Pages

Thursday, January 30, 2014

目に見えないものの応援を感じよう!



こんにちは!はしもとのり子です。

今日もご訪問くださりありがとうございます。


突然ですが、我が家の猫達は、

私には見えないものを追いかけているときがあります。

それも、みんな揃って同じ方向を見て追いかけていますから、

きっと彼らには見えるのでしょう。


時には、真剣に構えている時もあるし、

何だか嬉しそうに眺めている時もあります。


私達の周りには、目に見えないものの方が多いのですよね。

人間の目で見えるものは限られていて、

人間の耳に聞こえるものも限られていて、


見えなくても

聞こえなくても

触れる事が出来なくても

確実に存在しているもの(エネルギー)があるのです。


人間の目は、「赤から紫」 までしか見えないから、

赤外線や紫外線は、「外」 が付いているのですね。


見えなくても、ちゃんとエネルギーとして存在しています。

お陽様にあたっていると陽に焼けてしまいますものね。


見えるから存在する

見えないから存在しない

そんなことを考える時代は過ぎましたね。


私たちの目には、見えないけど

何か見守ってくれているエネルギーを感じるときがあると思います。


例えば・・・

何となく悲しいとき、

ゆとりがなく焦燥感が襲ってくるとき


そんなとき、「大丈夫…」と、つぶやくと

ふと、温かいものを感じる時があります。


側に誰もいないのに、

温かさを感じて、涙が溢れてきます。


私はこんな時もあります。

風でカーテンが揺れて心地いいなぁ と思うときや

窓から差し込む陽射しに安らぐとき


そんな、何か、ホッと心を和ませているときに、


どこからか、私に愛を送ってくれているような気持ちになって、

全てのことが有り難く思えてきて、


胸の奥から込み上げる感謝の気持ちに

涙が溢れるときもあります。


そんな時は、きっと誰か(エネルギー)が

そっと肩に手を置いてくれたり

頬を撫ぜてくれていたり

抱きしめていてくれているのかも知れません。


その存在は何なのか、など、

そんなことは気にしなくてもよくて、

私たちの周りには、

目に見えないエネルギーが存在するのだということ


私たちは、たくさんのエネルギーに囲まれて

守られて生きているということなのですね。


もしも、自分が、

恐れから、マイナスなエネルギーを放ったとしても、


気付き、願い、祈り、行動していけば、

善き方向に導こうとする何かがきっと応援してくれるのです。


気持ちがザワザワするとき、

ほんの数分であっても、


目を瞑り、外の情報を閉じて、

意識を自分に向けて、

温かいものを感じてみてください。

きっと、気持ちを切り替えて行動できますよ。


ゆっくりとリラックスしているときであれば、

理屈や論理などではない

根拠のない勇気や自信が出てきます。


どうぞ、目には見えないけれど、存在する

そんな応援のエネルギーを感じてくださいね。


日常生活は、

自分の放つエネルギーに共鳴されたエネルギーが集まってくるのですが、

それらが見えたら大変かも。


見えないから、

私たちは最善を尽くそうと意識して

魂を成長させていくのでしょう。


2月22日のRUNWAYのイベント

『 お食事会 ~春を迎える為の心と体のデトックス~ 』では、

そんな目に見えないエネルギーのお話もさせていただきますね。


善きエネルギーを引き寄せるには、

心も体も、「気」を整えることが大切です。


   詳細はこちら


皆さまが、ダイヤモンドのような輝きに包まれていますように!



☆☆目に見えるご馳走☆☆

目に見えないものも大切だけど、

目に見えるご馳走にみんな一目散!



Sunday, January 26, 2014

お食事会&ミニセミナー☆春を迎える為の心と体のデトックス☆



こんにちは!はしもとのり子です。

今日はイベントのお知らせです。


今が一番寒い時期ですね。

でも、自然は春を迎える為の準備を確実に整えてくれています。


土の中では、春に芽を出す植物が春一番を待っていることでしょう。

私達も、今年の活動の要となっていく春を迎える準備をしませんか。


春が待ち遠しくなる2月のRUNWAYのイベントのご案内です。


今回のイベントは、

「 春を迎える為の心と体のデトックス 」がテーマです。


お食事会&ミニセミナー

そして、ご希望の方には、東洋式リンパ療法を

イベント価格で受けて頂く事が出来ます。


私のミニセミナーでは、心と行動を一致させていく為の

『心と身体のデトックス』についてお話をします。


2014年はご縁を結んで行く年です。

思いと言葉と行動が、善きご縁を繋ぐポイントですね。


ご縁は、私達から発する「気」に引き寄せられてきます。

「気」はエネルギーですね。


想いや、言葉や行動だけでなく

身体からも「気」が発せられています。


想いと言葉と行動が一致すると素晴らしいエネルギーが放たれて

それに見合ったものが引き寄せられてくるのです。


今回は、心だけでなく身体のエネルギーも浄化していくお話をいたしますね。


そして、想いを実現させるのは「行動」です。

「行動なくして成果なし」ですね。


『今年は○○をする!』『自分を○○へと成長させる!』と、

掲げたものの、何だか…「心が付いていかない」「行動に移せない」などと

感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


行動を阻んでいるものをクリアにして善きご縁を繋いでいきましょう。


すでに行動的に動いている方も、エネルギーを淀ます心の滞りを解すことで

クリアなエネルギーを放っていくことが出来ますよ。


そして、お食事会!

昨秋に大好評だった『河南亜矢さんのお料理』です。


亜矢さんの作るお料理は食材に対する愛が伝わり心が温まります。

愛の湯気が見えそうな愛情たっぷりの食事を頂きながら、

お料理のワンポイントアドバイスも聞けますよ。


今回のテーマは心と体のデトックスですので、

ご希望の方に、東洋リンパ療法師の木口香さんの施術を

イベント価格にて受けていただけます。


香さんは、女性を応援するリンパ療法師さんです。

心も身体も健やかに保てるようにお手伝いしたいと

日々勉強を重ねていらっしゃいます。

健康を保つ為に必要なリンパのお話も聞けますよ。


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*

  日時 : 2014年2月22日(土)

     12:30~15:00

      ※ リンパ療法をお申し込みの方は、

        イベントの前後に行わせていただきます。

        午前か午後、ご希望の時間があればお知らせください♪

        11:30~ & 15:00~


  費用 : 4,000円

     リンパ療法の価格は下欄に記載しています。


  場所 : RUNWAYオフィス

  申し込み方法 : こちらからどうぞ

    ※リンパ療法をご希望の方は、

      メールにその旨を記載してお申込みください。


***MENU***

【 お食事 : 河南亜矢 】

 ☆デトックスをテーマにした季節の食材での食事☆

  参考:秋に開催した時の様子



【 ミニセミナー:はしもとのり子 】

  ☆心の体のデトックス☆


【 東洋式リンパ療法  :木口香 】

 ☆体内の老廃物を出す!☆

洋服を着たままリンパを流してくださいます。

リンパを流すことで老廃物が尿として対外に出され疲労も軽減されます。


今回はイベント価格です。

始めての方も副作用はありませんので、体験してみてください。

  ・足反射療法 20分

  ・手反射爪療法 20分

  ・頭指圧 20分

      各1,000円

   ※クリームを用いてリンパを流しますので

    足反射療法のみ、膝から下は素足でお願いします。

    メニューは香さんと、当日ご相談して決めてくださっても構いません。



こちらからお申込みくださいませ。


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*

きれいなピンクのお花でお部屋が春のよう ♪

お花が大好きな「みやちゃん」は、クンクンしながら遊びにきています。



Sunday, January 19, 2014

愛を選択しよう! 思考も行動も選択できるのが人間の叡智だから



こんにちは! はしもとのり子です

大寒を明日に控え、今が一番の冷え込む季節ですね。


母の住む滋賀県大津市でも、庭や山が雪化粧で綺麗だと

手紙に書いてありました。


私は、前回のブログに書きましたが、

「食」や「時間」に対する、私に潜在していた罪悪感を手放す事が出来て、

すっきり爽やかな気持ちで過ごしています。


時の経過に対しても

一瞬を大切にする気持ちで、働いたり

罪悪感を持たずにくつろぐことが出来ています。


体が欲しているものを味わい美味しく頂くことで

食物への感謝も、今まで以上に高まりました。


さて、先日、ゴールデングローブ賞の授賞式を観ていて

素敵な言葉に出会いました。


昨年末に亡くなった ネルソン・マンデラ氏の

自伝映画の主題歌が受賞し、

作詞作曲したミュージシャンであるU2のメンバー、ボノ氏の言葉です。


   『 彼(マンデラ氏)は、恨む事を拒んだ。

   怒りや憎しみを感じなかった訳ではない

   愛のほうが役立つと思ったからだ 』


ネルソン・マンデラ氏をご存じだと思います。

アパルトヘイト撤廃に尽力し、

南アフリカの大統領も務めノーベル平和賞も受賞しています。


驚くべき、称賛される彼の功績は、

27年間もの期間を収監されたのにも関わらず、

釈放後も白人を恨む行為に出ず、


それどころか、白人を理解し歩み寄れるように愛を持って働きかけ、

黒人の社会的権利を勝ち取ったことです。


生きているということは、常に感情とセットです。

怒りも感じるでしょうし、

恨みたい程、心を踏みにじられ傷つけられることもあるかも知れません。


でも、怒りを感じたその後に、

愛を選択することが出来るのか…


どんな不条理なことに出会っても、

その後に、愛を選択できるのか…


彼は、27年間もの間を牢獄で過ごし、

人生を台無しにされた仕返しの運動も出来たかも知れません。


仕返しをしながら、相手を屈して

黒人の権利を奪い取る方法も選択できたはずです。


でも彼は、愛を選択したのです。

あらゆる人種が平等で共存できる社会を目指し、

刑務所に苦々しさや憎しみを置いてきたと語り


怒りに捉われることは無意味だという信念で

愛を持って行動し

黒人の権利を勝ち取った、「不屈の闘士」です。



もしかして、私たちの周りにいるかも知れない人々・・・

 職場の上司に対して許せない感情を持ちながら仕事をする人

 家族間での確執で毎日が面白くない人

 離婚した相手をいつまでも許せない人

 何かによって自分の人生を潰されたと人生の責任転嫁をする人


怒り、憎しみを持つ人の表情は硬く

怒りや憎しみからの未来は

同じようなエネルギーで引き寄せられたものが繰り広げられるでしょう。


思考も行動も選択できるのが

人間の素晴らしさ、叡智です。


ボノさんの挨拶は、

愛のあるほうを選択していくことの意義を

改めて教えてくれる言葉でした。


そして、世界中の人々が、

マンデラ氏の死を悼み、

そして、功績を称えているということは、


世界中の人が「愛の力」を信じ、共感している証なのでしょう。


この言葉に出会って、

また、生きる喜びを感じるひと時でした。


私たちが、恐れ不安を手放し

愛の選択をしていけることが出来ますように!


何があっても起こっても、

自分に内在する愛を信じていけますように!



☆☆ネルソン・マンデラ氏 & U2のボノ☆☆

マンデラ氏は、積極的に慈善事業をするアーティスト達との交流は有名です。

ボノ氏もその一人。

マイケル・ジャクソンとも親交を深めていました。


  映画  「 Mandela: Long Walk to Freedom (自由への長い道のり) 」は、

  日本で公開されるかどうかは決まっていませんが、

  ぜひ、観たい映画です。


  主題歌 「Ordinary Love」 by. U2


  マンデラ氏の自伝映画

  『 インビクタス/負けざる者たち 』 もお勧めですよ。



Tuesday, January 14, 2014

しっかり生きる!・・生きることを粗末にしていたのかも知れない



こんにちは! はしもとのり子です

今年はお正月気分も味わうことなく

月日の流れを感じています。


最近、命について考えさせられることが多くなりました。

考えたいから考えているのではなく、

考えずにおれなくなる場面や問いかけがやってきます。


きっと、私の中で、

肉体を使って生きる事の期限を意識し始めたからなのでしょう。

  『 あなたは どう生きたいの 』

  『 どう生きてきたの 』

と、どこかで誰かが聞いているような気がするのです。


もし、もし今

私が死んだら、何を後悔するのかと自分に問うたら、

思わぬ答えが返ってきました。


  『 時間を無駄にしたこと 』

  『 食欲をコントロールできなかったこと 』 と出てきました。


どうして、このような事が浮かんだのだろうと、

時間を無駄には良しとして、なぜ食欲?


目を瞑ってこの2つを感じていると・・・


オードリー・ヘプバーンがユニセフ親善大使として

最初の活動を終えた時の記者会見の映像が浮かびました。


エチオピアで餓死寸前の人々を目のあたりにしてきて、

犠牲者の殆どが子どもであることを 涙ながらに訴えていました。


子どもの悲惨な状況とヘプバーンの言葉・・・

忘れられない衝撃的な映像でした。


そして、マザー・テレサがノーベル賞授賞式の後の晩さん会を辞退し

「その費用で、子どもが救えるから 」 と答えた、ということも思い出しました。

賞金は全額寄付をしたとのこと。


そう、、今の私の命は

貧しい国の、明日を生きたかった 叶わなかった子ども達の未来なのです。


食べ物や時間・・・私は生きることを粗末にしていたのかも知れません。


しっかり生きなきゃ!


子ども達の笑顔が大好き

「 世界中の子ども達の瞳が輝いていますように 」

と、掲げ、祈っていたのに


私は、祈るだけで、

自分に出来ることが、まだまだある!そのことに及んでいませんでした。


だれもが、すぐに出来る世界平和


  家族を愛すること

  小さなことにも愛を持って触れ合うこと

  命を大切にすること


心の奥にある私の宝物が光輝き

大切な原点を改めて思い出させてくれました。


大切な命 与えられた命

しっかり生きたい!


今年は、こんな想いをベースに活動していきます。


今日は夫に感謝です。

素晴らしいインスピレーションを与えてくださり

ありがとうございます。



☆☆「たろう」&「みや」☆☆

我が家の怖がりさん2匹

いつもお客様が来ると、夫の部屋のソファーの下に隠れて出てきません。

この日は、寝ることもせずに3時間近くこの状態だったようです。

あんまり可愛いのでパチリ ♪

怯えながらも、頑張っているんだね。



Wednesday, January 08, 2014

生かされていることを知っている人が持つ信念



こんにちは! はしもとのり子です。

松の内が過ぎ、我が家も玄関のしめ縄や松飾りも外しました。

  (関西では15日の小正月まで飾る所がが多いですが)


昨日は七草粥だったし

お餅ばかり食べている場合ではないと反省

新鮮なお野菜も届いたので

大根を生でバリバリ食べています。


新年を迎えた途端に

私の中の新年への期待感が一転し、

身が引き締まるような、襟を正したいような面持ちになったのですが、

少しずつ、心の整理が出来てきました。


今年の私の行動指針に

「面倒がらずに動こう 」 があります。


すると昨日、偶然にも書店で

「面倒だから、しよう 」 渡辺和子 著 を発見。


私の大切な本となりました。


書かれている内容はシンプルで

人として当然のことばかりなのに、心を揺さぶられるのは、


思考や行動を見直す為の例え話が、

著者ならではの観点で書かれ、それが奥深いのです。


渡辺和子さんは、ノートルダム清心学園の理事長で

美智子皇后とも親交があり、

マザー・テレサさんが来日された際に通訳をされています。


私は20年程前から著書に興味を持って愛読しています。

最近では、「置かれた場所で咲きなさい」がベストセラーとなって

ご存知の方も多いでしょう。


私は、「面倒だから、しよう 」 を読んで、

『自分が置かれた場所で、自分らしく生きる選択をしていこう 』 と、

改めて確認することが出来ました。


そして、人としての 「奥ゆかしさ」 「かしこさ」 「聡明さ」・・・

などと表現すべき、

人が誰もが持つ「宝」 を見つけたような気持ちになりました。


美智子皇后もマザー・テレサも、私は敬愛しています。


『生かされていることを知っている人が持つ信念 』 を

このお二人や著者から感じ取ることが出来て心を強くできる想いです。


『生かされていることを知っているから、自分を活かす』 のでしょう。

そのことに信念を貫いているように思います。


自分を活かすことが、生かされていることへの感謝の証であると、

そこに生きる価値を見出している。


だれもが生まれた時から与えられている

自分を活かす種を育てているのだろうと思うのです。


それを疑うこともなく、信念を持って。


そして、それに共感できる私は、

きっとそこを目指しているのだろうと

おこがましい気持ちながら、そう思うのです。



最後に、本に掲載されていた詩を


  天の父さま

  どんな不幸を吸っても

  吐くときは感謝でありますように

  すべては恵みの呼吸でありますから

           
                   河野進 牧師



☆☆シクラメン☆☆

ザ・リッツ・カールトンホテルの5階は、廊下のシクラメンの花がいっぱい。

次から次へ咲かせて話題を提供するので、

家族の絆が深まる花とも言われています。

家族でのお食事会の会場だったのでピッタリ!と嬉しくなりました。


Sunday, January 05, 2014

2014年 さぁ、どうする!!



あけまして おめでとうございます

皆さまには、清々しい新年をお迎えの事と

心からお喜び申し上げます。


本年もRUNWAYと共に、

はしもとのり子 をどうぞよろしくお願い申し上げます。


私のブログ、「笑う門には福来たる ミルキ~な日々♪」 は、

私の日々の生活で起こる様々なことを題材に

そこから得た気付き

感じた想いを綴っています。


「あるある、そんなこと!」

と、身近に感じて頂いたり


「なるほど、そういう観点もありか~☆」

と、新たな発見をして頂いたり、


「でも、私はこう思うな…」 と、

自分の中の声に気付いて頂いたり


皆さまと寄り添っていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。



さて、、今年の私は…

新年の抱負とか、期待とか…とも違って、

信念とか意思…というのとも違う気持ちで

新しい年と向き合っています。


「私の弱さと向き合う年 」 になるのだと

昨年の12月から感じるようになりました。


12月に入ってから、

『 まだまだ、あなたのエネルギーを下げている思考がありますよ 』


と、私の弱さを見せつけられる出来事が起こり

そして、それを越えた今、


「さぁ、どうする?」

「あなたは、本当は何がしたいのですか?」


と、突きつけられているのです。


今年は、

「 自らが、自分の弱さをえぐり出すのだろう 」 と思うのです。


それは一見、自分をいじめているようであるけれど、

実は、本当の私の輝きを生み出すものであるのだろうと

私は信じています。

そのことにより、

今ままでと違った私を自分で見る事になるのだろうと


いつもとは違う

自分を畏れ尊ぶ想い・・・

何か、かしこまる気持ちが、私の心に漂っています。


今年は、というより、まずは今月

そんな気持ちを味わって過ごしてみたいと思います。


そこから、感じるもの

描かれていく自分の道


大晦日に書いた

『 先のことを恐れるのでなく 未来を楽しもう 』 の気持ちで

2014年、午年を過ごしたいと思います。


そして、皆さまが、

目を輝かさせてご自分のランウェイを歩いていかれますよう

『 愛と夢を掲げ 素直な心で 』 取り組んで参ります。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。





☆☆家族で新年のお祝い☆☆

今年はリッツ・カールトンの5階にある「香桃」で中華を頂きました。

ロゼのシャンパンで乾杯!

娘共々本年もよろしくお願いします。

左の肩だけ写っているのは息子です。お顔は内緒 ♪