Pages

Thursday, July 31, 2014

信じる? 信じない? 胎内記憶のお話



こんにちは!はしもとのり子です。

厳しい暑さが続いていますね。

でも、まだまだ暑さはこれから。

体力を消耗しないように気を付けましょうね。


さてさて、今日の話題は科学的に証明がされていないので、

「信じるか信じないかはご自由」というお話です。


先日、産婦人科医 池川明先生の講演に行って参りました。

池川先生は、横浜でクリニックを経営されているのですが、

15年程前から、胎内記憶に関する調査、研究をされ

医療現場で生かされています。


妊婦の精神状態が胎児に影響するということや、

胎教などと言われるように、

胎児の環境は影響するということは周知されていますね。

でも、胎内に居る時の記憶もあるようですよ。


子どもたちの発言ですから、

信憑性はあるのかないのか、証明することはできません。

しかし、多くの共通している内容があるということ。

限られた人しか知らない情報や、知らないであろう言葉などが

子どもの口から出てくるのです。


 「お母さんを選んできたよ。」

 「一緒のお母さんになるって、お空で約束してきた男の子がいるんだ。」

 「お腹の中に居る時にお空に帰ってしまったけど、お母さんが、

 戻ってきてほしいっていうから戻ってきて、お腹の中から出る事にしたよ。」

 「お母さんのお腹に赤ちゃんが居てるよ。女の子だよ。」

 「いつも誰かと喧嘩していたね。」などなど


出産時に自分はどんな扱いを受けて、どう思ったのか、

そんなことも記憶しているようです。


そして、空の上で、自分が生まれたら、

どんなことがしたいのかを決めてきてるらしいです。


空の上では、肉体がなく、平和で穏やかな時間が流れていて

でも、下の世界では、色んなことが繰り広げられ

私たちにとっては、苦しい経験も、

上から見たら、楽しそう!スリルがある!と思えるそうなのです。

難題を解決している様が楽しそうに映るようです。


そりゃそうかも。

私たちも映画や本などで、どこに面白さを感じるかは、

何か出来事が起こって、

それがどうなるのかのプロセスを楽しんでいるのであり、

結果を先に知ってしまっては、面白みがありませんものね。


ということは、

私たちが困難に思っていることは、人生の彩りであり、

人生を豊かなものにしていくプロセスなのでしょう。

そして、結果を知らないからこそ、

励んで行くことに面白みがあるのですね。

それが魂が磨かれていくということなのかも知れません。


結果が分かる物語はつまらない。

結果が分かってしまえば、気付きも学びも得られないのです。


空から見た地上の光景は、

何が起こっても楽しいことなのであり、


私たちが、勝手に

「良い」「悪い」を付けているだけのことかも知れません。


そして、子どもは、

お母さんの子どもに生まれることが、何よりも幸せであるということ。

親子関係が上手くいってるとか、いないとかには関係なく、

子どもが望んで生まれてくれたことに変わりはありません。


7月は、私の息子のお誕生日月でした。

娘も息子も、

私の子どもとして生を受ける事を望んでくれたのです。


それだけで有難く胸がいっぱいです。

自分達が書いてきたシナリオ通りに

人生を謳歌していって欲しいです。


子どもたちを応援し見守っていきたい。

そして、私自身も

母を選んで生まれてきたということ。

自分のシナリオを決めてきているということ。


私は胎内記憶もお空の記憶もないけれど、

それを信じることで、

生きる力

前を向く力

が湧いてきます。


恐れずに進むこと

私の可能性を引き出すことが、

自分を尊ぶことなのだと信じています。


だって、お空から見て

楽しそうと思って自分が選んだシナリオだもの・・・!


みなさんの人生もシナリオ通り

良い悪いを自分で決めているだけ。

やりたいことをやればいい!

そう思います。


信じるか信じないか・・・自分次第ですね。


☆☆伊豆 テディベアミュージアム☆☆

「トトロ」のコーナーがありました。

私の子ども達も大好きでしたよ。

「バカ! めい!」などと、二人で映画を再現してくれていました。

可愛かったな☆



Tuesday, July 22, 2014

今の自分は、人々との繋いできたご縁の証ですね。


こんにちは! はしもとのり子です。

近畿地方は梅雨明けで夏本番を迎えましたね。

先週は、鳥取大学の前期講義で

大学構内にある「湖山クラブ」という所で過ごして参りました。


鳥の鳴き声に緑の匂い…

私のお部屋の前がテニスコートなので

ボールを打つ爽やかな音の中に身を置き


触れ合った学生さんは約1,000人!

彼らからは、新緑のような瑞々しいエネルギーも頂き

鳥取での毎日を満喫してきました。


さて、今日の写真は

2週間程前に教会の礼拝堂でお話をさせて頂いた時のものです。


礼拝堂の扉を開けると

ツンと冷たく澄み渡った空気

今にも音を奏でそうなパイプオルガン

厳粛な雰囲気の中を歩き

準備して頂いた席に着きました。


私には珍しく最初は緊張してしまいましたが、

天の光のサポートを受けながら

思うままにお話をさせていただきました。


このような機会を頂き感激しています。

思い出の1コマとなるでしょう。


鳥取大学様のご縁も

この教会での講演のご縁も

人から人へと繋がれたご縁

今更ながら、ご縁の不思議を感じています。


皆さんにもありませんか。

例えば…

「あの人との出会いは、この事の為にあった。」

「この事は、あの人と出会った時からもう決まっていたことなのね。」 とか

「あの人と出会って、私は少し苦しんだけど、

それがなかったら、この事はなかった。」 とか

「何気なく人から頼まれたことで、

大きな収穫(結果・ご縁など)を得ることができた。」 とか


私も振り返ってみたら・・・

今は、ご縁が遠くなってしまったけれど、

出会いによって、私に豊かさを運んでくれた人


一緒にした仕事では実りがなかったけれど、

その人が紹介してくださった人を通して自己実現ができたこと


今はご縁が薄くなっている人とは、

当時の私のエネルギーに合った人だったんだと思えること、、、などなど


そして、自分の中で計算したことよりも

流れに任せて動いたことの方が

結果的に喜びのある場所に連れていってくれるような気がしています。


でも、計算して動いたことでも、

直ぐの結果は出ないけれども、

その経験が成長させてくれたと感じることも沢山ありますから

やってみよう!

と、湧き上る気持ちは

計算であっても、流れの一部であっても

行動していくことは大切ですね。


皆さんが素敵な出会いを通して自己実現されていかれますように!


☆☆恥ずかしいけど・・☆☆

みんなが、「マザーのり子」って言ってくださって

ちょっと、有頂天な私でした。



Saturday, July 12, 2014

チャレンジを応援!~天瀬 アフロディーナ 生恵さん~



こんにちは! はしもとのり子です。

今日は早起きをして洗濯を済ませ、ゆっくりと朝食をいただきました。

昨夜の散歩途中で買ったパンを楽しみにしていたので

サクサクと家事も捗り満足な休日です。


さて、昨日にセミナーで出会った方のご活躍について書きましたが、

今日も、もう一人

ヒーリングアーティスト「天瀬 アフロディーナ 生恵さん」のご紹介です。


この度、何と!初のワンマンライブを開催されます!


彼女はRUNWAYのレッスン生さんでもあり、

”Be Happy!”セミナーでは講師も務めてくださいました。


女神のような強さと賢さ

子どもの心を忘れないお茶目で可愛くて、

そして、ちょっとミステリアスな女性でもあります。


彼女が、1年前のご自分の誕生日8月10日に

”Be Happy!”セミナー講師をしてくださったのが遠い昔のようですが、


その1年後の8月10日(日)にバースデイ ワンマンコンサート!

初のワンマンライブで、

しかも誕生日!


1年前から会場を押さえていたことにも驚き

さすが、恐れを払拭して前を見る人なのだと敬服しました。


私も微力ながら

応援したい気持ちでいっぱいです。


天瀬 アフロディーナ 生恵さんの公式ホームページ

コンサートの案内です
 (上から2番目のイベントです)


彼女は、これから きっと素晴らしい活躍をされていくことでしょう

生恵さんの晴れの舞台

記念すべき初のライブを観に行きましょう!



☆☆”Be Happy!”セミナー☆☆

昨年の8月10日セミナー終了後にケーキで彼女のお誕生日をお祝いしました。

懐かしいなぁ


Friday, July 11, 2014

「新しい自分」 と出会う日々です



こんにちは!はしもとのり子です

ちゃんと書こう!と心に決めたのに

またまた、久しぶりの更新です。


今月に入って、遠方から会いに来てくださったセミナー受講生さんがいました。

「遅くなったけれど、お誕生日おめでとうございます」

・・・と、渡されたのが写真の花束!


まさかのサプライズにビックリ!

この春からサロンを構えて活躍している彼女から

身体に関する専門的なお話を聞かせてもらってとっても勉強になりました。


嬉しいですね。

セミナーでのご縁から出会ったレッスン生さんが

ご自分の本質を生きて活き活きとされている姿を見て

とっても豊かな幸せな時間でした。


仕事の合間でのほんの短い時間でしたが、

心弾み仕事場へと戻ることが出来ました。


ふと思ったですが・・・

初めてRUNWAYでセミナー開催したのは2年前のこと

たった2年なんて…!本当に驚きです。

最後のセミナーは、今年の2月22日なのです。


仕事場を兼ねた自宅を開放して、

セミナーをしていたのですが、もう何年も前のことのよう!


今の私は日々情報が更新されていて、

仕事でも私生活でも、毎日、「新しい自分」と出会っています。


半年前にした仕事内容と今では、すっかり内容が更新されていて、

新しいテーマにも取り組めています。


果敢にチャレンジしていける自分が嬉しいです。

そして、そのような機会を運んでくださる方々に感謝です。


運ばれてくるご縁に乗ると

新しい自分を発見していけるのです。


喜びも悲しみも、

孤独も病も

出会いも別れも

全てのことが、

皆さまと分かち合える仕事に就いていることが

素晴らしい喜びで

簡単には得られない豊かさを受け取っています。

ありがとうございます!


皆さまも昨日と違う自分を発見してください。


考え方、思い方が今までと違う・・・

新たなモノの見方が出来た!

こんな色の服も似合うんだ~♪

怒りや罪悪感を感じなくなってきている

興味あることが変化した

周囲にいる人たちの質が変わってきている・・・などなど


変化は成長ですから!


皆さまが、新しい自分

溢れる可能性に気づかれていかれますように!

毎日が、小さな幸せで溢れていますように!



☆☆ お花とみやちゃん ☆☆

お花が大好きな みやちゃん

そっと近づいて目を瞑りクンクンしています。

お花の妖精さんと出会えたのかな



Wednesday, July 02, 2014

「続・最後から二番目の恋」の素敵なナレーション



こんにちは! はしもとのり子です。

写真は保育園の給食です。

先日、保育園で職員の方々にお話をしてきました。


「自慢じゃないのですが、ウチの給食は美味しいんです」

という、園長先生のお言葉に甘えて頂いてきました。

ご自慢したくなる気持ち分かります♪ 美味しかったです!


園長先生は給食以外にも

「ウチの職員はよく頑張ってくれて、みんな優秀なんですよ」

この言葉には、

保育士という職業や職員を誇りに思う園長先生の熱い想いが込められていて

私は、気持良く仕事をさせて頂きました。


さて、前々回、このブログで、

『私がする選択は 「私」 でありたい』 と、書きました。


小さな選択から大きな決断とも言える選択まで、

私たちは様々な選択を積み重ねています。


今日は「選択」について

すてきなナレーションを載せますね。


テレビドラマ 「続・最後から二番目の恋」の最終回

素敵な言葉が、主人公演じる小泉今日子さんの透き通る声で

琴線に触れるナレーションとなり、ドラマの最終回を彩っていました。



以下、その言葉です。

。o。。。o。°。。。o。。。o。。o。。o。。。°


人が大人になるということは

それだけ多くの選択をしてきたということだ

何かを選ぶということは

その分、違う何かを失うことで


大人になって何かを掴んだ喜びは

ここまでやったという想いと

ここまでしかやれなかったという想いを

同時に思い知ることでもある


でも、その掴んだ何かが

例え小さくとも確実にここにあるのだとしたら

掴んだ自分に誇りを持とう


勇気を出して何かを選んだ

過去の自分を褒めてやろう

よくがんばって生きてきた

そう言ってやろう


そして、これからを夢見よう

世界を嘆くのではなく世界を信じるんだ

私だってその世界の一員なのだから

48歳の若造は今そんな風に思う


人生とは

自分の未来に恋をすること

ひとりでするのがつまらなければ

誰かと一緒に未来に恋をしよう


友であれ 恋人であれ 夫婦であれ 家族であれ

隣に気の合う誰かがいてくれさえすれば

人生は更にファンキーになるはずだ


。o。。。o。°。。。o。。。o。。o。。o。。。°


『自分の未来に恋をする』

なるほど、ですね。

未来の私は、私の憧れの人でありたいです。


このドラマは、

何気ない日常を描いていて、

この家族が本当に存在するのではないかと思わせてくれます。


何気なく日々憂う気持ちやら

何となく寂しい気持ち

幸せを人と比べたくなる気持ち


自分なりの幸せを求めて

手探りで生きていこうとする


一人の心地良さも、みんなといる安心も

人には説明できない複雑な想いも


それぞれが、それぞれの価値観を認め合っている

どこにでも居そうな仲間

私たちの平凡な日常が描かれています。


真剣に観たことはないけれど

楽しみにしている番組でした。


今日も、やっぱり書きたいな・・・

『私がする選択は 「私」 でありたい』 と最後に記します。



☆☆子どもの気持ちになって♪ ☆☆

左上の小夏を使ったデザートは、

給食の職員1年生の方が、私の為に作ってくださいました。

愛情いっぱい!

子どもの気持ちになって、美味しく頂きました。

皆さま、ありがとうございました!