Pages

Tuesday, November 30, 2010

神話の舞台、出雲へ


出雲に行ってきました。

今月は、長崎、仙台、出雲と、

とっても活動的な一か月となりました。


出雲大社では、

11月15日から22日まで、

全国の神様が会議をするって聞いていたので、


行きたいなって、漠然と思っていたのが、

友人のYさんから電話があり、


「のり子さ~ん、行ってきたよ、出雲にぃ~」の一言で、

私の中の何かが弾けて、「行こう!」となったのです。


しかも、「明日!」っていう事に。


でも、当然のことながら、22日までは、どこのホテルも満室、、、

考えてみたら、20日土曜日になんて、取れる訳がないのです。


そこで、のり子流のお祈りを。


「神様たち、会議中に失礼します。

もし、こんな私でも、

来てもいいよって歓迎してくださるなら、

どうかホテルの予約が取れますように、

神様方のお気持ちを私に伝えてください。」


と、お祈りしながら

お風呂に入り、お風呂から上がると、


なんと! 出ました!

一部屋キャンセルが!


これは、行くしかないでしょう♪


土曜日に仕事が終わってから、

新幹線で岡山に出て、それから出雲へ。


出雲の駅に着いたのは、深夜12時半。


十三夜の月に照らされながら、

神話の地、出雲に降り立ちました。


翌日の21日に、

出雲大社、日御碕神社、長浜神社、

そして、ラストは須佐神社に参ってきました。

須佐神社が一番印象が深く、素晴らしい場所でした。


大阪に着いたのは、23時前。

ハードな2日間でしたが、

心が洗われる触れ合いをしてきました。


さすが、神話の舞台、出雲ですね。

また、お話します。


今日も、お読みくださり、ありがとうございました。


◇大きなしめ縄◇

何と大きいしめ縄でしょう!
背伸びしてるのが私です
Wednesday, November 17, 2010

私たちは存在するだけで素晴らしい存在


仙台から帰って参りました。

仙台には私の愛する息子が住んでいます。


この春から新社会人となり、

配属先が仙台でした。

機会があれば仙台に足を運び、

緑深い杜の都を楽しんでいます。


この数か月は、私は仕事に追われて、

心忙しく動いておりましたから、

今回の仙台は心の休息も兼ねています。


長崎で、樹木から、

「今、ここに存在するだけの意義」

というメッセージをもらってから、

どこでも、このメッセージがついてきます。


仙台にいる息子に対しても、

「存在するだけで嬉しい」

「存在してくれるだけで大きな役割を果たしてくれている」

という、幸せな気持ちが新たに湧いてくるのです。


人間って、欲とか向上心があるから、

もっともっとと成長しようという気持ちが湧いてきて、

どんどん無理を重ねたり、

自分はまだまだ至らない、

もっとこうあればいいと思うものです。


でも、生きているだけで、

毎日、その時にできる精一杯を注いでいるだけで、

この生まれてきている使命を果たしているのだと痛感しています。


長崎の樹木が私に伝えてくれた、

「年輪の輪は、

その時々を一生懸命に生きてきた証

その、一生懸命というのは、どういうことかと言うと、


雨の日も風の日も、晴れても降っても、

ただ平常心で、ただ此処にいただけのこと

それだけで、

この地を支え、自然の流れを支えている

それだけで自然は循環する、 

人々も私たちを守ってくれる

みんな役目があって、

でも、それはその存在だけで果たされるもの

そのお役目を果たしている時には、

ちょっと辛く感じる時もある、

だけど、その時は、役目として磨かれている時だから、

感謝するように」


このメッセージがとても温かく、

今のありのままの私でいいのだと教えてくれています。


子供たちが誕生した時に望んだこと

それは、

「元気に成長してほしい」

たったそれだけのことでした。


それなのに、いつからでしょう。

成長するにつれて、

人と比べてみたり、進む道の上下を付けたり、と、

知らず知らずに望みが増えていったのです。


でも、今は、

「元気で心豊かであってほしい」

原点に返る事ができています。


今の私は、もうそう思えるようになっていた事を

長崎で出会った木が教えてくれました。


全てにおいて、

そう思うようになれた事を嬉しく思います。


「生きて、今、ここに居る。

そして自然の恩恵を受けている。」

何と幸せなことでしょうか。


今日も読んでいただきありがとうございました。

皆様の心が豊かでありますように。


◇飛行機のチケット◇

行きも帰りも同じ席!
驚きでした。
Thursday, November 11, 2010

今、此処にいる、存在する事の価値


この1週間の間に、

南は長崎、北は仙台に行く事となりました。

夏からずっと、自然に触れる機会が欲しいと思っていて、

なかなか実現できなかったのですが、

11月に入って一度に巡ってきました。


長崎行きは、突然の出来事で心配事も発生しましたが、

絶妙なタイミングで、思いがけない休暇となりました。


叔母宅に宿泊していたのですが、

最後の日は、翌日のお昼の飛行機で大阪に帰るという事もあり、

長崎駅からタクシーで10分程の山のホテルに泊まりました。


部屋に足を踏み入れたとたんに、思わず声が出ました。

壁一面の窓から、素晴らしい夜景が広がっていたからです。


窓を開けて風を感じながら、

しばらくぼんやりと夜の長崎を眺めました。


遠くには、

ガタンゴトンという音と共に走る電車が、

まるで模型のよう小さく見え、


広い海の向こうからは

船の明かりがだんだんと近づいてきて、

港に近づくと汽笛を鳴らします。


現実からちょこっと逃避して

非日常を満喫しました。


翌日は、早起きしてホテルを早々に出て、

行きたい場所へと。


ホテルの近くに樹齢何年だろう!
 
というような大木を、

沢山あるのをホテルに着く前にタクシーから見ていたので、

その木に会いたいと。


タクシーを降りると、

諏訪神社があり、参拝した後に、周辺を散策しました。


すると、

「もう何年もここにいるよ。」っていう声が、


深い年輪を重ねた樹木から聞こえ、

(正確には、聞こえたたような気がした…です)

歓迎された気持ちになりました。


木に手を当てると、

さらに木は、


「年輪の輪は、その時々を一生懸命に生きてきた証

その、一生懸命というのは、どういうことかと言うと、

雨の日も風の日も、晴れても降っても、

ただ平常心で此処にいただけのこと」


と、言ってくれているように感じました。


この樹木たちは、

ずっとずっと昔から此処にいて、

人々、町を見ていて、


過去から今へ、

そして未来に繋がる、「今」を、


ただ存在するという事に意義があるのだと感じさせてくれました。


それは、まるで、

「がんばり過ぎ!もっと肩の力を抜きなさい。」

と、言ってくれているようで、

とても心が穏やかになったのです。


そして、今の私が、

教育機関に提案している事、

その内容についての確信を得て、

勇気をくれました。


それは、またの機会にお話しをします。


心根を大切にしたいと研修する私。

心を育む人間関係、

そんな教育実施していきたい私への力強いメッセージでした。


さて、明日から仙台です。

自然と触れ合ってきます♪

今日も、読んで下さりありがとうございました。


◇ホテルの窓からの夜景◇

癒されました
Wednesday, November 10, 2010

ご無沙汰してしまいました!


ご無沙汰です!
長らくのご無沙汰で、もう合わす顔もございません、、、

「元気?ブログが更新されてないね。」

「忙しそうね。ブログを書く余裕もないんやね。」と、

気遣ってくださっていたのが、

「気が向いたら書いてね。」とか

「ま、生きてるとは思ってた。」とか、、に変わっていって、、

とうとう、皆さん諦めてしまって、

その声も聞こえなくなりつつある今日この頃です。


このお休みの間に、私の精神力は、

自分で言うのも何ですが、、、

かなりバージョンアップしました!


心豊かに穏やかに、

愛するものばかりに囲まれて過ごしています。


9月21日で、お陰さまで、

ランウェイも3周年を迎えました。

お祝いのメッセージやお花など、

忘れずにお祝いをありがとうございました!

心から皆様の愛情に感謝いたします。


3年前は、期待と不安がセットで私の中に同居していましたが、

そう思えば、何と強くなったことでしょう!

これも、私を支えて下さる方々や

私の身に起こった出来事の数々のお陰です。

涙も笑顔も、みんな私の宝物です。

本当に全ての事に、心から感謝しています。

相変わらず、天然のボケもそのままで、

周りの方々に助けて頂きながら、

たくさんの笑顔に出会う為に、

今日も、「のり子ペース」で過ごしています。

このブログものり子ペースで再開です!

笑顔になれるような日々の気づきを書いていきますね。


読んでくださってありがとうございます☆



◇ご無沙汰です◇

いちごの娘アンです。
時々、覗いてます♪