Pages

Sunday, February 20, 2011

大学生を応援!「パララン♪プロジェクト」開設しました!



大学生の為の私塾を開設しました。

名付けて「パララン♪プロジェクト」

大学生の応援プロジェクトです。


ちょっとふざけた名前のようですが、

これは、一緒にプロジェクトを運営する方が、

「アスパラ」という屋号を付けて活動していらっしゃるので、

アスパラとランウェイをくっつけて名付けました。


内定をゴールとしない、

激変の時代を明るくしなやかに生き抜く「美しい大人」に

なる為の「根幹力」を育成します。


根幹力とは、

人格の土台となる大切な力です。


社会という多様な価値観の中で

あらゆる困難や壁にぶつかっても「解決していこう!」と

前向きに取り組んでいける、根っこの力です。


私は企業で研修をしたり、

新卒採用の面接官もしてきました。

常に私の中にある課題は、

若手の人材育成でした。


自分の心の中の宝物に気づき、

豊かな心で社会生活を送って欲しいという思いです。


若い世代が、

社会で苦しむ姿をたくさん見てきたのです。

それならば、大学の現場を見ようと、

大学講師にチャレンジしました。


でも、そこでも、たくさんな問題にぶつかりました。

じゃ、何とか自分で出来ることをしよう!

と、思い立ったら、


何と、すぐ近くに、

同じ考えを持ち、悶々としていた仲間がいました!


とんとん拍子に話がまとまり、今に至ったのです。


根幹力は、3つの力を育成していきます。

・メンタル

・考える習慣

・自己表現


授業のスタイルは、

今、話題のハーバード大学の白熱教室スタイルで、

言わば、「キャリア白熱教室」ですね。


自分の意見を持つことからスタートします。

みんなを意見交換をしながら、

自分の考えを浮き上がらせていきます。


何を言っても否定されない。

何を言っても受け入れられる。

意見がコロコロ変わっても誰も責めない。


10人いれば10人の考えがあり、

それをみんなが認め合う、

そんなチームが出していく答えは最強です。


第一回目が25日に開催されます。


手探りですが、課題を解決していきつつ、

改善を重ねて、

私たちだから出来る事で、

若い世代を応援していきたいと思います。

◇詳細はこちらから◇
Sunday, February 13, 2011

虹を渡って♪



時の流れが早く感じます。

日や時が、ベルトコンベアに乗って私の目の前にやってきて、

私は日々それをこなしている感じです。


そして、運ばれてくる日々の素晴らしいこと!

その日の中にある出会いの何と素晴らしいこと!


虹を渡っているような毎日です。


中国から帰国して休む間もなく、

奈良県や鳥取県へ仕事で参りました。


そこで出会った方々から感動を頂きました。

奈良へは、県内の保育園の

園長先生や保育士の方々に研修をさせて頂きました。


終わると、皆さんがお声掛けをしてくださり、

メールやお手紙も届きました。


そこには、

「明日への活力になりました」

「私たちの仕事に光を与えてくださいました」

「とても前向きな気持ちになりました」

などなど、嬉しい言葉が書き並べてありました。


これこそが、私の明日へのエネルギーの源です。


「与えたものが受け取るもの」であるならば、


この嬉しさは、

私が与えたものが帰ってきて、私の手元に届いたから、

そう思うと一層、嬉しさが増すのです。


鳥取では、

お心のこもったお出迎えとおもてなしを受け、

若い時に、企業で秘書をしていた時代を思い出しました。


お客様の喜ぶお顔が見たい一心で、

おもてなしをしていた時代です。


やっぱり心が大切!

ちゃんと相手の心に届くのです。


と、同時に自分のしてきた事、

これからしようとしている事が、

間違いない、と確信できた日々でもありました。


奈良県の保育園の皆さま、

鳥取大学の皆さま、

本当にありがとうございました!


そして、今日も応援をありがとうございます。


◇保育士さんから届いた虹の写真です◇

IKさん♪ 素敵な写真をありがとうございます。
鳥取に向かう途中で、私も虹を見ましたよ!
Wednesday, February 02, 2011

中国で溢れる愛を頂きました☆



中国から無事に帰国しました。

まずは、一言。

感動の日々でした。

こんなに大勢の人々に歓迎されて、

日々を共にしたのは、

生まれて初めて!


出会う人、出会う人みんなから

心温まるおもてなしを受けました。


言葉は通じなくても、

ちゃんと心を通じ合わせることが出来たのです。


最後の夜。

私の車が見えなくなるまで、

皆さんが手を振って見送ってくださいました。

この夜、長春は-25℃前後でした。


その光景を私は一生忘れることはないでしょう。


日本の心を学びたいということで、

お招きを受けましたが、

私に全身で心を表現してくださいました。


恥ずかしがり屋の私には、

これは見習うべきことです。


通訳を通しての講義でした。

初めてのチャレンジです。


一生懸命な私と、

熱心な受講生達と、共に創り上げた

最高の舞台だったと思います。


愛を頂きました。

溢れる程の愛です。


全ての事に心から感謝します。

ありがとうございました。


◇溢れる思いを伝えました◇

260名程の方が熱心に私の話を聞いてくださいました。

言葉は通じなくても、内面から出るエネルギーは万国共通ですね。