Pages

Tuesday, December 31, 2013

『ニューイヤーズ・イブ』 これでいいのだ!私はこれでいいのだ! ☆感謝☆



今日は、大晦日

凛とした雰囲気が漂っています。

皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

慌ただしく過ごされているのか

来る新しい年を迎える心持ちでお過ごしなのか。


私は今年を振り返り、

新しい年への期待が膨らんでいます。

今年は、

恐れながらのチャレンジあり

意気揚々とチャレンジしたこともあり


思いがけない豊かさも手に入れて

豊かさの概念が覆され、肩の荷を下ろし

『 原点回帰 』 生きることの原点に立った年でもありました。


そんな歩みの中

思いがけず心の闇に出会い

心を閉ざしたことも


それでも

顔を上げ

胸を張り

笑顔で

語り続けた日々


思いがけない祝福に

私の存在価値を確認して


そんな時ほど

襟を正し

姿勢を整えて


地に足付けて

大地を踏みしめて・・・


そんなことを想い

律したり緩めたりしながら

自己信頼を高めていきました。


これでいいのだ!

私はこれでいいのだ!


2014年も

恐れる想いを

エネルギーに変えて!


チャレンジして参ります。



このような私を見守り応援してくださった方々へ

心からの感謝を申し上げたいと思います。


私の精一杯を受け入れてくださり

沢山な愛を注いでくださり


ご一緒に時間を過ごして下さり

本当にありがとうございました。


そして、企業様、大学様、保育園様、各種団体様…

ありがとうございました。

私を信頼し、私に大切な宝物を預けてくださり

心から感謝いたします。


皆さま、来年もどうぞよろしくお願いいたします。


命ある全てのものが活かされる年となりますように

皆さまのお心が豊かに満ち溢れていますように

天からの神々しい輝きと共に祝福がもたらされますように


         ..:*・゚☆善きご縁に感謝して ..:*・゚☆

☆☆☆☆


私は昨夜、2011年の12月に公開された

「ニューイヤーズ・イブ」という映画を観ました。


この映画は、1年の最後の日、大晦日に、

立場や年齢を越えた人たちが、

それぞれに大切なものに気付き

それらと向き合う様子が

明るく楽しく、そして、感動的に描かれています。


大晦日に相応しい心打つ素敵な言葉に出会いましたので、

皆さまと分かち合いたいと思います。

:--:--:--:--:--:--:--:--:--:--:

シャンパンを開けて祝う前に

過ぎた年を振り返りたい

成功も失敗も

守られた誓い 破られた誓い

殻を破って冒険したこと

傷つくのが怖くて 閉じこもった事


新しい年はあなたにチャンスをくれる

過ちを許し もっと努力し

もっと与え 愛するチャンスを

先のことを恐れるのでなく

未来を楽しもう


思い通りにならないことも多い

地震や洪水…

でも出来ることはある


許すこと

新たにやり直すこと

孤独な世界を美しく変えるのは

愛だ

愛はどんな形でも希望を与えてくれる

新しい年に希望を…それがニューイヤーズ・イブだ

:--:--:--:--:--:--:--:--:--:--:


Thursday, December 26, 2013

クリスマスに自分の在り方に想いを馳せて



こんにちは! はしもとのり子です。

皆さま、クリスマスはいかがお過ごしでしたか。


分かち合う喜び

身近な人への感謝

生かされていることの意義


クリスマスには「愛」を感じます。


クリスマスが過ぎると

新しい年へ、襟を正す想いがよぎります。


私は今年も、毎年クリスマス恒例の

『 クリスマスの約束2013 小田和正が贈る奇跡のLIVE 』 を観ました。


最初のゲストが吉田拓郎さん

懐かしい声の響き・・・彼の作る詩には哲学を感じます。


私が若い頃は、人生について深く考えることがなかったのか、

彼の曲に心震わす接点がなかったように思うのですが


今、彼の歌う姿を見て、

内から湧き上がる、心から共感する想いが溢れてきました。


小田和正さんの甘く切なく聴き手の心に配慮しながらも響いていく声

拓郎さんの遠慮なくストレートに心に響く声


お二人は私よりも年上ですが、

同じ時を別の道で年を重ねてきたものへの哀愁なのか、

彼の詩に込められた強いメッセージに共感できるのか、


今日までの道のり、紆余曲折の中、

歌で表現してきた彼らの生き方に感動しました。


自分の生きる姿とも重ねつつ

志を全うしていくことへの信念を・・・


そして、私はどうありたいのか…と


自分を信じて生きていきたい

人の光を愛を信じて生きていきたい


私が一生懸命に

自分が生まれた価値を信じて生きていく

そんな姿を表現していきたい


己を信じて生きる姿を表現することで

それらを体現していきたいと思う


私は神でなく人間であるから、

自分の身に起きることにも一喜一憂し

この地球で起こる事にも心を憂わせ


自分の幸せも

地球の平和も

願い、祈り


目に見える事も見えない事も

私に出来る最善を行っていきたい


私の生き方が

私の表現することが

多くの方々の心に寄り添うものでありたい


私は神でなく人間であるから、

喜怒哀楽を楽しみ


時には知らず知らずに人を傷つけてしまうことも

または、私の心の寂しさから、

人の言動に傷つく事もあるでしょう。


でも、神ではないけど、

心の中にある、私の神性が

全てを愛へと変えてくれると信じています。


そんな、自分の在り方に想いを馳せました。


クリスマスが過ぎたこの時期に

来る新しい年を迎えるにあたって、

皆さまの心には、

どんな想いがよぎるのでしょうか



☆☆母と一緒に☆☆

24日のイヴは母の誕生日

この人が無償の愛を教えてくれました。


母が年老いて孤独や不安から来る 我が儘も寂しさも

理解できる 受容できる年齢に、私もようやくなりました。


身近な人には、ついつい後回しになる感謝の気持ち

惜しみなく表現していきたいものです。

久しぶりにデパートに買い物に行きました。


最近、私に手紙を書いて送ってくれるので、

万年筆とボールペンと季節の便箋に封筒に葉書のセット…と

お手紙グッズをプレゼント。


母からの手紙が楽しみです。



Sunday, December 22, 2013

「私が私であることが嬉しい」生まれてきた価値があるから!



こんにちは!

今日もブログにご訪問くださり

ありがとうございます。


 穏やかに澄み渡る私の想い。

 私が私であることが嬉しい。

 確かな自分への自信。

 
これは、前回のブログに書いた言葉です。


「私が私であることが嬉しい」

最近、強く思うようになりました。


私はとっても不器用で、

私に出来る事は限られています。


周りを見て、

「あの人 すごい!」って思うことだらけです。


でも、そんな私でも有り難いことに出来る事がある

そして、私は、ただ それを一生懸命にするだけのこと


そんな私が愛おしく

「私が私であることが嬉しい」 のです。


これは、みんなも同じなのだと思っています。


今週は、鳥取大学での講義でしたが、

そこでも、それを実感することができました。


私は、「倫理・モラル・コンプライアンス」の授業を受け持ってます。


これらは、生きる上での基本であり、

考え方もとってもシンプルなのです。


このベースとなるのは、

  『人間は群れて生きる動物だけど、

  全く同じ人は存在しない。』 ということ。


これは、どういうことかと言うと、

  それぞれが助け合って生きること

  応援し合って生きること

  それぞれの持って生まれた能力(個性)を発揮して生きること

  そして、それらを認め合いながら生きること


私は、『モラル・倫理』はそれを守って行く為のものかと考えます。


みんな違うからこそ、

それを認め合って、敬っていくことが大切なのですね。

そして、みんな違うから

この生活、社会が成り立っているのですね。


だから、出来ないことは、みんなにお任せでいいのです。


建築の図面を書ける人が居てくれて、

建てる人が居てくれて、

だから、私は雨風しのげる家に住めて有難いのです。


心優しく介護をしてくださる方々が居て下さるから、

私は母と離れていても安心していることが出来る


私は、お豆腐が好きです。 お豆腐を食べることが出来るのは、

それは、大豆を育ててくれる人がいて、

朝早く、こんな冬でも冷たい水を扱って豆腐を作ってくださる人がいて、


それだけじゃない

それを運搬したり、お店に並べたり、、、


お豆腐を入れるパッケージも必要だし、

機械も必要だし、、、


こう思うと、私たちの生活が成り立っているのは、

人々が、それぞれの場でそれぞれの力を発揮しているからなのですね。


みんな一人ひとり違うのは、

それぞれの違う力を発揮する為

そして、それが、みんなの生活を支えることだから。


だから、私たちは人と比べる必要などないのです。


出来ることを

やりたいことを

興味が湧いたことを


ほんのちょっと背伸びしたり、

その先に見える光を感じて努力したり、


時には、チャレンジも必要。


そうやって、

お互いを認め合って、尊重し合って、

生きていく。


なんてシンプルなのだろう


不器用で何もできないと思っていた私だったけど

だから、いいんじゃない!


だから、今、出来ること

やりたいことを一生懸命にするだけで、


それで、私が生まれた価値

この地球に存在する価値があるのだから!


ある時期、このことに気づき、

それ以来、私はずっと身軽に生きています。



おまけ・・・

私は、計算もパソコンも苦手だし、掃除も苦手だから、

夫にしてもらう♪ (ちゃっかりしています)




☆☆我が家の玄関☆☆

出かける時も帰宅した時もウキウキします。

ポインセチアの花言葉は 「祝福」 「聖なる願い」

今の季節にぴったりですね。



Thursday, December 19, 2013

「聖なるティーパーティー」 ご自分のランウェイを!



こんにちは! お久しぶりです

はしもとのり子です


今朝は、目が覚めたのが10時を回っておりました(・_・;)

昨夜、遅くに鳥取から帰って、バタンキューzzz

久しぶりに「寝た!」という気がしています。


さて、写真は15日に開催された、

「聖なるティーパーティー」の様子です。


佑紀空宙さんのピアノ演奏と共にパーティーがスタート。


「豊かさ」

「あなたらしい輝きと美しさ」

「2014年 風水」

途中に、ピアノ演奏を入れながら、

3つのテーマを空宙さんと私で進めていきました。


お話の後は、

こちらでご用意したプレゼントの説明


そして、美梨子さんからのサプライズプレゼントも

私のデモンストレーションでご紹介し、

美梨子さんからのメッセージ

「サンセット、サンライズ」をお伝えしたのですが、


その後に、何と!

ベランダから夕陽が!


もう、グッドタイミングで、

祝福されているのだと感じました。


夕陽が沈み、パーティーのお開きが近づく頃に、

それぞれのペースで、

ピアノに合わせて讃美歌を歌いました。


そして、お帰りの準備を始める頃、

いくえさんから、

「のり子さんにお見せしようと思って・・・」と

一冊の絵本を見せていただきました。


絵本の題は

「サンタクロースっているのでしょうか?」


これは、100年程の昔、

8歳の女の子が、ニューヨーク・サン新聞社に宛てたお手紙に対して、

当時の記者が書いた返事が新聞に掲載され、

その後も、語り継がれている実話です。


さらり、と内容を見ると、

女の子のお手紙と、記者からのお返事が書かれていて、

素晴らしい!と直感

いくえさんに朗読をお願いしました。


快く引き受けてくださり、

朗読に合わせて、空宙さんがピアノを弾いてくださって、

素晴らしい宴のお開きとなりました。



今年のパーティは、

  「癒す、癒される時代を越えて、

  ご自分の足で、ご自分のランウェイを歩いて頂きたい」

その、想いから、開催しました。


  「ご自分のランウェイを

  目を輝かせながら歩いていただく」


私どもの想いは、これに尽きます。

そのお手伝いをこれからもさせていただきたく思います。



さて、年末。

まだまだ、やりたいことが山積みです。


  穏やかに澄み渡る私の想い。

  私が私であることが嬉しい。

  確かな自分への自信。


さて、仕事♪ 仕事♪




☆☆聖なるティーパーティ☆☆

もっと早くにブログに掲載したかったのですが、

翌日には、鳥取大学での授業の為、仕事も抱えながらの移動で

私の体力と思考が着いて行けず、、、本日のアップとなりました。

今年は、娘も前日から泊まり込み

二人で飾りつけを頑張りましたよ☆

Monday, December 09, 2013

何気ない毎日を心を尽くして生きる



皆さま こんにちは!

今日もご訪問くださりありがとうございます☆


12月になって、慌ただしい中、

今年中に取り組んでいかなければならない課題が、

押し寄せてきています。


思考・仕事・人間関係・環境…

それは、

家族との関わり方やら

仕事への姿勢

人間関係での距離の置き方、、などなど。


なるほど…と、新たな気付きやら

やっぱりね、と、

過去の古傷と向き合って胸を痛めたり


えっ!? 何でこうなるの??・・・ということまで、

心も大忙しの毎日です。


そして、いつも思うのは、

私たちは、人と関わり合いながら

お互いの生き方を通して

学んでいるのだということ。


だから、それぞれの歩み方に

良い悪いはなくて、

それぞれが尊い存在であるということ。


私の生き方も、

誰かの学びになっているのだと

いつもそう思い勇気付けています。


私が人を傷つけてしまったのなら、

心からのごめんなさいを伝えたい。


そして、あなたが傷ついたことで、

私は多くの学びを得るでしょう。


私が誰かによって傷ついたときも、、

「多くの学びをありがとうございます」と

感謝の気持ちで伝えたい。


そして、私が傷つく事も、

その人の学びになることでしょう。


だから、自分の生き方が、

立派なのか、正しいのかなど、

そんなことは思わずに、


誰かと比べて、劣っているやら

優れているやらなどと思わずに、


何でもない毎日に

心を尽くしていくことが大切なのだと思います。


何でもない毎日に、

自分なりの愛を注いでいくこと


日々触れ合う人たち

瞬間の出会いであっても

その人が何をしている人であっても、

どのような考え方を持っている人であっても


愛を持って

優しい気持ちで

自分が接してほしいように

触れ合いたいと思います。


心のすれ違いが起これば

自分の心を思いやって

心の声に耳を傾けて、


卑下したり卑屈にならずに

素直に心を開いていたい。


人の心を尊い気持ちで接していきたい。

自分の心も尊いものとして大切にしていきたい。



今一度、気を引き締めて

今年の残りの日々を

丁寧に大切に

一日一日を味わって

過ごしていきたいと思っています。


今月は、大学での講義が中心です。

明日は京都の女子大で1年生と2年生に講義をしてきます。

たくさんな素敵な笑顔に出会ってきますね。


皆さまも

丁寧な一日をお過ごしくださいませ。


☆☆松下家の長屋門☆☆

パナソニック株式会社に保存されている松下幸之助氏の生誕の家の長屋門です。

こちらに来るといつも身の引き締まる思いです。



Wednesday, December 04, 2013

役割の軸を果たす為にも、自分の感情と上手にお付き合いしましょう☆


こんにちは! はしもとのり子です。

カレンダーが最後の1枚になりましたね。


紅葉が枯葉となり風に舞いあがる頃

街はイルミネーションが鮮やかで、

季節の移ろいを切なさでなく、温かく優しく知らせてくれますね。


私は、先週末から、何年振りかで風邪を引いてしまい、

今は、溜めた仕事に追われていますが、

   ※ いつも間際で大慌てに変わりないのですが…

クリスマスソングを聞きながら、

心地良いリズムでサクサクと進めています。


風邪を引いても、仕事に穴をあけることなく、

先週は、講演とお茶会が2つに、楽しいお打ち合わせなど・・・

無事に終了いたしました。


有難い事だなぁ…と、

毛布に包まり、電気あんかを抱きしめながら

しみじみ感謝の想いで休んでいました。


講演の仕事は、保育に携わる130名の方々に

「子育て支援における対人援助 」 というテーマで

3時間 お話をさせていただきました。


保育をしながらの

保護者への子育て支援は大変なお仕事です。

いつも心を律していなければなりません。


まずは自分に愛を注ぐことから…という話に、

戸惑いを見せていらっしゃる方もいて、

いつも、他者を優先しながら、

愛を注いでいらっしゃるのだと胸を打たれました。


私たちは、役割を果たす為に、自分の想いや考えを抑えて、

チームの役割に徹することがあります。


それは、間違いではなく、美しい心だと思います。


でも、自分の心の想いを見逃さないで欲しいのです。

周囲への気遣いからや、社会人の姿勢として

ましてや、リーダー的な存在であるなら、

常に、その役割の顔を保っていらっしゃるのでしょう。


涙を流して聞いていらっしゃる方もいらして、

その 「 我よりも仕事を優先される姿 」 に、胸が痛みました。


役割を果たす軸をしっかりとする為にも、

自分の感情と上手にお付き合いをしていってください。


もう一人の自分と会話しながら、

本当の自分の心に気付いてあげて、

労わり、慰め、ご褒美をあげたりしながら、

常に ご機嫌良く役割を遂行なさって欲しいと思います。


仕事以外でも、皆さんも持っている役割や立場

母親という役割、妻という役割、嫁や娘という立場・・・

役割や立場に、自分の心を抑え付けてしまわないように、

私も見直す良い機会を与えていただきました。


さてさて、風邪引きさんの、休暇は…と言いますと、

心打つ映画やドキュメント三昧で体も心もリフレッシュ!!


では、焦らず、今日の予定をこなして参ります♪


   皆さまに、キラキラと愛の輝きが舞い降りますように

   いつもありがとうございます!



☆☆大好きな色のお花達☆☆

先週からリビングに飾っているお花です。

今もなお、花の香りを漂わせてくれていますよ。

さ~て、午後からもリビングにパソコンを持ち込んでお仕事です。