Pages

Saturday, October 31, 2015

★松下幸之助氏の想いに触れて襟を正す



こんにちは!はしもとのり子です。

「寒い~」って言葉が出るようになりましたね。

季節が秋から冬へと移りゆくのを実感しています。


さて、8月後半からスタートした研修も

昨日で一区切りがつき、最終日の昨日は、


松下幸之助氏が私邸として建築された「光雲荘」にて

講和をさせて頂くプログラムもありました。


社員の方でも入ることが容易ではないという場所で

お話をさせて頂けるのは、とても光栄なことです。


光雲荘での講和や研修も今年で4度目。

私が秘書をさせて頂いてた

パナソニック現副会長の松下正幸氏も幼少時に暮らしていらした時期もあるそうで

そのお部屋も特別に見せて頂いたこともありました。


何度目であっても、その都度、新鮮な気持ちで、

私の大きなうねりとなるような感動を与えてくれる場所です。


私がこの場所で講和が出来ますのも

私の中に幸之助氏の人材育成に通ずるものがあるからだと思うと

有難い感謝の思いが溢れてきて・・・


もっともっと伝えていきたい。

幸之助氏が大切にしていた「素直な心」を

私の言葉で表現していきたい想いにかられました。


今日の写真は、

光雲荘の内玄関に掲げられた日常の規範で

幸之助氏自らが定めたものです。


毎朝毎朝、今日も良き日を迎えたという気持ちで起きましょう。

挨拶を交わしましょう。

感謝報恩の精神で仕事をしましょう。

立居振舞のことや調度品の扱いなど、


社員の人材育成にも通じるようなことを日々の生活の中で

実践されていたのだと…


幸之助氏は、

「住まいは人間形成の道場だ」という言葉も残されています。


人としての大切なこと、

それらは、

日々の家庭の中で培わされていくものなのだと

改めて思い、襟を正すような気持ちになりました。


私は、「自分を愛する・大切にする」という言葉に

自分の甘えを乗せていたような

そんな気持ちにもなりました。


幸之助氏語録に、「熱意は磁石」というのもあります。


私にとっての今年の光雲荘は、

何処かへ仕舞い込みかけていた「私の熱い思い」に、

触れざるを得ない状況になりました。


皆様の熱き想い・・・

どんな形で実践されているのでしょうか。


日々の中での小さな実践が

磁石のように、ご縁ある人々や善き出来事を

引き寄せてくれるのでしょう。





☆☆光雲荘☆☆

300年後の遺構になるようにと、

幸之助氏が拘り抜いた家屋です。


そして、この場所から、幸之助氏の想いが形となり、

たくさんなことが生み出されたのです。


私にとっては、

松下幸之助氏の心と触れ合える場所です。


Be Happy! レッスン ハートビート・コーチングについては
RUNWAYのホームページをご覧ください。


Monday, October 19, 2015

★これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛♪



こんにちは!はしもとのり子です。

ご訪問くださりありがとうございます!

自宅前の小学校…3つの運動会で終了と思っていたら、

まだ残ってました♪保育園!

4つの運動会を楽しめることが出来て本当に贅沢です。


秋晴れが続く大阪。

天高く青空が広がり、稲穂も食卓に上る日を待ちわびて

黄金色に実った頭を垂れています。

窓からの陽射しをサンキャッチャーが光を拡散して

パソコンを打つ手元まで虹色にしてくれてて・・・。


生活の中にある沢山な幸せ。

それに気づくか気づかないかで

私たちの幸福度合が変わってきますね。


最近、空き時間にふと手に取った書物にこんな言葉が並んでいました。

和訳された海外の著者の本でした。


愛とは何かと問うたときに

4歳から8歳までの子どもが答えた言葉です。


 『パパがママにコーヒーをいれてあげるとき、

 ママに渡す前に美味しく入ったかどうか確かめる為にひと口飲むの。

 これって、愛でしょ?』


 『愛っていうのは、ママがパパのお皿に、

 チキンの一番美味しいところを入れてあげるとき!』


 『誰かが私を愛しているとき、私の名前を呼ぶときに分かるの。』


 『愛って、クリスマスのときにお部屋にあるものよ。

 プレゼントの包みを開けるとき、ちょっと手を止めて耳を澄ましたら、

 そこにあるよ。』


「愛って何?」って聞かれたら、

考えてしまう大人はきっと多いでしょう。


でも、子どもは自由に感じ自由に答えていますよね。

愛って、難しく考えると感じにくいものなのかも知れないけど、

子ども達の言葉をみていると、

あちらこちらに溢れているのが分かりますよね。


お料理していて味見をする行為も

美味しいところを食べてもらおうとする行為も

愛する人を呼ぶときも、

誰かにプレゼントされたものを開封するときも・・・


日常の何気ない場面は、愛で溢れているのです。


あれも、これも、それも、

たぶん、、、いや、きっと愛なのですよね!


皆様の周りの溢れている愛を

自由に感じて


自由な言葉や行為で

愛を表現し

感謝の気持ちを伝えてみませんか。



☆☆松坂慶子さんのフラダンス☆☆

最近、私はフラダンスを始めました。

  (自分でも笑っちゃうけどホント!)

大好きな松坂慶子さんのDVDを観ながらレッスンしています。


松坂慶子さんと言えば、

レオタード姿の「愛の水中花」が有名ですよね。


今は、ふっくらされてとっても素敵です。

今日のタイトルは、愛の水中花の歌詞からです。

♪これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛♪


Be Happy! レッスン ハートビート・コーチングについては
RUNWAYのホームページをご覧ください。


Monday, October 12, 2015

★私の仕事も豊穣の喜び



お久しぶりです!はしもとのり子です。

家庭や自分自身のことを優先していると

富士山の初冠雪ニュースも耳に入り

運動会や秋祭りの季節になってしまいました<(_ _*)>


自宅前の小学校では、

この3連休で、幼稚園、小学校、社会人の3つの運動会が終了。


描かれるトラックの大きさが違うのはもちろんのこと、

流れる音楽や応援の声も違って

それぞれに楽しめて贅沢な気持ちになりました。


さて、久しぶりに今日は私のことを。

秋は実りの季節。

私も仕事での実りに気付いた出来事がありました。


今、研修のサポートをしてくれているのは、

私の教え子の山下陽子さんです。


彼女とは、新卒の採用面接で出会い、

以来、私を慕ってくれています。


私も彼女の「打てば響く」ような回転の良さ、

問題意識の高さや鋭い洞察力を魅力に感じ

相談に応じたり食事を楽しんだりしていました。


社会人3年目で、青年海外協力隊に応募し

昨年の6月に、アフリカのマラウイから帰国。

今は、IT関連の仕事などをしながら、

学校で海外協力隊での経験の講演などを行っています。


そして、この春から

研修のお手伝いをお願いするようになったのです。


彼女のサポートは私の研修では欠かせません。

素晴らしい才能を発揮してくれるのです。


先週も企業様での研修に入ってもらったのですが、

期待以上、完璧に私のサポートをしてくださいました。


終わってから一緒に食事をして

言い尽くせぬお礼の言葉を並べたのですが、

その時の彼女の言葉が、私の胸を打ちました。


「研修会場での、のり子さんのことは全て分かります。

のり子さんが、何をしようとしているのか、

のり子さんが、何を伝えたいと思っているのか、

私、のり子さんのことが分かります。」


そう言ってくれたのです。


その言葉には、

私も同じ方向です、という共感賛同だけでなく

私を敬ってくれる気持ちも含まれており、

胸を揺さぶられる喜びに満たされたのです。


こんなことを正々堂々と

私を目の前にして言ってもらえるなんて…。


かつて私が講師で、彼女が受講生の立場だった頃に

一生懸命に講義をしたことや、

私の一つ一つの言葉や動きが、

今の彼女を司るものの一部になっていることが分かり、

仕事を続けていることの実りを得たような気持ちになりました。


私の仕事は種まきであり、

インスピレーションを与えたり、動機付けをすることが主ですから、


こうやって、数年の歳月を経て、

見事な実りを感じさせてくれることが

素晴らしく嬉しいことで幸せを感じました。


「体力の限界」という言葉を持って引退した力士がいましたが、

体力に限界はあれど、

才能は無限にあることを思えば、


力士でない私は、

ここ数か月の体力への不安など大したことなく


まだまだ、私は

この仕事を続けていける!

この仕事を続けていきたい!

そう思ったのでした。


「継続は力なり」といいますが、

私にとっての継続は、


継続することで

実りが得られる…まさに、豊穣の喜びでもあります。


何年先も

仕事への姿勢は変わらず、

愛と夢を掲げ 素直な心で!


これからもよろしくお願いいたします。


☆☆祝福の虹☆☆

レッスン生のMさんが送ってくれた写真です。

この秋は雨がたくさん降りましたね。

Mさん、この写真を撮影した午前中は、

気分が落ち込み、私にヘルプのメールをくれていたのですが、

夕方のこの虹を見たとたんに元気回復(笑)

私たちは、ちゃんと見守られていますよね。


Be Happy! レッスン ハートビート・コーチングについては
RUNWAYのホームページをご覧ください。