ります。


そして、

研修は心地よい緊張感に始まり、

受講生たちの反応で

次のアクションが変わり、

どう言えば伝わるのだろうかと

悩みながら進める緊迫感、

受講生たちとの掛け合いから生まれる

ライブの躍動感、

最後に受講生の方々に伝える

感謝の言葉が自分の口から溢れる瞬間、


どれを取っても、私が喜びと感じる仕事なのです。


でも以前の私は、

研修が終了すると、

神経がすり減り体も疲れ切ってしまい、

ひどい時は、

1週間位、体調不良に陥っていました。


でも、今は、

始まる前も後もワクワクするのです。


疲労感の種類が全く異なるのですよね。

何が違うのでしょう。



その答えは、


自分を信じる力です。


30年間、この仕事をしてきた自分

いつも精一杯に取り組んできた自分

この仕事が大好きだと思えるようになった自分

そして、

私の愛を伝える場だと確信できるようになったから。


私の愛とは、

「笑顔の架け橋」をすること。


豊かな心が集う

信頼関係の中から生まれる「笑顔」が、

私の目指すものなのです。


私の中で、それら事がクリアになったから、


だから、私は、

自分を信じられるようになったのだと思っています。



今日も、心地よい疲れを感じながら、

この仕事が出来る事の喜びを味わっています。


「喜び」が喜んで、

「喜び」を連れてきてくれるのでしょう。


次の喜びも、そこまで来てくれています。

喜んで待ってるよ♪


◇研修中◇

保育士の皆様ご熱心に聞いて頂いて感謝!
Tuesday, November 30, 2010

神話の舞台、出雲へ


出雲に行ってきました。

今月は、長崎、仙台、出雲と、

とっても活動的な一か月となりました。


出雲大社では、

11月15日から22日まで、

全国の神様が会議をするって聞いていたので、


行きたいなって、漠然と思っていたのが、

友人のYさんから電話があり、


「のり子さ~ん、行ってきたよ、出雲にぃ~」の一言で、

私の中の何かが弾けて、「行こう!」となったのです。


しかも、「明日!」っていう事に。


でも、当然のことながら、22日までは、どこのホテルも満室、、、

考えてみたら、20日土曜日になんて、取れる訳がないのです。


そこで、のり子流のお祈りを。


「神様たち、会議中に失礼します。

もし、こんな私でも、

来てもいいよって歓迎してくださるなら、

どうかホテルの予約が取れますように、

神様方のお気持ちを私に伝えてください。」


と、お祈りしながら

お風呂に入り、お風呂から上がると、


なんと! 出ました!

一部屋キャンセルが!


これは、行くしかないでしょう♪


土曜日に仕事が終わってから、

新幹線で岡山に出て、それから出雲へ。


出雲の駅に着いたのは、深夜12時半。


十三夜の月に照らされながら、

神話の地、出雲に降り立ちました。


翌日の21日に、

出雲大社、日御碕神社、長浜神社、

そして、ラストは須佐神社に参ってきました。

須佐神社が一番印象が深く、素晴らしい場所でした。


大阪に着いたのは、23時前。

ハードな2日間でしたが、

心が洗われる触れ合いをしてきました。


さすが、神話の舞台、出雲ですね。

また、お話します。


今日も、お読みくださり、ありがとうございました。


◇大きなしめ縄◇

何と大きいしめ縄でしょう!
背伸びしてるのが私です
Wednesday, November 17, 2010

私たちは存在するだけで素晴らしい存在


仙台から帰って参りました。

仙台には私の愛する息子が住んでいます。


この春から新社会人となり、

配属先が仙台でした。

機会があれば仙台に足を運び、

緑深い杜の都を楽しんでいます。


この数か月は、私は仕事に追われて、

心忙しく動いておりましたから、

今回の仙台は心の休息も兼ねています。


長崎で、樹木から、

「今、ここに存在するだけの意義」

というメッセージをもらってから、

どこでも、このメッセージがついてきます。


仙台にいる息子に対しても、

「存在するだけで嬉しい」

「存在してくれるだけで大きな役割を果たしてくれている」

という、幸せな気持ちが新たに湧いてくるのです。


人間って、欲とか向上心があるから、

もっともっとと成長しようという気持ちが湧いてきて、

どんどん無理を重ねたり、

自分はまだまだ至らない、

もっとこうあればいいと思うものです。


でも、生きているだけで、

毎日、その時にできる精一杯を注いでいるだけで、

この生まれてきている使命を果たしているのだと痛感しています。


長崎の樹木が私に伝えてくれた、

「年輪の輪は、

その時々を一生懸命に生きてきた証

その、一生懸命というのは、どういうことかと言うと、


雨の日も風の日も、晴れても降っても、

ただ平常心で、ただ此処にいただけのこと

それだけで、

この地を支え、自然の流れを支えている

それだけで自然は循環する、 

人々も私たちを守ってくれる

みんな役目があって、

でも、それはその存在だけで果たされるもの

そのお役目を果たしている時には、

ちょっと辛く感じる時もある、

だけど、その時は、役目として磨かれている時だから、

感謝するように」


このメッセージがとても温かく、

今のありのままの私でいいのだと教えてくれています。


子供たちが誕生した時に望んだこと

それは、

「元気に成長してほしい」

たったそれだけのことでした。


それなのに、いつからでしょう。

成長するにつれて、

人と比べてみたり、進む道の上下を付けたり、と、

知らず知らずに望みが増えていったのです。


でも、今は、

「元気で心豊かであってほしい」

原点に返る事ができています。


今の私は、もうそう思えるようになっていた事を

長崎で出会った木が教えてくれました。


全てにおいて、

そう思うようになれた事を嬉しく思います。


「生きて、今、ここに居る。

そして自然の恩恵を受けている。」

何と幸せなことでしょうか。


今日も読んでいただきありがとうございました。

皆様の心が豊かでありますように。


◇飛行機のチケット◇

行きも帰りも同じ席!
驚きでした。
Thursday, November 11, 2010

今、此処にいる、存在する事の価値


この1週間の間に、

南は長崎、北は仙台に行く事となりました。

夏からずっと、自然に触れる機会が欲しいと思っていて、

なかなか実現できなかったのですが、

11月に入って一度に巡ってきました。


長崎行きは、突然の出来事で心配事も発生しましたが、

絶妙なタイミングで、思いがけない休暇となりました。


叔母宅に宿泊していたのですが、

最後の日は、翌日のお昼の飛行機で大阪に帰るという事もあり、

長崎駅からタクシーで10分程の山のホテルに泊まりました。


部屋に足を踏み入れたとたんに、思わず声が出ました。

壁一面の窓から、素晴らしい夜景が広がっていたからです。


窓を開けて風を感じながら、

しばらくぼんやりと夜の長崎を眺めました。


遠くには、

ガタンゴトンという音と共に走る電車が、

まるで模型のよう小さく見え、


広い海の向こうからは

船の明かりがだんだんと近づいてきて、

港に近づくと汽笛を鳴らします。


現実からちょこっと逃避して

非日常を満喫しました。


翌日は、早起きしてホテルを早々に出て、

行きたい場所へと。


ホテルの近くに樹齢何年だろう!
 
というような大木を、

沢山あるのをホテルに着く前にタクシーから見ていたので、

その木に会いたいと。


タクシーを降りると、

諏訪神社があり、参拝した後に、周辺を散策しました。


すると、

「もう何年もここにいるよ。」っていう声が、


深い年輪を重ねた樹木から聞こえ、

(正確には、聞こえたたような気がした…です)

歓迎された気持ちになりました。


木に手を当てると、

さらに木は、


「年輪の輪は、その時々を一生懸命に生きてきた証

その、一生懸命というのは、どういうことかと言うと、

雨の日も風の日も、晴れても降っても、

ただ平常心で此処にいただけのこと」


と、言ってくれているように感じました。


この樹木たちは、

ずっとずっと昔から此処にいて、

人々、町を見ていて、


過去から今へ、

そして未来に繋がる、「今」を、


ただ存在するという事に意義があるのだと感じさせてくれました。


それは、まるで、

「がんばり過ぎ!もっと肩の力を抜きなさい。」

と、言ってくれているようで、

とても心が穏やかになったのです。


そして、今の私が、

教育機関に提案している事、

その内容についての確信を得て、

勇気をくれました。


それは、またの機会にお話しをします。


心根を大切にしたいと研修する私。

心を育む人間関係、

そんな教育実施していきたい私への力強いメッセージでした。


さて、明日から仙台です。

自然と触れ合ってきます♪

今日も、読んで下さりありがとうございました。


◇ホテルの窓からの夜景◇

癒されました
Wednesday, November 10, 2010

ご無沙汰してしまいました!


ご無沙汰です!
長らくのご無沙汰で、もう合わす顔もございません、、、

「元気?ブログが更新されてないね。」

「忙しそうね。ブログを書く余裕もないんやね。」と、

気遣ってくださっていたのが、

「気が向いたら書いてね。」とか

「ま、生きてるとは思ってた。」とか、、に変わっていって、、

とうとう、皆さん諦めてしまって、

その声も聞こえなくなりつつある今日この頃です。


このお休みの間に、私の精神力は、

自分で言うのも何ですが、、、

かなりバージョンアップしました!


心豊かに穏やかに、

愛するものばかりに囲まれて過ごしています。


9月21日で、お陰さまで、

ランウェイも3周年を迎えました。

お祝いのメッセージやお花など、

忘れずにお祝いをありがとうございました!

心から皆様の愛情に感謝いたします。


3年前は、期待と不安がセットで私の中に同居していましたが、

そう思えば、何と強くなったことでしょう!

これも、私を支えて下さる方々や

私の身に起こった出来事の数々のお陰です。

涙も笑顔も、みんな私の宝物です。

本当に全ての事に、心から感謝しています。

相変わらず、天然のボケもそのままで、

周りの方々に助けて頂きながら、

たくさんの笑顔に出会う為に、

今日も、「のり子ペース」で過ごしています。

このブログものり子ペースで再開です!

笑顔になれるような日々の気づきを書いていきますね。


読んでくださってありがとうございます☆



◇ご無沙汰です◇

いちごの娘アンです。
時々、覗いてます♪
Tuesday, June 08, 2010

お知らせです。



※ このブログは「はしもと のり子」が更新したものではありません。

いつも私共"Runway代表 はしもと のり子"のブログ
「笑う門には福来る ミルキ~な日々♪」をご覧頂いております皆様へ

初めまして。
Runwayのスタッフをしております"IT"と申します。
(はしもとが苦手なIT系を担当しておりますので、"IT"です。)

ブログの更新が1ケ月以上滞っており、
楽しみに待っている皆様には本当に申し訳ございません。
更新が滞っている為、ご心配の電話やメールを頂く事も少なくありません。

はしもとは企業様への研修・コンサルタント、
大学様へのキャリアデザイン・講演、
個人様へのカウンセリング等、多忙な日々を過ごしており、
発信したい事は山ほどありますが、
ブログの更新に取り組めない状況です。

はしもとも「忙しくしておりますが、
充実した日々を元気に過ごしていますよ♪」と
皆様にお伝えしたいとの事ですので、
僭越ながら私"IT"がはしもとに代わり、
ブログを更新致しております。

それでは、"Runway はしもと のり子"の近況について報告致します。
3~5月の新入社員研修のピークが過ぎ、
そろそろ時間にゆとりが出てくる頃のはずが、
企業様のコンサルティング、大学様の講義、
個人様へのセッション等に追われ、
また、そんな多忙な日々の合間を見つけては、
自分自身のスキルアップの勉強をしております。

ですが、本人も「のんびりしたい」と口にするものの、
色々な方々のお役に立てている事に喜びも感じています。

まだ忙しい日々が続いておりますが、
"はしもと のり子"は多くの人に笑顔を発信する為、
必ず戻ってきますのでもうしばらくお待ち下さい。

次に更新する時はパワーアップして戻ってきますよ!



拙い文章でしたがお付き合い頂きありがとうございました。

Runwayスタッフ "IT"


◇仙台にて◇

ちょっと疲れた顔を見せつつ頑張る"はしもと のり子"
Tuesday, April 20, 2010

それって、、どういう事?


それって、どういう事?


ふ~ん、私って、そうなのか、、、って事がありました。



研修が続く日々も、今週から少し落ち着き始めました。



新入社員研修以外の仕事の打ち合わせも入り始めたので、

気持ちを切り替えていかなければなりません。



そんな中、ある教育機関の職員の方々が、プレゼン力が弱いので、

強化したいという内容の依頼がきました。



色々と担当者の方からご説明を頂き、

「面白そうな研修だな」と思っていると、



「先方は、感じた事をズバズバと言って欲しいらしいです。

はしもとさんにぴったりじゃないですか。」と、ニコニコと、、。



私もニコニコと、

「それって、私がいつもズバズバ言ってるって事? ですよ、ね?」


「いえいえ、、、そんな、、まぁ、そう言う事も含めて、、

はしもとさんは、色々な角度からお話しされるので、、」



その打ち合わせは夜にあったのですが、

その日中にあったN社様の研修でも、

担当の人事の方が

「今日の先生は、恐いからね。」と言ってたらしくて、、



私は、普段はみんなから、「おっとりしていますね。」と言われるのに。



へ~っ、そう言う事なのか。

私って、ズバズバ言うんだ、、と、

今日、言われたことを心の中で反すうしながら帰宅しました。



でも、受講生さんが、

「私、もう3年目ですが、先生の事を恐いって思った事はありません。

指導は、厳しいですが、いつも笑顔で優しいです。」と、

素敵なフォローを入れてくれました。



ありがとうね。 M さん♪



いいもん♪



これからも、ズバズバ言ってやるもん♪


◇ドキッ◇

我が家はただ今外壁補修の工事中。
これでは、落ち着きませんよね。
Thursday, April 08, 2010

好きだな、この季節、この仕事


桜咲くこの季節になると、いつも思う事。


好きだなぁ、この仕事。

好きだなぁ、桜。



毎年、毎年、桜の季節に出会う新入社員達は、

私に仕事をする喜びと達成感を与えてくれます。



講師にまで伝わる彼らの緊張感。

期待と不安。

真剣な眼差し。

うなずき、メモを取り続ける姿。



忘れてしまいそうになる、大切なものを思い出させてくれます。



今年の私の研修テーマは 「応援される人になろう」 です。

多くの人から支えてもらいながら、これから成長していく彼らに

私もエールを送りたい。



その気持ちが、このテーマに繋がりました。



有り難い事に研修の日々です。

話し続ける毎日に、声を大切にしようと思いつつ、

気が付けば、大きな声で話しています。


人事担当の方が、気を使ってマイクを用意してくださっても、

気が付けば、テキスト片手にウロウロと歩きまわって、

マイクなしで話してしまっています。



疲れていても、がんばれるのは、

彼らのひたむきさに支えられているからでしょう。



今週は企業様の研修が3社あり、

企業名を間違えそうになって、思わず冷や汗をかく場面もありました。



まだまだ、これから後半戦。

健康管理をしながら乗り切りたいと思います。

桜咲くこの季節に、

私に与えられている仕事に誇りと喜びを感じています。





◇姫路城◇

姫路に本社がある企業様の研修を終えて、

駅までお送り下さる時に、姫路城の側を通ってくださいました。

お心遣いに感謝です。

姫路城は品があって美しいですよね。桜も綺麗でした。
Tuesday, March 30, 2010

幸せをありがとう!


私は二人の子どもの母です。


その二人から、時を同じくして別々にメッセージをもらいました。



先週、息子が新社会人として研修に参加する前夜に、

手紙を手渡してくれました。

「明日、僕が出かけてから読んでや、それから返事はいらないから」


もう大変!

翌日、彼が出て行ってから、

自宅に戻り、部屋を掃除してお茶を入れて、心を落ち着けてから読みました。



そこには、22年間の感謝と、

親に対する今の思いが書かれていました。

もう涙で読めませんでした。



そして、その数日後、

娘から携帯に英語のメールが届きました。

「いつもありがとう。貴重な時を過ごしているから心配ないよ。

会いたいね、ものすごく愛してるよ。」

と書かれていました。



遠く離れていつも心配している私に、

娘は感謝と大丈夫だよ、のメールをくれたのです。



こんな幸せがあるでしょうか。

言いようのない喜びが溢れてきました。


幼い顔の二人が浮かんできます。

息子の手紙に、

「親の無償の愛に甘えて・・・」という事が書かれていたのですが、

そうだよ、甘えていいんだよ。

それが、家族。

それが親子だよ。



私は子ども達に、「ごめんね」がいっぱいあるのに、

子ども達は私に、「ありがとう」を返してくれる…



ありがとう

ありがとう



いつでも、子ども達の心が豊かで穏やかであることを祈っています。



◇美味しそうなサボテン◇

私の仕事を楽しくさせてくれるお気に入りのサボテン達
Friday, March 26, 2010

もう、後は君にお任せだから


先週、息子の大学の卒業式がありました。


親として卒業式に参加するのはこれが最後です。



記念だからと、校門で並んで写真を撮りました。

そうです、4年前も同じ場所で撮ったな、、。

緊張で表情が硬く、着なれないスーツとネクタイが七五三を思い出させたっけ。

でも、卒業式のスーツ姿は、

就職活動や多くの経験からしっかりと大人の気配を感じさせてくれました。



笑顔で写る息子。

その笑顔からこの4年間が充実したものであったと確信できました。



穏やかな言葉掛けをしてくれる息子。

良い人間関係の中にいたのだと嬉しくなります。



「お母さん、卒業式の後はゼミの謝恩会があって時間がないけどいい?

次の日だと食事できるよ」



離れて暮らす私に、

「卒業アルバム、お母さんのも買っておこうか?」



体が弱い私に、

「僕、歩くの早い? もっとゆっくり歩こうか?」



息子は、ゼミやらサークルやら、あちらこちらからの卒業旅行のお誘いに、

ためらいなく全部参加して、その度にお土産が届きました。



中でも嬉しかったのは、イタリアからの絵葉書

最後の一文、

「汚い字でごめん。写真は綺麗なので楽しんでください」

何言ってるの、絵葉書が届くだけで、もう満足!


お母さんはとっても嬉しいよ。

幸せですよ。



もうすぐ、大阪を離れてしまうね。

応援してるよ。



多様な価値観が溢れる、正解のない社会での、

息子の奮闘を見守っていきたいと思います。



お母さんはやれやれ、とホッとしています。

後は君にお任せだよ。



◇お土産がいっぱい◇

食べちゃったのもあるけど、大切にするよ。
Saturday, March 20, 2010

キュートな時間でした


今週はとても充実していました。



月曜日に久しぶりにKyonさんがランウェイにきてくれた事も、

週のスタートとして嬉しい事でした。

ランウェイのホームページを制作してくれた松山さんです。

仕事の打ち合わせだったのですが、

もう私はウキウキしていました。



Kyonさんは、ただ今ダイエット中で、

会うたびに可愛らしくなっていかれます。

まぁ、私も人の事を喜んでいる場合ではないのですが、

このふっくらさんをどうにかしたいとは思っていてもなかなか、、ねぇ、、

そこで、Kyonさんに私の夢も託しつつ、

ダイエットランチでお迎えすることにしました。



前日に、「そう!ポトフ!!」 と思い立ち台所に立って用意しました。

のり子流は、トマトも丸ごと入れてしまいます。

パンに美味しいチーズにパセリ、ホウレンソウを乗っけました。

デザートに私の大好きな「ももいちご」も添えて。



もちろん、仕事の打ち合わせもスムーズに、

美味しいランチを食べて、

私の新しい仕事も報告しつつ、

Kyonさんの夢も聞きながら、

アッと言う間に時間が過ぎてしまい、



えっ!? もう帰るの???



そだね、、、お互いに仕事だね。

と名残り惜しみながら、楽しい時間が終了しました。



またきてね☆



◇素敵な花束を!◇

ホントに嬉しかったです!
女性はお花をもらうのがとっても嬉しいですよね!


◇ダイエットの味方ポトフのり子流◇

グルメのKyonさんに褒められて嬉しかったです♪
Tuesday, March 16, 2010

素晴らしい出会いに感謝! ありがとう!


書きたい事が溜まっています。



先週の金曜日に実施したある企業様の研修は、

とても心に残るものとなり、

私の講師生活に彩を与えてくれました。



心に残る研修となったのは、「素晴らしい出会い」があったからだと思います。



私は常々、「磨かれて成長する」と話し、

「磨かれることは痛みも伴うけれど、だからこそ自分の輝きを増すんだよ」

と言っておりました。



でも、それだけじゃない、大切なこと。

この出会いで感じたのは、

「人は響き合う出会いで成長する」ということ。

「お互いに共鳴し響き合う事で潜在的に持っている能力が開花する」

と実感しました。



そんな素晴らしい出会いをしたのです。

そして、響き合う成長が出来ました。



担当者の方との出会いに始まり、

それが膨らんで熟成されて、

今回は良いフィニッシュを決める事が出来たと思います。



本当に心から感謝しています。

彼らの未来が明るいと信じて、心から応援しています。



◇忘れないよ◇

研修の最後に記念に撮った写真
Sunday, March 07, 2010

気持ちを吐きだす事も大切ですね。


また、ご無沙汰してしまいました。

時の経つのが早くて、もう3月だったっけ!?

という感じです。


3月3日に、落ち込むことがありました。

その事について気持ちを整理したかったのですが、

でも翌日は研修があり、その日に姫路まで移動しなければならず、

しかも、新しいご縁の企業様でしたから、

ぐっと気持ちを押さえて、前向きに考え行動していました。



そうしたら、どうでしょう。

心の奥に鉛が出来てしまって、

取り除くことが出来なくなってしまいました。



研修が終わっても、いつもの達成感が湧いてこず、

何をしても上の空で、

周りから「のり子さん、大丈夫?」と声が掛る始末です。



そこで、吐きだす事にしました。

辛かった事、嫌だった事を聞いてもらいました。

そうしたら、涙が出てきて、

「私、やっぱり泣きたかったんだ」と自分の気持ちに気が付きました。


今はもう大丈夫です。

やっと、取り戻しつつあります。


また、がんばろうと思えてきました。


明日からも仕事が待っています。

私を待っていてくれる人がいます!


 ◇新しいペンとペンケース◇

ちょっと早いホワイトデー のプレゼントです。
早速、出張に持って行きました♪
出来たてのテキストと一緒に。
Tuesday, February 23, 2010

元気です!


連絡事項があったので、友人に電話したら、


「のり子さんお変わりないですか?お元気になさってます?」

と、聞かれたので、

「えっ、なんで? あっ、、ブログの更新が止まってるから、、?」

「そうです、、(笑)」



でしょうね。確かに止まってるよね(笑)



元気です。めちゃめちゃ、元気です。



嬉しい事がいっぱいです。



と言っても、中には、まさかの展開で、一見、悲しい出来事もありましたが、

それも、何かに、何処かに繋がっているのだと、

これもまた、ワクワクに変えようと思っています。



毎日、何人もの方から、沢山の「ありがとう」を頂いていて、

私の周りで、「ありがとう」の連鎖が起こっています。



難しい事は何にもなくて、

ちょっとの思いやり、ほんの少しの行動、笑顔、

物事をプラスに見るだけで、

楽しい波動が溢れるのですね。



相変わらずの忙しさで、心が不安定になってしまうこともあるけれど、

心配ない、大丈夫、大丈夫って、思っています。


きっと、明日も大丈夫なのです。


◇百貨店で見つけたキーホルダー◇

自分で好きなパーツを選んで作れるんですが、
かわいいものが多すぎて困りました。。。
Sunday, February 14, 2010

これでもか、これでもか、と頑張る日々です。



早いもので、もう2月も半ば。

2月はゆっくりとしようと思っていたのが、大忙しの日々となりました。


これでもか、これでもか、と、次々と課題が押し寄せてきて、

ベルトコンベアでスパナを持ちながら作業している、チャップリンの姿が思い出されます。



ちょっとの時間も手を抜けない状態で、

フラフラと無意識にネジを回しているような状態の時もあり、

スパナを持ったまま、ボーッと立ちすくんでいる時もあり、、、

でも、それだから、潜在的に持っている能力が引き出されたようにも思います。



ひたすらお客様の立場に立って、ご要望に応えながら提案書を作っていると、

「そうそう、そう言えば、こんな事を前からやりたかったんだ~」

「できるやろか、、できるよ、きっと」と、無意識に内面と向き合っていて、

新しい自分の力が湧き出てくるのが嬉しくなってきました。



ちょっとハードルが高いな、って思う事に取り組むと、

毎日、同じ事の繰り返しでは、出会えない何かがあります。

ちょっとの背伸びが、私を成長させてくれるのですね。

そんな風にして、課題を乗り越えて、仕事を獲得した喜びは格別ですね。


ブログにも書きましたが、昨年の11月に、A氏から言われたグサッと突き刺さった言葉が、

今は有り難い言葉に変化しています。



「あなたは企画したり、このような提案書を書くのが好きなんやなぁ。

それで満足してるのじゃないか。私は違うな、私は成果を出すのが喜びだけどな。」


お客様の問題を解決できる提案をして、

それが採用される事の喜びを今実感しています。

やっぱり、人に支えられて、応援されているのだな、と感謝です。


◇今日はバレンタインデー◇

今朝、母から手紙と共に届きました。
嬉しいですね。
Tuesday, February 09, 2010

生まれて初めての快挙!



今朝は、素晴らしい快挙を成し遂げました!

何と、新大阪にある企業様で、9時30分から学生さんの面接があったのにもかかわらず、


目が覚めたのが、9時5分前!


しかし、自宅を出て、9時15分には事務所の入り口にあるパスワードを



ピッピと押しておりました!



その間、20分!



火事場の馬鹿力でしょうか(笑)



最近、かなりの寝不足で、昨夜も夜中の3時を回ってしまい、


きっと、ギリギリまで神様が寝かせてくだったのだ、、と、

調子よく解釈しています。



私は、寝る前に、翌日に着る服や靴下など、全てカゴに入れて用意しているので、

それがとても役だちました。



タクシーもすぐに乗れたし、運転手さんに事情を話したら、

「ガッテン!」って、感じでスイスイ走ってくださいました。



9時20分には、笑顔で学生を迎えて、難なくクリア♪



、、、しかし、、、トイレで鏡を見ると、髪が跳ねていて、、(爆)



「まっ、いいかっ」



ぐっすり寝たい、、、


☆補足☆
 もちろん、歯磨きも洗顔も済ませました!!



◇甘い朝食◇

頭が容量オーバーの悲鳴を上げたので、甘いドーナツで栄養補給
Thursday, February 04, 2010

春に向かって



昨日は節分で、今日は立春。

変わり目だな、と感じています。

新しいスタートです。

昨日今日と、ランチタイムを利用して、

心を許せる二人の友人と語りました。

今年したい事。

捨てたい事。



同じ感性を持っている友人の話に、思わず涙を流す場面も。

Yさん、私も最後は「そこ」なのです。

「そこ」に行きたいのです。

あなたと出会った意味が分かったような気がしました。



Kyonちゃん、ありがとう☆

あなたは、「そんなことナイナイ!」って、

きゃきゃって笑ってごまかすけど、

すごいパワーに圧倒されてます。

多くの人を惹き付ける魅力、羨ましいです。



今年は、自分のポジションが変わる予感がします。

内観して、ブレないように。

心して進んでいきたいです。


明日は、企業様でプレゼンテーションがあります。

今年に入ってから日を空けずに、企業様に提案をさせて頂いてます。



私を待っていてくれる扉が、きっと開くと信じて。

これからもずっと、曇りのない心でいよう。


◇心を満たして◇

寒い雨の降る日。緊張するプレゼンがあり、
思い切ってザ・リッツ・カールトンでランチをしてから挑みました。
バイオリンとピアノの生演奏の中、ゆったりと過ごせてパワーチャージ出来ました☆
Sunday, January 31, 2010

母の愛情・・・ありがとう




最近のお出かけはちょとウキウキするのです。

それは、母が毛糸で、マフラーと帽子、それに可愛いリボンの飾りを作ってくれたからです。


母は器用でお裁縫にお料理、それに手編みが得意です。

私からするとプロも顔負けだと思っています。


機械で編んだような目の細かいものも、難しい柄でも、

出来上がりだけを頭に描いてスイスイと編んでいきます。


お正月に実家に行ったとき、母が自作の帽子とセーターを着ていて、

あまりにもよく似合っていたので私も欲しくなりました。



子どもの頃は母の手作りのセーターや服を着ていて、

それが懐かしく、ちょっと甘えたい気分になってお願いしたのです。



ちょうど、1月の半ばに母の近くにある大学で授業があり、

母宅に寄る事にしていましたら、

母はその日に間に合うようにせっせと編んでくれていました。

午前中に講座が終り、

夕方の京都の大学での授業までの数時間を母の家でのんびりしました。


その日はとても暖かで、

日差しが注ぐリビングで椅子に腰かけてウトウトと居眠りをしました。



その横で母が、帰るまでに間に合うようにと、

余った毛糸でコートの襟に付ける可愛いリボンを編んでくれました。



な~んの心配もいらない、母と二人の穏やかな時間でした。

私の心は愛で満タンになったのです。


「こんな時間から京都まで行って、大学は何時まで授業?」

「22時前までかかるよ。家に帰るのは、23時を回るかも」

就活対策で、学生達は遅くまでの講座に参加するのですから、
私も気合いを入れなければなりません。


「心配やから家に着いたら電話ちょうだい」

「・・・分かった」



こんな年齢になっても、娘は娘で母は母なのです。


出かける度に、愛されてるなって、、、


暖かいマフラーと帽子から感じ、


私の心は愛で溢れるのです。


ありがとう。



◇私のお気に入り♪◇

真っ白なマフラーと帽子
コートの襟元に付けた毛糸のリボン
Sunday, January 24, 2010

溜まったものを整理しないとね



予想通り、先週は忙しくて、この休日は、


溜まった疲れ、溜まった洗濯、溜まったメール、、それから溜まったストレスも整理しました。


そして、ちょっと成長しました。



実は、嫌な出来事が、、というより、嫌な人と出会ったという方がいいのかも知れません。


詳しい事を書くと、差し障りがあるので控えますが、、


それで、いつもお世話になっている全盲の鍼の先生に治療中にその話をすると、


「まだまだ成長できるな」


「思い通りにいかないのが世の常やで」


「聖パウロが言ってたやろ、
『暗いと不平を言うよりも 進んで明りをつけましょう』やで」



それ以外にも、大切なお叱りを受けました。



「あんたは余計なエネルギーを使い過ぎ、

物事が上手くいく、いかないの判断は、それは今のあんたの物差しやで、

この事がどう繋がっていくか、それは分からんで」


その通り!

私も、そう思う!


だって、心辺りが二つあるのです。



この事が起こった次の日に、この事に関連した事で、


「やった~!」と思う事があり、


「やっぱり、そうなんだ」と確信する事も出てきて、


そうしたら、あの人なら賛同してくれるかも、、という人が浮かんできました。


そうしたら、ワクワク感も湧いてきて、、、!



屈辱の辛い涙も流したけれど、

ちゃんとステップアップできたなって、



溜まったものを整理したら、浮かび上がってきました。


目の前に起こっている事に振り回されずに、大切な事に気付きたいですね。


◇打ち合わせ前に◇

ここの企業様のラウンジは落ち着くので、早めに到着して必ずちょっと一服します
Tuesday, January 19, 2010

自分のことだよ! しっかりね!



今日から、金曜まで時間に追われて仕事をする日々になりそうです。

こんな時は健康管理が大切。

さっき帰宅したばかりで、明日も早いのでお風呂に入って早く寝ようと思ってます。



そんな忙しい時に、なんでブログを、、と思うのですが、

今日、ある大学の後期の授業の最終日で、

時々、授業の終わりに書く、ミニレポートの裏に絵を描いてくれる学生さんがいて、

今日は最後の授業ということで、そのお友達もレポートの裏に絵を描いてくれました。



可愛いな、、と、ホントに思います。

それで、力作を載せてあげようと。。。今日は1枚だけですが、、



可愛いと言えば、教壇から見てると、学生さん達が、

おしゃべりしているのも、授業と違う事をしているのも、みんな見えてて、

でも、私が机の周りをグルグルと歩き、近くに寄ると、

急におしゃべり止めたり、内職を止めたり、携帯を隠したり、、、愛想笑いをする男子学生も、(笑)


そんな事、みんな先生達は分かっているのに、ね。


先生にバレてるって、分かっていても、授業中に遊ぶんですよね。



でも授業は、就職支援の講座だったので、

多くの学生さんは、キリッとした眼差しを向けてくれていて、

私も就職の厳しさを目の当たりにしているので、真剣に授業をしました。



そうそう、可愛いと言えば、、

アンケートに、

「せんせい、まじめに授業でなくてごめんなさい」って、

書いてる学生さんがいて、笑ってしまいました。



私に謝らなくていいよ。

自分の事だからね、

先生が伝えた事をしっかり思いだして、就職活動を実りのあるものにしていってくださいね。



いつも応援していますから!



◇今日は一枚だけ◇

他にも描いてくれているので、ちゃんと撮ってから載せますね。
Sunday, January 17, 2010

下鴨神社で心を清めてきました



今日は、のんびりとした時間を過ごしています。


来週の仕事の準備はあるのですが、久しぶりに心にゆとりがあるなぁと思っています。


時間がたっぷりあってもゆとりのない時は、全く疲れが取れないけれど、


少ない時間でも心にゆとりがあると、リフレッシュできて力が湧いてきますね。



朝ごはんにお餅を焼いて、物足りないのでガーリックトーストも焼いて食べて、ブルーベリーも食べて、、食べて食べてと続きますが(笑)、、、



朝ごはんをゆっくりと食べられるのはとっても幸せなのですよね。





先日、仕事と仕事の合間に、大急ぎで世界遺産である、「下鴨神社」に参拝して参りました。



京阪電車「出町柳」を下りて、相合橋を渡ると鳥居までの参道は、


あちらこちらから鳥のさえずりが響いてきて、なんとも都会では味わえない気分になり、とっても癒されました。



ここは昨年から、行ってみたい神社の一つで、



縁結びの「相生社」では、「沢山な笑顔と出会いたい!」とお参りしてきました。



そうしたら、その日の夕方にあったパーティで、佳き出会いがあり、翌日も素敵な方との出会いに恵まれました。



私が発信することで、多くの人が笑顔になっていく、そんな出会いも今年は沢山していきたいと思っています。



木々に囲まれた参道は、新緑の季節も紅葉の季節も素晴らしいだろうと思います。

また、その季節にお参りしてみたいですね。



◇正式名は賀茂御祖神社(かもみおや)◇

奈良の川:とても済んだ水です。手を浸し清めてきました
Friday, January 15, 2010

やる気が出たり失せてしまったり、、小さな心がけ次第だな、、と。



今週は多くの方々と会い、新しい出会いもあり、とても充実した日々となりました。

先週からちょっと無理をしていたので、体調は万全ではありませんでしたが、

温かい思いやりの中で、私は仕事をしているのだと、

幸せを実感できる日々でした。



私は仕事柄、人前で話したり、人の話を聞いたりする機会が多くありますが、


「聞こう」という姿勢を示してくださる方々の前でお話しするのと、


「そんな事は分かっているよ」という姿勢でいる人達の前では、


話す内容というか質が変わってくるのをこの数日で実感しました。



後者の場合、一生懸命に話すということに変わりはないのですが、


そこにはお互いの心が通ってないので、


ただ情報を伝えてるだけにすぎなくて、


それ以上に話が膨らまず、うすっぺらなものになってしまいます。



相手が、例え知っている事を話していたとしても、


「分かる分かる」「そうなんだよね」「なるほど、そういう事か」


「こんな場合はどうしてるの?」などと、


双方が共感し合う事によって、


どんどんと情報が膨らんできて、


お互いの中にモチベーションが上がっているのが分かります。


お互いに気持ち良く仕事が出来る、その事が成果に繋がっていくのでしょうね。



ほんのちょっとした心掛けが、


自分も周りの人の心も豊かにもするし、


また反対にやる気を失わせてしまうのだと、


連休明けの4日間で体験しました。



そんな事、ちょっとした事をしっかりと伝えていきたい、


「豊かな信頼関係を築けるお手伝いがしたい」と心を新たにしました。


素晴らしい人たちと共に生きていることに感謝です。



◇晴れた冬の空◇

冬の空気はツンとしていて、寒いけど気持ちがいいものですね。
空を見上げると、眩しい太陽の輝きが応援してくれているようでした。
Wednesday, January 13, 2010

粉雪舞う寒い日に、温かさに出会いました☆



とっても寒かったですね~!


大阪は粉雪が舞っていました。



そんな寒い日にあったかい気持ちに触れる事がありました。



なんと、打ち合わせに行った企業様で、おぜんざいが出ました!

案内してくださった女子社員のYさんが、お茶と一緒におぜんざいを出してくださったのです。



すごく感激しました。



寒かったし、昼食を食べていなくてお腹がすいていたし、、、って、



いえいえ、そんな事で嬉しかったのではありません。



担当者のKさんが、



「Yさんがね、今日は、はしもとさんが来られるから、鏡開きのって。どうぞ。」



嬉しいではありませんか。

私の分を置いてくださってたのです。



実は今日、ちょっと心が寒くなることがあって、、、

だから一層、優しさが身に染みました。



こんな風に、「当たり前」のように人に優しくしてくださる方々の周りは温かいですね。





この企業のKさんは、優しさの橋渡しがとってもお上手です。



こんな風に言われると、おぜんざいを運んできたYさんだって気持ちがいいはずです。



人の事を人へ伝えるのがとてもお上手で、お人柄を感じます。



春、この企業様で研修をさせて頂きます。



温かい方々とご縁が結べた事を心から嬉しく思います。



精一杯に努めます。



ありがとうございました。


◇優しさの味◇

デジカメを持っていなくて携帯電話のカメラで撮りました。
とっても美味しかったです!
Monday, January 11, 2010

宝物は私の中にあるのだから。



アッと言う間に連休も終了ですね。

昨年からバタバタとしてしまったので、このお休みはいっぱい睡眠を取りました。



私は今、大切な今年の活動に影響する仕事を抱えています。

この連休は、その仕事に精一杯取り組んでいました。



でも数日前までは、私の中からパワーが今一つ湧いてこなくて、TO DOリストが全く消されていかなかったのです。

パワーの源泉を刺激しないと、どうもダメなのですね。



年明け初めてのオーストラリアにいる娘とのスカイプで、そんな私の悩みを打ち明けてみました。

いつも娘の報告やら相談が中心ですから、ちょっと珍しいことです。



すると、娘はいとも簡単に、



「お母さんは、二つの事が同時に出来ないタイプやから、
締切のある順に着手して、それ以外は今は考えないようにした方がいい。

二つの事を一度に考えるから両方とも中途半端になるねんで」



「お母さん、そんな焦る事ないよ。

首から看板ぶら下げて、両手を広げて構えてたら、必要な事が舞い込んでくるから、大丈夫!」



締めくくりは、
「とにかく、今日はゆっくりお風呂に入ってパワーチャージすることやな」



と、思い当たるちょっと痛いアドバイスをくれました。



そう、焦り過ぎ。

私は、いつもあれもこれも、どうしよ、どうしよ、、、
と考えていて、息が浅くなってしまう程に胸が波打ちます。




生きて行かなくちゃ!と、

「誰か仕事をくれませんか!」 「もっと私を知って欲しい!」と、

ヨチヨチと歩きして2年と4カ月。



忙しい毎日は、その頃に描いていた夢。

この状況に全く不服はないのです。

まだまだやりたい事があるのだから、もっと忙しくなってもOK!



だから、今は、私の内なるものを刺激して、出していくことが大切なのです。

昨年の暮れから、やりたい事、伝えたい事がしっかりと見えてきました。

だから、内なる声に耳を傾けて、「宝物」を掘り起こさなければいけません。



宝物探しは、今の私に必要なのです。


眠っているけど、宝物は、ちゃんと私の中にあるのだから。



だから、焦らず行かなくちゃ!

今年も、私の仕事は、「愛がベース」です!



◇リビングで仕事!◇

今日は、気分転換にリビングで仕事。
チューリップやガーベラのお花を頂いたので守られながら仕事しました。
Thursday, January 07, 2010

ジョン・レノンとオノ・ヨーコ



今日は、ジョン・レノンとオノ・ヨーコのお二人に感動を頂きました。
そのことを書きますね。


午前中に病院で点滴治療をしてきたのですが、


点滴は2時間強かかり、その間にテレビやDVDを観ることができます。


と言うことで、今日はDVDを持参して観てきました。



タイミング良く昨日、友人のユキさんから、「のり子さん、このテレビ観た? 録画したんだけど、観ない?」と言われて渡されたのが、


金スマという番組で放映された、ジョン・レノンとオノ・ヨーコさんのお話しでした。



ジョン・レノンさんは素晴らしい曲を遺していらっしゃるので大好きですが、オノ・ヨーコさんに関しては変わった人だなという印象で、お二人の仲の事はあまり知りませんでした。


ですが、観ていて涙、涙、、点滴をしながら、涙が溢れて仕方ありませんでした。


マスコミから色々とバッシングを受けても、信念を曲げずにメッセージを発信続けた二人の「愛と強さ」に感動しました。

ビートルズとして生きるか、ヨーコさんと生きるか、、、
バッシングに合って、それに流されてしまうか、貫くか、、、


選択を迫られる状況が発生した時に、自分にとって必要なものを選ぶには、強さが必要ですね。

選択するということは、選ばないものがある、或いは「何かを手放す」という事でもあるのです。


その「何か」が、大きなものであっても、それを恐れずに手放せられるのは、自分を信じていないと出来ない事です。



私も、過去に大きなものを手放したことがあるし、また、今まさに選択をしなければならない時でもあるので胸に迫りました。



マイケル・ジャクソンといい、この二人といい、本当に伝えたい事が何かに邪魔をされる、、それでも「愛」を発信し続けていく。



いっぱい傷ついても、でも、それでも発信していく。

何と強くて、何と優しく愛に溢れているのでしょうか。



愛するジョンを目の前で失って、どんなに辛い事だったでしょう。

それでもオノ・ヨーコさんは、ジョンの意思、二人が思い描いた「平和・愛」を発信され続けています。



死の直前に出したアルバム「ダブルファンタジー」の中にある、"WOMAN"は、ヨーコさんの事を書いた曲です。

歌詞を見ていると、ジョンの深い感謝と愛が伝わりました。
この曲は、ジョンのヨーコさんへの「ありがとう」です。

この曲を書く為に、そして平和への強いメッセージとなる準備をする為に、死の直前にこれらを創作したのでしょうか。


この曲も好きな曲に仲間入りです。



それから、私の大好きな"Happy Xmas (War Is Over)"は、軽やかなメロディーですが、プロモーションビデオは、悲惨な戦争の様子や犠牲になった小さな子供達が映し出されています。

それはそれは、素晴らしいメッセージが込められています。


何度見てもやり切れない思いになります。
人は、殺す、殺される理由などないのです。



今回初めて知ったのですが、この曲は、


"Happy Christmas, Kyoko. Happy Christmas, Julian"
という呼びかけで始まります。


それは、再婚同士のお二人は別れた子どもたちの名を呼び、愛のメッセージを送っていたのですね。


手放した大切なものへの「愛」が込められていて、一層好きになりました。



いみじくも、マイケルもジョンも、亡くなってからその想いが世界に広がっていくのです。



報道するマスコミや受けての私達が、彼ら以外の全てが、そんな運命を辿らせてしまったのかも知れません。



オノ・ヨーコさんが、ジョンが亡くなってから出したメッセージが心に響きます。



「ジョンを殺そうとしても彼らは殺せなかった。
なぜなら、メッセージは今もなお生き続けているから」



マイケルの亡き後も、彼のメッセージはしっかりと生きているでしょう。




やっぱり、今年も「愛」です。



私の小さな「愛」が、世界の「平和」に繋がりますように!



Imagine all the people living life in peace
「想像してごらん みんなが平和に暮らしている世界を…」


◇ジョン・レノンとオノ・ヨーコ◇

"IMAGINE PEACE"からの転載です。
素敵なお二人ですね
Monday, January 04, 2010

2010年は「自分と向き合う年」にします



明けましておめでとうございます。

満月と共に年が明けて、元日は晴天でしたね。


昨年末は、予報になかった雨が降ったり、

冷たい風が吹いて、

2009年の浄化をしてくれたように思いました。

元日は見事に晴れ渡り清々しい新年が迎えられました。


さて、今年の私は、「自分と向き合う年」にしたいと思います。


私は常に、

「期待に応えよう」と、その為に成果を出そうとしていました。

という事は、いつも私以外の誰かが存在していました。


決して、無理をしていたのではなく、

それが「私」だったのです。


自分のやりたい事と言えば、

「人」が喜ぶことで、

人の気持ちを無視するなど出来なくて、

そんな事をしようものなら、体調が悪くなってしまう程でした。


でも、少しずつ変化しました。


私の心の中は、

対象の「人」が、個人ではなく

多くの「人」や「状況」を思うようになりました。


私がやりたい事は、

特定の人の期待に応えるのではなく、

私が求めている状況になるように、

自分の力を使いたいと思うようになってきたのです。


そう、本来の自分のやりたい事です。


その為には自分と向き合い、

内観する時間を持ち、

何がしたいのか、

これは自分が望む事なのかを見極めていかなければなりません。



この数年は年頭に、行動指針を持ちました。

2008年は、「実践」することで、新しい道が拓かれました。

2009年は、「信念」を持つ事で自分の大切な事を守る必要性を感じました。


そして2010年は、

「自分と向き合う年」にして、自分にとって大切な事を深めたいと思います。


その為には、

もっと「今」という時間を大切にしたいと思っています。


昨日という時間は過ぎてしまって、

明日という時間は、まだ自分のものではなくて、

私の目の前に与えられているのは、「今(現在)」という時間。


「今(現在)」は英語で「プレゼント」。

だから、私へのプレゼントを大切にしたいと思っています。


私の「今」を大切にすることが、

明日という未来で、

私らしい「今」を過ごす事に繋がっているのですからね。


今年も、精一杯、

私の中の精一杯を愛と共に実践していきます。


私の周りの小さな平和が、

きっと世界平和に繋がると信じてします。


私の小さな愛が、

大きな愛に繋がると信じています。

どうぞ、よろしくお願いします。


◇我が家の玄関◇

氏神様で頂いた「破魔矢」と、お正月のお花です。