Pages

Wednesday, December 31, 2014

皆様に感謝☆ 愛する人との絆を深めた年となりました



はしもとのり子です。

大晦日を迎えましたね、

先ほど、年越しそばをいただきました。


今年のスタートは、心が定まらないままで

どうなるのか、、、と思っていましたが、

「どんな自分でありたいのか。」

「私は何をして生きていきたいのか。」

それらに答えの出た年となりました。


体調不良や、心のスランプも経験しましたが、

大切な身近な人と愛を深めた

絆を深めた年になったと思います。


感謝することの本質や、

惜しみなく愛を表現することを学び、

声には出さなくても感じる愛や、

目には見えない人の偉大さを感じることも出来ました。


「私が! 私が!」 と、前に出なくても、

黙っていても、手を挙げなくても、

ちゃんと自分が分かっていることが大事で、

大切なことは揺るぎなく存在してくれるのだと…。


それらは、私の肩の力を緩めてくれ

そのことで、私らしさが出てきたのです。


そして、仕事では、

次のステップに行きたいと願い、

それが実現できるスタートを切れた年でもありました。

ご縁を繋いでくださった方々に感謝です。


今の私は、多くの方の応援があったからこそ!

感謝の深まることばかりです。


個人的には、

高い次元の豊かさを味わえた年でした。

そして、シンクロが起こりやすく、

時間や次元の枠がないように感じることが多くありました。


こんなところにに行きたい!

と思えば、そこに行けたし、


あれが知りたい!と思ったら、

すぐに答えが用意されたり…と。


例えば、先日も

カフェで雑誌を見ていて、素敵なレストランを見つけたので、

携帯にそのページの写真を撮っておいたら、

その5日後に友人から、

「のり子さんにぴったりだと思うので行きませんか。」

と、私の行きたいお店へのお誘いがありました。


感情面では、クリアしなければならないこともあり、

母とのこともその一つでした。


きっと、母娘の関係で生まれた意味があるのでしょう。

何か乗り越えなければならない心の関係があるようです。


1年前の今を思うとき、

成長した自分を感じます。


「 笑う門には福来る ミルキ~な日々♪ 」

来年も、私の経験を通しての気づきを書いていきますね。


気が向いた時にご訪問くださり、

「こんな事あるある」 と、共感くださったり、

「なるほど」 と、納得くださったり、

「そっか!」 と、気づきを得てくだされば嬉しく思います。


お互いに応援し合いましょう!


今年、新しく出会った人

ずっと私を見守ってくださってる人

ご一緒にお仕事をさせていただいている人

私と触れ合ってくださった方々

私を信じてくださり

私を許してくださり

ありがとうございました。


私を愛してくださり

本当にありがとうございました。


2015年も、

私は「私」を見失わないように、

自分自身を慈しみ愛していきたいと思います。


そして、

触れ合う人々の「あなた」の輝きを

ちゃんと見つける人でありたいと思います。


皆様が、キラキラとダイヤモンドのような輝きに包まれ

喜び溢れる新しい年へと運ばれていかれますように!


☆☆ポインセチア☆☆

クリスマスに大活躍したポインセチアが

我が家のベランダで休息を。

お日様にあたりながら風に揺れています。

花言葉は、「祝福 」

年の終わりに、全ての出来事に祝福があったことに感謝しています。



Wednesday, December 17, 2014

「私」というブランドの誇り ティファニーでの豪華なひととき



こんにちは!

はしもとのり子です。

鳥取での大学生との触れ合いや、

自然の中で過ごしてリフレッシュして参りました!


明日は、「今年は、こんなことが実現できた!」と、

2014年を象徴できるような仕事の締めくくりを控えています。

楽しくもうひと踏ん張りです。


さて、鳥取での学生から頂いた祝福も書きたいのですが、

まずは、ティファニーからのお招きのことを。


前回のブログの写真は、

ティファニー大阪梅田店の

リニューアルオープニングセレモニーの招待状でした。

今日の写真は、

リニューアルされたサロン風の店内で、

ティファニーブルーのドリンクを頂いているところです。




すごいでしょ!

出されたデザートも、ティファニーのプレゼントボックスの形をしています。




この日のゲストは、何と道端ジェシカさん!

そして、ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク 社の

社長 ダニエル・ペレル氏も来られていて、テープカットが行われました。


私は娘を誘って行ったのですが、

娘と二人、真正面に案内してくださいました。


テープカットの後は店内で、

シャンパンや軽食を頂き、

そして、特別なジュエリーを見て回りました。


ジェシカさんは、2億円するジュエリーを身に付けて

ペレル社長と一緒に店内を回りながらお話されていましたよ。


私たちも、お二人と握手して、

ご一緒にお話しをさせていただくことが出来ました。

娘はペレル社長と英語で会話をして、

私は、もちろん日本語で、

ニューヨークのティファニー本店で、

結婚指輪を購入したときの事をお話させていただきました。


ペレル社長は、とってもフランクにユーモアを交えてお話してくださり、

ジェシカさんは、足がとっても美しくて、

お顔も小さく同じ人間とは思えなくて・・・!

この日は、セレモニーですから、

お店はオープンされておらず、

外から、ウインドウ越しにジェシカさんを見ている方でいっぱいでしたよ。


私たちが過ごした2時間程は、

そこだけが特別な、キラキラとしている

ラグジュアリー・・・そんな言葉がぴったりの贅沢なひとときでした。


リニューアルされた素晴らしい輝きに満ちた場所で

一流の人たちと語らい、最高級のおもてなしを受けて、

新しい世界を覗く喜びを味わってきました。


そして、そこで働く方々が、

自社の商品に誇りを持っているのが伝わりました。


「このような良い気に満ちているお店で、

誇りを持っている方々から購入したい!」 と、思わせてくれ、

ちゃんと世界に誇る一流ブランドへの風格を見せてくださいました。


ブランドは、約束を守ってくれます。

そのブランドに触れる喜びを味あわせてくれます。

触れる私たちが誇りに思える・・・

そんな一流と言われるブランドの一片を体感してきました。


皆さんも「私」というブランドです。

あなたに触れる誰かが、喜びを感じてくれること。


私自身も、私と触れ合いたいと思ってくださるように

私が、いつも「私」であるように、

エネルギーを淀ませないようにしていこうと思いました。


ティファニーの店員の方達がそうだったように、

自社製品に誇りを持ち、その商品を販売する喜び

その商品を使ってくださる方々の幸せを想う…


自分自身を誇りに思う・・・

そんな私でありたいと改めて感じた一日でした。


明日も心を込めてお話をして参ります。

「私」という商品に誇りを持って!


そして、

私と触れ合ったことに喜びを感じていただけますように☆



Monday, December 08, 2014

是非が付けられない私たちの悩み☆



こんにちは!はしもとのり子です。

今日から鳥取。大学の後期授業です。

多忙ながらも着々と仕事を終えていく自分が頼もしいです。


肩の力を抜いて母親のような眼差しを向けて

楽しく講義してきたいと思います。


家を出る前にサプライズのプレゼントが届きました。

ここ10日間程、その方のことを思い浮かべることが多かったので、

繋がっているのだな~と実感。

気持ちよく外出できました ♪


さて、前回のブログに掲載した「正義」のことについて。

最近の出来事から書いてみたいと思います。


正義は人の道徳観によって左右されるし

時代によっても違うので、

誰の正義、どの正義が正しいのか是非を付けられるものではありません。

もちろん、その時代の法律やルールが基本となるのですが。


是非を付けようとすると

感情が置き去りにされてしまうことがあります。


最近、私の周りでもそんな場面がありました。

ある人が子どもの結婚相手について悩んでいて、

その相手とは結婚させたくないらしい、という事が話の発端で…


お悩みの主さんは…

「自分の子どもだから、

不幸になると分かっている人とは結婚させられない。」 と言い、


Aさんは…

「子どもが選択するのを妨げたら、本人の判断に誤りが出るのでは。」 と言う。


そして、Bさんは…

「何が不幸で何が幸せなのか、

人によって違うから決めつけるのは良くない。」 と言う。


また、Cさんは…

「アドバイスはしても、子どもを信頼して応援するのがいいのでは。」 と言う。


子どもの結婚について、

それぞれの考えがあって考えさせられました。


この場面で、人生経験の深い人なら、

「子どもの人生を妨げたらいけません。」 と諭すかも知れません。


でも、お悩みの主さんは、反対したい理由があり、

それゆえに、悩み、

子を想い、子に幸せになって欲しいと心から願っているからこそ、


「本人が決めて責任を持つことが大切だ。」 と、

頭では理解できていても、


心が、親としての感情が、

子どもの未来を案じて反対するのでしょう。

だから、是非は付けられない。


親の想いを考えると

この母親の考え方が間違っているとは言い切れないのですよね。

このお母さんもどうしたら良いのか分からないでいるのです。


きっと、悩みながら、自分の心に問いながら、

やがては、

子どもを信頼して応援する親になっていかれる事でしょう。


子どもは、こうした親の熱い想いを受けて大きくなります。

それは、偏った考え方かも知れません。


時には、それが弊害となるであろうし、

子どもにとっては、うっとおしい存在でもあったり、

でも、自分を守る強い盾にもなってくれているのも事実でしょう。


だから、何が良いのか悪いのか、、、

そう思えば、

自分の感情を元に悩むことも意味のあることでしょう。


「道に迷って道を覚える」

この言葉が身に沁みます。


私たちには、その時々に必要な課題が与えられて、

時には、道に迷うこともあるかと思いますが、

だからこそ、自分の足で歩くことが出来るのです。


人に付いて歩くと安心だけど、

道は覚えられない。

歩いてきた実感がない。


深く悩み過ぎず、

でも、心に問うてみながら

答えを出していくのは大切なことのように思いました。


皆様の悩み。

誰かの想いと誰かの想いがぶつかっているのかも知れません。


それは、どちらも正しいのでしょう。


では、鳥取の自然を謳歌してきます!


☆☆ティファニーからの招待状!☆☆

先月末に我が家に届いた招待状。

得意先でもない我が家に?!

ティファニー リニューアルオープン記念の

パーティにお招きを受けました。

このお話は次回に!

すごい体験をしてきましたよ!!



Monday, December 01, 2014

気にしてなんかいられない!☆ Shake It Off!



こんにちは!はしもとのり子です。

今日は雨。これから気温が下がりそうですね。

だって、12月ですものね。


さて、私の「ちょっと違うな・・・」のお話ですが、、、

私に起こる事は、全て私の中から発生することで、

私の体験談をご披露するのはいとわないのですが、


ご迷惑がかかる人が出るのでは…と案じ、

具体的なことは書けないな、、ということで、

お約束をしたにも関わらず書くのを止めることにしました。


今日は、その時にヒントをもらった歌について書くことにしました。

誠に申し訳ないです。



「何だか・・ちょっと違うな 」と、感じ始めて、

相手との価値観の違いなどを考えている頃に、


カーラジオから流れてきたある曲を聞いて、

色々な迷いが、一瞬で消えていきました。


それは、SEKAI NO OWARIというグループの

"Dragon Night"という曲です。

私に響いた歌詞を記しますね。

:--:--:--:--:--:--:--:--:--:--:

  人はそれぞれ「正義」があって、

  争い合うのは仕方ないのかも知れない。

  だけど、僕の嫌いな「彼」にも彼なりの理由があると思うんだ。


  人はそれぞれ「正義」があって、

  争い合うのは仕方ないのかも知れない。

  だけど、僕の「正義」が、きっと彼を傷つけていたんだね。

 :--:--:--:--:--:--:--:--:--:--:

私は、誰かと何かあった訳ではなく、

私が勝手に、ある人との会話で傷ついていたので、

相手が悪いとか全く思ってなくて、


この感情は、

自分の中の何と響いているのか、

自分の中の何が傷ついているのだろう

自分の中の何がこれを引き寄せているのだろう


そして、

私の何を改めていけば良いのだろうか・・・

などと考えていましたが、この詩を知った時に、


相手は何の悪気もないこと。

私だって、私が何気なく話すことから、


私の価値観や「正義」が、

誰かを傷つけることがあるのだと


ただただ、そういう事なのだと

淡々と静かに受け止めることが出来ました。



そして、今日はもう一つ!

「気にしない」 「振り払う」 という意味の題名が付いてる

私の元気が出る歌を紹介します。


今、ヒット中のTaylor Swiftの"Shake It Off"です。

こちらも私の気に入った歌詞を一部だけ紹介しますね。

:--:--:--:--:--:--:--:--:--:--:

  夜遊びばかりしているから

  私の頭は空っぽなんだって

  世間ではそう言われてる


  いっぱいデートしているのに

  いつも振られてばかりだって

  世間ではそう言われてる


  でも、私は進み続ける

  止められないし 止まるつもりもないの


  私の心の中にあるこの曲が

  『きっと大丈夫よ』と言ってくれてるようだわ。


  遊び人は、遊んで遊んで遊び続ける

  私を嫌う人は、嫌って嫌って嫌い続ける

  私はShake It Off、Shake It Off、Shake It Off

  振り払うわ! 気にしないわ!


  傷付ける人は、傷つけて傷つけて傷つけまくる

  ごまかす人は、騙して騙して騙し続ける

 

  私はShake It Off、Shake It Off、Shake It Off

  気にしてなんかいられないわ!

:--:--:--:--:--:--:--:--:--:--:

彼女らしい負けん気のある痛快な詩です。

今、自分を鼓舞する時のお気に入り曲です。


歌を聞いたり、本を読んだり、映画やTVドラマを見て、

物の見方のヒントを得たりして


その時の気分が変わることは、

深く考えるよりも、軽いエネルギーになって、

次に起こることも変わってきます。


私も、"Shake It Off"を流して、

私流に??踊って、気分を変えてから仕事すると捗る気がします。


楽しくなりますよ。

You Tubeなどで検索して、一度聴いてみて下さいね。

だって、「気にしてなんかいられない!」 だもの。


Shake It Off !Shake It Off !Shake It Off !

前を向きましょう!


☆☆Taylor Swift☆☆

2013年のVictoria's Secretのファッションショーでの

モデルに負けない堂々とした見事な歌いっぷりに圧倒されて

それから好きになりました。



Wednesday, November 26, 2014

すべては、約束されているのでしょう。



こんにちは!はしもとのり子です。

日が経つのが何て早いのでしょう!


最近の私。

夏の終わりから秋の深まりにかけて、

人前に立つ仕事は殆どありませんでしたので、

研修や講演の仕事をすると


「私は何て素晴らしい仕事に就いているのだろう!」と、

自分の仕事に自分で感動しています。


さて、今日の写真は素敵なご本。

これは、23日に行われた天瀬生恵さんのワンマンライブで、

ピアノに合わせて朗読された本です。


コンサートの最後に生恵さんによる抽選があり、

何と!当たり!ました。


何となく当たる予感がしていたのです。

昨年のRUNWAY主催の聖なるティーパーティで、

空宙さんのピアノに合わせて生恵さんが朗読されたご本です。


私も手に入れようと思いながらそのままになり、

ステージで、その本を見た時に、

再会できたような懐かしいような気持ちになったのです。


そして、生恵さんからもこんなメールが届きました。

一部抜粋してご紹介しますね。


  『 サンタクロースのご本は

  やっと持ち主に帰られたように感じました。


  昨年、のり子さんにお見せしたいなぁと

  思って購入したあの時のご本なのですから。


  ほんとうにすべてがもう

  約束されていたことなのだろうなと…』


昨年のパーティの時のブログにも書きましたが、

「のり子さんこれね…」と、見せてくださった時から、


いえいえ、その前に、

生恵さんが、「のり子さんに…」 と、思ってくださった時から、


いえいえ、もっと前から、、、

この本が、私の手元にやってくることが、

ちゃんと約束されていて、

その準備が進められていたのだと

そして、一番良いタイミングで、それが叶うのだと思いました。


今、皆さんの手元にあるもの

或いは、人や出来事・・・

全ては、ちゃんと約束されていたことなのでしょう。


今から起こる事も

明日、出会う人も

そして、未来に叶う夢も


全ては、そのタイミングを待っているのでしょう。

そして、その為の準備がなされていることでしょう。


夏に開催される予定でした生恵さんのバースデイワンマンライブは、

台風で延期になりましたが、

その、数か月後の先日のコンサートは、

愛に満ちた祝福されたものとなりました。


人が恐れを抱きながらも、

チャレンジしていく姿は最高に感動的です。

チャレンジした後の風景は圧巻でしょう。


その地に立つ爽快感が分かるから、

未来に起こる事が不安であっても、

そこに行こうとするのでしょう。


日々の中でも、その爽快感を味わうことが大切ですね。

小さなことでも、その積み重ねが、

私たちを大きな感動的な風景に運んでいってくれます。


私は今、締切のある仕事をしているので、

毎日のTo Do リストのチェックで、

自分を褒めてあげたい爽快感を味わっています。


それから、、、

前回のブログに書いた、私の「ちょっと違うな…」の事について、

ブログで紹介してくだされば嬉しいとのお声を頂きました。


次回、そのことについて書いてみましょう。


11月ももう少し。

気忙しい毎日をお送りと思いますが、

イベントの多いシーズンでもありますから、

楽しみましょうね!


☆☆サンタクロースっているんでしょうか?☆☆

ようやく会えたね!

買わなくて良かったよ。


生恵さん

素敵なご本を運んでくださってありがとうございました!


天瀬生恵さん公式HP

素敵なステージと感動をありがとう☆

拍手! 乾杯!

Saturday, November 15, 2014

4年前の願いが叶う!



こんにちは!はしもとのり子です。

グンと気温も下がってきましたね。


気が付けば11月半ば(・_・;)

ブログの更新がなくて、

「寒くなったので体調はいかが?」と、

ご心配をくださって…有難いことです。


私はお陰様で元気に過ごしてます!

新しいご縁の仕事も頂いて感謝の毎日です。

このご縁は、A氏との出会いが始まりでした。


何と、A氏との出会いは4年前。

A氏は、ある教育機関の理事をされていて、

出会った時から、

「ぜひ、あなたに講演をしていただきたい。」 と、

言ってくださっていました。

私も、「ぜひ!」と切望し、

その日を心待ちに待っていたのです。


それが、この12月にようやく叶います!


なぜ、4年経っての実現なのだろう…と思う時、

この4年間は必要だった!と心から思え感謝なのです。


なぜなら、今の私は、

4年前とは違う観点で、しかも聴いて下さる方々に、

もっともっと心を添わせて講演が出来ると思っているからです。


それは、私がこの4年の日々を

恐れながらもチャレンジしてきたからこそ、

そして、痛みも味わい、多くの学びがあったからこそ、

だと、心から思えるからです。


当時の、事がスムーズに運ばなかったことを必然と受け止め、

この感謝の気持ちを講演で報いたいと思っています。


そして、私たちは、

変容したら変容しただけの出会いがあるのだと実感しています。


今の自分のエネルギーに相応しいことが起こるのですね。


スムーズに流れないことを

無理やり動かそうとしないで良かったと思います。


動かす必要があるのは周りでなく、自分自身です。

流れないことに執着しないで、

そこで自分を止まらせてしまわないで、

サラリと思考を変化させ動かすことが大切だと思います。


年末まで、講演や研修、大学の授業などが続きます。

多くの人との出会い触れ合いを思うとワクワクしてきます。

体調管理をしながら

一つ一つを丁寧に私らしい仕事をしていきたいと思います。


あなたの周りで起こること

今の周りに在るものや人は

あなたの意識が引き寄せているものです。


もし、「違うな…」と、いうものがあれば、

自分の放つものを振り返ってみてください。


実は・・・私も今、

「違うな…」が、2つあります。


それを振り返り

自分の言動や奥深い思考を見直している最中です。


皆様に善き気付きがありますように!


☆☆ロイヤル・アフタヌーン・ティー☆☆

娘の誕生日をザ・リッツ・カールトン大阪のラウンジで過ごしました。

シャンパンが付いていて、お祝いにピッタリ☆

ハッピー・バースデーの演奏と共にケーキが運ばれてきて

娘は照れて、私は感激でウルウル。

プレートの文字は、「輝かしい未来に!」です。


Friday, October 31, 2014

堂々とバッターボックスに立っているだけでOK!?



こんにちは! はしもとのり子です。

気温がグッと下がってきましたね。

紅葉便りが聞かれる季節となりました。


さて、昨日は、

プロ野球日本シリーズでソフトバンクが日本一となりましたね。


今年は、阪神が勝てば29年振りに日本一になる可能性があるということで、

日頃、野球中継を観ない夫も、この数日はテレビに向かっておりました。


試合は、阪神の守備妨害ということで、

あっけなく終了の幕が引かれたのですが、

夫は、守備妨害よりも

「なぜ、あの場面でバットを振るんだよ!」 と怒っておりました。


どうやら、ソフトバンクのピッチャーが

プレッシャーからか、フォアボールを連続して出してしまい、

阪神の選手がバッドを振らなければ、

押し出しで同点になっていた可能性があったからだそうです。


そうすれば、試合展開の流れは阪神にやって来て、

阪神が逆転勝利に持っていけたのに・・・

と残念がっていました。


そして、突然、夫は私に向かって言いました。

「のり子さん、

のり子さんは、堂々とバッターボックスで立っているだけでいい。

それだけで、相手はビビッてしまうんだから。

のり子さんが不安に思っていたら、負け。

ボール球が来てもバットを振ってしまう。」


一瞬、何のこと? と思いましたが、直ぐに

些細なことで気弱になる私へのエールの言葉だと分かりました。


なるほどね。

私は、堂々とバッターボックスで立っているだけでいいんだ。


分かるような分からないような

でも、なぜか元気の出る言葉です。


夫は阪神ファンではありませんが、

夫の亡きお父さんが阪神ファンで、

29年前のことが懐かしく思い出されていたようです。


夫にとって、この数日は、

お父さんと一緒に観戦しているような気持ちになっていたのかも知れません。


「いつも堂々としていよう」と、背筋が伸び、

そして、父と息子の交流が、温かい気持ちにさせてくれた夜でした。


どう?

「堂々とバッターボックスに立っているだけでいい!」

この言葉に、グッとくるのは私だけ?



☆☆ がんばる娘 ☆☆

娘のアメリカでの職場は、

ロサンゼルスのビバリーヒルズにあるそうです。

渡米に向けて、本社での研修にがんばっています。

これは、ハロウィンのイベントの一コマ。

楽しんでいるようで安心です。


Monday, October 27, 2014

「聞いて 聞いて!」って、聞こえてきませんか☆



こんにちは! はしもとのり子です。

今日は近畿地方で木枯らし一号が吹いたようで、

冬の足音が聞こえた寒さでした。


さて、前回のブログに書きましたが、

私はまだまだ発展途上中で

何か気付きがあると嬉しくなるのです。


それが、例え小さな子ども向けのお話であっても、

何気ないテレビドラマの会話であっても、

「すごいなぁ」 「そうだよね」 「そうか~なるほど~」と

感動したり共感したり、納得したりする瞬間が大好きです。


そして、それを気付かされることに感謝することが嬉しいのです。

きっと私は、それを見つける為に本を読み

映画のスクリーンやテレビに向かっているのかも知れません。


もっと、大きく表現したら、

それらを味わう為に生きているのかも知れません。


それほど、私にとって日々の心の動きが重要。


今も、机に向かいながらも、

ベランダの洗濯物が揺れているのを楽しみ

運動場からの子どもたちの明るい声に心を弾ませています。


私にとって、

心が動くことは生きている実感です。


喜びも悲しみも、

生きているから心が動くのですものね。


「何を成し得たか」 も大切なのかも知れませんが、

日々、どう味わって過ごしたのか・・・


それを積み重ねていくことが、

もっと大切なのかと思うのです。


「味わう」・・・奥が深い言葉です。

そう思いませんか。



心が動くとき・・・

「聞いて 聞いて! こんなことがあったよ!」と、

まるで、幼子が母親に聞いてもらうように、


自分の心が自分に 「聞いて 聞いて!」と、

言っているような・・・


「そうようね。そうなの。それからね・・・」と、

子どもの私が、母親に話しかけているような、

そんな気持ちになれるのです。


皆さんも耳を澄ましてみて、

「聞いて 聞いて!」って、あなたの心が言ってませんか。


☆☆ お昼寝 ☆☆

私の机の前の窓際でお昼寝する みやちゃん。。。

この姿を見ているだけで ほっこりします。


Monday, October 20, 2014

自分で自分を縛っているのかも?




こんにちは!はしもとのり子です。

秋は食卓につくのが楽しみですね。

新米も秋刀魚も美味しい!

栗も柿も梨も、ぶどうもりんごも…!

大好物ばかり。


秋は豊穣の季節

大地と繋がる力強さを感じます。


さて、この夏に仕事への気力がなくなって

外出せずに家で過ごす時間が増えたある日の娘とのやり取りを聞いてください。


 私 「今日は一日何もしなかった・・・」

 娘 「そんな事は絶対ないよ~何かしたよね?」

 私 「洗濯して、ご飯作って、、、」

 娘 「充分やん。」

 私 「えっ? そぉ~?」

 娘 「お母さんは家事を重要に思ってないから

    そう思うのと違う?」

 私 「?・・・そうかも、自分で自分を縛っているのかも。」


決して家事を価値のないものとして思ったことはなかったけれど

私は両親の働く姿を見て育って、

結婚しても、子どもが生まれても働き続けることが当然のように育ってきたのです。


だから、『 自分の価値は仕事をして収入を得ることだ 』 と

思い込んでいたのかも知れません。


そして、私の悪い癖。

もっと頑張らないと・・・と思ってしまう。


みんなはもっと頑張っている・・・私は、こんな事しかできていないと

自分への価値を見いだせずにいたのでしょう。


人へのアドバイスはできるのに、私は自分への評価はいつも厳しいのです。


何でもない会話でしたが、目から鱗でした。

それからは、例え小さな家事であっても、

それをする自分に価値を見出すようになりました。


毎日仕事で疲れて帰宅する夫の為に

・ベッドを整える事。

・洗濯したてのパジャマとタオル。

・湯気の出る炊き立てのご飯とお味噌汁。


これだけは、ちゃんとしようと心掛けることで、

毎日が充実し始めました。

夫への後ろめたさもなくなったのです。


自分で自分に勝手な価値観を持たせてしまっていたことに反省。

私の中の「私」は、

自分に認めてもらえず悲しんでいたでしょうね。


思い込みを外すことで、

私の縛りがなくなり、自分を認めることもできました。


そして、当たり前にしてきた行為が、

未来ある主張をし始めてきました。


歯磨きも、ただの習慣ではなくなり、

これからもずっとピカピカの歯で居る為の「今」だな、と思え


歩いていても、

「姿勢を正そう。若さは姿勢からだな。」とか、

お風呂で体を洗う時も、マッサージをするように擦り

「血行が良くなるなぁ、

この日々の積み重ねが元気を維持するのだな。」 などなど。


生活の中の楽しみが増え、「今」という瞬間を楽しみ、

未来の明るさも感じるようになりました。


まだまだ、私は発展途上中!

そんな自分が嬉しくなる気付きでした。


仕事に追われる時には感じなかった事が見えてきて、

この気力不足の期間に、私は大切なことを教えられています。


自分にダメ出しをする時、

自分勝手な偏った価値観を持っている時なのだと思います。


ご自分にあてはめて考えてみてください。

自分に課している 『ねばならない』 に気付くかも知れませんよ。


☆☆運動会☆☆

上は小学校 下が幼稚園・・・可愛いです。

自宅前の小学校では、小学校、幼稚園、保育園、町内会

計4回もの運動会が開催されていました。


太鼓や歌、活気ある音楽に応援の元気な声・・・

私には、生きている喜びのように聞こえてきました。


Friday, October 17, 2014

感謝! 私、ちゃんと引き寄せている!



こんにちは! はしもとのり子です。

秋晴れの昨日

私にとって大変光栄な一日でした。

姫路にある企業の取締役のK様が退職されるということで

わざわざ、遠方より訪ねてきてくださいました。


突然のお電話での退職のお知らせ。

複雑な気持ちでいっぱいになりました。


その方との出会いの奇跡や、数々の受けた恩恵

わざわざお電話を下さることへの光栄な気持ち


その方に喜んで頂きたいと

一心に仕事をしてきた自分を思う寂しさ、、などなど


何とも言えない

言葉に出しても、どんな事をしようが

K様への伝えきれない思いでいっぱいになりました。


退職のご挨拶は、

『いつも、遠方から来てくださるから最後くらいはね。』 との

お言葉に甘え、

昨日、RUNWAYまでお越しくださいました。


お昼ご飯を食べて頂こう!と思い

私の精一杯のおもてなしをさせていただきました。


感謝と出会った記念にと、

大好きなミキモトでプレゼントをご用意して

心を込めてカードを書いて・・・


不器用な私ですが、

掃除をして、前日から食材を用意し

朝から走り回り、、そんな自分の行動で

「もてなす為に走り回ること」と言う、

『ご馳走』の語源に我ながら納得していました。


「姫路」 と 「大阪」

距離を越えて必要な人と出会えることの不思議を感じます。


鳥取大学様も 「鳥取」と「大阪」です。

普段すれ違うこともない人が出会うことの不思議。


偶然でない必然が目の当たりに起こると

「引き寄せる」ということが納得できます。


目の前で起こること、人との関係も

双方が引き寄せたことなのですね。


人生における大きなイベントであっても

日常のささやかな出来事であっても。


先日、時間がなくて焦っていたら、

更に焦る状況に陥りました(・_・;)


そんな時は深呼吸。

気を整えることが大切ですね。


ほら!

今、あなたの頭上には、

キラキラと愛のエネルギーが降り注いでいますよ。

そう、思うだけで、

キラキラの輝くパワーがみなぎってくるから不思議ですね。


キラキラのエネルギーで、

善きことを引き寄せてくださいね。


☆☆ご用意したプレゼント☆☆

赤のラッピングは私がしました!

今回は全てにおいて我ながら完璧!


K様とのお付き合いは5年。

その間を振り返ると、

「あなたは間違っていませんよ。

今のままでいいのですよ。」

という無言のメッセージを受け取っているように思います。


K様は、利益・数字を追いかけながらも、

人の心根を大切にされる組織の幹部でいらっしゃいました。


私を見つけてくださってありがとうございます。

等身大の私を愛してくださり

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

K様のお幸せを心からお祈りしています。



Tuesday, October 14, 2014

子どもの私を大切に!



こんにちは! はしもとのり子です。

今日の大阪は、台風一過の青空が広がる一日でした。


前回は、「陰」と「陽」のことを書きました。

陰と陽は、大きなテーマで、簡単に書き表せるものではありません。


人生という長いスパンの中で起こる大きな波もそうですし、

1年の中での季節も陰と陽があり、健康でも仕事でも、

また、人間そのものや日々の営み出来事に

陰陽が調和されていることが大切です。


東洋医学でも「実」と「虚」があり、

このバランスを取る事が健康の条件とされています。

これも陰陽なのですね。


細かいことだけれど、例えば、日常の中でも・・・

集中していたら、休息を取る。

戸外で過ごしてばかりでなく、屋内で過ごす時間も持つ。


近くばかりを見ていたら、遠くを見ることやら、

屈んでいたら、背筋を伸ばす・・・などなど。


与えてばかりでなく受け取ることや、その反対もそうですし、

活動期ばかりでなく、充電する期間も必要なのです。


私は、自分の社会的な立場に重きを置いて、

考えたり行動していると、

  (これは、人目や評価としても捉えても構いません。)

自分が置き去りになってしまうことがあります。


これも、私自身の思考の陰陽の調和が取れていなくて支障が出る原因です。


今回の私のきっかけは、体調不良でしたが、

それも、思考から来てる場合もあります。


だから、今回も、

自分の心に正直に子どもの私になって

やりたい事、ワクワクする事をして過ごしていました。


今回は、洗濯!


雨が多かった夏の終わりは、

いかに早く乾かすか、、ということに拘り、

毎日、毎日、あらゆるものを洗濯していました。


効率良く洗濯機を回し、干し方を工夫して、

乾いた順に取り込んで畳む…この一連の作業をしていると

ワクワクしました。


夫のベッドを整えることも

夫が気持ちよく休めることを想像するだけで楽しい仕事となりました。


汚れが落ちて、清潔になり、

お日様の下(もと)で、パリッと乾く!


洗濯は考えるだけでワクワクする仕事でした。

洗濯以外にも、お楽しみはあるけれど、、、

それは、絶対公開できないヒ・ミ・ツなのです。


皆様のワクワクは何でしょう。

一日の中で子どもの自分が喜ぶワクワクを

自分の中の「○○ちゃん」に聞いてあげてくださいね。


そして、聞いたら実践。

遊びは大切な自分へのご褒美ですよ。


☆☆我が家の洗濯物!☆☆

バルコニーの3方向が洗濯物!

風に揺れて、見ているだけでワクワク。

眺めては、乾き具合をチェックしていました。


Friday, October 10, 2014

陰と陽を調和させて弾みを付けていきましょう☆



こんにちは! はしもとのり子です。

8日の満月で皆既月食・・・という夜に、

我が家に素晴らしい秘密のお客様が来てくださり、

暫くご一緒に過ごすことになりました。


さて、有り難いことに

今月に入ってから元気が戻っています。

すると不思議ですね。

私の周りが賑やかになりました。


お茶しながらの友人との語らいやら、

久しぶりにお電話でお話をしたり、

「のり子さんのお顔がふと浮かんで…」と、秋の実りを送って下さったり


そして、仕事関係の人からの連絡が次々と入り、

仕事の依頼も来るようになったこと。


自分の放つエネルギーは正直ですね。

自分の状態が、そのまま目の前の現象として表れてきます。


「表現できない…」と思っている時には、

人前に立つ仕事は来ないのですからね。


このような休息の状態になることは、

決してマイナスな事ではありません。


何事も 「陰」と「陽」の二面性があり、

「陽」の時ばかりを良し!としていたら、

疲れ切ってしまい、思わぬ落とし穴に出会います。


そして、自分が 「陽」ばかりを放っていても、

周囲の人は疲れてしまいます。


私も、このようなサイクルを自分で感じて、

「陰」の過ごし方も心得るようになりました。

今回は、個人レッスンが楽しく、

新しい出会いも楽しめました。


そして、何よりこの時期は、

私の中の子どもの部分を癒すことが大切だと思っています。


私がその時に心から喜べることをするのです。

私が何にワクワクしていたのかは、次回にご紹介したいと思います。


秋も深まってようやく元気を回復させてきた私ですが、

つくづく、思うことは、、、


『 あれこれ悩み、

模索しながら生きる私で良かった 』ということ。

本当に有難いことです。


私は、伝えていくという仕事をしていますが、

そういう職業にありがちな、

「こうです! ああです!」

「これが正しい。これは間違っている。」 と、

言い切る人でなくて良かったとつくづく思うのです。


社会の中での様々な立場や、

置かれている状況を理解し導くことが出来る人は、

自分も経験を通して学び、

寄り添う努力をしている人だと思うからです。


研修や人材育成に関しての仕事は、

依頼主の想いを理解して、

受講生に寄り添い、

仮説を立てたり、問題提起をしたり、

答えを用意して示していくのではなく、


共に、みんなと一緒に考えながら、

懸け橋になれる人でありたいと改めて思いました。


私たちは、いつも明るく楽しいわけではありません。

明るく楽しい自分でいる為にも、

「陰」を受け入れて楽しむことも必要です。


陰と陽を上手に過ごして

陰の時には、力を貯めて

陽の時は、持てる力を発揮していきましょう。


どちらが過剰になってもいけないのです。

陰と陽を調和させることが大切ですね。



☆☆8日のお月様☆☆

お月様が欠けて見える様子は上手に撮れませんでしたが、

宇宙のタイミングを感じた夜でした。




Tuesday, October 07, 2014

背中を押してくれた桑田真澄さん☆



今日の大阪は秋晴れ。

手足を伸ばして深呼吸がしたくなるようなお天気です。

こんにちは!はしもとのり子です。

10月1日。

朝目が覚めると、「今までの私と違う!」と力強く思いました。


その通りその日は

私の心が動き、きっと人生の節目となる!

と思うような感銘を受けることがありました。


その予感を示唆するように、

朝一番に、お一日なので氏神さんにお参りに行きましたが、途中で

「おみくじを引こう。きっと大吉。」 という確信を持った通り、

引いたおみくじは「大吉」。


そして、感銘を受ける出来事が…

ひょんなことからお招きを受けて、1日の夜は

元メジャーリーガーの「桑田真澄氏」の講演会に行きました。


私は、以前から桑田真澄さんが好きで、

本も読ませて頂いていましたので、


『 目と目を合せるぞ!』 『 絶対に会話する!』 と

意気込んで行きました。


すると結果、私は・・・

450人も居る会場の中から選ばれて、壇上に上がり、

PL学園時代 甲子園で活躍した当時のユニフォームを

何と!桑田さんの手で羽織らせて頂きました!


目と目を合わせて、会話も出来て、

サイン色紙も手に入れて握手も出来たのです。


そして、何よりも

桑田さんの話の内容に心が動き、

今の私のスランプ打破に繋がる答えを沢山頂きました。


『 私は、野球というスポーツを素晴らしいと思っています。

しかし、超競争社会の残酷なスポーツでもあります。』


という、言葉で講演が始まりました。


一言も漏らすまい!とメモをしてきましたので、

また、お話をする機会があればお伝えしたいと思います。


夫からは、「桑田さんの代りに講演できるね。」と、

半ば呆れられたように言われていますが(笑)


それほど、感動したのです。

今の私に必要な言葉の数々でした。


そして、

私がラッキーに壇上に上がることが出来たのは、

恐れずに行動した結果です。


「誰か私のお手伝いをしてくれませんか。」との

桑田さんからの問い掛けに、待ってましたとばかりに

1番に「はい!」と思いっ切り真っ直ぐに手を挙げたのです。


桑田さんからは、「お~早いですね。

女性の方が手を挙げて下さいました。」と言ってもらいました。


PL学園のユニフォームにグローブ

桑田さんから羽織らせてもらったユニフォームは、


『私の背中を押してくれる』 かのようで、

今も背中にそのエネルギーを感じます。


その後、偶然に開いた本のページには、

  「動きなさい。心が軽くなるまで

   動きなさい。体が軽くなるまで。」

と書かれていました。


行動した結果、

私の背中を押してくれる出来事を引き寄せました。


そして、桑田さんの講演に招かれたのは、

きっと、私を守ってくださる何かが、引き合わせてくださったのでしょう。


私が私らしく存在することが、

私が生かされていることへの感謝の証として、


自分の持てる力に蓋をしないで、

楽しめる私に戻ろうと、そう思いました。


気にかけて応援くださった方々

ありがとうございました。


言葉にならない感謝の想いで、

お一人おひとりを思い浮かべて感謝しています。



皆さんも、何かに背中を押されることはあるでしょう。


背中を押してくれたのは、自分以外の何かだけど、

それを引き寄せたのは、「自分」 です。


そう!

「自分」はすごいです。



☆☆桑田真澄さんのサイン☆☆

「挑戦」という言葉

「試練」について話された時に「挑戦」という言葉が出てきて、

桑田氏の講演で身近に感じることが出来るようになりました。



Monday, September 29, 2014

どんな素晴らしい世界が待っているのか…曲がり角の先を楽しみましょう!



  『自分の未来は、まっぐに伸びた道のように思えたの。

  ずっと先まで見通せるような気がしたの。


  ところが今、曲がり角に来たのよ。

  曲がり角の先に何があるのか分からない。


  でも、一番良いものに違いないと思うの。』


こんにちは! はしもとのり子です。

ご無沙汰をしてしまいました。

さて、この文章は、

ルーシー・モード・モンゴメリ著 「赤毛のアン」の一節です。

私の世代の女性なら多くの人が読んだことでしょう。


私がこの一節を取り上げたのは、

私が前に進めない状態で居るからです。


掴もうと思えば掴める目の前のチャンスにも乗れない。


徐々に回復しつつありますが、

仕事への意欲が薄れてしまっていました。


企業様に提供している研修内容の一部について、

「ホントにそれ必要なの?」と思ってみたり、


あれも、これもしたいな、、と、

いつもなら、次々にワクワクしながら湧き上ってくるアイディアも、

例え浮かんできても、気持ちが乗らないようになりました。


でも、先日のNHK 連続テレビ小説 「花子とアン」の中で、

ヒロインがこの言葉を発した時、


「 私は目の前の曲がり角を曲がるのを恐れている。

曲がり角を曲がったら、

そこはきっと素晴らしい世界が待っているはずなのに恐れてしまっている。」

そのことに改めて気づき、勇気をもらいました。


曲がり角を曲がると、

まだ見ぬ世界が待っている…

その世界を恐れるか

最良のものであると信じる事が出来るかどうか…



「赤毛のアン」には、

孤児のアン・シャーリーが、マシューとマリラの兄妹に引き取られ

いつも想像力豊かに物事の良い面を見ながら力強く生きていく姿が描かれています。


そして、名言も沢山あります。


例えば…

腹心の友 ダイアナに言った言葉。

  「今日の夕方はまるで紫の夢みたいじゃない、ダイアナ?

  生きているのがしみじみ嬉しくなるわ。

  朝になると、いつも朝が一番いいなと思うんだけれど、

  夕方になると朝よりもっと美しいなと思うのよ。」


薔薇の花を見ては…

  「あら、早咲きの小さな薔薇が一輪咲いているわ。美しいこと。

  あの花は自分が薔薇であることを喜んでいるに違いないわよね。」


そして、こんな言葉も…

  「あたしは自分のほか、だれにもなりたくないわ。」


だから、私も

私が私であることが誇りであるように、

勇気を出して曲がり角を曲がる事に決めました!


皆さんも、私のように恐れてしまわずに、

どんな素晴らしい世界が待っているのか・・・

曲がり角の先を楽しみましょう!





☆☆タイミングを逃しましたが・・・☆☆

上の写真は、満月の光を浴びる「みるきー」と「あん」

下は、お団子もパチリ

満月の日の後にブログをアップしようと、この写真を入れてました。

3週間もブランクがあったけれど、

回復するまで焦らずに歩みます。



Monday, September 08, 2014

Believe! You can do it!!



こんにちは! はしもと のり子です。

うっかり、ぼんやりしていたら、季節は、すっかり秋。


そして、今日は中秋の名月ですね。

子どもの頃の、

すすきと一緒にお団子をお供えした光景が目に浮かび

忙しいながらも

季節感を大切にしてくれた母への感謝が湧きあがってきます。


さて、テニスの錦織選手の快挙!

全米オープン男子シングルスで決勝進出を決めましたね。


錦織選手が、試合中もコーチからかけられる言葉は

「Believe! You can do it!」


「信じて! あなたならきっと出来る!」

私たちも、この言葉を常にシャワーのように浴びたとしたら…

そう、私たちは何でも出来るのですね。



Believe ということで、今日の写真は・・・

我が家のバルコニーでの娘とのブランチ風景。


春から夏にかけて、

頻繁に娘が泊りにきた時期がありました。


私は、お揃いで色違いのパジャマを購入して、

娘が宿泊するのを楽しみにしていました。


そして、何時間も語り、

夢を具体的に話し、

お互いを鼓舞しながら過ごしていました。


自分の未来は、

誰も目で見ることが出来ない。

でも、不安に思わず、信じることが大切。


分かっているけど、、

不安が募ってくるもの。


今の自分のエネルギーを高めることで、

想いは叶っていく

扉が開いていく。


「Believe! You can do it!」

「Believe! I can do it!」


娘にも私にも

そんな時間が必要で大切でした。


一生の間の貴重な母娘の時間。

この時間を与えられたことに感謝です。


そして、娘との気ままな生活を

許してくれた夫にも感謝。


娘は、夢への扉が開き、

新たな大きな夢に向かって歩み始めます。



信じることが大切だと、

今、錦織圭選手が身を持って教えてくれています。


誰かを応援する

「Believe! You can do it!」


自分を信じる

「Believe! I can do it!」


9日の早朝、決勝戦が行われます。

Believe!!



☆☆ブランチ☆☆

有り合わせでも、

盛り付けや、クロスでおしゃれに♪


娘へ

忘れないよ! 素晴らしい時間を。



Wednesday, August 27, 2014

「豊かさ」届いてます☆ありがとうございます


こんにちは!はしもとのり子です。

ご無沙汰しました<(_ _*)>

8月も終わりですね。

先日は、コオロギを発見。

朝晩は秋の気配を感じるようになりましたね。


さて、私は、、、前回のブログでもその気配を見せておりましたが、

酷暑の後の低気圧でバテておりました。

お仕事で人様にご迷惑をかけないよう

必要最小限のことだけをして一日が過ぎる毎日でした。


メールやお手紙の返信ができずに失礼しております。

さて、バテバテの私も、

明日からの東京出張を控えて何とか気力が戻って参りました。


そんな日々の中でも、

豊かな気持ちにさせてくれることが色々とありましたよ。


お盆が明けた頃、

好物のみょうがに手作りの紫しそジュースが届きました。

このしそジュースがとっても美味しくて!


私が嬉しかったのは、

好物だからとか、夏バテにいいとか、

もちろん、それも嬉しいのですが、


『お福分けが数珠繋ぎ』になっていたということです。

送ってくださったその方は、自分への頂き物を私に分けてくださったということ。


そして、その方に送った方も、頂き物でジュースを作ったということでした。

幸せのお福分けが数珠繋ぎになっていたのですね!

だから、私もちゃんとお福分けを繋げましたよ。


それから、夏のご機嫌お伺いのお手紙やメールなどが届いたこと。

体調が悪いと心も閉ざされがちですが、

そんな心に灯がともりました。

皆さま、ありがとうございました。


これらの方々は、セミナーにご参加くださった方々です。

2年間の間、セミナーで一緒に学んで

終了した後も、このようなお付き合いをさせていただけることが

光栄であり、誇りでもあります。本当にありがとうございます。


頂いたお手紙からは、

自分の心に素直になる生き方が伝わってきて、心がほっこりしました。


「のり子さん、どうなさってるの?」というメールなども届き、

お返事がままなりませんが、気持は感謝でいっぱいです!


私も、まだまだ発展途上中!

皆さまと共に歩んで成長していけることが嬉しく思う2014年の夏の終わりでした。


明日から、東京で研修!

楽しんできます!


≪追記≫

今日は、セミナー受講生さんで、ご活躍中の木口香さんのブログを紹介します。

『リンパ療法師Kaoriのブログ』


「知りたい!」気持ちに溢れる香さん。

健康に関するお勉強で、その好奇心が発揮されているようです。

自然を愛し小さな幸せを見つけるのがお上手な香さん。

心を込めて、リンパ療法をしてくださいますよ。



☆☆私に元気をくれた食べ物☆☆

グレープフルーツに、しそジュース

新生姜の黒酢漬けにみょうがの黒酢漬け

黒酢漬けにはまって、ゴーヤやら玉ねぎやら、

何でもかんでも、黒酢に漬けてます。



Monday, August 18, 2014

「不快」ではなく「快」にスイッチを!


こんにちは!はしもとのり子です。

毎日のように環境省から熱中症の注意がメールで届くのですが、

甲子園の高校野球の球児や応援の人たちは大丈夫かしら…と案じてしまいます。


皆さま、お元気にお過ごしでしょうか。

私は、この暑さで気力を失い少々バテ気味。


ということで、

私はBGMにハワイアンを流してます。


人間の脳は、賢いのか単純なのか・・・

風鈴の音や、滝の音を聞いただけで、涼しさを感じて、

体温が下がるそうですね。


イメージするだけで、体感できるのですから、

これを利用する手はありません。


今年は、ベランダから楽しめる淀川の花火も

小学校の校庭での盆踊りも中止になって、

夏の風物詩がなくて残念に思っていたのですが、


イメージするだけで、瞬間移動できるのですから

いつでも、どこでも、私は体感できるのですよね。


大地に響き渡る打ち上げ花火の音

バチバチと火花を散らしながら夜空を彩る光の花々

夜空のキャンパスにキラキラと宝石のような光が次々と・・・


・・・ほら

体感できるでしょう?


これは、人が持つ素晴らしい能力ですね。

だから、いつでもどこでも、

私たちは、選ぶことができるのです。

「快」か「不快」か・・・を。

「心地良さ」 「幸福感」 をいつでも選択できるのですね。


私は、風の通らない場所で長時間の仕事があるときは、

時々、ワープしています。


それは、昨年に行った「パラオ」での、

ジェリーフィッシュとの戯れや、シュノーケルで見た海の中だったり、

行ったこともないイギリスの田園風景の中に自分が居る場面などを

イメージして体感しています。


心地よい状態、理想の環境をイメージすることで、

自分から発せられるエネルギーは、本当に体験しているようになり、

その心地良い状態を引き寄せることにも繋がります。


と、こんなことを書いていますが、

「どうでもいいから、クーラーを付けなさい!」

「イメージもいいけど、早くお風呂に入って寝なさい!」

という夫の声が聞こえてきそう・・・


残暑厳しいですが、

どうぞ、皆さま、夏を楽しまれてくださいね。



☆☆愛娘みやちゃん☆☆

目覚めたら、みやちゃんのお顔が!

カメラを向けても、びっちり私の顔から離れません。

外で疲れたら、こんな可愛いお顔を浮かべるのも

心の疲労解消に役立ちます。

肉体の疲れは、ちゃんと取ってくださいね。



Sunday, August 10, 2014

起こることの真実は、きっと愛であることを!



こんにちは! はしもとのり子です。

ご訪問くださりありがとうございます。


台風11号により、四国と近畿、中国地方などの広い範囲が暴風域に入り

避難指示も広範囲に出されていますね。

皆さまの地域はどんな様子でしょうか。


さて、この台風の影響で、

楽しみにしていた毎年恒例の淀川の花火大会や小学校の盆踊りが中止になりました。

そして、このブログでもご案内をしていた

生恵さんのバースデイワンマンコンサートも中止となりました。


とっても楽しみにしていましたので、残念ではありますが、

生恵さんのご決断にエールを送りたいと思います。


今の状況を見ると、結果的に中止にして良かったと思えるのですが、

その決断を出すまでのプロセスにエールを送りたいのです。


コンサートに行く私、私たちは、

雨でも槍が降っても「行こう!」という想いはありましたが、

その私たちを守ってくださったのですね。


そして、このコンサートに参加される方々が楽器を運ばれること。

アーティストさんにとっての楽器は命ですものね。


コンサートに関わる多くの方々の大切なものを

守ってくださったのだと思います。


台風という、誰にも避けられない自然現象は、

何か私たちに教えてくれるものがあるように思いました。


この日に向けて万全な準備を重ねてきた

生恵さんやスタッフさんたち。

残念な想いは言うまでもないでしょう。


その中で出した決断は、

生恵さんを大きく羽ばたかせてくれるのではないでしょうか。


そして、たくさんの「応援の愛の力」を受けて、

更に輝いていかれるように思います。


延期公演は、秋以降に予定されています。


その時には、

バージョンアップされた生恵さん


そして、

惜しみない応援の力を届ける私たちも

更に輝きを増していることでしょう。


私たちは、目の前に起こる現象で、

「良し悪し」を決めてしまいがちですが、

その出来事にある恩恵を感じていきたいものです。


残念に思うことは、日々起こります。

「思う」ことは、その人の想いなので、真実ではありません。


感じることに 「良い悪い」 はありませんが、


起こることの真実は、きっと愛であることを

目に見えない何かの偉大な計らいであることを

信じたいと思っています。


起こることを感情や自分勝手な物差しではなく、

もっともっと高い目線で俯瞰してみることができたら、

きっと、真実が見えてくるのでしょう。



☆☆盆踊りのやぐら☆☆

運動場の真ん中にポツンと盆踊りのやぐらが・・・

文句を言うでもなく、不平不満も出さずに、

自分の置かれている状況を受け入れながら雨に打たれています。

なんだか大切なものを教えられているような気がしました。


皆さまの安全をお祈りしています。




Sunday, August 03, 2014

人間の愚かさを認めて 子どもたちの為に祈りたい



こんにちは。はしもとのり子です。

今日もご訪問 ありがとうございます。


1日のNHKのニュースを見てから、

心にずっと引っ掛かっています。

今、パレスチナ・ガザ地区が イスラエル軍の攻撃により

大変な状況になっていますね。


この日の情報で子どもの犠牲者が330人

怪我をした子どもを含めると、何千人という数字になるでしょう。


日本国際ボランティアセンターパレスチナ現地調整員

金子由佳さんがインタビューに答えていました。


「本当に言い表せないぐらい悔しい。

積み上げてきた一つ一つのものが一瞬で壊されてしまった。


子どもが武器を持って戦うわけがないわけで

それを知っていて、今まで子どもを殺している現実も

世界中に発信されているにもかかわらず

誰もこれを止められない。」


誰もが、命の大切さを分かっているはずなのに

戦争の悲惨さだって

弱いものが犠牲になることだって分かっているのに


でも、誰も止められない この惨い現実


私たち人類は、いったい何を学んできたのだろう


ニュースを見て食事をする手が止まった私に

夫は、

「人間だから仕方がないのかも知れないね。

のり子さんのやるべきことを一生懸命にすればいいんじゃない。

世界で活躍するU2のボノだって、

あれだけの平和活動をしていても、

自分の力の小ささを嘆いているのだから。」


金子さんは、2日に食料を持って現地に向かっています。

嘆くばかりではなく、彼女の役割を果たそうとしている・・・


私たちにできること

子どもたちに不安のない平穏な日々が

子どもらしい生活が送れる日が

一日も早く訪れるように祈りたい


平和が当たり前と思わずに

感謝すること

与えられている今の状況に甘んじることなく

最大限に自分を活かせるように努力したい


嘆き悲しむ人々

不安で怯えてる子どもたちの為にも

私たちは顔を上げ

心豊かに過ごしたい


自分の身の回りで、

生かされていないものがないように

全てに愛を注ぎたい


自分の心と身体を慈しみ

溢れるエネルギーを仲間に届けたい

人間の愚かさを認め

平和を祈りたい


☆☆雨の後のハート☆☆

全国で被害が出た豪雨

我が家のベランダで見つけた雨上がりのハート

戦いを終えてハート(愛)が残りますように!


Thursday, July 31, 2014

信じる? 信じない? 胎内記憶のお話



こんにちは!はしもとのり子です。

厳しい暑さが続いていますね。

でも、まだまだ暑さはこれから。

体力を消耗しないように気を付けましょうね。


さてさて、今日の話題は科学的に証明がされていないので、

「信じるか信じないかはご自由」というお話です。


先日、産婦人科医 池川明先生の講演に行って参りました。

池川先生は、横浜でクリニックを経営されているのですが、

15年程前から、胎内記憶に関する調査、研究をされ

医療現場で生かされています。


妊婦の精神状態が胎児に影響するということや、

胎教などと言われるように、

胎児の環境は影響するということは周知されていますね。

でも、胎内に居る時の記憶もあるようですよ。


子どもたちの発言ですから、

信憑性はあるのかないのか、証明することはできません。

しかし、多くの共通している内容があるということ。

限られた人しか知らない情報や、知らないであろう言葉などが

子どもの口から出てくるのです。


 「お母さんを選んできたよ。」

 「一緒のお母さんになるって、お空で約束してきた男の子がいるんだ。」

 「お腹の中に居る時にお空に帰ってしまったけど、お母さんが、

 戻ってきてほしいっていうから戻ってきて、お腹の中から出る事にしたよ。」

 「お母さんのお腹に赤ちゃんが居てるよ。女の子だよ。」

 「いつも誰かと喧嘩していたね。」などなど


出産時に自分はどんな扱いを受けて、どう思ったのか、

そんなことも記憶しているようです。


そして、空の上で、自分が生まれたら、

どんなことがしたいのかを決めてきてるらしいです。


空の上では、肉体がなく、平和で穏やかな時間が流れていて

でも、下の世界では、色んなことが繰り広げられ

私たちにとっては、苦しい経験も、

上から見たら、楽しそう!スリルがある!と思えるそうなのです。

難題を解決している様が楽しそうに映るようです。


そりゃそうかも。

私たちも映画や本などで、どこに面白さを感じるかは、

何か出来事が起こって、

それがどうなるのかのプロセスを楽しんでいるのであり、

結果を先に知ってしまっては、面白みがありませんものね。


ということは、

私たちが困難に思っていることは、人生の彩りであり、

人生を豊かなものにしていくプロセスなのでしょう。

そして、結果を知らないからこそ、

励んで行くことに面白みがあるのですね。

それが魂が磨かれていくということなのかも知れません。


結果が分かる物語はつまらない。

結果が分かってしまえば、気付きも学びも得られないのです。


空から見た地上の光景は、

何が起こっても楽しいことなのであり、


私たちが、勝手に

「良い」「悪い」を付けているだけのことかも知れません。


そして、子どもは、

お母さんの子どもに生まれることが、何よりも幸せであるということ。

親子関係が上手くいってるとか、いないとかには関係なく、

子どもが望んで生まれてくれたことに変わりはありません。


7月は、私の息子のお誕生日月でした。

娘も息子も、

私の子どもとして生を受ける事を望んでくれたのです。


それだけで有難く胸がいっぱいです。

自分達が書いてきたシナリオ通りに

人生を謳歌していって欲しいです。


子どもたちを応援し見守っていきたい。

そして、私自身も

母を選んで生まれてきたということ。

自分のシナリオを決めてきているということ。


私は胎内記憶もお空の記憶もないけれど、

それを信じることで、

生きる力

前を向く力

が湧いてきます。


恐れずに進むこと

私の可能性を引き出すことが、

自分を尊ぶことなのだと信じています。


だって、お空から見て

楽しそうと思って自分が選んだシナリオだもの・・・!


みなさんの人生もシナリオ通り

良い悪いを自分で決めているだけ。

やりたいことをやればいい!

そう思います。


信じるか信じないか・・・自分次第ですね。


☆☆伊豆 テディベアミュージアム☆☆

「トトロ」のコーナーがありました。

私の子ども達も大好きでしたよ。

「バカ! めい!」などと、二人で映画を再現してくれていました。

可愛かったな☆



Tuesday, July 22, 2014

今の自分は、人々との繋いできたご縁の証ですね。


こんにちは! はしもとのり子です。

近畿地方は梅雨明けで夏本番を迎えましたね。

先週は、鳥取大学の前期講義で

大学構内にある「湖山クラブ」という所で過ごして参りました。


鳥の鳴き声に緑の匂い…

私のお部屋の前がテニスコートなので

ボールを打つ爽やかな音の中に身を置き


触れ合った学生さんは約1,000人!

彼らからは、新緑のような瑞々しいエネルギーも頂き

鳥取での毎日を満喫してきました。


さて、今日の写真は

2週間程前に教会の礼拝堂でお話をさせて頂いた時のものです。


礼拝堂の扉を開けると

ツンと冷たく澄み渡った空気

今にも音を奏でそうなパイプオルガン

厳粛な雰囲気の中を歩き

準備して頂いた席に着きました。


私には珍しく最初は緊張してしまいましたが、

天の光のサポートを受けながら

思うままにお話をさせていただきました。


このような機会を頂き感激しています。

思い出の1コマとなるでしょう。


鳥取大学様のご縁も

この教会での講演のご縁も

人から人へと繋がれたご縁

今更ながら、ご縁の不思議を感じています。


皆さんにもありませんか。

例えば…

「あの人との出会いは、この事の為にあった。」

「この事は、あの人と出会った時からもう決まっていたことなのね。」 とか

「あの人と出会って、私は少し苦しんだけど、

それがなかったら、この事はなかった。」 とか

「何気なく人から頼まれたことで、

大きな収穫(結果・ご縁など)を得ることができた。」 とか


私も振り返ってみたら・・・

今は、ご縁が遠くなってしまったけれど、

出会いによって、私に豊かさを運んでくれた人


一緒にした仕事では実りがなかったけれど、

その人が紹介してくださった人を通して自己実現ができたこと


今はご縁が薄くなっている人とは、

当時の私のエネルギーに合った人だったんだと思えること、、、などなど


そして、自分の中で計算したことよりも

流れに任せて動いたことの方が

結果的に喜びのある場所に連れていってくれるような気がしています。


でも、計算して動いたことでも、

直ぐの結果は出ないけれども、

その経験が成長させてくれたと感じることも沢山ありますから

やってみよう!

と、湧き上る気持ちは

計算であっても、流れの一部であっても

行動していくことは大切ですね。


皆さんが素敵な出会いを通して自己実現されていかれますように!


☆☆恥ずかしいけど・・☆☆

みんなが、「マザーのり子」って言ってくださって

ちょっと、有頂天な私でした。



Saturday, July 12, 2014

チャレンジを応援!~天瀬 アフロディーナ 生恵さん~



こんにちは! はしもとのり子です。

今日は早起きをして洗濯を済ませ、ゆっくりと朝食をいただきました。

昨夜の散歩途中で買ったパンを楽しみにしていたので

サクサクと家事も捗り満足な休日です。


さて、昨日にセミナーで出会った方のご活躍について書きましたが、

今日も、もう一人

ヒーリングアーティスト「天瀬 アフロディーナ 生恵さん」のご紹介です。


この度、何と!初のワンマンライブを開催されます!


彼女はRUNWAYのレッスン生さんでもあり、

”Be Happy!”セミナーでは講師も務めてくださいました。


女神のような強さと賢さ

子どもの心を忘れないお茶目で可愛くて、

そして、ちょっとミステリアスな女性でもあります。


彼女が、1年前のご自分の誕生日8月10日に

”Be Happy!”セミナー講師をしてくださったのが遠い昔のようですが、


その1年後の8月10日(日)にバースデイ ワンマンコンサート!

初のワンマンライブで、

しかも誕生日!


1年前から会場を押さえていたことにも驚き

さすが、恐れを払拭して前を見る人なのだと敬服しました。


私も微力ながら

応援したい気持ちでいっぱいです。


天瀬 アフロディーナ 生恵さんの公式ホームページ

コンサートの案内です
 (上から2番目のイベントです)


彼女は、これから きっと素晴らしい活躍をされていくことでしょう

生恵さんの晴れの舞台

記念すべき初のライブを観に行きましょう!



☆☆”Be Happy!”セミナー☆☆

昨年の8月10日セミナー終了後にケーキで彼女のお誕生日をお祝いしました。

懐かしいなぁ


Friday, July 11, 2014

「新しい自分」 と出会う日々です



こんにちは!はしもとのり子です

ちゃんと書こう!と心に決めたのに

またまた、久しぶりの更新です。


今月に入って、遠方から会いに来てくださったセミナー受講生さんがいました。

「遅くなったけれど、お誕生日おめでとうございます」

・・・と、渡されたのが写真の花束!


まさかのサプライズにビックリ!

この春からサロンを構えて活躍している彼女から

身体に関する専門的なお話を聞かせてもらってとっても勉強になりました。


嬉しいですね。

セミナーでのご縁から出会ったレッスン生さんが

ご自分の本質を生きて活き活きとされている姿を見て

とっても豊かな幸せな時間でした。


仕事の合間でのほんの短い時間でしたが、

心弾み仕事場へと戻ることが出来ました。


ふと思ったですが・・・

初めてRUNWAYでセミナー開催したのは2年前のこと

たった2年なんて…!本当に驚きです。

最後のセミナーは、今年の2月22日なのです。


仕事場を兼ねた自宅を開放して、

セミナーをしていたのですが、もう何年も前のことのよう!


今の私は日々情報が更新されていて、

仕事でも私生活でも、毎日、「新しい自分」と出会っています。


半年前にした仕事内容と今では、すっかり内容が更新されていて、

新しいテーマにも取り組めています。


果敢にチャレンジしていける自分が嬉しいです。

そして、そのような機会を運んでくださる方々に感謝です。


運ばれてくるご縁に乗ると

新しい自分を発見していけるのです。


喜びも悲しみも、

孤独も病も

出会いも別れも

全てのことが、

皆さまと分かち合える仕事に就いていることが

素晴らしい喜びで

簡単には得られない豊かさを受け取っています。

ありがとうございます!


皆さまも昨日と違う自分を発見してください。


考え方、思い方が今までと違う・・・

新たなモノの見方が出来た!

こんな色の服も似合うんだ~♪

怒りや罪悪感を感じなくなってきている

興味あることが変化した

周囲にいる人たちの質が変わってきている・・・などなど


変化は成長ですから!


皆さまが、新しい自分

溢れる可能性に気づかれていかれますように!

毎日が、小さな幸せで溢れていますように!



☆☆ お花とみやちゃん ☆☆

お花が大好きな みやちゃん

そっと近づいて目を瞑りクンクンしています。

お花の妖精さんと出会えたのかな