Pages

Friday, February 28, 2014

まど・みちおさん ありがとうございました☆救われた私の心



   「チョウチョウ」    まど・みちお

   こころなら

   こんなに きれいなの…


   そう いって

   でてくるのかしら

   もじゃもじゃ けむしから

   いつも

   チョウチョウは


今日、この詩を書かれた 詩人 まど・みちおさんが、

104歳でお亡くなりになりました。


「ぞうさん」や「1年生になったら」「やぎさんゆうびん」 が有名です。


この詩は、あまり知られていませんが、

出会ったのは、ずっとずっと昔のこと 私の大好きな詩です。


けむしの中に眠る「美しい羽を持つ蝶々」を

けむしの「心」に例え


心ならこんなにも綺麗なのよ、と

誇らしげにいるけむし(?)さんに

私の心がほっこりしたのです。


印象的で心に残るフレーズで、

それから、忘れられない詩となりました。


まど・みちおさんの詩は、

松下幸之助さんの言葉と並んで、

私のテキストやレジュメに掲載しています。


ちょうど、来週に行われる保育士さん向け研修のレジュメにも

まど・みちおさんの「ぞうさん」を載せました。


子どもはお母さんが大好きであること

お母さんと一緒だと、周りからヘンだよって言われても平気で

それどころか自慢でもあること・・・


「お母さんと同じ」 ということは、

どんなことだって子どもは誇りに思っている


実際、私も鼻が丸くて、

私は、美人にはなれないな、、と子ども心に思っていたけれど、


「お母さんだって丸いんだ!」と、そう思うと

それだけで、心強くなれたものです。


そして、その時も、子どもながらにも、

「でも、私はいい子なんだから・・・」と、

きっと思っていたに違いないでしょう。


詩からは、読み手が読み手の立場で

感じることが沢山あります。


まど・みちおさんの詩は

人の心だけでなく、動物や自然の心を

読み手のその時の心情で受け止めることが出来る

優しくて力強い、深い深い言葉が並んでいます。


まど・みちおさん

目には見えないけれど、きちんと届く愛

子どものような純真な気持ちに帰ることができました。

ありがとうございました。



Thursday, February 27, 2014

クリアなエネルギーに無限大のエネルギーが降り注ぐ☆イベント終了!



こんにちは! はしもとのり子です

まもなく3月! 桃の節句。

外の空気は春の匂いがしていますね。


私は、まだ、ゆとりのない毎日を送っています。

3月の前半に研修が集中しているので、

レジュメやテキスト・資料などの締切り仕事に追われる日々です。


歯医者さんからも、

「疲れてます?」と、聞かれてしまいました。

舌の状態で分かるそうですよ。


さて、今日の写真は美味しそうなお料理が並んでいるでしょう!

たっぷり10人分!


先週の土曜日にRUNWAYのイベント

お食事&ミニセミナーがありました。

テーマは、

『春を迎える為の心と体のデトックス』


食事、エネルギー、思考、潜在意識、身体のリンパを流す事まで、

デトックス三昧の催しでした。


私もこの日にお話をさせていただきました。

宇宙の無限大のエネルギーを受けるインスピレーションは、

デトックスされているクリアなエネルギーに下りてくるのですね。


本来の私となり、

私が私らしく歩む道への扉に気付くのは、

淀みのない思考、クリアな明るいエネルギーです。


潜在意識の中にある今までの経験の積み重ねが

価値観や、思い込みを作り出し、

インスピレーションを受けるアンテナの感度を鈍らせています。


ドラえもんの作者である藤子・F・不二雄さんは、

生涯5万枚の原画を書いたそうです。


1枚にかける時間も決めていて、

一日中、机に向かい予定通りの枚数を仕上げていたとの事。


決まった時間に家を出て、

電車通勤をしていたそうですよ。


自分の世界に入るONとOFFのスイッチを持ち、

雑念を持たず、

常にクリアな思考で

自分の世界で

自分の仕事をなさっていたのでしょう。


宇宙の無限大の制限のないエネルギーで

藤子・F・不二雄さんだからこそ出来る仕事をされていたのですね。

尊敬します。




この写真は、お料理を作る亜矢さんと自称アシスタントの娘です(笑)

娘のブログでも当日のことを紹介してくれています。

私の事を見ていてくれているのだ…と嬉しくなりました。


イベントでは、リンパ療法士の木口香さんからも、

ご自分の体験を交えながら

リンパの事を分かりやすくお話くださいました。


日々の経験の積み重ねが、

彼女のリンパ療法士としての力を蓄えていくのだろうと、

楽しみで頼もしい気持ちでした。


香さんもブログでこの日のことを書いてくださっています。


そして、当日の主役!

愛情たっぷりの心も体もあったまるお料理でした。

予算や、食材の希望などもお伝えしたら、

献立を考えてお料理してくださいますよ。


私は、このイベントでひと区切り!

ちょこっと私の世界へ行ってきます。


何を考えても、

何を思っても、

何があっても、

最後は感謝しかありません。


皆さま、ありがとうございます!



Friday, February 21, 2014

一生懸命に勝るものはなし! 浅田真央さん☆



こんにちは! はしもとのり子です

もう2月も後半・・・早いですね。


今週は、ソチオリンピックに関心を寄せるゆとりがなくて、

ひたすら机に向かう日々です。


でも、木曜の朝に夫が仕事先からメールで、

「真央ちゃんが、エライことになってる!」 と知らせてくれ

転倒が続く浅田真央さんのことが気になり出しました。


そして、今日

真央さんの最高の演技をテレビで観て

彼女の一生懸命な姿に感動したのです。


選手たちは、一瞬の競技の為に、

どれだけの努力を重ねてきているのでしょう。

計り知る事はできません。


私は、きっと人より「怖がりさん」です。

オリンピックもリアルタイムで観る事ができない程です。


選手達の一生懸命な姿を見ていたら、

誰を応援したらいいのか

どんな気持ちで観たらいいのか・・・


起こるか起こらないか、分からない未来の事が不安になり

いつも、ハラハラドキドキしているのです。


肝が据わっていない

歩みもマイペース

「大丈夫だよ」って言われても

「ホント?」「絶対?」 などと言って、あがいています。


これからの私も、

恐れながら、チャレンジしていくのでしょう。


私は、明日のお食事会イベントを一つの区切りとして、

自分の次のステップに向かいます。

と、先日ブログに書いたら、


「のり子さん、これから何をするのですか?」 と、

会うたびに聞かれるようになりました。


昨夏の終わりから、

色々な事が私の中で開けてきて、


「どういうことかな…」

「そういうことか!」と

思う事が多々あり、

色々な角度から模索して勉強をしていました。


「Be Happy!」セミナーもセクション5まで構成していましたが、

セクション3で止まっています。

模索している間に、セミナーが止まってしまっている

その謎も自分の中で解けたのですね。


セクション3で止まる必要があったのです。

「Be Happy!」に取り入れなければならない内容があったのですね。


明日、そのお話を少ししますが、

皆さまの前でご披露できるGoodなタイミングがきっと来てくれるでしょう!


恐がりさんの私は、

幸せへの気付きも遅かったし、

歩みもゆっくりだけど、

でも、こんな私でも

今、こうして自分のRUNWAYを見つけて歩き出している。


だからこそ、

みんなの気持ちが分かって、

だからこそ、

「一生懸命生きる」ことの大切さが分かるのかと思っています。


一生懸命に勝るものはありませんね。


その時、その時の、

精一杯を生きよう!


真央ちゃんの

私の

みんなの

    一生懸命な姿に乾杯です!!



☆☆大阪城の梅☆☆

娘が散歩の途中で撮ってくれ送ってくれ

春の訪れを知らせてくれました。

梅は、別名 「春告草(はるつげぐさ)」とも呼ばれるようです。

江戸の唄にもありましたね。

「梅は咲いたか♪ 桜はまだかいな♪ 」


Friday, February 14, 2014

思い込みを外して可能性を広げよう! ★ソチ五輪★



こんにちは!はしもとのり子です。

今日の大阪はすごい雪でした!


ベランダに出ると、自宅前の小学校から、

子ども達のはしゃぐ声が聞こえてきます。

大阪での雪は珍しいから嬉しいのでしょう。


「雪が降っている」という事実は一つですが、

解釈 ( 想い・感情 ) は無限にあります。


それは全て、『 受けての心 』 によって違いが出るのですね。


一日を除雪に費やさなければならない地域の人にとっては、

「雪」と聞いただけで、「勘弁して!」と思うことでしょう。


今日のホワイトバレンタインをロマンチックに過ごした人たちは、

「雪」に対して、素敵なイメージを持つかも知れませんね。


先日、ソチ五輪スノーボードで銅メダルに輝いた平岡卓選手は

雪とは縁のない奈良県の出身。 驚きました。


彼にとって、「雪」はどれほど貴重だったことでしょうか。


毎週末にお父さんが奈良から200キロ以上も離れた岐阜や

四国にある施設まで連れていってくれ、練習を重ねてきたそうです。


平岡選手は、このハンデと思える状況を

自分で作った人形を使って、毎日イメージトレーニングを重ね

結果は、銅メダル!


私たちは、起こっていることに善悪を付けてしまいがちです。


それを「 思い込み 」にしてしまう事はいけないんだ…と

ニュースを観ていて改めて思いました。


雪国でない地域から、スノーボードの選手

ましてや、オリンピック選手になるなんて絶対ムリ!


もし、家族も本人もそう思ったなら、

彼の今日はなかったことでしょう。


私たちも、日々これに似た思い込みをしています。

   私は○○だからムリ

   あの人は○○だから上手くいった

   この状況から○○はありえない・・・などなど


もし、そこに自分のキラキラがあるなら、

この○○を可能性に変えていきましょう。


自作の人形でイメージトレーニングを重ねた平岡選手のように。



私の好きな歌の一つ

「あとひとつ」から好きなフレーズを幾つか記します。


  抑えきれないこの気持ちを希望と呼ぶなら

  いったい誰が、止められるというのだろう

  僕は信じているから 君もあきらめないでいて


このソチ五輪スノーボード競技で、

銀に輝いたのは、15歳の平野歩夢選手!

そして、平岡選手は18歳。


若者の未来に!

今後の活躍をお祈りいたします。



さて、今のあなたの思い込みは何でしょう・・・


それが、自分の可能性を阻んでいるのですね。


日々の起こる出来事に対して、

前向きに対処していきましょう!


Be Happy! 

今日もありがとうござました。


☆☆2月14日☆☆

降り続く雪・・・

江坂の街が真っ白



Tuesday, February 11, 2014

「今」は、過去の自分が放ったもの



こんにちは!はしもとのり子です。

ご訪問くださりありがとうございます。


厳しい寒さですね。

ちょうど2年前にこの家に引っ越しをしてきました。

引っ越し前に次々と電化製品が壊れてしまい、

暖房器具が届くまで、冷たい部屋の中で、

毛布をまとって荷物を片づけていたのを思い出します。


今という時は、

「過去の私が思い描いた未来」なのですね。


   ≪2年前の私…≫

20畳以上もある広いリビング

高台の最上階から見渡せる景色…


「この家に住みたい!」 と思ったのに、

こんな環境が手に入ることを恐れた自分もいて、

この家は住むまでに、多くの気付きを与えてくれました。


そして、江坂の町や六甲山を眺めながら

「私は、この家に見合った仕事をする!」と心に決めたのです。


その時は、「見合った仕事 」 という言葉に全く宛てもなく、

不確かなことでしたが、

なぜか、強く心に刻んだのを覚えています。


それから、2ヶ月後の4月に、

私はこのリビングで最初の集いを開いていました。


心に強く描いていると、その流れがやってくるのですね。

この2年間、我が家のリビングに多くの人が集ってくださり、

愛ある触れ合いをさせていただきました。


今、思えば、

これが、2年前に私が強く意図した

「この家に見合った仕事 」 だったのかも知れません。


私たちは、今、意図することを

「未来」で受け取ります。


今の私が受け取っているものは、

過去に私が放ったものなのです。


そして、今、放つものは、

いつか私が、未来で受け取るものなのです。


  ≪そして今、私が放つもの…≫

それは、我が家で開催するセミナーを卒業します。


最初のセミナーからは、ちょうど1年と10ヶ月

2月22日のお食事会&ミニセミナーで卒業します。


私は次のステップが見えていて、

しばらくは、それに専念していきます。


私の周りの方々は、次々とステージアップされています。

素晴らしいことです。


この2年で触れ合った方々が

ご自分のランウェイを目を輝かせて歩き始めている…


これからも、今まで通り、

皆さまを応援する気持ちに変わりはありません。

それが、私の信条ですから。


セミナーは開催しませんが、

我が家に集ってお茶やお食事など、どうぞ遊びにいらしてください。


☆☆2月5日の朝☆☆

目覚めたら雪が…

15年前の2月。

娘が自分の環境を変える為に大きな決断をして挑んだ日も雪でした。


雪が積もる寒い寒い日でした。

私は、ただただ、祈る一日でした。


その娘も、今、次のステージに向かって動き出しています。

今、放つ意図は、

私たちが未来で受け取るものです。


1年前も過去。 数秒前も過去。

今、この時に何を放つのか、、、

そして、何を受け取るのか、、、自分次第ですね。


今日は、2年前の今日に想いを馳せ

この家、触れ合った方々、

そして、起こった出来事の全てに感謝を捧げて過ごしています。


ありがとうございます☆



Tuesday, February 04, 2014

今日も私達は幸せの応援に包まれて生きている



こんにちは!はしもとのり子です。

今日は立春ですね。

2014年が本格的にスタートしました。

この日に向けて、内省したり、準備を進めてきた人も多い事でしょう。


私も、今日は、腹を括る日としました。

もう逃げられませんぞ!という感じでしょうか(笑)


私は、こんなにも溢れる応援を頂いているのに、

手頃に出来るようなことで甘んじてきたのではないかしら・・・

そんな風に、自分と対話しながら

今年に入ってから意を固めてきました。


新年を迎えて一か月が過ぎた一昨日の1日に

岡山にある吉備津神社と吉備津彦神社にお参りに行ってきました。


そして、昨日の節分。

氏神さんに参拝し、手を合わせていましたら、

今までにない、温かな風が私の中を吹き抜け涙がこみ上げてきました。


手を合わせた数秒後に感じる温かさ・・・

こんなことは初めてです。


氏神様は、素戔嗚王尊が祭られているのですが、

手を合わせた途端に、

『恐怖から守ってあげましょう!』という感じで

ものすごく温かいものが伝わってきて、


『 そうね、素戔嗚王尊の剣があるから大丈夫ね 』 と、思えたのです。


夜には、神社で節分行事があり、

今年1年の無病息災を祈り、感謝の気持ちで参加して参りました。


神社では、甘酒と福豆を頂き、

夕ご飯には鰯も食しました。


これで良し!

全て善し!


そして、今日は立春でもあり、一粒万倍日でもあるのですね。

本格的な2014年スタートと、一粒万倍日に大安が重なっています。


これぞスーパー吉日!


一粒万倍日は、一粒の籾(もみ)が万倍にも実るとされており、

物事をスタートさせるのに適した日と言われています。


2014年は、「風」「ご縁」「行動」「飛躍」ですね。

行動を起こす事で風が起こり、

ご縁が結ばれていくのです。


新しい習慣にトライするもよし

古い思考を捨てて、なりたい自分の思考へと意識するのもよし

尻込みしていた服や色にもチャレンジしてみるのもいいかも・・・


大げさに考えなくても、日常のささやかな事にも、

ご縁を結ぶことが隠されています。


未来に起こることを恐れず、

未来に何が起こるのかを楽しみに。


何があっても大丈夫

起こる事は全て愛

大丈夫の気持ちで行きましょう。


そして、今日の吉日に、

新しいスタートを切った人がいます。


2月22日に開催されるRUNWAYのイベントで、

東洋リンパ療法師として動き出した「木口香さん」がブログを開設されました。


出会った時の香さんは、

自分の生き方を模索されていました。

幸せって何だろう

自分がやりたい事って何だろう

そして、それはどうしたら叶うのかしら・・・と


でも、今、ハッキリと胸を張って、

自分のやりたいことを表明され、実践されています。


ぜひ、香さんのブログを覗いてみてくださいね。


香さんも私も、

まだまだ、発展途上中!

成長できる喜びに溢れています。


香さんへの応援をよろしくお願いします。


私たちの日常は、

応援したり、応援されたり、、と

愛の交換をしているのですね。


 「元気にしてる?」

 「これ体にいいのよ~」

 「それ手伝いますよ」

 「明日は寒いから気を付けて」

 「お腹空いてない?」


ほらね♪ 日常に転がっている幸せ♪

何気ない会話を思い出してみてください。


応援する喜び

応援される喜びに 溢れています!


応援の中で生きているよね。

今日も私達は幸せに包まれて生きています。


溢れるキラキラの応援のエネルギーを感じましょう!


☆☆吉備津神社☆☆

吉備津神社

吉備津彦神社の鳥居は、

夏至(太陽の力が最も強い日―6月21日)の日出に、

太陽が正面鳥居の真正面から昇り神殿の御鏡に入ります。


夏至生まれの私はご縁を感じて参拝しました。