Pages

Wednesday, December 31, 2014

皆様に感謝☆ 愛する人との絆を深めた年となりました



はしもとのり子です。

大晦日を迎えましたね、

先ほど、年越しそばをいただきました。


今年のスタートは、心が定まらないままで

どうなるのか、、、と思っていましたが、

「どんな自分でありたいのか。」

「私は何をして生きていきたいのか。」

それらに答えの出た年となりました。


体調不良や、心のスランプも経験しましたが、

大切な身近な人と愛を深めた

絆を深めた年になったと思います。


感謝することの本質や、

惜しみなく愛を表現することを学び、

声には出さなくても感じる愛や、

目には見えない人の偉大さを感じることも出来ました。


「私が! 私が!」 と、前に出なくても、

黙っていても、手を挙げなくても、

ちゃんと自分が分かっていることが大事で、

大切なことは揺るぎなく存在してくれるのだと…。


それらは、私の肩の力を緩めてくれ

そのことで、私らしさが出てきたのです。


そして、仕事では、

次のステップに行きたいと願い、

それが実現できるスタートを切れた年でもありました。

ご縁を繋いでくださった方々に感謝です。


今の私は、多くの方の応援があったからこそ!

感謝の深まることばかりです。


個人的には、

高い次元の豊かさを味わえた年でした。

そして、シンクロが起こりやすく、

時間や次元の枠がないように感じることが多くありました。


こんなところにに行きたい!

と思えば、そこに行けたし、


あれが知りたい!と思ったら、

すぐに答えが用意されたり…と。


例えば、先日も

カフェで雑誌を見ていて、素敵なレストランを見つけたので、

携帯にそのページの写真を撮っておいたら、

その5日後に友人から、

「のり子さんにぴったりだと思うので行きませんか。」

と、私の行きたいお店へのお誘いがありました。


感情面では、クリアしなければならないこともあり、

母とのこともその一つでした。


きっと、母娘の関係で生まれた意味があるのでしょう。

何か乗り越えなければならない心の関係があるようです。


1年前の今を思うとき、

成長した自分を感じます。


「 笑う門には福来る ミルキ~な日々♪ 」

来年も、私の経験を通しての気づきを書いていきますね。


気が向いた時にご訪問くださり、

「こんな事あるある」 と、共感くださったり、

「なるほど」 と、納得くださったり、

「そっか!」 と、気づきを得てくだされば嬉しく思います。


お互いに応援し合いましょう!


今年、新しく出会った人

ずっと私を見守ってくださってる人

ご一緒にお仕事をさせていただいている人

私と触れ合ってくださった方々

私を信じてくださり

私を許してくださり

ありがとうございました。


私を愛してくださり

本当にありがとうございました。


2015年も、

私は「私」を見失わないように、

自分自身を慈しみ愛していきたいと思います。


そして、

触れ合う人々の「あなた」の輝きを

ちゃんと見つける人でありたいと思います。


皆様が、キラキラとダイヤモンドのような輝きに包まれ

喜び溢れる新しい年へと運ばれていかれますように!


☆☆ポインセチア☆☆

クリスマスに大活躍したポインセチアが

我が家のベランダで休息を。

お日様にあたりながら風に揺れています。

花言葉は、「祝福 」

年の終わりに、全ての出来事に祝福があったことに感謝しています。



Wednesday, December 17, 2014

「私」というブランドの誇り ティファニーでの豪華なひととき



こんにちは!

はしもとのり子です。

鳥取での大学生との触れ合いや、

自然の中で過ごしてリフレッシュして参りました!


明日は、「今年は、こんなことが実現できた!」と、

2014年を象徴できるような仕事の締めくくりを控えています。

楽しくもうひと踏ん張りです。


さて、鳥取での学生から頂いた祝福も書きたいのですが、

まずは、ティファニーからのお招きのことを。


前回のブログの写真は、

ティファニー大阪梅田店の

リニューアルオープニングセレモニーの招待状でした。

今日の写真は、

リニューアルされたサロン風の店内で、

ティファニーブルーのドリンクを頂いているところです。




すごいでしょ!

出されたデザートも、ティファニーのプレゼントボックスの形をしています。




この日のゲストは、何と道端ジェシカさん!

そして、ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク 社の

社長 ダニエル・ペレル氏も来られていて、テープカットが行われました。


私は娘を誘って行ったのですが、

娘と二人、真正面に案内してくださいました。


テープカットの後は店内で、

シャンパンや軽食を頂き、

そして、特別なジュエリーを見て回りました。


ジェシカさんは、2億円するジュエリーを身に付けて

ペレル社長と一緒に店内を回りながらお話されていましたよ。


私たちも、お二人と握手して、

ご一緒にお話しをさせていただくことが出来ました。

娘はペレル社長と英語で会話をして、

私は、もちろん日本語で、

ニューヨークのティファニー本店で、

結婚指輪を購入したときの事をお話させていただきました。


ペレル社長は、とってもフランクにユーモアを交えてお話してくださり、

ジェシカさんは、足がとっても美しくて、

お顔も小さく同じ人間とは思えなくて・・・!

この日は、セレモニーですから、

お店はオープンされておらず、

外から、ウインドウ越しにジェシカさんを見ている方でいっぱいでしたよ。


私たちが過ごした2時間程は、

そこだけが特別な、キラキラとしている

ラグジュアリー・・・そんな言葉がぴったりの贅沢なひとときでした。


リニューアルされた素晴らしい輝きに満ちた場所で

一流の人たちと語らい、最高級のおもてなしを受けて、

新しい世界を覗く喜びを味わってきました。


そして、そこで働く方々が、

自社の商品に誇りを持っているのが伝わりました。


「このような良い気に満ちているお店で、

誇りを持っている方々から購入したい!」 と、思わせてくれ、

ちゃんと世界に誇る一流ブランドへの風格を見せてくださいました。


ブランドは、約束を守ってくれます。

そのブランドに触れる喜びを味あわせてくれます。

触れる私たちが誇りに思える・・・

そんな一流と言われるブランドの一片を体感してきました。


皆さんも「私」というブランドです。

あなたに触れる誰かが、喜びを感じてくれること。


私自身も、私と触れ合いたいと思ってくださるように

私が、いつも「私」であるように、

エネルギーを淀ませないようにしていこうと思いました。


ティファニーの店員の方達がそうだったように、

自社製品に誇りを持ち、その商品を販売する喜び

その商品を使ってくださる方々の幸せを想う…


自分自身を誇りに思う・・・

そんな私でありたいと改めて感じた一日でした。


明日も心を込めてお話をして参ります。

「私」という商品に誇りを持って!


そして、

私と触れ合ったことに喜びを感じていただけますように☆



Monday, December 08, 2014

是非が付けられない私たちの悩み☆



こんにちは!はしもとのり子です。

今日から鳥取。大学の後期授業です。

多忙ながらも着々と仕事を終えていく自分が頼もしいです。


肩の力を抜いて母親のような眼差しを向けて

楽しく講義してきたいと思います。


家を出る前にサプライズのプレゼントが届きました。

ここ10日間程、その方のことを思い浮かべることが多かったので、

繋がっているのだな~と実感。

気持ちよく外出できました ♪


さて、前回のブログに掲載した「正義」のことについて。

最近の出来事から書いてみたいと思います。


正義は人の道徳観によって左右されるし

時代によっても違うので、

誰の正義、どの正義が正しいのか是非を付けられるものではありません。

もちろん、その時代の法律やルールが基本となるのですが。


是非を付けようとすると

感情が置き去りにされてしまうことがあります。


最近、私の周りでもそんな場面がありました。

ある人が子どもの結婚相手について悩んでいて、

その相手とは結婚させたくないらしい、という事が話の発端で…


お悩みの主さんは…

「自分の子どもだから、

不幸になると分かっている人とは結婚させられない。」 と言い、


Aさんは…

「子どもが選択するのを妨げたら、本人の判断に誤りが出るのでは。」 と言う。


そして、Bさんは…

「何が不幸で何が幸せなのか、

人によって違うから決めつけるのは良くない。」 と言う。


また、Cさんは…

「アドバイスはしても、子どもを信頼して応援するのがいいのでは。」 と言う。


子どもの結婚について、

それぞれの考えがあって考えさせられました。


この場面で、人生経験の深い人なら、

「子どもの人生を妨げたらいけません。」 と諭すかも知れません。


でも、お悩みの主さんは、反対したい理由があり、

それゆえに、悩み、

子を想い、子に幸せになって欲しいと心から願っているからこそ、


「本人が決めて責任を持つことが大切だ。」 と、

頭では理解できていても、


心が、親としての感情が、

子どもの未来を案じて反対するのでしょう。

だから、是非は付けられない。


親の想いを考えると

この母親の考え方が間違っているとは言い切れないのですよね。

このお母さんもどうしたら良いのか分からないでいるのです。


きっと、悩みながら、自分の心に問いながら、

やがては、

子どもを信頼して応援する親になっていかれる事でしょう。


子どもは、こうした親の熱い想いを受けて大きくなります。

それは、偏った考え方かも知れません。


時には、それが弊害となるであろうし、

子どもにとっては、うっとおしい存在でもあったり、

でも、自分を守る強い盾にもなってくれているのも事実でしょう。


だから、何が良いのか悪いのか、、、

そう思えば、

自分の感情を元に悩むことも意味のあることでしょう。


「道に迷って道を覚える」

この言葉が身に沁みます。


私たちには、その時々に必要な課題が与えられて、

時には、道に迷うこともあるかと思いますが、

だからこそ、自分の足で歩くことが出来るのです。


人に付いて歩くと安心だけど、

道は覚えられない。

歩いてきた実感がない。


深く悩み過ぎず、

でも、心に問うてみながら

答えを出していくのは大切なことのように思いました。


皆様の悩み。

誰かの想いと誰かの想いがぶつかっているのかも知れません。


それは、どちらも正しいのでしょう。


では、鳥取の自然を謳歌してきます!


☆☆ティファニーからの招待状!☆☆

先月末に我が家に届いた招待状。

得意先でもない我が家に?!

ティファニー リニューアルオープン記念の

パーティにお招きを受けました。

このお話は次回に!

すごい体験をしてきましたよ!!



Monday, December 01, 2014

気にしてなんかいられない!☆ Shake It Off!



こんにちは!はしもとのり子です。

今日は雨。これから気温が下がりそうですね。

だって、12月ですものね。


さて、私の「ちょっと違うな・・・」のお話ですが、、、

私に起こる事は、全て私の中から発生することで、

私の体験談をご披露するのはいとわないのですが、


ご迷惑がかかる人が出るのでは…と案じ、

具体的なことは書けないな、、ということで、

お約束をしたにも関わらず書くのを止めることにしました。


今日は、その時にヒントをもらった歌について書くことにしました。

誠に申し訳ないです。



「何だか・・ちょっと違うな 」と、感じ始めて、

相手との価値観の違いなどを考えている頃に、


カーラジオから流れてきたある曲を聞いて、

色々な迷いが、一瞬で消えていきました。


それは、SEKAI NO OWARIというグループの

"Dragon Night"という曲です。

私に響いた歌詞を記しますね。

:--:--:--:--:--:--:--:--:--:--:

  人はそれぞれ「正義」があって、

  争い合うのは仕方ないのかも知れない。

  だけど、僕の嫌いな「彼」にも彼なりの理由があると思うんだ。


  人はそれぞれ「正義」があって、

  争い合うのは仕方ないのかも知れない。

  だけど、僕の「正義」が、きっと彼を傷つけていたんだね。

 :--:--:--:--:--:--:--:--:--:--:

私は、誰かと何かあった訳ではなく、

私が勝手に、ある人との会話で傷ついていたので、

相手が悪いとか全く思ってなくて、


この感情は、

自分の中の何と響いているのか、

自分の中の何が傷ついているのだろう

自分の中の何がこれを引き寄せているのだろう


そして、

私の何を改めていけば良いのだろうか・・・

などと考えていましたが、この詩を知った時に、


相手は何の悪気もないこと。

私だって、私が何気なく話すことから、


私の価値観や「正義」が、

誰かを傷つけることがあるのだと


ただただ、そういう事なのだと

淡々と静かに受け止めることが出来ました。



そして、今日はもう一つ!

「気にしない」 「振り払う」 という意味の題名が付いてる

私の元気が出る歌を紹介します。


今、ヒット中のTaylor Swiftの"Shake It Off"です。

こちらも私の気に入った歌詞を一部だけ紹介しますね。

:--:--:--:--:--:--:--:--:--:--:

  夜遊びばかりしているから

  私の頭は空っぽなんだって

  世間ではそう言われてる


  いっぱいデートしているのに

  いつも振られてばかりだって

  世間ではそう言われてる


  でも、私は進み続ける

  止められないし 止まるつもりもないの


  私の心の中にあるこの曲が

  『きっと大丈夫よ』と言ってくれてるようだわ。


  遊び人は、遊んで遊んで遊び続ける

  私を嫌う人は、嫌って嫌って嫌い続ける

  私はShake It Off、Shake It Off、Shake It Off

  振り払うわ! 気にしないわ!


  傷付ける人は、傷つけて傷つけて傷つけまくる

  ごまかす人は、騙して騙して騙し続ける

 

  私はShake It Off、Shake It Off、Shake It Off

  気にしてなんかいられないわ!

:--:--:--:--:--:--:--:--:--:--:

彼女らしい負けん気のある痛快な詩です。

今、自分を鼓舞する時のお気に入り曲です。


歌を聞いたり、本を読んだり、映画やTVドラマを見て、

物の見方のヒントを得たりして


その時の気分が変わることは、

深く考えるよりも、軽いエネルギーになって、

次に起こることも変わってきます。


私も、"Shake It Off"を流して、

私流に??踊って、気分を変えてから仕事すると捗る気がします。


楽しくなりますよ。

You Tubeなどで検索して、一度聴いてみて下さいね。

だって、「気にしてなんかいられない!」 だもの。


Shake It Off !Shake It Off !Shake It Off !

前を向きましょう!


☆☆Taylor Swift☆☆

2013年のVictoria's Secretのファッションショーでの

モデルに負けない堂々とした見事な歌いっぷりに圧倒されて

それから好きになりました。